映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アーティスト

2012年04月07日 23時54分33秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】



内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!

サイレント映画を今ここで再現したことに拍手。
当時のひとは、こんな感じの映画に夢中になってたんですね。

鑑賞前は、最後まで耐えることができるのか?
なんてことを危惧してたものですが
割と観易かったというのが自分としては意外でした。

でも、やっぱり映画は音声と音響がないとつまらない(笑)




1927年、ハリウッド。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、
彼に憧れる女優の卵ペピーと出会い、
自身の主演作でエキストラの役を手にした彼女に
優しくアドバイスをおくる。
そんな中、時代はセリフのあるトーキー映画へと
大きく変わっていく。
しかしジョージは、自分は芸術家だと主張して
サイレント映画に固執、瞬く間に
スターの座から滑り落ちることに。
そんなジョージとは対照的に、時代の波に乗って
スターの階段を駆け上っていくペピーだったが…。
<allcinema>



できれば、オープニング・クレジットも
あんなお洒落なフォントでなく当時のままだったら
どんな感じだったのでしょうか。

まあ、それだと当時のサイレント映画を再現しただけの
ただの作品という扱いを受けそうになりますね。
この作品は、意外にもサイレントを利用した
ちょっと面白い仕掛けがあり、そこがちょっと斬新でした。

サイレント映画の過渡期。
時代の移り変わりとともに映画産業もトーキー映画へと。
誰よりも早く、その話を持ちかけてもらったのに
波に乗り損ねたジョージは保守的なんでしょうね。

どんなものにも始まりがあれば終わりもやってくる。
それが世の常だということを、もういちど考える意味では
本作を観て、改めて思い返すことができたのがよかったかな。

おまけ)
・もう一回鑑賞すると次は1000円とかTOHOが言ってますが
 さすがにリピはしないですね(苦笑)

・名犬といわれ第一回ゴールデン・カラー賞を受賞したワンコ。
 なかなか素晴らしい演技が出来ていたと思います。
 名犬ラッシーが生きていたら特別功労賞でもあげたいくらい(笑)

・ぺピーの付けホクロがそんなにインパクトあったとは思えない。
 あれはマリリン・モンローへ捧げたのか?^^

・あれだけの大スターでも1本の映画の制作費にかかる負担は
 相当なものだったのね。映画がコケるということは
 破産することを意味するんですね。
 これもつまりは投資ですからあたり前か。

・自棄を起こして自身の映画フィルムを無茶苦茶にして火をつけたのに
 瞬間、我に変えり、あの1本がなぜ分かったのだろう。

・病院の担当医から運ばれてきたジョージの話を聞いたぺピー。
 「胸に抱え込んでたフィルムを退けるのに大変だったよ」にワタシもウルウル。

・トーキー映画への恐怖からか、ジョージが悪夢を見るシーンで「お!」
 ラストの感動的なシーンは『スラムドッグ$ミリオネア』ですね。

・ぺピーの落ちぶれたジョージへする献身的な態度に
 世界平和への指針を見たんだが(おいおい)

・『ロシアの陰謀』の次は『ドイツの陰謀』だった。
 ジョージはメロドラマ以外にアクション映画もスタントなしでOKだった。

・ジョージ主演のどの映画にも愛犬の活躍が欠かせなかった。
 映画の舞台あいさつで女優が苛立ってた理由は“私は犬より下か!”

・ジョージの執事は1年も給料なしで、あの忠誠心はスゴかった!
 聞かなきゃ永遠に給料なしでもいいってことでしょう。
 本人も「おそばに置いてください」と、もしやあっち系なのか。
 フィリップ・シーモアも、うかうかしてられないぞ(ってなんでだ)

 ちなみに執事ジェームズ・クロムウェルの身長は201センチ。

・破産したジョージのオークションにはしっかりオチが付いていた。
 こういうところは今風の意外性があって興味深かった。
 っていうか、これサイレント映画の粋を超えてないか?。
----------------------------------------------------------
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:ルドヴィック・ブールス


出演:ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジェームズ・クロムウェル/
    ジョン・グッドマン/


『アーティスト』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ | トップ | キリング・ショット »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね。 (rose_chocolat)
2012-04-08 12:31:06
ほぼ同じです。
というか、サイレント映画に慣れないためか、どうしても物足りなさが出てしまうのかもしれないですね。
それでも昔の人はサイレントしかなかった訳ですから、そこを考えるとこの映画はよくできていると思いました。
roseさんへ (ituka)
2012-04-08 14:30:55
こんにちは。
当時のサイレントは実際にはもっと映像が荒く、動きも1フレーム16コマですから観にくかったでしょうね。
それを考えると監督もそこまで忠実に再現する必要性はないと判断したんでしょうかね~(笑)
劇中劇のぺピー出演するトーキー映画を最後にメイキングを混ぜて見せるところは心地よかったです^^
本当に犬ってどうしようもなく可愛い! (オリーブリー)
2012-04-08 21:49:13
もうねぇ~やっぱりここは大きいですよ^^
階段を駆け下りながら、ジョージに飛び込む可愛らしさといったらもう!
従順でなんて愛らしいのでしょう。
夫婦の食事シーンの流れが上手いですよね~ウチの旦那さんも犬ばっかり触ってるから、たまには私にも触れてみたらどう?と言ってやりました(爆)

>サイレント映画を今ここで再現したことに拍手。

これですね!
で、テーマが割と現代にマッチしてる。
いつの時代も同じことが繰り返され、その世の常を改めて感じましたね。

>でも、やっぱり映画は音声と音響がないとつまらない(笑)

「アナタが観て楽しい映画ではない!」キッパリと忠告したのに、「アカデミー賞は観る」と付いて来た旦那。
itukaさんと同じこと言ってた(爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-04-09 23:17:10
こんばんは。

ジョージと妻の食事のシーン、上手かったですよね(笑)
台詞はなくてもすごく伝わってきました。

>たまには私にも触れてみたらどう?と言ってやりました(爆)

まぁ、なんてことを!
ズバリ!ワタシも仲間に入れてもらえませんか(笑)

>で、テーマが割と現代にマッチしてる。

そうなんですよね。
なので観ててまったく古さを感じなかったですもんね。
人類の永遠のテーマとして今後も映画で語られていくことでしょう。

>itukaさんと同じこと言ってた(爆)

ちょっと前まで部屋でホームシアターを構築してた関係で音響にかなりこだわってた時期が有ったんですよ。
サラウンドと重低音を響かせて部屋で一人映画鑑賞!
しかしながら、わが家のご婦人から再三の苦情で売り払ってしまいました(泣)
今から6~7年前かな~(苦笑)




こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-04-10 00:15:13
ドハデなハリウッド映画が好きな私(笑)itukaさんと同じく、サイレントに耐えられるか?と思ったのですが、最初のほうこそ慣れなかったものの、いつも間にか映画に惹き込まれてました♪

>自棄を起こして自身の映画フィルムを無茶苦茶にして火をつけたのに 瞬間、我に変えり、あの1本がなぜ分かったのだろう。

もう~またあ(笑)itukaさんたら~(ーー;)

でも、その下に、>ワタシもウルウル。って書いてあったから、許す(笑)
私もあのシーンは、ウルウルしちゃいましたもん(T^T)

キャストはみなさん良かったですが、犬好きの私にとっては、アギーが1番でした!
いや~可愛かった~♪
ひろちゃんへ (ituka)
2012-04-10 00:59:11
こんばんは。

ド派手と言えば、今週末の『バトルシップ』が楽しみですね。
『アーティスト』はそれと対極に位置する映画ということで一抹の不安があった方も多々いらっしゃったはず(笑)
ワタシもその一人でしたけど、意外にも良かったです。
ジョージが見る夢のシーン、一瞬、耳を疑いましたよ。
たったあれだけのことなのに「お~!」って感動(爆)

>ワタシもウルウル。って書いてあったから、許す(笑)
>私もあのシーンは、ウルウルしちゃいましたもん(T^T)

他人からこっそり教えられる意中の人の自分への愛。
これは泣かずにいられないですよね!

みなさん愛犬家なんですね。
わが家には猫がいますが、私が危機でも知らんぷりして逃げていく奴です。たぶん^^;

初サイレント映画 (mariyon)
2012-04-11 17:36:12
昔は、音を入れたくてもいれることができなかったし、もちろん白黒しかなかったわけですが、それをこの現代でやると、なんとも贅沢な映画になりますよね。
その余裕が最後まで飽きないで観れたのでは?と、思いました。良かったです。
ほんと、うるっときちゃいましたもの。

itukaさん風に突っ込みどころは、ワンちゃんを連れて映画を観に行くのは、いくらなんでもおとがめあるのでは?って思いましたが・・・(-_-;)
mariyonさんへ (ituka)
2012-04-11 23:59:00
こんばんは。

思えば何でもできる映画の世界。
J・キャメロンも今なら自分の思い描いた作品を作ることができる!
そういう時代になった今、80年以上も前の映画を再現すること自体、容易いでしょうね(笑)
余裕で作れるから贅沢な演出もふんだんに盛り込んでましたもんね。

そうそう、どこに行くにもアギーを連れていくのは構わないけど
さすがに映画館はアカンでしょう(爆)
その前に、当時は普通に上映中の喫煙はできたので
アギーの嗅覚の方が心配になりました。
やっと (笛吹働爺)
2012-04-23 17:34:34
本日観了しました。☆×4ですね。
やれ3DだCGだのに頼らないところがアカデミー会員諸氏に受けたのかも。
やっぱりワンコにはかないません。
ペピーがもう少しカワイ系なら日本人にはより受けたでしょう。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-04-24 00:09:30
こんばんは。

お!高評価ですね。安心しました^^
そうそう、やたら最新技術だとかで映画の方向性が逸れ気味だったのを
軌道修正してくれた貴重な映画だったと思いました。
これが映画の原点でしょうね。

はい、ぺピーはスタイルはいいけどワタシも好みではなかったです(苦笑)
フランス女優では好きなひとがいないかも^^;
2回目 (笛吹働爺)
2012-04-29 22:07:45
なかなか暇のない女房を連れ出して2回目(僕は)を見てきました。
やはり出来のいい映画ですね。実のところuggy(犬)に逢いたかったのであります。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-04-30 09:58:37
おはようございます。

普段の睡眠不足を休みの間に取り戻そうとして今頃起きてます^^;
お!再鑑されたのですか。
こういったいい映画はみんなに観てもらいたいですもんね。
アギーの名演はやはり動物を超越してますよね。
☆モノクロだと火災が派手にみえない、、☆ (TiM3)
2012-05-01 23:12:40
観て来ました。

なるほど、意欲的な作品でしたね。

主人公が(ラストで)アリジゴクに落ち込む「劇中作品」では、
「おお、どうやってこの危機を脱するんや?!」と妙に大興奮してしまったモノですが(=^_^=)
そのまま吸い込まれて「THE END」と表示されたので「んあ・・?!」と唖然とさせられました(=^_^=)

それに、主人公よりも運転手の方がイキイキしてて、ちょっと違和感もありましたし(=^_^=) 1年以上も飲まず喰わずとは・・
TiM3さんへ (ituka)
2012-05-02 11:13:54
おはようございます。

お!遂に!ですね^^
あの蟻地獄の撮影は当時とするなら相当な特殊効果技術が必要だったかも。
あのシーン、パッとしないヒロインが投げ縄でもしてくれたらよかったのに
完全放置でしたもんね(笑)

>主人公よりも運転手の方がイキイキしてて、

彼はあっち系ではないでしょうか^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アーティスト/The Artist (LOVE Cinemas 調布)
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、...
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
アカデミー賞 5部門獲得の映画「アーティスト」日本版 予告編が、最悪にダメダメな件について(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑) 一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。 にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず! 当ブログでは...
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優....
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
『アーティスト』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選....
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
アーティスト (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ ならずアメ...
アーティスト (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ ならずアメ...
アーティスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
映画「アーティスト」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
サイレント映画というのは、テレビでもチャプリンくらいしか多分観たことがない。いや、正確にいえば小学校へあがる前だから、5、6才の頃、祖父に連れられて1度か2度、時代劇ふうなものを観に行ったような記憶が
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...
劇場鑑賞「アーティスト」 (日々“是”精進! ver.A)
この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 58450...
とことんぜいたく「アーティスト」 (茅kaya日記)
 サイレント映画を劇場でまともに観たことはない。チャップリンもビデオか昔のTV映画だし。この映画がはたしてサイレントと言えるかどうかはともかくセリフがなくとも、感情は充分伝わってきた。
アーティスト      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男優賞受賞のジャン・デュジャルダン(「ブルー・レクイエム」...
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
*アーティスト 感想* (★ Shaberiba )
全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
アーティスト (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『アーティスト』  (2011) 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 その後オーディシ...
アーティスト (食はすべての源なり。)
アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? サイレント映画の大スターだったジョージは、トーキー映画の到来と共...
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト (悠雅的生活)
映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
『アーティスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
今、白黒サイレント映画を! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した....
「アーティスト」アカデミー作品賞は頷ける (カサキケイの映画大好き!)
ご存知2011年のアカデミー作品賞に輝いた映画です。 白黒でサイレント映画ですから、物珍しさも有るでしょうが 物珍しさだけでは30分がせいぜいで、そこから観せる力は本物です。 作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門受賞も頷けます。 主演のジョージ・ヴァレ...
アーティスト (こんな映画見ました~)
『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミ....
アーティスト (pure\'s movie review)
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ....
映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...