茨城のスローフード

常総地域の食に関する情報。ホームページも見てね。

将門蕎麦の『ソースカツ丼セット』@坂東市

2017-04-26 05:00:00 | 今日のグルメ
これで、日曜日の遠征はおしまいなので、ランチ食べて撤収。

ランチは以前も利用した、「将門蕎麦」。ここは蕎麦食べ放題(1200円)がありますが、定食を選択。

ソースカツ丼セット、1000円です。単品のソースカツ丼は800円。この日は暖かかったので、温かい蕎麦と冷たい蕎麦で選べたのですが、冷たい蕎麦に。
それでちょっと後悔。

将門の霊がいるわけでは無いと思いますが、この店の中、ものすごく、ひんやりしている。待っている間に、寒くなってきた(笑)
料理が完成してテーブルに置かれたら、すぐに熱々のソースカツ丼に手を付け一息入れました。

蕎麦は食べやすい。これ食べていると、食べ放題も結構行けると錯覚するだろうけど、冷気が体力を奪いそうだ・・・。

食後、外との温度差に驚きながら坂東市を後にします。

まあ、そのまま帰らないんですけどね。

Meetoco(ミートコ)に向かいます。この施設は、筑波ハムの工場直売所、つくば陣屋を拡張した物で、陣屋の駐車場に6つの建物が新たに作られ
合計7つのショップが並んでいます。

ほとんど私の興味のある施設は無いです。その中に、桜川市の煎餅店・仙七が店を構えているので、そこに行きたかったわけです。
県西ブロックに支店を構えていて、県央は笠間店、県南は、この、つくば店が第一号です。「ぬれやき煎」という煎餅が美味くて、笠間店で買った分の在庫は、もう無いので補充。
陣屋もついでに入ったけど、やっぱり買うものが無いや。確かにキャッチコピーの「牧場や、観光地に行かなくても、筑波ハム陣屋で買える」、ヨーグルトなどの加工品もありますが、
値段が・・・。物は良いんだろうけど、つくばの物価は高いのかもしれないな。いくら素材が良いからって、900mlの飲むヨーグルトが1000円超えるのは、やりすぎ。
ミルク工房もりやは、500ml、350円。

ここは・・・笠間店と、どっちが利便性が高いかなぁ。つくば市って、ブランド志向で、私には魅力の無い街なので、笠間の方が良いか。

そうそう、寺沢製菓、仙七ともにポイントカード忘れて、もう1枚作ることになりました。
今回は、これだけ自分のホームページ確認したら、ミルク工房もりやの記事が、何故か無かったので近々加えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五十路の『おぼろ豆腐』@坂東市

2017-04-25 05:00:00 | 県西の工場直売所
渡辺食品から、さらに東へ。国道354号から離れます。同じ通りに豆腐屋があります。

建物入り口に木製の看板に、消えかかった手書きで『とうふ工房・五十路(いそじ)』とあります。
店舗はプレハブで地味ですが、営業中なら幟が立っているので行きすぎることは無いでしょう。

ここもだいぶ前から行きたかったところ。
揚げ物は、先ほどのディリーヤマザキで買っていたので、おぼろ豆腐(250円)を、2丁購入しました。
水を切って、めんつゆで。なかなか濃厚で美味しい豆腐です。

□とうふ工房・五十路
□住所:坂東市辺田1161-1
□電話番号:0297-35-6704
□営業時間:10:00~17:30
□定休日:月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺食品の『てまり餃子』@坂東市

2017-04-24 05:00:00 | 県西の工場直売所
最近出来た観光交流センター「秀禄(シュウロク)」という施設があるのですが、公式サイトを見ても全容が全く頭に入ってこない。
それで現地で確認してきました。

元々は大塚酒蔵という醸造所で、数年前に廃業し、その施設を改装した物。ガラス工房(体験可能)とギャラリー、休憩所などで構成されていて、国道354号線側の入口に
6件ほどテナントがあります。

テナントもファーストフード一軒だけで、飲み食いする施設は無く、大塚酒蔵自体の建造物が数多く残っています。敷地の一角にポニー?二頭とアルパカ二頭が飼われていて
触ることも出来ます。

観光交流と言ってもこれだけですね。わざわざ立ち寄る施設でも無い。しかし、施設内にはトイレが何カ所もあるので、小休憩には良いと思います。
駐車場は国道側には無く裏手にありますが、隣が豚のしっぽのロゴのスーパーマーケット「とりせん」です。今回は勝手が分からず、そっちに駐めてしまいましたが
施設の駐車場が満車になる可能性は無いんじゃ無いかな。

物産館を期待していたのに無かったので、次の目的地へ。

グリーンショッピングセンター脇の渡辺食品です。
ほぼ取扱品は一つじゃないかな。惣菜や精肉も少しありますが。
「てまり餃子」です。まだ、丸満餃子が冷凍庫に残っているので実食は先になりますが、丸満より小ぶりですが、同様の巾着型の餃子です。冷凍15個入りで500円。
原材料見ると、シナモンとかチーズとか書かれている。丸満は原材料に書かれていないのにシナモンっぽい感じがするけど。
味わいは、丸満によく似ているけど、下味が濃いめかな。

駐車所は無いので路駐。店舗内は一坪ぐらいなので、店主にすぐに補足されるので滞在時間は5分も無い。以前紹介しましたが、近くに松本屋商店という、ところてん専門店があり、
こちらではホワイト餃子が買えます。食べ比べてみては如何でしょう?

□渡辺食品
□住所:坂東市辺田1516-24
□電話番号:0297-35-6513
□定休日:月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンビニ型篠崎屋直売所の調査

2017-04-23 18:14:13 | 県西の工場直売所
本日は今シーズン最後の寺沢製菓の工場直売へ。
2000円のお得箱は、頼まれていたんだけど、今回は取り扱い無し。
来シーズンまで直売無しと言うことで、セット物が多かった印象。
駐車場が出入口が一つから二つに増え若干ながら駐車できる台数は増えたのですが、つくばナンバーや土浦ナンバーの「番長駐め」が目立って機能していなかった。
「番長駐め」って判るよね?補足しておくと車一台で複数の駐車レーンを塞ぐ行為。茨城名物。とても腹立たしい。

駐車場では不快な思いをしたけど、いつも通り、お買い得に買い物を済ませ、これで今シーズンの寺沢製菓は終了。

続いて、常総市の茂蔵水海道直売所に立ち寄るのが定番コースですが、意図的に立ち寄りません。
坂東市の、坂東市岩井にある国道354号線沿いのディリーヤマザキを目指します。

本日は幸いなことに道路封鎖は無いので、今回は一気に貯まっている案件を消化します。
このディリーヤマザキは、岩井文化センター店といいます。今回未確認ですが、常総市の石下運動公園店も同じ構造かなと推測できます。

この2店舗はコンビニ内に、茂蔵直売所があります。このために、いつもの水海道直売所はパスしました。正直期待していなかったのですが、
予想以上に売り場が広く、見切り品も置いているし、常総市の内守谷工業団地の水海道直売所よりアイテム数は少ないですが、単純にハギワラ製品を外しただけと
捉えることが出来ます。

そうですね。最近のセブンイレブンは店舗に上部が開いている大きな冷蔵ケースが複数置いてありますが、あれ2つ分くらい。

柳田米菓本舗の「にんにく煎餅」も買えるし、どういう性格の商品か判別が難しいのですが、バームクーヘンの切り落とし150g(130円)も買っちゃいました。もちろんヤマザキパン製。
手作りパンも少し置いてあるし、かなり複合的なコンビニですね。

国道354号線沿いですし、ハギワラの先日気に入った春雨や惣菜を買うので無ければ、こちらの方が買い物は効率が良さそう。
ストリートビューでは直売所の幟が写っていますが、私の記憶では何年もあげていなかったので、スルーでした。今後は利用するようにしよう。

□ディリーヤマザキ岩井文化センター店
□住所:坂東市岩井2993-2
□電話:0297-36-0826
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印鑑ホルダー

2017-04-22 19:13:00 | 雑記
仕事場は役所なので、毎年、年度初めに臨時職員が一年契約で入ってくるわけだけど
その女性はよく知っている人で、私に愚痴を言ってきた。

役所の職員に頼まれた業務で、4枚重ねの書類に印鑑を押すものがある。作業手順は、住所や担当者や項目を専用のプリンタで所定欄に自動的に印字する。
さらに、その担当者は印鑑を渡して所定欄に捺印まで頼んでいく。

私なら自分の印鑑を人には任せないけどね。文句というのは毎週数百カ所の捺印をするのに、100均のハンコを押す。インク付きのいわゆるシャチハタと呼ばれるヤツじゃ無い。
朱肉を毎回押さなければならない。たぶん腱鞘炎になるよね。

見かねて、自腹になるけど100円ショップのヤツを買ってきたら?とアドバイス。しかし、彼女は100均のはインクがすぐ無くなるんじゃ?
確かにインクが無くなる度に買っていたら・・・それに印影が安っぽいんだよね。

ちょっとネットを調べてみたら、『印鑑ホルダー』という、ものすごい便利な物を発見。個人的に、ものすごく興味がわいてきた。
スティック状のプラスチックの印鑑ケースで、中に印鑑(100均のものなら間違いない)を、はめ込んで、紙に押しつけるときにインクカートリッジに差し込まれ、
スタンプのように使える物。

差し迫って必要性は無いけど、彼女に貸し出すという形で買ってみることにした。彼女が気に入ったら売りつけてもいい(笑)

カインズホーム、ホーマックでは、シャチハタ社の『ハンコ・ベンリ』という商標の物を発見。メーカー希望小売価格は500円。
ネットで調べたのは、三菱鉛筆の『はん蔵』という商標の物。こちらも価格は500円。これは、ホームジョイ潮来店で発見。
ただ、どちらも購入は見送り。何故かというと、『はん蔵』は上位モデルのデラックスがある。こちらは800円で、探しているのは、こっち。『ハンコ・ベンリ』に
上位モデルは無いみたい。

違いはカートリッジのインクの質で、デラックスは速乾性のもの。そして、両社の製品スペックは、ほぼ同じで500回押せるという。デラックスは、4倍の2000回。
迅速に大量に判を押す作業なので、乾きが遅いのは致命的で、シャチハタ社の物のインクの質は判断できなかったので購入の選択肢から除外。

鹿嶋近郊での入手は無理かなぁと思っていたんだけど、チェーン店のハンコ屋あったはずなので、そちらに移動。
シャチハタ社の方が小売店との付き合い深そうで、三菱鉛筆は売り込み弱めの印象なんだよねぇ。無い可能性が大きそう。

移動途中に、神宮前に古い書店があったなと思いだし、そのオカミ書店に立ち寄る。ブルーが欲しかったけど、銀が二本残っていたのを発見し、買い占め。
予備カートリッジ250円も一個だけあったのを購入。

レジで精算したら、くじを引かされ、当たりが出たのでトートバッグを貰ってきました。何のイベントだったかは謎。
結構丈夫で良いバッグだな。
これで、後は急がないので予備カートリッジをネットで買うつもり。

さて、100円ショップの、Seriaで買った印鑑をはめ込んでみたけど良い感じですね。ホルダーの外観は、ちょっと安っぽいけど、丈夫だと思う。

尻部分にマイナスの切り込みと穴があって、この穴に爪楊枝を指せば簡単に印鑑は外せる。マイナスの切り込みで印鑑の高さを調整する。
ポンポン押すのが、なんか楽しい♪

北星鉛筆の『大人の鉛筆』っていうのも面白そうだったけど、今回は見送った。月末で金が無い(笑)。明日の寺沢製菓で使う軍資金でいっぱいいっぱい。
この商品は2mm芯のメカニカルペンシル(シャーペン)という感じで、付属の削り機で先端を尖らすことが出来るので細かい文字も対応出来る。
そんなに高価じゃ無いけど、またの機会に買おうと思います。

やっぱりホームセンターは楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加