小夏日記

ねこと人が仲良く暮らせる街をつくりたい!

ご挨拶,,,,,と、里親さん募集中

私は、彩の国(埼玉県)動物愛護推進員をやっています。
「いるまねこの会」という地域限定ボランティア団体の会員です。
地域猫活動やTNR活動を進めています。
このブログは、おもに、ねこのこと、
少しねこ以外のこと(動物福祉全般や趣味の太極拳のこと)
について、書きます。

※地域猫活動・TNR活動については
カテゴリーの「地域猫活動・TNR活動とは」をご参照下さい。

道満見回り

2017年04月26日 | 猫活動

月曜 戸田市の道満公園の見回りに参加

耳カットした猫たちが、のんびりと過ごしているけど
まだまだ捨て猫が絶えないらしい。
関わっている動物愛護推進員のHさんがジャンパーをつくって


がんばっている・・・・が、
このジャンパー、ちょっと地味だと言われているらしい


確かに・・・・この字、めだたない。。。でも、控えめでかわいくていいじゃん❤

夕方は、八つ池で苦情が出てしまっている老猫2匹を
日高の会員の実家に引き取った
 

でも、こんなのは解決方法じゃない。
その地域、合計4匹だけ(手術済)だったのだもの、
本当は地域で、猫の存在を容認していくべき・・・

ボランティアが猫を抱え込みのは危険だし、

とにかくこの顛末は、行政、包括、自治会などに
きっちり報告にまわります!


 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2017年04月23日 | 猫活動

最近またブログをサボっているのだけれど
近況と言えば、
16号線を挟んで入間のアウトレットの向かい側 と、
工業団地ニチレイのそばと、
猫が10匹以上いるところが2か所も見つかり
わややとなりながら、捕獲の準備中



いかにも猫がいそうなところでしょ・・・・

当然子猫も生まれていて、

こんなのを保護・・・ただいま狭山ヶ丘のミルクボランティアさんに預けてます。

 

先日は、東村山の教育委員会交渉にお付き合いして

東村山の進んだ愛護行政を見せつけられ、ガーーーン。

20日はいるまねこの会第14回総会
毎年、人前で話す事に気が重く、「なんでこんな総会やらなきゃいけないんだーーっ」
と悪態つきつつ・・・



それでも、動物と福祉の問題が掘り下げられ、
有意義な総会ではありました。

 

昨日・今日は、お灯篭祭り



復興支援まごころの会のお手伝いで


おでんや、東北の物産品売り

猫の事を忘れて、こういう1日もいいものです。

最近の猫活動事情は、
忙しさ+人間関係のわずらわしさで、
ちょっと自己嫌悪になりそうな状態。

どこかで、割り切って吹っ切らないといけないんだろうな・・・・



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体の好転反応

2017年04月11日 | 趣味

ここ1年ほど通っている整体では、
良くなっているのが実感できる。
うれしい。

治療効果が大きい分
好転反応も強くて
良くなる前に必ず痛みやだるさなどの愁訴がひどくなります。
でも、しばらく我慢して
それを乗り切ると、一段階体が良くなったのを感じることが出来ます。
なので、好転反応は、辛くても、楽しいものです。 

この好転反応は
体だけではなく、心も関係あるようです。
胸部の治療をうけた後は必ず
鬱になります。

訳もなく、いきなり虚無感、孤独感、倦怠感、自殺願望などなど
にぎやかに様々な鬱感情が襲ってきて

じっと我慢して乗り切れば、すっと心が軽くなることはわかっていても
これは結構つらい。
心の好転反応は、つらいよ~~ 

鬱を引きづりながら活動を続けるのはしんどい。
活動計画なんて考えていても
当然ながら何もやりたくない^^;

4~5日で乗り越えられるのですけど・・・

は~~~~もう4日間ほど、ため息が止まらない・・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜・咲いた

2017年04月06日 | 猫活動

今年も、やっと盛りを迎えたさくらは、

うん、やっぱり、きれい! 

この季節は、さくらを愛でながら
動物病院通い・・・・

お腹の大きな雌猫を心配しながら・・・・


入間市宮寺ハート病院の近くにも


入間市小谷田金子病院の近くにも

どちらにも、お腹の大きな雌猫ほか、数匹、猫がいるらしい。

氷川神社の裏では、子猫の鳴き声が聞こえたという。

相変わらず、かしましいこの季節の猫事情 。

あともう少し、あともう少しと、唱えながら
今年の春も、捕獲に明け暮れる毎日^^; 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野良猫はね・・・・

2017年04月03日 | 猫活動

上藤沢で、高齢のご夫婦から依頼されたTNR
ついでに、血をにじませて痛そうな
前足肉球も治療して欲しいということで 

病院で治療していただきました。
治療費用は、依頼者が出してくれました。
今は元気に走っているそうです。

野良猫は、時々こうやって
肉球が傷んでしまうことってあるそうです。
ほとんどの野良猫は
そのままの状態が続き、
ばい菌でも入ったら 死んでしまうことも・・・

お金を出してくれる人がいて
治療までに繋がる幸運な野良猫はどのくらいいるのだろう

野良猫の生きる道はやはり過酷。

あともう少し・・・
少なくとも、入間からは外暮らしの野良猫をいなくしたい 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同伴避難

2017年03月30日 | 猫活動

入間市で、今年、同伴避難を計画しているようです。
議会で取り上げてくれた議員さんの努力の賜物

押しかけ協力ボランティアに、なっちゃおうかしらん 
なにか、お手伝いは出来ないだろうか
お友達にも声かけてっっと。
久々わくわくするわ

ここしばらく、非建設的な人間関係のごちゃごちゃに
悩まされていたから・・・・

 

どうして、猫を助けたいという同じ目的の人どうしが
うまくやっていけないのかしらねえ

って、そんな言葉100回は聞いたことある。
そう上手くはいかないのよね。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

桜・桜

2017年03月29日 | 猫活動

振り向いたら、
桜の花びらがそっと開く瞬間が
見えるかもしれない
 

寒さも、もう我慢できない寒さではない
この季節が一番 過ごしやすいかもしれない
そんな気分になる。



もう少ししたら
まるでチューリップが咲くかのように 
あちこちで子猫が生まれ
また、怒涛の子猫シーズンが到来するのだろうか^^;

でも、最近の子猫譲渡活動には
一昔前のような悲壮感はない。
少しぐらい忙しい思いをしても
どんなぶちゃいくな子でも
必ず素敵な新しい飼い主さんが見つかるから♪


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月定例会

2017年03月17日 | 猫活動

昨日は3月の定例会

この時期の定例会は
総会準備が主要な課題になるので、
私の苦手な季節です。

 

総会資料つくりやら、御偉い方への招待状配りやら 
特にたくさんの人の前での話は嫌だしぃ

でも、飼育放棄や多頭飼育崩壊など、
これから増える課題を考えると
環境課や福祉課など行政との協働は
必須になるものなあ・・・

 

今日は二本木での捕獲

久々にのんびりと、猫がトラップに入るのを待って、
2時間ほどで気持ちよく8匹ゲット。

費用は全く出してもらえなかったのです。
出来れば、お金を出すという形で
餌やりの責任を果たしてもらいたいのだけど。
缶コーヒーや、パンや貰い、
しまいには着れなくなった服やらを頂いて(たぶん私も着れないけど)
まあいいか・・・・
気持ちは伝わってきたから。

ねこの会で手術費用を出すのですが
これが出来るのも、カレンダー基金のおかげだね。

補助金を出している市町村や、
どうぶつ基金さんの無料チケットを取ってくれる自治体もあるのにね、

なんで、入間では、小さなボランティア団体が
懸命にお金を作って
こうやってネコのTNRを無料でやり続けなきゃいけないんだろう

 (☆あ! 入間市衛生自治会さんから年間9万円の手術補助金は頂いています)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二本木、野田、グリーンヒル

2017年03月15日 | 猫活動

1件目、二本木、相談現場に行ってみたら
今にも生まれそうなお腹の猫がいっぱい

市役所からの連絡は遅いしぃ、
自治会の人には、TNRと地域猫の説明をしても
お金がかからないならやってください・・・・の一点張り。
地域の人が困っている問題を解決するには
お金はかかるものなのです。
 

 

2件目、チラシに自治会を明記させてほしくて
野田の自治会長さんと連絡を取ろうとしたのですが
プライバシーの関係とやらで電話番号は教えてもらえず。
代わりに、明日の2時半に西武公民館で話を聞くとの
伝言が来て、
明日の2時半は私、用事が入っているちゅうに
電話番号を教えてもらえないので断りの連絡を入れることもできない

だいたい、相手の都合も効かずに時間を決めるっていう
非常識はなんだ!!!
頭から煙が出そう。 

3件目、グリーンヒルから、「団地の階段で動かない猫がいたので
段ボールに入れてある、どうしたらいいのか」と

1時間ほどのすったもんだの末、夕方飼い主さんが判明して、解決。
保護をして、新しい飼い主さん探しをすることになった場合の
かかる費用も納得してくれて
グリーンヒルの自治会関係者が一番ちゃんとしてました。
 

どんな現場でも、どんな結末でも
関わった人がちゃんとした人だったら、
救われます。

 

こんな感じで、毎日忙しさが続く・・・・




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心配を乗り越えないと

2017年03月12日 | 猫活動

週末に手術が終わってリリースした子なんだけど、
 

相談してきた餌やりさんは、
夏を前に引っ越し予定だという。
大家さんからの立ち退き要請で
その古さから見て、
「そうね、このアパート、もう潰すのね」と、うなづける。

この子、どうなるのかな ・・・

久々、自宅からすぐ近い現場だから、
餌やりに通うことも出来ないことはない。
だけど、それはをやり始めたらきりがない。

他にも2~3匹は生息している地域なのだから
きっと、どこかでご飯もらえるはず!

固く自分に言い聞かせて 
先に進むしかない。

それでも、こういう小さな心配が日々
心の隅に少しずつ溜まっていく。

「この子、大丈夫かな・・・・」っていう言葉がいつも
心の中にこだまする。

でもね、心配を乗り越えないと、この活動は続けていられない ・・・・からね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加