飲み屋のオヤジのひとりごと

金沢の居酒屋のオヤジが近江町市場のことや料理。ちょっときずいたことなどを書いていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなふうに

 | Weblog

年を取れば人間穏やかになっていくと若いころ思っていました。

なかなか人間としてできていない私は、いつも不安でいっぱいです。今娘も店を手伝ってくれています。

よき女房、娘。

不満があるのではないのです。が・・・

強いて言えば自分への不満。この年になっても自分の立ち位置が見定められないもどかしさ。

 

酒の会のメンバーのフェースブックの投稿。

「母の終活」

3月のとある夜、母がこの世を去りました。

「“痛い”のはイヤ。ピンピンコロリでお願いします」
「よ~くわかってますよ。最期まで僕にまかせて!」

3ヶ月間、主治医と毎日こんな会話を繰り返した母。願い通り入院中はよく食べよく語り、洗濯も最後まで自身で。毎週末の外泊と外食を待ち望み、好きなお酒を少し舐めながら「楽しいわぁ~」と笑っていました(*^_^*)

「がんで死ねるなら本望。検査も手術も延命治療も不要」。数年来言い続けたことが現実となった昨年末。すい臓がん末期という告知にも母はあわてませんでした。財産の分け方、式場の祭壇、棺に入れる着物…。病床でこのノートに人生の始末のつけ方を綴り始めました。

恐れていた“痛み”が訪れたのは、亡くなる前日です。母は治療が最終段階に入ったと知ると喪主の挨拶文まで書き上げ、これを使えと指示してきました。「やり過ぎ!」。そう咎めた私ですが、結局はそれがそのまま披露されて、送る言葉に。「ほ~ら見なさい」。したり顔の母が見えるようで、ちょっと悔しい気もしています(^^;)

「いよいよですね、痛くない、ありがとうございます」。当日、混濁した意識の下でそんな言葉が発せられているうちに事態は急変していきました。幕引きのあまりのあっけなさがどうにも受け入れ難く、「1分でも長く」との思いが募りましたが、それは「苦痛の時間を延ばすだけ」とドクター。患者との約束が最優先され、母はするりと現世の枷をはずし、旅立ってしまいました。

そうは言っても最期はジタバタするはず、と思ってたのに。出来すぎなほどアッパレだったね、トミコさん。80年間お疲れさま。そして、ありがとう。今頃はタカシさんと35年ぶりのデート、楽しんでるかなぁ?

 

こんな風にに終活をできる人は、素敵ですね。
私も最後は、こんな風に
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

体調不良

 | Weblog

3月も早中旬というのに、先程まで雪が降っていました。こんな年はあまり記憶にありません。

そんな気候のせいか、母が熱をだし、愛犬が昨晩から下痢気味。

女房殿が動物病院へ連れて行ったのですが、「ストレス性の下痢ですね」と言われたそうです。

母も病院へ行って「ストレスからくる発熱です」と言われたそうです。

そういえば私もちょっと下痢気味・・これもストレスでしょうか・・

母82歳愛犬12歳そして私は63歳・・年を取るにつれて「ストレス」が溜まっていくようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しています

 | Weblog

1年以上のご無沙汰です。
先日63歳の誕生日を無事迎えました。
店のほうは、次女がお店のほうに入ってくれましたが、長年勤めてくれたTちゃんが辞めてこの年末は大変でした。

何とか大きなクレームも無く年を過ごせましたが、さてこれからどうなっていくことやら・・
Facebook始めました。

https://www.facebook.com/ikku1919

こちらのほうもよろしくお願いします。
新しい年の皆様のご健勝をお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢三水会6月定例会

 | お酒

 

6月20日。恒例の「金沢三水会定例会」が当店で行われました。

参加者16名これまでの定例会の中では、最大人数。

会自体もかなり盛り上がったようです、そして写真のごとくずらりと酒も並びました。

今回は、今までの会と違う2つの出来事がありました。

1つは、「金沢三水会」というfacebook上のグループを代表の赤須治朗さんが作って、そこで呼びかけたこと。

これはかなりの反響があったと思います。

参加人数が多かったこともありますが、お互いの事前の情報交換ができたことによって、会自体が盛り上がったと思いま

す。私も、前日に当日の献立を載せておきました。

2つ目は、偶然にも3本の「どぶろく」が持ち込まれたこと。

1本は、私が研修旅行ということで、女房殿と娘の3人で「庄内旅行」(蔵元見学もしてきました)に行ってきた折の「どぶ

ろくの吟醸」ですが、3本のどぶろくがお目見えとは・・何たる奇遇

酒田で買ってきた「どぶろく」は「木川屋」さんという酒販店が、自店で作った酒米を70%精米して山形酵母で自分の店

の隣に作った「醸造所」で造っているものです。

酸味と甘みのバランスがよくフルーツジュ-スのような感覚で飲めました。

マッコリから「どぶろく」へ、そんな予感が・・・・


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春がきた

 | わが街

 4月に入って1cmの積雪、こんな年は記憶にないほどです。
それでも春はやってきました。
きょうの金沢は、青空が広がって見事な「春」です。

近江町市場の向かい「市媛神社」の桜も急き立てられたように昨晩から開き始めました。
昨日の朝は、こんなに花開くとは思いもよりませんでした。
ちょっと離れた所に植えられた「モクレン」の白い花も爛漫で、一気に春がやってきたようです。

明日・明後日は、桜の名所は人で溢れかえることでしょうね。
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

白海老

 | 食材

4月・・新たな年度始まりです。

爆弾低気圧」の影響で、各地に被害がでたようです。金沢でも最大瞬間風速33.1mを観測したようです。
さすがに、市場の買い物客もまばらでした。

 このお天気で、魚の入荷も少なめでしたが、それでも季節の食材が出回り始めました。
蟹漁が終わって、甘エビ漁が始まりプリプリの地物甘海老がお目見え。

富山の蛍烏賊漁が始まり、光沢感のある「生の蛍烏賊」が小さな発砲スチールに、整然と並べられて店頭を飾ります。
当店も、恒例の「ほたるいかのシャブシャブ」
            能登の今がおいしい海藻といしる、富山湾のほたるいかのコラボレーション
   是非一度お試しください。

富山湾の宝石・・・白海老も入荷してきました。

       

白海老の掻き揚げです。天汁で、抹茶塩で、お召し上がりください。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敵は

 | グルメ

生ハム作りも11日目。乾燥を始めて4日目です。

表面も少し乾いてきました。順調です・・と言いたいところなんですが、生ハムづくりの最大の敵がまさか・・・

乾燥を始めて2日目。夜室内に取り込もうとして「え!!」
わずかですが、端のほうにササクレだった部分が見つかりました。
現場は見ていませんが、これはひょっとして「カラス

翌日、さっそく干物用の籠の中で干すことにしました。

あんなに目立たないところに吊るしてあったのに・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生ハム挑戦

 | 食材

先週、お肉屋さんで「マスターいい豚肉が入ったけど要りませんか?」と声をかけられました。
ロース肉の塊で、ピンクの肉質・甘みのありそうな油脂。
「いい値段でしょう?」「マスターの言い値でいいよ」

そんな訳で、1.5kgの塊を買ってしまいました。「さてこれをどうしようか?」
昔、ロースハムを作ってみたことがありました。
じゃー今度は生ハムにちょうせんしてみるか・・

ソミューズ液を作って、塩漬け・・・そして1週間。
本日、いよいよ乾燥に入りました。
どんなことになりますか・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒蔵見学と吟醸酒を楽しむ会

 | お酒

久々の投稿です。
昨日、今年2度目の酒蔵見学に行ってきました。
場所は、金沢市大樋町の「やちや酒造」午後1時30分現地集合。三水会のメンバーと合流して、総勢12名。
ちょっと蔵の方々にはご迷惑だったでしょうね。

ちょうど、やちや酒造さんでは「紫宸殿雛人形」を展示されていました。 
ひとつひとつの細工に昔の技術のすごさを感じました。4月3日の旧節句まで展示されているようです。
一見の価値はあります。

 三水会からのご案内を転記させていただきます。

 

金澤三水会事務局赤須です。恒例の吟醸酒を楽しむ会のご案内です。
 
第40回吟醸酒を楽しむ会BY金澤三水会
 
●開催日:平成24年3月20日(火曜日・春分の日)
午後6時00分開場(到着順に利き酒を始めます)
午後6時30分乾杯
●会 場:座・いっく(金沢市武蔵町16-48/076-224-1919)
●会 費:ひとり1万円(当日集金)
●定 員:30人(会場の広さで定員制にしています)
●締 切:定員の30人に達し次第締め切ります
●申 込:金澤三水会事務局の赤須まで、メールまたは電話で。
 
■出品酒(予定19銘柄)
富山県:満寿泉(富山市)  勝駒(高岡市)  有磯曙(氷見市)  三笑楽(南砺市)
奥能登:能登誉、奥能登の白菊、能登末廣(輪島市)  竹葉、大江山(能登町)
中能登:池月、ほまれ(中能登町)
北加賀:加賀鶴、加賀鳶(金沢市)
南加賀:神泉(小松市)  常きげん(加賀市)
福井県:白龍(永平寺町)  一乃谷、花垣、真名鶴(大野市)
 
■申し込み先
金澤三水会事務局 赤須治郎
921-8103 石川県金沢市つつじが丘45
TEL&FAX 076-245-7477
携帯電話 090-1633-2557
 
 
やちや酒造の社長さんと杜氏さんも参加してくださることになりました。
いろいろ面白い話を聞くこともできると思います。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墓参り

 | 行事

8月14日(日)お盆にお休みを取ったのは、何年ぶりでしょうか?
例年、お盆はお休みなしで営業していましたが、さすがにそれだけの体力・気力が・・

 両親を連れて、父方のお墓にお参りしてきました。足腰が弱ってきた父にとって
   「この墓参が」という思いがあったようでした。

それにしてもお盆の墓参りは、この炎天下のなかでも大勢の人が参られているのですね。
何時もは、彼岸の扉が開く前か閉じた後の人気の少ないお寺で先祖供養をしている身にとっては、
久しぶりの光景でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加