★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「時をかける少女(2006)」

2008-02-20 02:38:14 | 映画(た行)
<2008/A030/S017>←今年通算30本目の作品

今月は地味ーーーーに、ファンタジー特集してるので、この作品も選んでみました。
タイトルで思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作で原田知世が主演した実写映画。
しかし、筒井康隆の原作も読んではいないので、内容はほとんど覚えてないよ。
今回はアニメだし・・・新鮮な気持ちで見てみることに。
2006年製作のファンタジー系青春・ロマンス、100分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaONLINEさんより引用させてもらいました。
明るく元気な高校2年生、紺野真琴は、優等生の功介とちょっと不良な千昭と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影に驚いて転倒してしまう。その後、修復士をしている叔母・芳山和子のもとへ自転車で向かった真琴は、ブレーキの故障で踏切事故に遭ってしまう。死んだと思った瞬間、真琴はその数秒手前で意識を取り戻す。その話を和子にすると、和子は意味ありげに、それは“タイムリープ”といって年頃の女の子にはよくあることだと、冗談とも本気ともつかない説明をするのだった。最初は半信半疑だったが、いつしか使い方を覚えて些細な問題でも簡単にタイムリープで解決してしまい、すっかり調子に乗る真琴。そんなある日、真琴は千昭から突然の告白を受ける。3人の友だち関係がいつまでも続くと思い込んでいた彼女は、動揺のあまり、タイムリープで告白そのものをなかったことにしてしまうのだが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
タイムリープが出きる様になって有頂天気味の真琴がいいキャラしてたね。
過去に戻って、妹に食べられちゃったプリンを先に食べちゃったり・・・。
しかし、高校生は忙しいんですね・・・今も昔も。
千昭の告りをナシにしちゃったら、今度は功介が下級生から告られたり・・・
なんとかこの告りを成功させるために何度もタイムリープし直したり・・・
走ってばかりの主人公。
アザだらけの女子高生が主人公・・って、珍しくて良かった。
上手くいきかけて、一安心するが・・・
朝、死にそうになった真琴のチャリンコを功介が借りてっちゃったからさあ大変・・・
真琴は必死にダッシュしてチャリンコを追いかけるが・・・
ここで、千昭から携帯・・・
「お前タイムリープしてるだろ??」に動揺する真琴。
この辺で、大ネタバラシ。
実は真琴が手に入れたタイムリープの装置は、未来からやって来た千昭が落としたもの。
タイムリープできる回数は限られてて、
未来に帰る為に残したおいた最後の一回をこの時に使ったから功介は助かったのね。
しかし、未来から来た事情を真琴に話してしまった千昭は姿を消す事に。
しかーーーし。
真琴が使い切ってしまったタイムリープがこの件で一回分復活。
その一回を使って、また最初からやり直し???
ちょっと、つじつまが合わない気もするけど・・・・・・・・・・・・・・・・
ここで、千昭に事情を説明する真琴。
しかし、今回は告られる事もなく・・・
未来で待ってる・・・と告げて、消えていく千昭・・・なのでした。

まっ、こんなようなお話だったかな。

ひらりんがウル覚えしてた話とは全然違ってたね。
田舎が舞台かと思ったら、全然都会だし・・・・
ラベンダーの匂いがどうとか・・じゃなかったし・・・
主人公・・あんなにお転婆だったか???などなど。
でもまあ、今回は青春真っ只中のタイム・トラベルものでなかなか面白かった。
きっと、美術館に勤めてた叔母も若い頃経験してたのかも・・・ね。
真琴には、この人絶対魔女だ・・・なーーんて言われてたけど。
こういう話をしてくれる身内がいるのも、話を広げるのには効果絶大だったね。
絵的には、昔ながらの2Dアニメで新鮮さはなかったけど・・・
主人公の若さ溢れる躍動感と空の青さが印象的。
ちょっと、青春のほろ苦さも感じさせてもくれる、いいアニメでしたよ。


ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
声の出演をしてる石田卓也谷村美月は「リアル鬼ごっこ」で共演してましたよ。
原作者の筒井康隆の映画化作品は・・・「日本以外全部沈没」がアホらしくてひらりんのツボ。
 

という事で今回は
ファンタジー度・・・
全然ひらりんのイメージと違ってたけど、これはこれで青春を感じ取れました。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
このレビューを読んで、「タイムリープしてみたーーい」・・・と、思ったあなたっ・・・
              
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「マゴリアムおじさんの不思... | トップ | ★「テラビシアにかける橋」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2008-02-21 21:07:33
TBありがとうございました。

ジブリの内部事情で『ハウルの動く城』の監督を降ろされた細田守監督の実力はやはり凄かった!な映画でしたね。
確かに原田知世版と比べると云々かんぬんというのは分かりますが、この作品はアニメでしかできない描き方で『時をかける少女』を描いたという点でも、私は素晴らしい映画だったと思いましたよ。
こんばんわ (くう)
2008-02-25 01:28:59
そうそう、ラベンダーね。
確か原田知世の方はラベンダーの香りで飛ぶんでしたっけ。
昔の方は、すっかり内容を忘れてしまったのですが、
私はたぶん、こっちのアニメの方が感動した。。。
ような気がします(^.^;)

なんか懐かしさでいっぱいになっちゃう映画でした。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
時をかける少女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TV鑑賞―【story】高校2年生の紺野真琴は、学校の実験室で不思議な体験をし、それ以来時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまう。はじめはそれを利用して日々を楽しんでいたが、男友達の間宮千昭と津田巧介との「友情」と「恋」に微妙な変化が起こっていく。真琴...
時をかける少女 (Blossom Blog)
時をかける少女 監督 細田守 日本 2006
時をかける少女 (Akira's VOICE)
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。
TAKE 58「時をかける少女(2006年)」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第58回目は「時をかける少女(2006年)」です。 この作品は筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作ですが、原作の 映画化ではなく、原作の約20年後を舞台にした続編です。 まずは簡単なキャラクター紹介から説明します。 主人公の紺野...
映画「時をかける少女」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「時をかける少女」 筒井康隆の名作「時をかける少女」を、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。 高校2年生の紺野真琴は自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。真琴は女の子ながらクラスメイトの功介や転校生の千昭とつるんでキャ...
時をかける少女 (ネタバレ映画館)
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。
時をかける少女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『待ってられない 未来がある。』  コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ~♪なかなか面白かったですよ~っ!  実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事...
『時をかける少女』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子にその能力のことを相談するとそれは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだというが・・・。感想『ゲド戦記』、『ブレイブ ...
時をかける少女(2006)/仲里依紗、原沙知絵、石田卓也 (カノンな日々)
ホントは公開後もっと早い時期に観に行くつもりだったのに、この映画なかなか好評らしくって全国紙の新聞でも何度か記事になってるんですよね。最近の朝日ではこの夏の話題のアニメ作品なんたらとかいう記事で『細田守監督は実は当初「ハウルの動く城」の監督として予定さ...
時をかける少女 95点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
元ネタは5期メンバー? 公式サイト NHKの『タイム・トラベラー』(1972年)、大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画(1983年)など、これまでに何度も実写にて映像化されてきた筒井康隆の同名ジュブナイル小説を原作とした、初のアニメ映画化作品が、宮崎駿の後継者...
「時をかける少女」 (俺の明日はどっちだ)
世評に違わず確かにとてもよく出来た映画で、かつてあった(かも知れない)切なくて甘酸っぱい青春時代を思い起こし、映画の世界と重ねてシミジミする人もきっと多いのだろう。(個人的には間違ってもそんなこたぁしないけどね) まあそれはともかく、大学の進路を決める...
時をかける少女<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
試写会に行ってきました。 <中野 ZOROホール> 待ってられない 未来がある。 制作会社:マッドハウス 監督:細田守 原作:筒井康隆 脚本:奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 美術監督:山本二三 音楽:吉田潔 NHKの少年ドラマシリーズ「タイムトラベ...
時をかける少女 (ぶっちゃけ…独り言?)
7.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 細田守×貞本義行×山本二三 この組み合わせを見て「熱っ!!」と思える人は間違いなくディープな人ですね。 宮崎駿の後継者として『ハウルの動く城』の監督になるはずだった(実際、ほぼ完成 間近まで監...
時をかける少女(7/15公開) (第八芸術鑑賞日記)
 8/30、シネセゾン渋谷にて鑑賞。8.0点。  どんなレビューだって所詮は主観的なものでしかないのは当然だが、今回は特に俺法則が発動してしまっている。タイムトラベル+青春=名作の法則(たとえば『サマータイムマシン・ブルース』なんかも、タイムトラベルSFの名作で...
DVD鑑賞「時をかける少女」 (日々“是”精進!)
時をかける少女都合により、地上波放送で半分、DVDで半分、「時をかける少女」を鑑賞しましたネットの書き込みや口コミでその面白さが広がり、半年以上のロングラン上映記録を樹立。国内外で各賞を獲得した話題のアニメーション!原作は、筒井康隆の同名小説。今まで何...
時をかける少女 (CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
当初はまったく観るつもりなかったのだが、某サイトの評判をチラ見すると、突出して高くて驚いた。食わず嫌いはいかんね。「サイレントヒル...
『時をかける少女』アニメ版★その1 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
ネットの評判というのはすごいものだ。評判どおりすごくよかった。今夏のアニメ映画作品としてダントツの好評価。確かにさもあり何という感じである。絵がものすごくうまくて、美しかった。なにしろあの崩壊した『ゲド戦記』を見た後なのでなおさらです。またまだ、アニメ...
『時をかける少女』アニメ版★その2 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
『時かけ』といえばふつー大体思い出すのは原田知世主演のやつだようです。二十年以上前のですね。注☆ネタバレあります。たぶん。でも、私はもーっとずっと前にNHKでやった『タイムトラベラー』が基準点です。『原田時かけ』の時も、「あ、タイムトラベラーのやつだ」...
時をかける少女 (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 土曜の夜は、フジテレビ系列の土曜プレミアムで「時をかける少女」を観ていた。私くらいの年代のものには、非常に懐かしい作品である。 筒井康孝の小説が原作なのだが、1972年にNHKで「タイムトラベラー」という題名で放映され、1983年には大林宣彦監督の尾道三部作の....
時をかける少女 (描きたいアレコレ・やや甘口)
遅ればせながら『時をかける少女』です。 私は、去年の夏、映画館で観たのですが、とても印象的なアニメでした。 この間、TVでもやっていま...
秀作リメイク映画。『時をかける少女』 (水曜日のシネマ日記)
これまでにも何度か映画化・ドラマ化された筒井康隆原作小説を現代版アニメ映画としてリメイクした作品です。
時をかける少女 (UkiUkiれいんぼーデイ)
   自転車といえども         ブレーキが利かないのは怖いです。 先日『ブレイブストーリー』の感想をUPした際、こちらの『時をかける少女』のほうが良いですよ~とオススメくださった          addictmさん          ...
DVD「時をかける少女」劇場版アニメーション (日々のつぶやき)
細田守監督 あの昔見た「時をかける少女」のアニメ版なのかと思っていました。 アニメにリメイクじゃなくて、どうも続編のような形になっているみたいですね・・たぶん。 叔母さんの名前が和子だったので、原田知世さんが演じた和子が叔母さんだったんでしょうね~
時をかける少女(映画館) (ひるめし。)
17才、タイムリープ覚えたて。 待ってられない未来がある。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:細田守 出演者:仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月 時 間:100分 [感想] この映画かなりの口コミで人気らしい・・・。 そんな評判良いならせっかく...
★時をかける少女(2006)★ (CinemaCollection)
待ってられない未来がある。メディア映画 Anime上映時間100分製作国日本公開情報劇場公開(角川ヘラルド映画)初公開年月2006/07/15ジャンル青春/ファンタジー/ロマンス【解説】これまでに何度も映像化されてきた筒井康隆の名作ジュブナイルを初のアニメ映画化。あるきっ...
映画評「時をかける少女」(2006年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・細田守 ネタバレあり
時をかける少女 (2006) 98分 (極私的映画論+α)
素晴らしい青春映画でした。このような映画を観るたびに、アニメでは可能なのに、実写ではどうして無理なのかな?なんて考えちゃいます。
時をかける少女 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
タイムリープの方法ですが、 そういえば大林監督のの知世「時かけ」(←こう略するひとは当時ハマった人)はラベンダーの香りで「静的」 こち...
時をかける少女…期待して期待以上な作品でした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休の最終日。 本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は部屋の大掃除をしました{/ase/} 私の部屋の場合、先日の家庭訪問時に廊下に積んであった様々なアイテムが持ち込まれて以来(※こちらの記事を参照)、実に乱雑な状態でしてまだ片付いていませんでした。 で、今日は...
時をかける少女 (BEACHの、人にやさしく自分「にも」やさしく)
ネットの映画レビューで評価の高いアニメ映画「時をかける少女」をDVDレンタルで観ました。 そう、アニメなんです。歳がバレますが(^^;)たしか私が高校生の頃、原田知世主演の同タイトル映画が記憶にあり、また、その後何回かテレビドラマになったりもしてま...
「時をかける少女」 なにしろ恋してたもんで (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
すごい評判が良いので見てきました。 原田知世の「時をかける少女」にどっぷりはまっていた私が、純粋に楽しめるかどうか不安でしたが、予想どうり原田知世の影ばっかり追い求めてしまった。 主人公の娘って、やっぱりショート髪でないと。 坂道、あるね~。 真琴の家、...
時をかける少女 (そーれりぽーと)
ある意味大作(?)揃いだったこの夏のアニメ映画の中で、一番の話題作だったけど関西で上映していた劇場が苦手な場所だったせいで観逃していた『時をかける少女』 ようやく観る機会が出来たので観てきました。 ★★★★ 話題作だと言う事意外の情報をシャットアウト観た...
時をかける少女 (めでぃあみっくす)
筒井康隆先生原作のアニメ版『時をかける少女』。私は原田知世主演の実写版を未見のままで本作を見ましたが、言葉が出ないくらい素晴らしく、クオリティーの高い映画でした。 時間を逆のぼれるタイムリープという能力を得た女子高生・真琴。当初はカラオケを延長料金払...
時をかける少女・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・...
時をかける少女・・・アニメ (ぷち てんてん)
私の場合NHKの少年ドラマシリーズですよ、やっぱり(笑)あ、もちろん子供の頃見たんですよ^^)今調べると1972年「タイムトラベラー」としてやったもの。このドラマシリーズは、かなり面白かったですね~。このシリーズで「謎の転校生」「七瀬ふたたび」「まぼろしのペ....
時をかける少女 (LUNE BLOG)
彼女は時の道を戻っていった。 繰り返し戻っていった。 自分自身のために友達のために、 そして彼のために。
時をかける少女 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「時をかける少女」の感想です
時をかける少女 (ひめの映画おぼえがき)
時をかける少女 通常版 監督:細田守 出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月、垣内彩未、関戸優希... 「待ってられない ...
時をかける少女 (C'est Joli)
時をかける少女’06;日本 ◆原作:筒井康隆◆監督;細田守『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』◆主題歌:奥華子◆声の出演:仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 谷村美月 垣内彩未 関戸優希 原沙知絵◆STORY◆紺野真琴17才。2006年を生き...
時をかける少女 (八ちゃんの日常空間)
NHK版、知りません。原田知世版、恋の物語。内田有紀版アイドルドラマ。そしてアニメ版、ほろ苦い青春ドラマ…。山本奈々版リメイク、もっと知りません。南野陽子版TV…全く知りません。 内田有紀版の芳山和子の妹が安室奈美恵だったと言うことは…、真琴の母親は美人だ...
「時をかける少女」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
今日の午前中まで休暇をとっていたので、テアトル新宿の初回に行きました。開映30分前に現地に着いたので、早過ぎたかなと思いぶらぶらと10分程度周りを歩いて入ったら、なんとほぼ満員!この劇場は水曜日が老若男女問わず1,000円なのですが、それにしても200席超の座席が...
時をかける少女 (Sapphire)
2006 / 日本 監督:細田守 CAST(声の出演):仲里依紗 / 石田卓也 / 板倉光隆 / 原沙知絵 / 谷村美月 / 垣内彩未 / 関戸優希 高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を持ってしまう。その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、そ....
時をかける少女 (小部屋日記)
(2006/日本)【DVD】 監督:細田守 声の出演:仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月/垣内彩未 夏に観たいアニメのNo.1かも。 評判どおり、素敵なアニメでした! 筒井康隆原作の「時をかける少女」の初アニメーション化。 原田知世主演の映画はTVでちら...
時をかける少女 (映画を観たよ)
青春と青空が眩しい!
時をかける少女(2006年アニメ版) (黒猫のうたた寝)
去年劇場で観損ねて、DVDになるのを実は待っていたらしい(笑)『時をかける少女』友人に2006年公開の日本のアニメで何がベストってたずねられたときに、観てないくせにたぶん”これ”と答えてた作品です。^^;『ゲド戦記』や『ブレイブ・ストーリー』なんかの大作の...
【時をかける少女】切なさの極限。。。 (映画@見取り八段)
日本映画専門チャンネルで視聴。 公開は2006年7月 監督 細田守 原田知世主演の映画を見たのは、いつの事だったか。。。 原作は、た...
タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン (CINECHANの映画感想)
182「時をかける少女」(日本)  高校2年生の女の子、紺野真琴は成績も中の下ぐらい、これといった特技もなく、放課後クラスメートの間宮千昭、津田功介と野球の真似事をやって時間を潰す日常。ところが、ある日放課後の理科室で思わぬことで、「タイムリープ」の能...
映画 『時をかける少女』 (Death & Live)
すごいんだよ、このアニメ。 『時をかける少女』  2006年 監督 : 細田 守 話題の映画だよね。 話題になるだけあるよね。 原作とはまったく違うし、 原田知世の映画とも雰囲気全然違う。 なんかね、たまらなくいいんだよキャラクターが。 主人公の真琴といい...
時をかける少女 (なんちゃかんちゃ)
筒井康隆の同名小説をアニメ化
『時をかける少女』 (映画館で観ましょ♪)
むかしむかし、ずーっと昔。 すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。 (深まった年がバレますが…) 毎日だったのか...
時をかける少女 (BLACK&WHITE)
2006年 原作:筒井康隆 監督:細田守 声:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月、垣内彩未、関戸優希 『時をかける少女』...
時をかける少女 (真性ひできちんこショボーン↓)
時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまった少女の青春ラブストーリー。 こんなDIO様にも匹敵する超絶能力を身につけておき...
時をかける少女 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「時をかける少女」(細田 守:監督)  時をかける少女 通常版角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  昨日TV放映されていたのを観ました♪  去年公開されたアニメ映画で、  評判よかったのは耳にしていましたが、  うん、なかなかよかったです。 ...
時をかける少女 (いけこのDVD鑑賞記)
時をかける少女 通常版 [DVD](2007/04/20)仲里依紗 石田卓也商品詳細を見る 2006年 / 日本 / 98 minutes 出演 : 仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知...