小夏日記

ねこと人が仲良く暮らせる街をつくりたい!

ご挨拶,,,,,と、里親さん募集中

私は、彩の国(埼玉県)動物愛護推進員をやっています。
「いるまねこの会」という地域限定ボランティア団体の会員です。
地域猫活動やTNR活動を進めています。
このブログは、おもに、ねこのこと、
少しねこ以外のこと(動物福祉全般や趣味の太極拳のこと)
について、書きます。

※地域猫活動・TNR活動については
カテゴリーの「地域猫活動・TNR活動とは」をご参照下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回入間市内のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

月曜日

2016年08月23日 | その他

先週日曜日

日曜日、譲渡会の最中に
「義母、危篤」という連絡が入りまして・・・・ 

義母は朝は自宅で自分でゼリーを食べたりしていたとのことですが、
午後には危篤状態になり、翌日未明に息を引き取りました。
ほんとにさっぱりと、きっぱりとした最後でした。

 

モニターの4本の線がまっすぐになったこと以外には
気が付かないほど穏やかな穏やかな90才の最後。

いつも義母とベットで一緒に寝ているトコちゃんは

まだ、何も気づいてないのよねぇ
今頃は、気づいているかな・・・ 




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れ、長瀬君

2016年08月15日 | 猫活動

子猫の遊び相手になって、疲れ果ててしまった長瀬君
スマホの置台にしちゃっても、もう無抵抗・・・・
やわらかふかふかのスマホ置き 

長瀬君、新しい保護子猫が来るたびに、
ちゃんと遊んであげる、父性本能の強い優しい子です。 
この三毛子猫も、早くもらわれないかなあ・・・・

 

この子、三毛だけど、「黒」の部分が「黒」じゃなくて「こげ茶」なの。
顔はいまいちなんだけど、ね、毛色がちょっと変わっているから
早くもらわれないかなあ・・・・・ 

 

 

私はといえば、最近ペットシッターみたいな頼まれごとが
続いていて

今は、この13歳の柴犬のお散歩を頼まれています。
飼い主さんの体調が回復するまで^^;

1日1回、30分ほど茶畑の中をお散歩・・・で、1000円


犬のお散歩で、おこずかいが頂けるなんて
楽しいっ♪

なんやかや、猫の面倒な案件が続く中、
こういう楽しいこともたまには必要だわっ


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラスの天井

2016年08月11日 | 猫活動

猫15匹犬10匹(2016,8,7現在)の多頭飼育現場に関わって
もう十年弱の年月が流れている。

 入間市駅から歩1~2分のIさんの現場・・・
たぶん、ここが入間市で一番の最後の猫の解決困難な 現場だと思う。
飼育崩壊は時間の問題だ。 

本人は、発達障害があり、まともない意思疎通が出来ない。
冷房もない木造平屋の小さい家の中で飼われる25匹の犬猫。

いとこにあたる親戚の方はしごくまともな方なので、
「犬・猫」よりは、「人と金」
犬猫については、時が来ればなるべくお金をかけずに「何とか」したい。
(手続きさえ整っていれば、1匹4000円で殺処分を引き受けるという県行政にお任せするらしい・・・・・)
 

動物愛護や、殺処分ゼロを目指す動きが、
一般論として、大きく市民権を得てきている流れの中で

これだけボランティアが動いても、動物を救えないどうにもできない壁がある・・・・

壁ってなんだ!

福祉の現場では、「犬猫より人」・・・
人も犬猫も追い詰められている状況下で犬猫のことを主張するのは
過激な動物愛護の輩・・・なのか・・・・

犬猫の命のために金を使う気などさらさらない親族の意向の前に
福祉課も福祉関連事業者も、何もできない・・・・

関係者の中に、それでも犬猫を救いたいとあがいてくれる人がいない。
さみしいし、くやしい。




 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餌やりを頼まれて・・・

2016年08月09日 | 猫活動

先週の頭に急に2週間の餌やりを頼まれて
宮寺に通っています。



工場の中で1人で仕事をしているMさん
工場の中で猫を飼っているんです。

今春増えてしまって、慌てて手術は終わったものの

・・・・工場の中に猫が、6匹いるんです(外にも4~5匹 

急に中国に出張が決まったから
2週間ほど工場に来て餌やりをしてくれ・・・・と、
断る間もなく頼まれました(~_~;)



この子がボスらしくて、みんなを守っています。
人にも懐っこく、良い子です^^

この子は、この間、不妊手術のついでに、
右前脚を断脚手術をしたお母さん猫です。
2年間、骨が見える傷口を抱えて
出産育児までこなしてきたすごいお母さん。 
断脚手術の後、傷跡がすっきりと治り
3本足で飛び回って元気です。 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清瀬の譲渡会

2016年08月08日 | 猫活動

日曜日、清瀬で開かれた譲渡会。
あまり宣伝をしていないとのことでしたが、
時間が経つにつれ人がいっぱいに・・・。

といっても、新しい家族を待つ動物もいっぱい^^;
 

 

 


参加していた清瀬のボランティアさんと
同じ悩みで話し込んでしまった。

今まで猫の保護を我慢して
地域猫活動を推進してきたけど、
やっぱり、保護をしたくなるのは、ねこ好きの性。

だけど、保護をしてしまうと、時間も労力も削がれる・・・・

そして、そのことを巡って「会」の中でも
ぎくしゃくが生まれる・・・・

今がこらえ時なのかな・・・・

清瀬のボランティアさんも
やっぱり長年続けていらっしゃるから、
その辺の悩みが深いようで・・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくら猫診療所 

2016年08月07日 | 猫活動

昨日はさくら猫診療所に、4匹搬入。

この日の手術の受付は、70匹を超えたそうです。
ここを頼って、日高やら遠くから来る人もいっぱい。

この時期にして、この数・・・・
野良猫事情はまだまだ・・・・
でも、たくさんの人が、暑い中、遠いところ、一生懸命運んでくるんだなあ・・・

先日相談を受けた、所沢林の40匹現場の方も、
4匹運んできてました。
がんばってますね。

 

午後は、レッドアクションに参加。

「女たちの反戦行動」
この暑さの中、参加者は圧倒的に年配者。
平和を訴える・・・必死に・・・
そんな集団の前を
若い子たちが、気づきもしないように通り過ぎる。
駅からアウトレット行きのバスに 直行する若い子たち。

こうやって、戦争の悲惨さは風化し、
日本はまた、惨禍を迎えることになるのだろうか・・・ 

平和は、こんなにも脆いものなのかな・・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちのもえちゃん、16歳

2016年08月06日 | “うちの猫”日記

うちの最年長、16歳のもえちゃん

幼少期は天使のようにかわいかったのですが、
  

今もかわいいんですけど
でもやっぱり、どことなく年齢を感じさせるものがあり


寝姿にも、時々ドキッとして、
思わず呼吸を確かめたり^^;

うちの猫にはみんなに、
「20年は生きるんだよ」と、常々言い聞かせているので

16歳のもえちゃんも、あと4~5年は、元気でいてくれるといいな。
幸い、生肉食が合っているのか、
今のところ病気知らず・・・・
でも、腎臓はちょっと弱っているみたい。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年08月04日 | 猫活動

この1~2年、猫の保護でお世話になっている
39ドックの店長佐藤さんが、
クラウドファンデングで資金を募っています。
https://readyfor.jp/projects/8741

今年のパルボ流行の事を考えても、
きちん設備が整ったシェルターが欲しい!!と。
 

いるまねこの会には、シェルターを持つような
方針もないし、体力もありません。

だから 、子猫の保護では39ドックさんに
お世話になりっぱなし。 

なんとか、彼女の志を応援したい!

皆様、よろしくお願いします

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月

2016年08月03日 | 猫活動

クーラーが壊れいているので
猫も暑さで溶けてます^^

でも、上下左右から冷やしてもらえるマンションのありがたさ!
室温が30度を超えることはありません。

8月は、猫の相談電話が少ないので、
この時期に資料の整理や、
行政との交渉事、
秋に向けての万燈祭りやらの行事の準備をやってしまおう。

それから、9月はたまっている現場のTNRを
やっつけてしまおう。
10月は、カレンダー販売で忙殺される。

あ~~~~~たまっている子猫たちも
何とかしなきゃ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子猫事情

2016年07月30日 | 猫活動

今の季節に、今年はまだこんな子猫の引き取り依頼が来る。
まだ、1か月くらいかな。
例年、7~8月は子猫相談は落ち着くものだったのに・・・

ほんとだったら、引き取りをせず、
この子たちが「安心して外で暮らす猫として生きていける地域づくり」を
目指したいのに・・・・
廃屋で隠れ暮す姿を見てしまうと、
ついつい、保護をしてしまい・・・・

時間を使いたい「地域づくり 」に時間が使えなくなる・・・

幸い、子猫の保護や譲渡をきっちりと
してくださる方がわたしの周りに増えてきて

それはそれで、一つの流れなのかなあ・・・と。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加