茨城のスローフード

常総地域の食に関する情報。ホームページも見てね。

ごせん

2017-06-27 05:00:00 | 雑記
職場に来ているヤクルトの販売員さんが、売り上げを機械で数えようとしたら、エラーが出て、1円弾かれて、何故と思ったら、5銭アルミ硬貨だったそうです。

いつも買ってくれているのでということで、戴きました。
ネットで調べたら、100倍くらいの価値になっているみたい。それでも50円ですが(笑)

戦中に作られていたもので、こんなもの作ってないで、戦闘機に使っていれば・・・
まあ物量的にやっぱり勝てませんか。
作られたい田のは終戦前までの5年くらいで、戦況の悪化でだんだん小さくなっていたみたいです。

1円と混ざらないように隔離保存しました。

さて、銚子遠征出発です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

24日過ぎたので

2017-06-26 19:33:08 | 鹿行の美味しいもの
鰹節、「かつお・ぶし」で「24」という語呂で、毎月24日から店頭に並ぶ、手火山鰹節を買ってきました。
幟も作っていたんですね。

これが出ていればまだ残っているはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌマザキの『かぼちゃシフォンケーキ』@稲敷郡美浦村

2017-06-26 19:29:20 | 県南の美味しいもの
一日記事更新が開きましたが、かぼちゃフェアの続きです。

稲敷市から、隣の美浦村へ。
市街で唯一フェア参加の『ケーキ工房ヌマザキ』へ。
こちらは、チーズケーキが美味しいんですけど、今回はフェアの「かぼちゃシフォンケーキ」。

写真にもありますが、280g、直径は13cmほど。中央は穴が開いているので、実質4号ぐらいのサイズ。750円です。
これ作っている人が勘違いしていると思うけど、かぼちゃが主体だとケーキにはならないでしょう。たぶん、原材料の並び方は滅茶苦茶だと思う。
たぶん、小麦粉が一番多いはず。

これ食べてみると、驚くほどしっとり。この手のケーキは飲み物が無いと食べられないのですが、これは大丈夫なくらい水分がある。
かぼちゃの風味もきちんとします。

ヌマザキは民家のような店舗で、窓越しに品物の書かれたメニュー表を見て注文して、奥から持ってきてくれるスタイルです。

注文、受け渡し、一つのアクションごとに窓を閉めるのは気になりますが、個人店ならこのくらい慎重な方が安心でしょうね。
この通り、県道122号線は、交通量が少ないです。こういうことは奨めちゃダメなのでしょうが、駐車場が無いですが、路駐でも、何とかなります。

米粉を使ったチーズケーキはグルテンフリーで、小麦アレルギーの方でも安心な商品もあります。

□ケーキ工房ヌマザキ
□住所:稲敷郡美浦村受領10-2
□電話:029-891-5222
□定休日:水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸崎かぼちゃフェアの課題

2017-06-24 18:45:14 | 雑記
江戸崎かぼちゃフェア2017に行ってきました。
今回は買物だけで飲食店は利用しない。

まずは、初参加の『福本菓子店』へ。「かぼちゃあんパン」というものが期間中販売とありましたけど・・・
店に罪は無いんですよ。市なり商工会がフォローしないと。

売り場には、普通のあんパンとジャンボあんパン、食パンのみ。
130円くらいの、ジャンポあんぱん購入。ふわふわ、しっとりで美味しい。大手パン屋のヤツは堅いんだよね。
久々に稲敷市の江戸崎地区市街地に聞いて驚いたのは、市役所隣のカスミが更地になっていたこと。いつ潰れたんだ?

江戸崎かぼちゃフェアというのは、参加店舗のほとんどが市役所、見方を変えればカスミの周辺に遠くても2km程度以内に集中して、なおかつ市街地に駐車場が無いので
カスミでトイレと駐車場を借りて、帰りに、お礼代わりに何か買い物していくってスタイルを、10年以上繰り返していたんですが、カスミ跡地は封鎖されていて立入禁止になっていて
車も駐められない。

『福本菓子店』は、本当にすぐそばなので、計画ではカスミに駐めて歩いて行くつもりが路駐になってしまった。
『江戸崎かぼちゃフェア』の特徴を分析すると、まず、土日の訪問は、ほぼアウト。当初一ヶ月あった期間が、近年は2週間程度に短縮されている上に、実質、
平日のみ開催なので、これで続いているのが不思議でしょうが無い。

稲敷市観光協会のサイトを参照すると、11カ所の参加店舗のうち、土日も店を開けている、参加店があるように見えますが
掲載アイテムを販売している可能性は五分五分。過疎地の小売店は、土日は人が来ないので、定番品のみの扱いで販売商品数も削る場合が多い。
訪問客が少ないためか、江戸崎市街地にはコンビニも無い。平日しか街中に人がいないので役所関係のため街って印象が拭えない。
行く場所は全て電話確認が必須。

予想はしていたけど、3アイテムしか置いていなかったのは、びっくり。ただ、あんパンに自信があるのは伝わってきました。
飲食店は、フェアとは関係なく定番メニューの可能性が高いです。吉田家は、そうみたいです。ですからイベント終了後も食べられる可能性があります。

はるばる来たけど、あんパンだけって言うのも何だかなぁと江戸崎市街を北に移動です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅羽食品の『はんぺんフライ』@千葉県香取郡東庄町

2017-06-17 15:32:30 | 近県の工場直売所
ふらっと東庄町へ行ってきました。

目的地は、社会福祉法人が運営する施設のパン工房。県道266号線を走っていると、それぞれ、あまり離れていない2つの団体。どちらも、施設のプログラムで、
パンの製造販売を行っています。
どちらも営業していると思われる日時に行ったのですが、どっちも営業しているように見えず、空振りで終了。

こういった施設は、安定した営業が望めないのは理解できるのですか、両方開いていないとは・・・。

東庄まで来て、無駄足も腹立たしいので、3~4年前に行ったきりの惣菜製造販売の浅羽食品へ。
国道沿いでは無く、笹川駅近くにある、東庄交番の交差点を利根川方面に曲がったところで、駐車場はありません。

こちらは、時間帯悪く、ショーウインドウは、ほぼ空っぽ。
辛うじて残っていた、はんぺんフライ3片を全て買い占め。3片で150円?申し訳ないってことで値引いてくれたのかな、見間違いじゃ無ければ、65円って書いてあったような。

シンプルな惣菜です。今回は買えませんでしたが、コロッケやメンチカツが美味しい店です。
また別の機会に。

パン屋は今後の訪問は未定。営業日時が読めないと再訪は難しい。

□浅羽食品
□電話番号:0478-86-0109
□住所:東庄町笹川589
□定休日:日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加