★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ノーカントリー」

2008-04-02 04:38:52 | 映画(な行)
<2008/A051/S030>

今週の平日休みは、今年のオスカー4冠の話題作。
■ 作品賞
■ 助演男優賞 ハビエル・バルデム
■ 監督賞 イーサン・コーエン
   ジョエル・コーエン
■ 脚色賞 イーサン・コーエン
   ジョエル・コーエン
春休み中の月初めのファーストデイ1000円の日という事もあり・・・
ドラえもん??目当ての親子連れが多数・・・
珍しく混んでるTOHOシネマズ川崎なのでした。
しかし、本作は「映倫 R-15」指定だから、もちろん大人ばっかり・・・
年齢層は高いけど、平日昼間なのに、結構お客は入ってました。
原題は「NO COUNTRY FOR OLD MEN」。
2007年製作のジョージア系クライム・サスペンス、122分もの。
(ジョージア系と書いたのは、缶コーヒーのCMに出てるトミー・リー・ジョーンズが出演してるからで、
作品の舞台はテキサスですのであしからず)

あらすじ・・・今回はウィキペディアのネタバレ全開ストーリーを引用させてもらいましたので反転モードで・・・
舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。物語は凶悪化する犯罪を憂う保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の語りを背景に、脱走した殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)が殺人・強盗を繰り返すシーンから始まる。一方その頃、銃を持ってプロングホーンを撃ちに行ったルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は偶然にも殺人現場に遭遇する。状況からすると麻薬取引がスムーズに進まず、途中で銃撃戦に発展したようだ。死体の転がる中を歩くモスは麻薬を積んだトラックの運転席で息も絶え絶えになっているメキシコ人を発見する。いろいろと質問するモスだが相手の言う言葉は「アグア」(スペイン語で水の意)のみ。その後、モスは事件現場からすこし歩いたところにあった男の死体から札束の詰まった書類カバンを発見し、自宅に持ち帰る。しかしその夜、運転席で苦しんでいた男のことが気にかかったモスは水を持って現場に戻り、不運にも戻って来たギャング達に発見されてしまう。命からがら脱出したものの現場に置き去りになった車から身元が割れ、モスは金の発見を請け負ったシガーに追われる身となるのだった。危険を感じたモスは妻カーラ・ジーン(ケリー・マクドナルド)をバスに乗せて実家に帰し、自身はモーテルに潜伏する。しかし金の入ったカバンには発信器が隠されており、シガーはモスのモーテルに到着する。しかしメキシコ系の追っ手とシガーが交戦中、モスはからくも逃走する。次に潜んだホテルの部屋で発信器の存在に気付いたモスはこれを逆手に取ってシガーを返り討ちにしようとするが、激しい銃撃戦の末どちらも重傷を負う。シガーが傷の治療に時間を取られているうち、モスは国境を越えてメキシコに到達、現地の病院に入院する。入院中のモスに面会に来たのはカーソン・ウェルズ(ウディ・ハレルソン)だった。ウェルズは麻薬ディーラーから金の奪還を命じられており、金と引き換えにモスの命を守るという交換条件を出すが、モスはこれを拒絶。その後米国内のホテルに戻ってきたウェルズはシガーに殺害される。その時ウェルズの部屋に電話をかけてきたのは他ならぬモスであった。シガーは電話を取り、はからずも二人の会話が初めて実現する。モスが自分の手で金を持ってくること、そうすれば妻に手出しはしないと要求するシガーだがモスはこれも拒否し、会話は終わる。米国に戻ってきたモスはカーラ・ジーンに電話し、両親ともどもエル・パソのモーテルで落ち合うよう打ち合わせる。モスとシガーの二人を追っていたベル保安官もエル・パソに向かうが、モーテルに到着したころには時すでに遅く、モスは既に殺害され金は消えていた。後日、ベルは元保安官だった叔父と会って引退の意思を表明する。時代の流れにともなって凶悪化する犯罪がその原因だが、叔父はこの地域はもともと暴力的な土地であり、一個人の働きで状況が変化するようなものではないと説き、ベルをたしなめる。母親の葬儀から帰ってきたカーラ・ジーンは家の中で待ち伏せていたシガーと対面する。シガーはモスと交わした会話にもとづいて彼女を殺害しなければならないと説明するが、気を変え、コイントスでカーラ・ジーンが勝てば命を助けると言い出す。裏か表か。しかし彼女の答えは「賭けない」であった。入り口のドアから出てきたシガーはブーツの裏に返り血が付いていないかをチェックする。そして車で走り去ろうというところを交通事故に遭い重傷を負う。シガーは左腕を骨折し、頭部から流血しつつも、警察が到着する前に姿をくらますことに成功するのだった。物語はベルが妻と話をしている場面で幕となる。ベルは妻に、気になる夢をふたつ見たと語る。最初の一つは短い夢で、ベルが父親からもらったお金をなくしてしまうというもの。二つ目はベルが雪山で馬に乗っていると、また馬に乗って松明を持った父が通り過ぎて行く。顔を伏せつつ先に行った父は、ずっと先の方で冷たい闇の中に炎をともし、ベルが来るのを待っているだろう。そこで夢は終わった。




ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.劇場鑑賞当時にトラバ・コメント入れていただいたブロガーの皆様・・遅くなりましたぁ。
最終追記は2008.09.15・・・劇場鑑賞後、約5ヶ月後のレビューで、失礼しまーーーす。
2.テレビで「メン・イン・ブラック」やってたし・・・
トミー・リー・ジョーンズがこの作品のヒットによるボーナス・ギャラが未払いだって、
裁判起こしたニュースも出てきて・・・
3.DVDも発売・レンタル始まっちゃったみたいだしーーー。
4.ここまで書き損じてたのは、本作でオスカー取っちゃったバルデムが、
ひらりんお気に入りのペネちゃん(ペネロペ・クルス)と噂になった腹いせでは???
5.まあ、確かに非情な殺し屋シガー役は、超怖くて、迫力ありすぎ。
雇い主も追っての殺し屋まで返り討ちにしちゃうし。
でも、あのガスボンベ銃?はかさばりすぎじゃないのーーーー??
6.平和だった田舎町の保安官役のトミー・リー・ジョーンズ。
そんな極悪殺し屋の登場に、ただ・ただ・ただ・・・。

もっと、殺し屋に迫って、活躍するのかと思いきやそうでもなく、
変わってしまった世の中を憂うのねーーー。
7.タイトルの「ノーカントリー」は、あんなバケモノみたいな殺し屋がいるなんて、
年寄りにとっちゃ、国とはいえないよー・・・
という嘆きなのでした。
8.それにしても今年のオスカー・・・いろんな極悪人キャラが登場してたのね・・・
油田発掘の山師とか、殺人理髪師とか、ロシアンマフィアとか。
でも本作の殺し屋シガーはピカイチのクセ男でしたね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
●トミー・リー・ジョーンズの今年のオスカーでは「告発のとき」で主演男優賞にノミネート。
●この役で何故か助演男優賞を受賞したハビエル・バルデム・・・
むかーーしむかーーし、ペネちゃんと「ハモンハモン」他で共演してたのね。
ウディ・アレン監督作の「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ」は、観る予定だよ・・・
ペネちゃんの他に、スカちゃん(スカーレット・ヨハンソン)も出てるしーーー。
 

という事で今回は・・・
極悪人度・・・
オスカーも取っちゃったし、歴史に名の残る極悪人の誕生でした。


文末にブログランキングの宣伝を・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見てひらりん同様「この殺し屋、怖すぎー」と思ったあなた・・・
                
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらりんのキューブはキュー... | トップ | 「ラストキング・オブ・スコ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たい!! (vampire)
2008-04-22 11:43:59
はじめまして。
どうも上映館が限られているようで。こちらDVD待ち。
原作を読んでる途中ですが。
これがまたスゴイ。
そそられます。
コーエン節が楽しみです。
Unknown (にゃむばなな)
2008-09-15 09:52:07
『ハモンハモン』の時は肉の塊を武器にしていたバルデムさんもハリウッドに行けば、あんな恐ろしい武器を手にしてしまうんですね。

肉の塊でも改造ガス銃でもこの人が持てばなんでも怖く見えてしまうんですから、凄いものですよ。
シガー~ (cyaz)
2008-09-16 08:22:52
ひらりんさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
すみません、何か禁止ワードでも入っているのかTBできませんでした。
それにしてもこのアントン・シガー、不思議な存在感と威圧感を発揮していました。 このキャラをまた何かの形で再び観たいものです。 スピンオフで彼の過去をあばくなんていかがですか(笑)?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おかっぱ頭の殺人鬼 こえーっ!「ノーカントリー」 (労組書記長社労士のブログ)
 昨日は映画の日なんで春闘終わって腑抜けな状態の書記長社労士はフラフラと映画館へ。 しかしネットで事前予約が出来て、決済もネットで済ましておいて、映画館では並ぶことなくチケットを受け取れるってのはホントにお手軽だ。 昔ならわざわざ映画館に行ってみたのに、...
ノーカントリー (Akira's VOICE)
ユーモアを持つ者,持たない者。
ノーカントリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量...
ノーカントリー (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
ベトナム戦争帰還兵でハンターのモス(ジョシュ・ブローリン)は、狩りの最中にドラッ
ノーカントリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞...
ノーカントリー (レンタルで映画)
 今年のアカデミー賞で4部門制覇等々で話題の「ノーカントリー」を観てきました。ちなみに、獲得した部門とは作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞だそうです。それも納得!の内容だったんですが、それ以上に難解な面も・・・私には哲学的にすら思えたんですから。セリフ...
【映画】 ノーカントリー (Coffee and Cigarettes)
「ノーカントリー」 上映時間    122分 製作国      アメリカ 公開情報    劇場公開(パラマウント=ショウゲート) 初公開年...
ノーカントリー(映画館) (ひるめし。)
世の中は計算違いで回る 純粋な悪にのみこまれる
映画 『ノーカントリー』 (Death & Live)
『ノーカントリー』  2007年 原題 : NO COUNTRY FOR OLD MEN 監督 : Ethan Coen, Joel Coen ハビエル・バルデムが好きでしてね。 名優だと思うわけですよ。 アカデミー賞にノミネートされた時は、 彼しかいないと思いましたね。 あの役の幅の広さはどこから...
『ノーカントリー』:フラストレーション溜まる!:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ダメだ、コーエン兄弟とは肌が合わない。アカデミー賞を取ろうがどうだろうが、肌が合わないのだからどうしようもない。 (って、昨年度の受賞作でスコシージ監督にも、そんなことを言ってしまったが)
【ノーカントリー】 (日々のつぶやき)
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 出演:トミ・リー・ジョーンズ、バビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 「1970年代のテキサス。 溶接工のモスはハンティングの最中、死体の山を発見する。そして車には麻薬と死体が抱えていた大金・・危険を知り
コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋
ノーカントリー/ NO COUNTRY FOR OLDMEN (我想一個人映画美的女人blog)
前評判は高かったけどホントに穫っちゃいました、コーエン兄弟の最新作! 皆様ご承知の通り先日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含む4部門で受賞のこの作品、 3月15日から日本でも公開予定{/star/} ちょっとだけ先に観て来ました~。 これまでの彼らの作品は全部観...
ノーカントリー(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★邦題はもうちょっと何とかならなかったんでしょうかねぇ…★映画の邦題…「宣伝マンのアイデアの勝利!」といったモノから「こりゃまた安易な…」「誰が一体こんな邦題つけたんだよ!?責任者出せ~ゴルァ!!」ってモノまで様々です。結構前からアメリカのメジャー会社から...
ノーカントリー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀助演男優賞、最優秀脚色賞の4賞に輝いた映画です。といっても、さすがにR15で4週目のナイトショー(ナイトだと元々R18か)、しかもマニアックな内容のせい?観客は3人でプライベートシアター状態でした。  砂漠で....
ノーカントリー (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
     = 『ノーカントリー』  (2007) = 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。 危険な匂いを感じながらも、金を持ち去ってしまったルウェリンは、謎の殺し屋シガー(ハビ...
No.125 ノーカントリー (気ままな映画生活)
本年度のアカデミー作品賞に選ばれているので、これは 観ておかないと・・・意気込んで観賞を終えた結果、 何が言いたいのだろう、何を主張したいのだろう・・・と 混乱状態になってしまった。
映画『ノーカントリー』 コーエン兄弟が久々に描ききったアメリカの荒涼。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞最多4部門をの受賞をはじめ、世界中で賞を取りまくったことで、久々にコーエン兄弟に『バートン・フィンク』『ファーゴ』そして『ビッグ・リボウスキ』あたりの作品の冴えがもどったなとほくそえんだ人は多いのかも。 今日の新宿の某劇場は、朝10時に...
「ノーカントリー」 (シネマ・ワンダーランド)
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、...
『ノーカントリー』 (Sweet*Days**)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン  CAST:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 他 第8...
ノーカントリー (5125年映画の旅)
テキサスで狩猟を営むモスは、ある日不審な数台の車を発見する。そこには争った形跡と複数の死体、大量の麻薬が残されていた。そこから少し離れた場所には、鞄に詰まった現金200万ドル。モスは200万ドルを持ち帰るが、謎の殺し屋シガーが200万ドルを狙ってモ...
ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN (銅版画制作の日々)
   第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。   3月18日、東宝...
ノーカントリー(2007年) (勝手に映画評)
2008年アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞)受賞作。ネタバレ注意。 摩訶不思議な、難解な作品。いきなり最初に、ハビエル・バルデム演じるアントン・シガーが、トミー・リー・ジョーンズ演じるエド・トム・ベル保安官に...
「ノーカントリー」圧倒的迫力の殺人者ハビエル (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハビエル・バルデム(海を飛ぶ夢)の寝たきりの男性を演じた人だってーー!!)演じる殺人者が、もの凄い怖い!この人、ペネロペクルスの彼な...
「ノーカントリー」:富坂上バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この門をくぐると中央大学の後楽園キャンパスだ。 {/hiyo_en2/}司法試験にたくさん受かっている大学でしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、中央大学を「白門」と呼ぶことがあるけど、「白」という色には、「正義」「潔白」「真実」「純粋」というイメージがあって、...
『ノーカントリー』 (めでぃあみっくす)
コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観客から...
『ノーカントリー』 (ラムの大通り)
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」 -...
ノーカントリー/トミー・リー・ジョーンズ (カノンな日々)
アカデミー賞を獲ったからどうのこうのというわけじゃないんだけど、この映画に関して言えば、日本公開は絶妙のタイミングといえるでしょう。観るほうとしても期待値もグーンとアップしてかなりワクワクです。 出演はその他に、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリ...
映画レビュー「ノーカントリー」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション◆プチレビュー◆暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】  80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体...
★★ 『ノーカントリー』 (映画の感想文日記)
2007年。ParamountVantage."NO COUNTRY FOR OLD MAN". ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督・脚本・製作。
ノーカントリー (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
ベトナム戦争帰還兵でハンターのモス(ジョシュ・ブローリン)は、狩りの最中にドラッ
ノーカントリー (レンタルだけど映画好き)
世の中は計算違いで回る 2007年 アメリカ 公開日2008/03/15 レンタル開始日2008/08/08 R-15指定作品 ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション/洋画 監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 出演 トミー・リー・ジョーンズ/ハビ...
映画「ノーカントリー」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 25日、新宿明治安田生命ホールにて「ノーカントリー」を鑑賞した。 当日はアカデミー賞授賞式で各賞が発表されて「ノーカントリー」が作品、監督、脚色、助演男優賞の4部門を受賞の報告が入っての鑑賞となった。客入りは意外と普通の8割ほどでアカデミー賞の影響は...
ノーカントリー (小部屋日記)
No Country for Old Men (2007/アメリカ)【DVD】 監督: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 出演: トミー・リー・ジョーンズ/ハビエル・バルデム/ジョシュ・ブローリン/ウディ・ハレルソン/ケリー・マクドナルド 純粋な悪にのみこまれる 本年度アカデミー...
「ノーカントリー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたモス (ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、 危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、非情な殺人者シガー(ハビエル・バ...
ノーカントリー (心のままに映画の風景)
メキシコ国境に近い砂漠で狩りをしていたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、 偶然、死体と出くわし大量のヘロインと200万ドルの...
人間に未来はあるのか。『ノーカントリー』 (水曜日のシネマ日記)
1980年代のテキサスを舞台に描かれた、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス映画です。
映画 『ノーカントリー』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1980年代のテキサスを舞台に、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。監督は映画『ファーゴ』のコーエン兄弟。狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大...
ノーカントリー (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題No Country for Old Men、コーマック・マッカーシー原作(邦題「血と暴力の国」、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン。本年アカデミー作品賞の割にはつまらない。なんか舞...
ノーカントリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ そのボンベ、かなり気になるんですけど・・
ノーカントリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月16日(日) 16:40~ 日比谷スカラ座 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売り券を購入) パンフレット:600円 『ノーカントリー』公式サイト コーエン兄弟の新作だ。久しぶりのスリラー? かなり客を突き放している感じの作品で、誰が主役だか解らない。 なんせ、...
映画「ノーカントリー」 (<花>の本と映画の感想)
ノーカントリー 監督 ジョエル・コーエン;イーサン・コーエン 出演 トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウディ・ハレルソン, ケリー・マクドナルド 2007年 ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション ¥...
ノーカントリー (B級パラダイス)
すごくよかったというわけではないんですが、かといってつまらないわけでもなく、何とはうまくいえない不思議な魅力がありました。
2008-18『ノーカントリー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-18『ノーカントリー』(更新:2008/03/16) 今、ノンストップの悪夢が始まる! 評価:★★★★☆ 原題は「No Country for Old Men」です。 今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞、助演男優賞、...
ノーカントリー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
「ノーカントリー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ノーカントリー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、他 *監督:ジョエル...
ノーカントリー (映画を観たよ)
話題作。
「ノーカントリー」 彼らは国を失った (はらやんの映画徒然草)
コーエン兄弟の作品は「バートン・フィンク」以来だから、かなり久しぶりです。 「バ
「ノーカントリー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
圧倒的な緊迫感の近くにいながら、所在なし。いろいろ捉え方がありそうな作品ですが、興味深いのはT.リー・ジョーンズの保安官でしょうか。原題"No Country for Old Men"の"Old Men"に当たる人物であり、冒頭もラストも彼。物語の中心に位置づけているのは間違いないはず....
「ノーカントリー」 (てんびんthe LIFE)
「ノーカントリー」試写会 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 オスカーとったということで大注目の作品ではありますが、こんな内容だったのか…、とある意味意表を突かれた感じ。 ん、恐い! なにが恐いかってそりゃああの殺し屋さんでしょ。 ハビエル・バルデムって何...
ノーカントリー (映画鑑賞★日記・・・)
【NO COUNTRY FOR OLD MEN】R-152008/03/15公開(05/03鑑賞)製作国:アメリカ監督・制作・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド “世の...
ノーカントリー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
インディペンデント感マキシマム!! 一筋縄ではいかないオッサン 3人の物語。 ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディションposte...
【映画】ノーカントリー (新!やさぐれ日記)
■動機 なんとなく観たかった ■感想 上質なかんじ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち...
ノーカントリー (こんな映画見ました~)
『ノーカントリー』 ---NO COUNTRY FOR OLD MEN--- 2007年(アメリカ) 監督: ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:演: トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン 、ケリー・マクドナルド  人里離れた...
DVD『ノーカントリー』 (オタマ・レベルアップ)
DVD『ノーカントリー』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 122分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント=ショウゲート) 初公開年月 2008/03/15 ジャンル ドラマ/犯罪/サスペンス 映倫 R-15 解説・・・ 「すべての美しい....
ノーカントリー (しーの映画たわごと)
邦題「ノーカントリー」原題「ノーカントリー・フォー・オールド・メン」No Country for Old Men ですよ。これを確認すれば、トミーリーの終盤からラストの発言は確かによくわかります。時代が変わり、理解できない犯罪が氾濫し、それについていけない自分の道は?生きる...
【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分かると思いますが…伝わることは無いと思います{/face_ase2/}) さて本日{/kaeru...
『ノーカントリー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベ....
映画評「ノーカントリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン ネタバレあり
ノーカントリー (mama)
NO COUNTRY FOR OLD MEN 2007年:アメリカ 原作:コーマック・マッカーシー 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ハビエル・バルデム、ケリー・マクドナルド、バリー・コービ...
「ノーカントリー」(2007年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「ノーカントリー」(原題:NoCountryforOldMen)は、2007年公開のアメリカのクライム・アクション・スリラー映画です。コーマック・マッカーシーの犯罪小説「血と暴力の国」を原作とし、80...