TOP ABOUT SITEMAP POLICY HELP
ジャーナリスト。1961年生まれ。大手新聞社で警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。その後、1999年10月、アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て2003年2月に退社。現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活動中。
2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前月 翌月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
インターネットの理想と実態
顧客のコアデータに連動させるビジネス
モラル社会を取り戻せ?
国産検索エンジン「マーズフラッグ」にインタビューした
ライブドアへの強制捜査にからんでのうわさ話
『911 ボーイングを捜せ』から見えるもの
ヤフーの社風とweb2.0
ワイヤレスP2Pの行方
進化を模索するラジオ局
世の中の事象をコンピュータ上で可視化する手作業
BLOG


MATRIX

Vol.33 Web2.0的信頼の構築

URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)

XML

Powerd by gooBLOG


※ご意見・ご要望は編集部へ
佐々木俊尚の「ITジャーナル」
Hotwired / Blog / 佐々木俊尚の「ITジャーナル」
 先日書いた元京大研究員、office氏の話をもう少し続けたい。

 彼の法廷における姿勢や発言を見ていると、非常に特異な気質というものを感じてしまう。それは発言内容の苛烈さや、挑発的なことばの使い方をとらえてそう思うのではない。office氏の論理の組み立て方や、論争する相手との距離の取り方に、独特なものを感じるのである。

 office氏の立ち位置は、こんな感じだ。
 まず質問に対しては、徹底的にロジカルに答えようとする。自分で組み立てたロジックに対して絶対的な信頼を持ち、そのロジックが自分のよりどころとなっている。仮に相手が感情的に攻撃してきたとしても動揺せず、あくまで自分のロジックに立てこもって攻撃に対応しようとする。だから決して挑発には乗らない。

 彼の性格を一般化するのはかなり危険だが、ある種の“技術者気質”に近いものを感じるのは私だけではないだろう。同じようなキャラクターを持っている人を、私は知り合いの中に何人か思い出すことができる。全員が技術者である。

 ポジティブに言えば、彼らはとても公明正大であり、無私である。ある種の正義を体現している。しかしネガティブな言い方をすれば、あまりにも容赦がなく、余裕も乏しい。とはいえ、これからのIT化社会では、こうした立ち位置を持つ人たちの重要性が高まっていくような気もする。

 話を戻そう。

 office氏のそうした振る舞いを見ていると、コンピュータソフトウエア著作権協会(ACCS)との間でなぜこれほどまでに対立が深まったのか、少し理解できる気もする。

 それはこの事件で、office氏との交渉を続けたACCSの久保田裕事務局長との問題である。2人の間には、広くて深い溝のようなものがあるように思える。

 久保田事務局長は、office氏とはまったく違った立ち位置にいる人物といっていい。歩んできた人生が異なれば、人生に対する見方も異なる。人との距離感もまったく違う。ものごとの見方が違う。

 久保田事務局長は元週刊誌記者。いわゆるトップ屋である。途中で著作権の世界にはまりこみ、苦労してACCSという団体を立ち上げ、ここまで育ててきた。ひげ面に日焼けした顔は、いかにも体育会系である。実際、少年ラグビーの指導者も務めている。ちょっと不良で明朗活発で、おまけに押しはめっぽう強い。私は個人的には非常に好きなのだが、しかしオタク的な気質とはものすごく遠いところにいる人である。

 少し古い話をしてみよう。

 数年前、中古ゲーム問題というのがあった。中古ゲームの販売が著作権に抵触するのかどうかをめぐって、裁判で争われたというものだ。そしてこの当時、久保田事務局長は「中古ゲームの販売の際、ゲーム店は一定の著作権料を支払ってクリエイターに還元すべきだ」と表明し、中古ゲームの完全自由化を求めていたユーザーグループからかなりの反発を受けた。

 私は当時、ある月刊誌の編集をしていて、久保田事務局長と中古ゲームのユーザーグループの対談を計画した。編集部のあるビルの会議室に双方に集まってもらい、存分に話し合ってもらうという企画だった。

 だが蓋を開けてみると、対談は成功とは言いがたいものになった。久保田事務局長らACCS側の論客たちがガンガンしゃべり、20代の若者たちが中心だったユーザーグループの面々は、もっぱら聞き役となってしまったのだった。

 対談が終わった後、近くのファミリーレストランに席を移し、ビールを飲みながら歓談した。といっても、主にしゃべっていたのはACCSの人たちである。そんな風にしてその日は終わり、久保田事務局長は嬉しそうに話した。

 「会う前はどんな連中かと思ったけど、みんないい子たちだなあ。僕らの意見をわかってもらえて、今日は本当に良かったよ」

 ところが翌日になってみると、ユーザーグループが開設しているウエブの掲示板には久保田事務局長への不満が盛んに書き込まれ、爆発寸前の状態になっていた。

 私はその夕方、久保田事務局長に電話した。

 「いったいどう対処しましょうか」

 彼はほとほと困り果てたという口調で言った。

 「あんなにわかってもらえたと思っていたのに、なんでこういう反応になっちゃうの? ぼくは彼らの考えていることがよくわからんよ」

 実のところ身も蓋もなく言ってしまえば、ユーザーグループの若者たちは対談の場では久保田事務局長の押しの強さに、圧倒されて何もしゃべることができなかっただけなのである。しかし久保田事務局長は、そんなことは想像もしていなかった。

 その時、電話の中で久保田事務局長はこう言ったのだ。「どうして言いたいことがあるんなら、対談の時にガンガン言ってくれないんだ? 腹を割って話し合えば分かり合えるはずじゃないか」

 彼には、オタクの若者たちのスピリットがあまり理解できていなかった。それは正直なところ私もまったく同じで、新聞社というオヤジ臭い会社から転職したばかりの人間にとっては、技術者文化というのはかなり遠いところにある存在だったのだ。久保田事務局長も私も、

 「酒を飲んで、腹を割って話し合うのが大人のつきあい」

 なんて思っていたのである。

 しかし酒を飲んで腹を割って話し合って、すべてが済んでしまうのであれば警察はいらない。警察は要らないどころか、それは腐敗の発端にさえなりかねない。そして世の中は徐々に、そういう文化から脱却しつつある。「大人になれよ」と言われて大人になって、気がつけば腹に何でも呑み込んでしまって社会正義や本音を語らずに生きていくようになるのが古い大人文化だとすれば、現在のインターネットを担う世界は、そういった文化からは高速で遠ざかりつつある。

 そうした古い大人文化と、インターネット社会の親和性はとても低い。両者の間には、広くて深い溝が横たわっている。
Trackback (11)


« 検察官を翻弄...「録画ネット... »
 
コメント
 
 
 
オヤジ系技術者 (xmtl)
2004-10-29 13:23:46
技術屋は昔から技術屋なんだと思います。

私のまわりの先輩技術屋はオヤジだったり

そうでなかったり、しますが。

佐々木さんが書かれていることは今に始まった

ことではないようにも思えます。

 
 
 
Unknown (技術者といえば)
2004-10-29 17:19:57
オウムの上祐史浩も技術者でしたね。

http://ton.2ch.net/sec/kako/1000/10002/1000226553.html

によるとこんな記述があります。



156 名前: オウム200X誕生 投稿日: 01/09/20 02:57

グルこと松本智津雄 -> クルことヒロ山本

早川紀代秀 -> BEAMZ

村井秀夫 -> UNYUN

渡部和実 -> hsj

林泰男 -> 他力本願堂

上祐史浩 -> office

豊田亨 -> choco

岐部哲也 -> 武田圭史

中田清秀 -> B-)

林郁夫 -> 安田昌史

青山吉伸 -> 邪悪神父



157 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/09/20 03:20

上祐史浩 -> office てのは言えてるな



つーかtakemotoまじでどうした?
 
 
 
Unknown (guldeen)
2004-10-29 22:46:39
たとえば現実世界では「(物理的な)声の大きい者の主張が通る」ようなケースが、ままあります。ヤクザの恫喝だとか悪徳商法の勧誘、街頭のケンカなどはその典型。

ところがオタクなり技術者なりというものは、前述のご指摘を含めて「主張を通そうとしていたずらに人前で大声を張り上げるのは“みっともないこと”であり、“バカのやる事”だ」と考える人が多いように、私は思います。

これじゃゃ、両者の主張は噛み合わんですな。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-30 02:09:26
佐々木さんの本意ではないのだろうが、ACCS久保田氏とユーザーとの話を短絡的にオヤジ対技術者(乃至はオタク)という図式に結びつけているように読めてしまう。



押しの強いオヤジに対して言いたいことを言えないというのはどこの会社または大学(体育会系では特に)でも見られる光景ではないだろうか。日本を代表する新聞社の社長であるナベツネの『選手ごときが云々』という発言はその典型的なものだろう。



私が思うには、単にACCSの久保田氏が相手に対して敬意をはらって意見を聞こうとしなかったからだけではないのかとことである。



オヤジvs技術者なんて単に理系vs文系というのと何が違うのかといいたい。

技術者だろうが記者上がりだろうが、物事の本質をつかむという意味ではどんな仕事だろうが同じはずだと私は思う。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-30 19:12:32
オヤジvs技術屋よりも、古い文化(今までの文化)vs新興の文化といった感じを受けますね。

古い文化とは、「声のデカイ奴が勝つ」とか、「権力のある奴が勝つ」と言った理論的とは言いがたい側面をもった文化で、こういった文化の下では、あまりにも理論的に物事を進めると、良く解かってないのに声だけデカイやつ等にかき回されて、文句や反論を言う前(そういった人間と打ち合わせ等をしていると、文句や反論を言う機会すら無いことが多いが)に物事が進んでいってしまうということが往々にしてあった。

しかし、新しい文化では、押さえつけれられていた人々に、インターネットと言う非常に強力で、万人が情報を発信できるツールをもって堂々と発言できる手段を手に入れた。古い文化では、今までごく一部、「マスコミと言うグループ」に所属していないと行えなかったことがインターネットでは、誰でもできるようになったのだ。

だから、その場で反論が無ければすべてOKと思っている古い人間たちには、後日インターネットで反論されたり、すべてを理論的なシナリオでかわして行く人々(昔もわずかながらいたが、結論が出なかったり、多数決等でその意見は黙殺されていたことだろう)の反応は、予測もつかないのであろうし、両者の間には深くて大きな溝があって当然である。

この溝は、コンピュータが出て仕事の浸透していく過程でもその兆候はわずかながらあったし、もっと言えば「今の若い者は」と言う昔からあった、新しい時流に乗れない人々の戸惑いではないだろうか。

両者の溝を文化の溝に感じてしまう私は飛躍しすぎなのだろうか。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-30 22:05:15
「office氏のふるまい」が技術者系若者一般に渡っているなら、やっぱり久保田氏に直接目の前で反論できなかった人たちは、おかしい。法廷では無いとはいえ、直接ACCS側の人間に意見と交わせるまたとないチャンスだったのに。直接意見を交わした上で、議論がかみ合わなかった、というなら話は分かるのだが。結局、office氏の事例と久保田氏の事例では、共通点はあまり見出せないと思う。少なくとも、office氏の例は、表題の「オヤジ系vs技術者系」という対立軸で語れるものではないと感じる。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-31 01:29:54
いい加減なことを言わないでください。



>あんなにわかってもらえたと思っていたのに、なんでこういう反応になっちゃうの?



この表現に傲慢を感じないのですか?

この議論には利害が発生するのですから、

必要なのは論評の理解じゃなくて論述の正当性です。



大人というならば他人の利害を踏まえて話をするものでしょう。

正当性と理解との違いすら判らないのに

ご自分のことを大人とか言わないでください。



あなたたちのような人々が

自分たちだけの「理解」がまるで正義のように感じたせいで、

自分たちの幻想の殻に閉じこもったおかげで

三菱自動車のリコール隠しという恐ろしい不祥事を呼んだんじゃないんですか?



少しは反省してください。
 
 
 
問題を広げすぎではないでしょうか (土井)
2004-10-31 09:14:39
中古ゲームの話ですが、やや問題を広げすぎではないでしょうか。

単に久保田さんがその若者たちのあまり初対面でズバズバものをいわない性格を理解できなかった(それゆえに相手の発言を引き出すこともできなかった)。そして若者は対談の場であるにも関わらず勢いに推されて面と向かってはしゃべることができなかった。ただそれだけのことで、当該者たる久保田さんと対談相手の若者の問題だと思います。それを即「古い大人」vs「新しい若者」の構図にもちこむのは無理があるように感じます。

また久保田さんについてはともかく、たまたまその対談相手となった若者だけを見てオタクの若者とか技術者気質などと一般化されるのは、若者の一人として賛同しかねます。
 
 
 
Unknown (thin)
2004-10-31 15:50:04
不思議なのは、丁々発止の議論になろうかとの予測が外れ一方の演説を他方が拝聴するだけになったのに、それを変に思わない司会者だ。久保田氏は思考様式が唯我独尊なのだろうからわからなくてもやむをえないとして、司会者たる佐々木氏が異変に気付けないようでは参加者の不満が倍増したであろうこと、想像に難くない。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-10-31 16:37:37
「押しの強さに、圧倒されて何もしゃべることができなかった」、という表現を見て、ホントにそうかな?、と思いました。



論理的な思考や対話ができないオヤジ、押しの強いオヤジっていうのは、世の中にいっぱいいますし、見てるとすぐわかります。



久保田さんの言動を見て、「こいつには何を言っても無駄だ」ってことが、若い人達の間であっと言う間に了解されてしまったのではないでしょうか。



簡単に言えば、構ってもらえなかった、ということじゃないか、と。
 
 
 
Unknown (率直に見て)
2004-10-31 18:01:52
ろくに討論も出来ないユーザーグループの人達のコミュニケーション能力が低かった、というただそれだけのことではないかと思うのですが。
 
 
 
筋道立てた話を聞かない (Unknown)
2004-10-31 20:03:05
 いや、筋道だてた話を聞こうとしない態度に問題が有るのではないか。

 この手の人たちは「感覚的な善悪の判断」を基準に喋るので、相手が以下に論理的に反駁を試みようとしても話を遮り論をかぶせ、相手をねじ伏せようとする傾向にある。(そんなものは営業や経営の現場で通用しても、技術系の現場じゃ意味が無い。)

 要するにマトモな話し合いになってないのにオヤジ組は一方的に「いやぁ、話し合って良かった」と独り善がりな納得をする。でもオタク組は「人の話も聞けない馬鹿が一方的にベラベラ喋っただけ」と思っているので話を遮られないで議論を展開できる文章形式のコミュニケーションに訴える、というワケ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-01 02:39:40
議論をしないオタク=技術者

なんですか?技術者は普通、議論するけど。ただ、「感情的に納得」は全く解決とみなしてもらえない類の議論が多いだけで。



それにしても検察官が、じつは久保田事務局長と同じグループ、感情で解決する類の人たちなのか。杓子定規に法律を適用して相手を犯罪者に仕立て上げる検察官が。

それはそれで、最低な世の中だ。。。
 
 
 
なるほどね~ (あすか)
2004-11-01 08:54:55
いろんなご意見とても面白く読ませていただきました。読んでいて、あ、この人はオタク的、この人は傍観者的と、とてもはっきり分かれて見えたのはとても面白かったです。要するに、自分の立場の意見ははっきりみんな持っているというのがわかります。それをこのような場で意見するという中に、親父的な人はいないのが、はっきり出ていてそれもまたとても面白い現象です。という私はやっぱりどちらにも当てはまらない傍観者でした。

このエピソードをすべてに当てはめてはいけないのではないかという方がおられますが、でも~こういう場面とても想像できます。よくあるパターンというか、そういうことよくあるな~というのが実感です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-01 21:13:49
このように熱いコメントが出てるのを見つけて驚きました。私は法律とかに詳しいわけでもなく、理系技術職というわけでもありませんから、office氏の一件と皆さんのトークを興味深く読ませて頂きました。佐々木氏の記事もあくまで彼の視点で書かれたものですから、単に「こう思い、感じました」ということを述べていると思います。例えて言えば(office氏ではありませんが)、酒場であるギリシャ人とトルコ人が激しく喧嘩しているのを見て「ギリシャ人とトルコ人は仲が悪いんだな」と言ってみただけではないでしょうか。「本当に民族対立があるかどうかは解らないけど、ギリシャはトルコに支配されてた歴史があるからそれが原因じゃないか」というようなことを表現しているのかなって思います。そこで「ギリシャ人とトルコ人の間に民族対立は本当にあるのか」ということを学術的に検証して、見解が間違ってる!と厳しく指摘してもしょうがない気がします。別に研究してるんじゃないし、一般化できる事象かどうかは読んでりゃ判断できると思いますが。A型の彼女にB型の彼氏がフラれたことを取り上げて、「一般的にA型女とB型男は相性が悪い」なんて結論は誰も思わないのと同じです。ただ、「フラれた現場を見て、こう思った」と言う記事だと思って良いんじゃないかな。

「ギリシャ人は討論好きだから、喧嘩したんだ」って別な見解を出して、答え間違えた者は全員同じ輩、って結論付けてリコール隠しまで飛躍するのは、先の例に出した「血液型の相性悪い」と、もろに一般化して結論出してるようなもんだと思うけどね。ここには法学者系が多いのでしょうか?
 
 
 
エライ! (一技術者)
2004-11-03 06:21:56
>しかし酒を飲んで腹を割って話し合って、

>すべてが済んでしまうのであれば警察はいらない。



この言葉は至言だと思います。



今回の事件は、理念と現実の行動の

乖離が当事者双方に起きた末のことだと

どちらも嫌いな人間としては思います。



Office側の乖離はさんざん語られています

が、この記事はACCS側の乖離を冒頭の一言

で表してくださっていると思います。



中古ソフトも結局最高裁判決の後、メーカが

一切ノーコメント、久保田さんが一人でコメ

ントさせられていた映像をよく覚えています。



おっしゃる通り、容赦のない、余裕に乏

しい方向に世の中は脱却しつつあると思います。
 
 
 
熱い議論 (sion)
2004-11-03 08:31:26
まぁ、オタク側と大人云々から言えば、俺も

オタク側の人間なんでしょうけれど・・・。

それでも、それにべつに食って掛かるつもりはないですね。



一つ言えるのは『酒が入らなければ本音で話せない』

というのはあまりにも寂しいと思うだけで。

 
 
 
興味深く読ませていただきました。 (sonia)
2004-11-04 11:30:04
私は30代前半ですが、インターネットで匿名で記入できても、顔を合わせると話さないというか、話すことを回避するタイプの人が増えているというのを日々、諸所において感じています。やはり、それはどう見ても若い世代に増えていて、少し私には理解しがたいですが。。



話題とは少しずれますが、言葉には「言霊」があり、発することによって後々一人歩きすると実感して、発言時も相手のことを考えて少々言葉を選んでいます。これは文系的発想でしょうか?



現在は情報が簡単に検索でき、知識も豊富に取り入れることができます。インターネットで言いたい放題の意見が飛び交っても、個人の経験の豊富さや実際に身をもって人生を体験してきた方の能力は、また別なものだと思っています。



基本は「人間性」なのではないでしょうか。
 
 
 
フランスの木を南半球にワイン (匿名希望)
2004-11-07 23:18:20
冷たい論理になりがちなのは突き詰めた理屈で機械を作れるからかもしれない、と普段思っていました。繊細さと精密さの共有したらよりどりみどりですね。古い大人文化で鳴く打つ麻雀もそうなのか、とかクラブで打っったらゴルフだな、と戦略的視野はウワズミなんだなと思いました。
 
 
 
すれちがい (Unknown)
2004-11-09 00:23:27
検察官と久保田事務局長は同じタイプの人間かもしれませんが、office氏とユーザグループの若者たちは別のタイプの人間ですね。

office氏は検察官の前で黙り込み、後日インターネットで不満を表明しているのですか。ユーザグループの若者たちは久保田事務局長の前で自らの主張を論理的に展開したのですか。

私には自分有利のフィールドでのみ行動できる種類の人間と、不利なフィールドでも敢えて行動する人間とがいるとしか思えません。

 
 
 
酒場の席に限って言えば・・・ (私も技術者)
2004-11-11 14:10:22
いろいろな人がいろいろなコメントを出していて、楽しく拝見していました。

ひとつだけ、私の見解を言わせてください。

酒場の席に限って言うならば、オヤジに括られているACCSの皆さんの独壇場だったと思います。

代表(ですよね?)の久保田氏はジャーナリスト上がりなんでしょう?

おそらくですが、口頭弁論はお得意ですよね?

その方が集めた人々であれば、おそらく似通った人たちが集まっていたと想像します。

対するユーザグループの面々は、ネット上での文章討論を今まで主としていた人たちではないんでしょうか。

ならば、噛み合うはずはありません。

土俵が違う上に、酒場という大きなテーブルを囲んで周りのうるさい場所での口頭討論に持ち込まれれば、若者たちが持論を展開する場なんて封じ込まれていると思って良い。

その辺が、失敗の元だったんじゃないですかね?

たとえば、喫茶店でまったりお茶でもすすりながら、「君の考えを聞かせてくれないか」から入れば、面と向かった口頭討論も可能だったように思います。

酒場に対する偏見も多少ありますが、こんなところではないでしょうか?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2004-11-14 23:55:59
最近の若者はコミュニケーションうんぬんって言ってる人が大勢いますけど、それはただの思い込みのような気がします。コミュニケーション能力なんてのは普通に誰もが身につけるものなので。

じゃあ、何がかわっていたのか?価値観でしょう。昔は2chでいう馴れ合いが意味のある時代でした。どうでもいいやつと酒を飲んで親交を深めた気分になるというのが重要でした。

でも、今は馴れ合いなんでダサいし、群れるのは弱者の行為で、それは真の友達じゃないみたいな考え方が横行してます。

ドラマでファンタジー並の人間関係が演じられて、現実世界が錯綜しているという説も。

みんなでモーニング娘を聞いてる価値観を今のおっさん達は理解できないんじゃないかな?

マスメディアのせいで価値観が一本化されつつ、無駄に多様化されてる不思議な社会なんですよね・・・
 
 
 
これは三流ジャーナリストの感想文だ (あらきけいすけ)
2004-11-19 18:03:50
2001年11月18日付の毎日新聞のWeb記事と併せて読みました。



office 裁判は、IT 技術が広まって一般化していく過程で、深い知識を持ち得ない人々をどのように社会的にガードしなくてはいけないか、という大きな社会的背景を持っているはずである。



コンピューター技術は恐ろしく巨大で錯綜したシステムであり、「バグ」なしでは済まされない。また、いま以上に「ユビキタス化」を目指している。そのときに例えば「専門の技術者はどこまでのガードの責務を負うか」「司法は何処までの責務を負うべきか」「市民団体はどのようなセーフティネットを形成すべきか」「一般ユーザーはどこまでの責務(たとえばWindows Update)を負うべきであり、また知識を備えるべきか」という点を考える必要がある。



その点に関する目配せが記事からは全く感じられない。裁判の表面をなぞっているだけである。これでジャーナリストか。



「古い大人文化と、インターネット社会の親和性はとても低い」と書くのならば、その親和性の低さがこれからの社会でどのような社会的不利益を生み出すのか、その不利益に対してどのようなガードをかければ良いのかについて考察すべきである。それが社会の「目」であり「耳」であるべきジャーナリストの役割ではないのか。



このブログ記事も低レベルの文化的差異論に堕している点において、居酒屋のオヤジの愚痴と変わらない。形を変えた「いまどきの若者」論でしかない。



裁判の傍聴もされるほどコミットしておられるだけに、非常に残念である。
 
 
 
Unknown (mement)
2004-11-19 21:21:12
officeさんはエンジニアとしての最大の誠意で、彼なりに正確に受け答えがしたいから検察側の(本件について良く解って無さそうな曖昧な)表現をただそうとしてるだけに思えますよ。

それを受け取れない検察が勝手に怒ってるだけ。

そこにこの記事に繋がる典型的なギャップがあると思う。

office氏はエンジニア気質であるが故に、自分の誠実さで相手を怒らせていることに気が付かない。

検察側は、自分達のこれまでの取り調べ経験内でしか言葉を判断できないから、のらりくらりと逃げられているように感じてしまう。

それだけの事です。
 
 
 
「客観」と「主観」の衝突 (Unknown)
2004-12-07 01:25:35
技術者気質は原則として「客観」を旨とする。

頑として存在する「モノ」「技術」を扱い、またその「モノ」を通して他の技術者とぶれの無いコミュニケーションを取ろうとする。

久保田氏を代表とする「大人」達はおそらく「主観」を旨としているのだろう。想像でしかないが、おそらく「オレ」「オマエ」の世界に生きているのではないか。

技術者にとって、あくまで方便として「こう思う」「こう考える」と云う事柄は、「モノ」「論理」によって証明されるべきであるし、また証明されなければそれは意味が無い。それゆえ「客観により恣意を排除して事実を共有可能である」というある種の幻想に近い認識を抱いているように感じる。

つまり技術者気質の人間にとって「真実」「モノ」「論理」は確固としてそこに「在る」ものであり、つまり彼らの主張は唯「(目を開けて)見よ」と相手に「気づき」を求めるのみではないのか。

なれば「オレが」「オマエは」と主観を前面に押し出す相手との対話に、果たして意味を見出せるのだろうか。

ただ技術者気質の「客観」も、そうでない人々の「主観」もおそらく、控えめに言ってもせいぜい「共同幻想」でしかないだろう。だがその「共同幻想」を共有できない者同士の間に、そう簡単に合意は生じそうにないと、軽い諦めを覚えるのみである。
 
 
 
日本の足 (J.P.フィールド)
2004-12-14 23:35:50
いや~、けっこうコメント集まりましたね。

私はこのBlogのオーナーより年嵩だから完璧「オヤジ」側だと目されるわけですが、酒の席で問題を解決しようとする浪花節的人事操作は大嫌いで、だいいち酔えませんよね。だから若いときから上には嫌われてぜんぜん人望集まらずですが、別にいいですよそんな理不尽な駆け引きものは。



技術大国日本はもう結局こういう2種類、あるいは別種の人材が不本意ながら二本の足となって日本を支えあっているのだと自覚するしかないんでしょうなぁ…。

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この他の先端人Web日記

高橋靖子の
「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

田中秀臣の「ノーガード経済論戦」
goo
Hotwired Japan