電子玩具メモ

PDAやら携帯やら、とにかくお金のかかるちいさな玩具について取り扱っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PORTABOOK は 売れるのか?

2015-12-08 22:31:15 | パソコン

予想では極一部にのみ売れるが、SNSやBLOGで発信情報が一時的に増える為、販売数以上に話題になって「終わる」ような気がしてなりません。 一応比較表つくってみました。



VGA端子とFULLUSB端子にメリットを見いだせる人は買うでしょうし、
妥協できる人は「半額以下」のT90CHIがベストでしょうね。

しかし調べてみてびっくりしたことは、当時のVAIO Pの定価で販売するということ。
ということは、末期には39800円でたたき売られていたVAIOと同じくPORTABOOKも案外・・・

ちなみにVAIOは実稼働は4時間
T90CHIも実稼働は4時間程度だったので(2つとも実機所有)
PORTABOOKは実際は3時間持たないんじゃないかなあ。

ただ、稼働時間を優先して液晶のバックライトをいろいろいじっていたら、4時間動くかもしれませんね。

追伸
売れるためにすることは、ただ一つ、「実売価格を49800円」にすることだとおもいますけどね。
DM100だって 定価36000の時は手がでませんでしたが、2万円台になったからうっかり入手してしまいましたし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

T90Chi Windows10Update

2015-09-02 08:59:52 | PHS
所要時間 実質80分
再起動回数 1回
不都合 特になし

HDD空き容量20GB以上確保して実施
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows10動作確認メモ

2015-08-04 14:16:33 | モバイル
動くかどうか、そもそも怪しいレベルのハードにWINDOWS10いれてみたところ
無事動いたので、記録。

導入ハードウエア
工人舎 SXシリーズ
http://jp.kohjinsha.com/models/sx/
をWindows7化したものをさらにWindows10へアップグレード

インストールに5時間弱
ハングアップなどの不安定挙動はなし。

但し、アップグレードインストールにもかかわらずグラフィックドライバは判定されずにXGAで動作。
WINDOWS7用ドライバを「強制的にインストール」することで正常に動作することを確認
ワンセグについては COREGAのドライバを入れることで動作。(どうやら同等品らしい)
コレガ製のワンセグチューナー「CG-3SGTR」のドライバをダウンロードしてインストール。
純正のWINDOWS7ドライバには2005VC++ランタイムが必須なのに、同梱されていないという矛盾。
しかしコレガのは同梱されているため、問題なく動作。

一応メモリ2GBなので、問題なく動作しているっぽいし、
何よりCPU負荷がかなり低く安定しているため、このままWIN10モデルとして使い倒す予定。
バッテリーが2時間持たないのが難点ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Asusの修理対応能力についての印象

2015-07-29 11:00:11 | パソコン
初めに:あくまでも私が経験したことであり、この結果が一般的かどうかは各自で確認願います。

初期対応:良い
 WebCatで故障報告したら、すぐに回答、簡単な問診のあと、修理手配についての案内は早かった。
修理能力:普通
 故障したハードについては修理完了であがってきた。
修理期間:長い
 たっぷり2週間以上かかってます。
 その間どのような状態なのか、修理できるかどうかの報告が一切なし。
 果たしてそんなに必要だったのか・・・
 結果から判断するに
 事象確認 1日
 原因究明 数日
 マザーボード手配 1週間
 交換作業 1日
 動作確認 数日
で 2週間以上かかるというのは 理解はできますが、せめて「マザーボード交換になるのであと1週間はかかります」と中間報告は欲しかったですね。
修理同意書にわざわざ連絡先記入させているにもかかわらず、です。


壊れたら 少なくとも3週間はパソコンが無い状態になりますので、
ASUSのパソコンを購入する場合は、「2台目以降」での購入を推奨します。
この修理時間の長さはメイン機には推奨できません。
vaioの時はたしか途中連絡と2週間以内で戻ってきた記憶あるから、故障も考慮するなら「メイドインジャパン」の製品が一番ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleフォトを使いこなせばローカルHDDは不要になる?

2015-06-16 11:00:22 | パソコン
個人でデジタルデータを利用していると、大事に保存したいデータのうち容量のかさばるものといえば
「写真」と「ビデオ」
その2つを「無制限」「無期限」「無料」で保存できるサービスがGoogleフォト
Googleアカウントがあれば、誰でも利用でき、
パソコン、スマートフォンがあれば、いつでもアップロードや閲覧ができる。
画像の整理もある程度自動で行うことができるいいことづくめのサービスです。

これを十分に活用すれば、テキストデータなどはUSBメモリに保存できる程度の容量でしょうから
大容量HDDを買う必要もなくなります。

使いこなすうえで、知っておくと良いポイントは以下の3つ

その1
写真は1600万画素までがサイズ変更なしで保存されるので、元のデータもそれで撮影するのがベスト
コンパクトカメラを購入する際、1600万画素以下のモデルを購入するのがお勧めということですね。

その2
動画は2時間くらいまで
事前検証した結果、MP4ファイルなら2時間程度までならアップロードできました。
家庭用ビデオの保存には十分すぎるほどの容量です。
再圧縮はされますが、その分ネット経由での視聴がしやすくなると考えるとお得になった気がしませんか?

その3
一応非公開処理されているけど、インターネット上に保管されてます。
万が一Googleのサーバがハッキングされたり、自分のGoogleアカウントが乗っ取られたときには
いままでアップロードした画像や動画はインターネットに広まるかもしれません。
一応万が一の可能性ではありますが、「自分が写っていない写真や動画」をアップロードしたほうが、すこしだけ安心感が増えます。

おまけ
アップロード速度は10Mbps程度は出ているみたいです。
これだけの処理速度があると、動画でも気軽にアップロードできますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加