映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

2012年04月04日 22時04分14秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】


超美味のチョコパイに入れた隠し味の量は限界ぎりぎり?^^;

硬めのモノをペースト状にし用意したのか
シャビシャビ系をお玉ですくい取ったのか
どちらにしても、それを用意する様子を想像しただけで
目が点になってしまいました。

ゴジラの息子のミニラにそっくりなミニーが
助演女優賞を獲っただけの演技とキャラクターは見ごたえありました。



キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを
映画化した感動のヒューマン・ドラマ。
人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、
勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の
若い白人女性とメイドとして働く黒人女性たちとの友情の軌跡を綴る。

アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。
上流階級に生まれ、黒人メイドに育てられた白人女性スキーター。
作家志望の彼女は大学卒業後、地元の新聞社で
家事に関するコラムの代筆を担当することに。
しかし家事に疎い彼女は、友人宅のベテラン黒人メイド、
エイビリーンに相談する。
話を聞くうち、彼女たちが置かれた立場に違和感を覚え始める。
そして、黒人メイドたちの証言を集めて本にしようと思い立つ。
ところがエイビリーンは、黒人が真実を口にするようなことがあれば、
この町では生きていけなくなると、取材を頑なに拒否するのだが…。
<allcinema>



人種差別も時代とともに消え去って、今そんなことを
口にする方が恥ずかしくなるくらい世の中は変わりました。
黒人大統領が誕生する時代に突入したんですからね。

過去に人種差別を扱った映画とは一線を画す映画に仕上がってます。
悲しく重い雰囲気を引きずって人間性を問う作品ではありません。
出てくる黒人メイドにコミカルなミニーを配置したことで
割と軽めなタッチにまとめ上げたのが成功の秘密なのでしょう。

ただ単に差別を我慢し耐え忍び、自身の置かれた環境に
必死にすがりついていかないと生きていけないのではなく
あるきっかけを、たまたま作ることになったスキーターの存在。

また、迫害する白人上流階級のご婦人たちの嫌味な存在も
どこか天然系で間抜けっぽいところが笑えます。

割と長尺な作品ですが、鑑賞中はどこもダレずに
終始引きずり込まれ、大きな感動は用意されてませんが
全体的にとても観易かった、そんな映画でした。


おまけ)
・便器ネタは大ウケだった。
 中古の便器が下取りされるといいですね!ヒリーさん(笑)

・自分の子を他所に預け、他人の子を愛情たっぷりに育てる。
 これってかなり状況が変でしょう。これはダメだ!許せない(苦笑)

・ミニーの長女が初メイドに参戦する時にアドバイスするシーンが
 どこか新弟子にアドバイスする先輩力士に見えて仕方なかった。

・この映画をまねて、チョコパイ作りにアレをいれる輩がいたりして。
 ちなみにアレって、まんまだとどんな味がするのかな(ゲッ!)

・婦人会の派閥に属してないシーリア(ジェシカ・チャステイン)が
 流れを変える人物だったことが、ちょっと嬉しかったりして。
 『ツリー・オブ・ライフ』のイメージと真逆で、初め気がつかなかった。
------------------------------------------------------------------
監督:テイト・テイラー
脚本:テイト・テイラー
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
音楽:トーマス・ニューマン


出演:エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/
    ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン


『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパー・チューズデー~正義を... | トップ | アーティスト »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミソクソ… (オリーブリー)
2012-04-05 10:59:17
ちょいとシュール過ぎて引いちゃいましたけど、「美味しい!」と絶賛するヒリーの食べっぷりが最高でした(爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-04-05 23:30:25
こんばんは。

あんなに美味しそうに食べると誰か真似をしそうで怖いです(爆)
ヒリーの憎まれ役ぴったりで楽しかったです(笑)
こんばんは~☆彡 (ひろちゃん)
2012-04-06 22:33:45
もう、やだ~itukaさんてば~(^_^;)
チョコパイのこと詳しく書きすぎ~(笑)
うえ~~気持ち悪い(笑)

>ゴジラの息子のミニラにそっくりなミニー

確かに!ミニーってどこかで観たことあるんだけど・・・って思ったらミニラだったんだ~(笑)あの大きなまんまる目はミニラですね。
ミニラだって、ミニーだから、名前まであってるし~~(笑)

ジェシカは、真逆の役でしたね。私も最初は
気がつきませんでした(^^;
ひろちゃんへ (ituka)
2012-04-06 23:57:31
こんばんは。

やっぱり詳しく書きすぎましたかね(苦笑)
読み始めにドン引きされているのかもしれませんが
ひろちゃんに教えてもらって素直に嬉しいです^^

ミニーはこの役をやるために生まれてきたと言ってもいいくらい似合ってましたよね。
いいキャラクターしてるわ~(笑)
ミニラに反応してくれてホッとしました(爆)
これ、思いっきりスベってるやん!と自分で思ってましたもの(苦笑)

料理が出来ないことを素直にミニーに暴露したシーリアが可愛かった~(笑)
ジェシカさんはこれで役の幅が広がりそうですね。
こんばんはー☆ (kira)
2012-04-07 21:46:19
便器ネタまではいいとしても、
チョコパイにアレはないわーーー
暫くは胸がキモチ悪かった~~~
ホントこいうの弱いので、もしかしたらグロより尾を引く駄目さかも~~。

と、いうことで
シーリアの心づくしと、心底善良な夫婦に救われたかな~
kiraさんへ (ituka)
2012-04-08 11:05:09
こんにちは。
誰もが美味と認めるミニーのチョコパイ。
そこにそんな落とし穴というかトラップが隠されているとは
ヒリーも当然分からなかった(爆)

そうそう、ワタシもグロなら何でもOKだけど
口にするモノに異物を混ぜるのは耐えられないです(笑)

ヒリーの口周りに出来た湿疹かぶれ状のモノがチョコパイに関係してると決めつけてるワタシです(笑)
チョコパイは (mariyon)
2012-04-12 08:29:25
あのパイにはほんとうは何も入ってなかった・・・入っていると言ってやっただけ。。みたいなオチを思っていたんです。だって、ミニーはチキンを焦がすこともありえないほどの料理上手(最後に焦がしてたけど)で、料理のことをしゃべらせたら止まらない。そう言う人間にあれはありえないです。
でも、「最初は黙っていようと思った」ってのでえ~~っ?となったんですが。

気持ちとしては、白人コミュのほうもかなり可愛そうだと思いましたよ。あれはあれで、ほんと大変でしょうから。誰もがNYに行けるわけでもない。
mariyonさんへ (ituka)
2012-04-12 20:12:30
こんばんは。

おぉ~!!!
実は何も入ってなかった!に目からウロコです!
言われてみれば、ミニー自身が最も誇りを持っている料理。
そういう料理の鉄人にとってキッチンは神聖な場所かもな~。
まな板、包丁、鍋など人一倍敬意を持っているモノに“糞”をもってくることはありえないですよね。

>でも、「最初は黙っていようと思った」ってのでえ~~っ?となったんですが。

これも、敢えて真実味を出そうとした虚言っぽいです。今、そう確信しました(笑)
とにかくヒリーがうろたえればいい訳ですからね(爆)

白人コミュね~。
周りに同調してないと仲間外れにされて、ココで暮らせなくなりそうですもんね。
ヒリー以外は、みんな表面上の付き合いなんでしょう。
体裁ばっかり気にしちゃって、ある意味、気の毒な人たちかも(苦笑)
エマさん (ぺろんぱ)
2012-04-15 19:00:00
これ、観に行ってからのコメント投稿の積りでしたが、ちょっと叶わないようなので今日は再びお邪魔して、思いきって?全文読ませて頂きました。(^_^)v

時代背景もさることながら、こういう、女性の力が機動力になる映画って興味がありました。それに主演の女優さん(画像左の?? エマ・ストーン??)がとても素敵に感じたので。
テーマの重さに比して“軽めのタッチ”での仕上がりと言うのも興味が深まります。

ところで、隠し味の正体って、もしかして・・・!?いやしかし、、、でも、、、と、衝撃の今でございます。

来月辺りからはまた劇場鑑賞で(小さくても)追っかけさせて頂けたらと思っています。
ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-04-15 21:21:29
こんばんは。

生活していく上で劇場に向かえない時期ってホントありますよね。
これはよく分かります^^
これはテーマからイメージする内容とかなり違ってて、いい方向に作られていました。
疲れているときに重いテーマに立ち向かうのは体力いりますからね(苦笑)

隠し味の正体はミニーの台詞の中に隠されてました。
ミニーにとっては、それを食らわせたいくらいの侮辱だったということですね。

はい!来月からの劇場鑑賞レビュー、また楽しみにさせてくださいね^^
☆街の皆様にもチョコパイを!☆ (TiM3)
2012-04-22 14:22:32
シシー・スペイセクも、欲しがってんだから
分けたげろよ、とか思いました(=^_^=)

苦いんやろかねぇ?(やめんかい)
TiM3さんへ (ituka)
2012-04-22 20:31:14
こんばんは。

お!苦いというイメージからすると、お口にしたご経験が、、、(おい)
塩分のない味噌って感じなんですかね~(こら)
シシーちゃんにも隠し味は企業秘密とかいってあげればよかったのにってね(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 (こねたみっくす)
ミシシッピ州に行ってもチョコパイだけは絶対に食べません! キャスリン・スケットのベストセラーを、彼女の幼馴染であるテイト・テイラー監督が映画化したこの作品。 人種差別を ...
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (佐藤秀の徒然幻視録)
ストーリーも変な味付け 公式サイト。原題:THE HELP(お手伝いさん)。キャスリン・ストケット原作、テイト・テイラー監督。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ ...
ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help (LOVE Cinemas 調布)
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエマ・ストーンとヴィオラ・デイヴィス。共演にオクタヴ...
"Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(THE HELP) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (あーうぃ だにぇっと)
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~@よみうりホール
ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP (いい加減社長の映画日記)
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と行われていることにショックを受ける。 友人たち....
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味 (映画のブログ)
 なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...
ヘルプ 心がつなぐストーリー (心のままに映画の風景)
1960年代、ミシシッピ州。 上流階級に生まれ、黒人メイド“ヘルプ”に育てられた作家志望の白人女性スキーター(エマ・ストーン)は、大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに...
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~(2011)◇◆the Help  (銅版画制作の日々)
 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 好き度:=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話だと思いますが、私大好きでしたよ。2時間30分弱の...
ヘルプ 心がつなぐストーリー / THE HELP (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヘルプとは、白人宅で働く黒人メイドのこと。 1960年代のアメリカ南部を舞台にしたベストセラー小説の映画化。 一人の白人女性によって綴られた、当時の黒人メイドたちの本音(心の声)が1冊の本になるま....
映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」観に行ってきました。 1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の本が出版されるまでの経緯を描いたヒューマン・ドラマ作品。 今作はアカデミー賞3部門...
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』・・・“I Have a Dream 私には夢がある” (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさ...
映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
伏見ミリオン座では『マーガレット・サッチャー~』 『マリリン~』『アーティスト』と『ヘルプ』を、完走すると プレゼントが
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 未だに終わっていない闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=17 -1-】 「委員長、今日の髪、あっちゃこっちゃ向いてますよ」「今風に動きのある頭にしてみました」「いやいや勝手に動いてますやん」「はい、そうともいいます・・・」。 昨夜は映画をレイトショーで観たので帰宅が遅く、お風呂に入ってちゃんと髪を乾かさずに寝...
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、シシー・スペイセク、シシリー・タイソン、メ....
「ヘルプ~心がつなぐスト-リー~」勝ち取ったもの (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
虐げられた人々を扱ったテーマが気になる私。 まさにこの映画がそうだ。 法律的には奴隷解放されても、実際にはまだまだ公然と差別を受ける社会。 八方塞がりな中で、人間の尊厳を忘れず真っ直ぐに生きていこうとする人たちがとてもまぶしい☆
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (pure\'s movie review)
2011年 アメリカ作品 146分 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給原題:THE HELPSTAFF監督・脚本:テイト・テイラー原作:キャスリン・ストケット『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(集英社刊)CASTエマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペン....
★ヘルプ ~心がつなぐストーリー~(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE HELP 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動の...
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月1日(日) 17:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』公式サイト 1960年代、黒人公民権運動やキング牧師の頃、ミシシッピ州の黒人メイド(ヘルプ)の現実を、インタビューを...
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (to Heart)
製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 キャスリン・ストケット 脚本 監督 テイト・テイラー 出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン/アリソン・ジャネイ/シシー・スペイセク/シシリー・....
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』  (2011) アメリカ・ミシシッピ州。 1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は「ヘルプ」と呼ばれていた。 作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、メイドの置かれた立場に疑問を抱...
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (風に吹かれて)
○○食らえ!公式サイト http://disney-studio.jp/movies/help原作: ヘルプ 心がつなぐストーリー (キャスリン・ストケット著作/集英社文庫)作家志望のスキーター(エマ
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン、       ブライス・ダラス...
ヘルプ 心がつなぐストーリー       評価★★★★90点 (パピとママ映画のblog)
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ。人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の若い白人女性とメイドとして働く黒人女性たちとの友情の軌跡を綴る。...
辛い時代も、現代も「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 (茅kaya日記)
  扱っている題材のわりには、暗くならないで人間関係の妙を楽しめる映画になっていた。60年代のアメリカは、幼いころの憧れとは程遠かった。 白人だって決して楽に暮らしていたわけではない。
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (こんな映画見ました~)
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』---THE HELP---2011年(アメリカ)監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス 、オクタヴィア・スペンサー 、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、メアリー・スティーンバージェン...
ヘルプ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていましたが、実際に見てみると、また予告編では味わえない面白さがあり....
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ (食はすべての源なり。)
ヘルプ 心がつなぐストーリー ★★★★☆(★4つ) 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドたちの“心の声”。 つい最近の話なのに...
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 (Cinema+Sweets=∞)
あらすじを観てて、とっても気になっていた作品だったので、この間新宿武蔵野館で観てきました。 平日の昼間の回とはいえ、結構席が埋まっていて、ちょっとびっくり。 こういう作品は女性受けするなーと思...
映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.ヘルプ~心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指揮:テイト・テイラー◆エマ・ストーン(ユージニア・スターキー・フェラ...
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (いやいやえん)
白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話には留まらなかったのは良かったように思う。黒人家政婦達...
【映画】ヘルプ ~心がつなぐストーリー~…二人ともスパイディの彼女だった(ヤッツケ映画観賞記録11) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、大切にしているウォーマシンのフィギュアが埃をかぶっていたので、エアダスターで掃除してあげようとしたら、間違ってゴキジェットプロ(※超強力)を浴びせてしまったピロEKです。慌てて洗いました(植毛されているフィギュアじゃなくて良かった)。 近況報告...