電子玩具メモ

PDAやら携帯やら、とにかくお金のかかるちいさな玩具について取り扱っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Willcom D4 に Windows7を インストールするべきただ一つの理由

2009-05-15 10:51:15 | PHS
Windows7RCのリリースから1週間ほど経過しました、
わたしのWillcomD4の運用状況では特に目立った障害もなく
安定して稼働している状況です。

そして、妙にバッテリーの調子がいいような気がしたので
改めてLOGを収集したところ、確実に「良い」方向に進化していると確信できました。

だいぶへたりだした大容量バッテリーでも 3時間20分ほどの稼働が常に期待でき(私の利用方法の場合)
*グラフの見方について
*ある時点での、すでにバッテリーで動いていた時間+OSが残バッテリー容量から予測した残り稼動時間の合計となります。
おそらく、劣化していない大容量なら、実稼働で4時間を超えることがほぼ確実であることがわかりました。

Windows7の電源管理は、間違いなくノートパソコンと相性がいいようです。

ちなみに試験状況は以下のようにして行っています。

ずーっとWMAファイルやらMP3ファイルをヘッドフォンで聴き続けている場合と理解していただければ助かります。

AX
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のWillcom D4 について | トップ | WiFiSnapのちょっとし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL