★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ラスト、コーション」

2008-02-27 03:38:40 | 映画(ら行)
<2008/A034/S020>←今年20本目の劇場鑑賞作。

ブロークバック・マウンテン」でオスカーを受賞したアン・リー監督の最新作。
「映倫 R-18」指定で、過激な性描写が話題の本作。
原題は「色・戒」、英題は「LUST, CAUTION」。
LUSTは「肉欲(を抱く); 渇望(する)」・・・の意味。
CAUTIONは「用心(深さ), 慎重さ, 注意(すること); 警戒, 警告」・・・の意味。
2007年製作のレジスタンス系サスペンス・ロマンス、158分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaONLINEさんより引用させてもらいました。
1942年、日本軍占領下の上海。ごく普通の女子大生チアチー(タン・ウェイ)は、抗日運動に心血を注ぐクァンに秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)に近づき暗殺を遂行する危険な任務を与えられる。さっそく身分を偽りイー夫人に接近し、冷徹で異常なほど用心深いイーを誘惑する機会を窺うチアチーだったが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
女子大生で演劇部に誘われちゃったのが運命なのね。
チアチーは抗日運動を煽るような劇で見事に観衆の心を掴んじゃったし・・・
淡い恋心を抱いたクァンが、抗日運動に熱心だし。
最初の舞台は香港・・・演劇部の仲間でイーの暗殺を計画するが、ちょっと幼稚だったね。
幸い、金持ちのボンボンが仲間にいて、屋敷やお金には不自由しないでイーに近づけたのはちょっと出来すぎ。
貿易商の夫がいるマイ夫人という偽名を使って・・・
このままいけばイーの愛人に・・というところまでいって、
唯一性体験のある演劇部の仲間と初体験&夜間実習までしたのに・・・
イーが上海にご栄転で機会を逃してしまう。
しかも、計画がイーを紹介してくれた男にばれちゃって、ひと悶着。
結局殺害までしてしまった演劇部ご一同。
それから数年後が1942年だったかな。
チアチーも叔母の家に身を寄せてたところにクァンが出現。
またまたイー暗殺を計画。
断わりゃいいのに、クァンのためか、イーに逢いたいのか???
またまたマイ夫人に成りすまし、イーに接近。
今回はイー夫人のご好意でお屋敷の部屋を借りさせてもらうマイ夫人。
もう一挙に距離が縮まっちゃって・・・ついにドッキング。
いやーーー、イーの荒々しいセックルは激務に励む男の象徴。
ベルトで締め上げたり、さまざまな体位でマイ夫人を逝かせてましたぁぁぁ。
マイ夫人が、「自分用に部屋借りて!!」というのは、
もっと愛し合いたいのか??それとも、暗殺しやすくする為か???
びみょーーーー。
ところでイーという男。
日本軍の占領下の上海にあって、抗日の中国人をとっ捕まえる・・・
中国人にとっては非国民という立場。
その性格は、用心深く、冷徹・・・夫人にさえ、なかなか心を許さない男。
その男が唯一、肉欲に溺れたのが若きチアチー。
部屋を与え、夫人にさえ買ってあげなかった6カラット?のダイヤまでプレゼント。
なかなか気の効いた、オーダーメイドの指輪になってましたね、この色男!!!
しかし、暗殺計画は着実と実行されようとしてたのね。
出来上がったダイヤの指輪を受け取る場所がその現場。
しかし、マイ夫人・・・いや、チアチーは、
ダイヤを受け取る時、ついに「逃げて・・・」とイーに告げる。
裏切りの瞬間・・・いや、愛するものを守った瞬間???
とっさに逃げたイーは間一髪暗殺を逃れる。
そして、暗殺に関わったメンバー・・・もちろん大学の演劇部の仲間達もみんな捕まっちゃって・・・
全員処刑されちゃいました。
みんなたぶん拷問を受けて、いろいろ吐かされたんでしょうが、
イーの温情なのでしょうか???
チアチーだけは、拷問なしだったようでしたね。

まっこんなような話でしたが・・・
イー役のトニー・レオンの用心深さ・冷徹さが、とっても怖かった。
しかし、イーの部下はチアチーがレジスタンスだった事は調べがついてたようだったのね。
敢えてイーには報告せず、逢瀬を続けさせてた・・・というのは、ちょっと奥が深いね。
恋心を抱いてたクァンに初めてキスされたとき・・・
三年前にしてくれてたら良かったのに・・・と言ったチアチー。。。
そうだったら、運命も変わってたかもしれないね。
邦題の「ラスト、コーション」は、ちょっと判りづらいね。
原題の「色・戒」のほうが的を得てるタイトルでしょう。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
この時期の抗日レジスタンスものは・・・チャン・ツィイーの「パープル・バタフライ
トニー・レオンは、去年唯一試写会に当たった「傷だらけの男たち」に出てましたねっ。

 

という事で今回は
美女と野獣度・・・
大抜擢の新人タン・ウェイの体を張った演技が絶妙。。。
あんなことやら、こんなことやら・・・まっ、子供には見せられませんが。
さすがヴェネチア国際映画祭金獅子賞・・・
国家への忠誠か・・男への愛か・・
いづれにせよ、命がけ・・・なところが、あの時代の悲しいところですね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、あなたも「参考になりました!!!」・・・と、思ったあなたっ・・・
              
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2007年ひらりんアカデミ... | トップ | 「上海の伯爵夫人」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな)
2008-02-28 16:37:54
こんにちは、TBありがとうございました!
こちらからもお返ししようと思ったのですが
うまくはいらなかったようなので
このコメントのURL欄に記事のURLを残しておきますね。
こんばんは (なな)
2008-04-02 19:49:41
TBありがとうございました
なかなか濃厚な味わいの切ない物語でした。
トニーは役に合わせて老けメイクをしたそうですよ。
いつもの若々しさや甘さを封印していましたね。
Unknown (kumi)
2008-12-22 13:51:05
観ました!
視線が印象的な作品だな~と思いました。
トニー・レオンの目が怖いですねぇ^^;
み~んなバレてしまいそうです。
どんな結末へ向かうのか、
ハラハラしながら観ました。

TBさせていただきますね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラスト、コーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・...
ラスト、コーション (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月2日 公開 ダイヤモンドは永遠のしるしです! これ、いろんな意味ですごいね(つぶやきシローで) あっぱれだね(つぶやきシローで) 過激な性描写があるとは聞いてましたが。 アメリカでは"NC-17"だ...
『ラスト、コーション』 (めでぃあみっくす)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞しながらもアカデミー外国語映画賞には諸事情でノミネートされなかったこの作品。過激な性愛描写が物議を醸したそうですが、実際に見てみるとR-18指定でも不十分ではないかと思うくらいにかなりハードなシーンでした。そんなハードな...
ラスト、コーション 色|戒 (韓国映画好き)
私『終極無間』くらいまではトニさんNo.1だったのですが、ジョンジェに浮気して、浮気が本気になり、トニさんへの愛がだんだんと{/バッド/} 『傷城』のトニさんはかっこいいし演技はさすがだったけど、話がつまらなかったので愛が復活するまでには至りません...
映画「ラスト、コーション」(2007年、中国・米) (富久亭日乗)
  ★★★☆☆  第2次大戦中の中国を舞台にした男女の悲恋。 原題(中国語)は「Lust, Caution (Se, jie 、色,戒)」。  1938年、香港。 大学の演劇部の学生たちが、 親日色の強い特務機関の幹部 Mr. Yee (Tony Leung Chiu Wai)の暗殺を計画。 メンバーの女学生...
「ラスト、コーション」感想 世間の評判ほどには・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ヴェネチア映画祭で金獅子賞を撮った映画ですが、おそれ多くも、私にはこの映画の良さがそこまでは解らなかった様でした。でも長い映画なの...
ラスト、コーション 55点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
SMぽいの好き 公式サイト 日中戦争期の上海を舞台に一人の女性の運命が描かれる、チャン・アイリンの自伝的小説『色|戒』を原作に、『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督により映画化。 エモーションに重点を置いた丹念な人間描写と、即物的な視覚娯楽...
「ラスト、コーション」 (てんびんthe LIFE)
「ラスト、コーション」シャンテシネで鑑賞 初日1回目でみるのはひさしぶり、でも2時間半の時間はなかなかつくれないからこの時間しかだめなのです。 そんなこんな、すべてに濃厚、朝一にみるべき作品ではないと思うけど、朝だからすっきりみられたかも知れません。...
「ラスト、コーション」 (或る日の出来事)
本当のことを言えば、エッチシーンが第一の目当てで観に行ったことを白状しなければならない。(いや、白状しなくてもいいんだけど。) しか...
『ラスト、コーション』 (Sweet*Days**)
監督・:アン・リー CAST:トニー・レオン、タン・ウェイ 他 第64回ヴェネツィア映画祭 金獅子賞、金オゼッラ賞受賞 1940年前後、...
これもまた、愛の物語~『ラスト、コーション/色・戒』 (真紅のthinkingdays)
 LUST, CAUTION  色・戒 Se, jie  日中戦争下、抗日運動の女スパイとして親日傀儡政権の幹部イー(トニー・レオン) に近付くワン・チア...
ラスト、コーション (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
常に挑戦を続けるアン・リーの意欲と美意識を感じる秀作。40年代の中国を舞台に、女スパイと政府要人との禁断の愛を描く。暴力的に求め合う男女は、痛みのみで生を感じるドM体質で、大胆な官能描写はまるでレスリング。見ているだけで筋肉痛になりそうだが、本当にエロい...
ラスト、コーション 色・戒/トニー・レオン (カノンな日々)
「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の最新作はトニー・レオン主演映画。敵同士であるはずの男女の激しい愛のドラマを描く官能スパイ映画。予告編はかなり色っぽかったので、そういうのを期待して観に行きました(笑)。 出演はその他に、タン・ウェイ、ワン...
ラスト、コーション・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
台湾の異才、アン・リーの最新作「ラスト、コーション」は、やはり一筋縄ではいかない。 前作「ブロークバック・マウンテン」は、ゲイのカウ...
ラスト、コーション (knockin' on heaven's door)
Lust, Caution 日本軍占領下の異国情緒溢れる香港と上海を舞台に、抗日運動に身を投じた女スパイの悲劇的な運命を辿るドラマ。 2作連続でベネチア映画祭金獅子賞を獲得した、アン・リーの最新作。あどけなさを残した少女は、やがて情念に身を焦がす女スパイへと変貌...
映画:ラスト、コーション (駒吉の日記)
ラスト、コーション(シャンテシネ) 「彼は蛇のように私の身体にも心にも入ってくる」 中途半端なハニートラップは命取り。 原作は読んでいませんが多分『ブロークバック・マウンテン』みたくシンプルなストーリー。それを濃厚にドラマチックに仕上げてます。メ...
映画「ラスト コーション」 (Serendipity !)
 台湾駐在の友人のお薦めの映画「ラスト コーション(戒・色)」がやっと日本公開さ
ラスト、コーション (Diarydiary!)
《ラスト、コーション》 2007年 アメリカ/中国/台湾/香港映画 - 原題 -
真・映画日記『ラスト、コーション』 (          )
JUGEMテーマ:映画 午前9時に起きる。 この時間から急いで出ても「ル・シネマ」の朝一の回にも間に合わない。 西新井のシネコン「TOHOシネマズ西新井」へ。 10時半に着く。午前11時の回がとれた。 客のほとんどは「シャンテシネ」や「ル・シネマ」に行っただろう。...
ラスト、コーション (悠雅的生活)
1942年、上海。後戻りできない女と男・・・
ラスト、コーション (映画のメモ帳+α)
ラスト、コーション(2007 中国・アメリカ) 原題   色・戒 /LUST, CAUTION(英題)    監督   アン・リー   原作   アイリーン・チャン 『ラスト、コーション 色・戒』 脚色   ワン・フイリン ジェームズ・シェイマス 撮影   ロドリゴ・プリエ...
ラスト、コーション  色|戒 (花のように)
アン・リー監督、トニー・レオン主演の 『ラスト、コーション』の先行上映会へ出かけた。
感想/ラスト、コーション(試写) (EDITOREAL)
いろんな意味でドキドキした! 『ラスト、コーション』2月2日公開。1942年、日本占領下の上海で抗日運動に身を捧げる女性・ワン。敵対機関の要職に就くイーを暗殺するべく、マイ夫人と名乗って彼の近くに潜り込んだ彼女だったが、やがて2人の間で歪んだ愛情が交わされ始...
「ラスト、コーション」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lust, Caution」...aka「Se jie」「色・戒」2007 中国/台湾/香港/USA 女工作員と、彼女のターゲットとなる重要なる人物の男。二人が織りなす官能サスペンス・ドラマ。 主演の女工作員ワン・チアチー(マイ夫人)にタン・ウェイ。 ミスター・イーに「花様年華/20...
『ラスト、コーション 色|戒』 (Rabiovsky計画)
ラスト、コーション 色|戒公式サイト WISEPOLICY | ラスト、コーション 監督: アン・リー 原作:チャン・アイリン 出演:トニー・レオン 、タン・ウェイ 、ワン・リーホン 、ジョアン・チェン 2007年/アメリカ・中国・台湾・香港/158分 おはなし Y...
アン・リー監督の「ラスト、コーション 色―戒」を観た! (とんとん・にっき)
1942年、日本占領下の上海。 人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役 イー。 イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。 ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力で彼を堕とすことに成功する。 人目をはばかる危険で激しい逢瀬を重ねるふたり・・・。
ラスト、コーション(映画館) (ひるめし。)
その愛は、許されるのか?
ラスト、コーション (C note)
アン・リー監督と言えば『ブロークバック・マウンテン』。 ヒース・レジャーの突然の
『ラスト、コーション』 (2007) / アメリカ・中国・台湾・香港 (NiceOne!!)
原題:LUST,CAUTION/色・戒監督:アン・リー原作:アイリーン・チャン出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政...
*ラスト、コーション* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年 アメリカ=中国=台湾=香港 日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演...
ラスト、コーション (八ちゃんの日常空間)
さすが、日本のリーチマージャンとは違い、世間話しながらも「ポン」・「チー」とよく鳴きます。
「ラスト、コーション」 (小さな街から)
アジアの俳優さんって、日本人や欧米人には真似できない、独特の湿った色気があるなぁ、と思います。 中でもトニー・レオンは私の中の艶男№1♪しかも禁断の愛の世界!かなり楽しみにしてました。 1940年前後、日本占領下の上海で、友人に誘われて抗日運動に参加
ラスト、コーション (C'est Joli)
ラスト、コーション’07:米+中国+台湾+香港 ◆原題:LUST, CAUTION 「色・戒」◆監督:アン・リー「ブロークバック・マウンテン」◆出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ ◆STORY◆ 日本軍占領下の1942...
映画 「ラスト・コーション」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
R-18指定なのでちょっとwktk(ワクテカ)してます(*ノωノ)キャー 激しい性描写だけが大きく話題になっている気もしますが…(ノ∀`) ア...
ラスト、コーション (あじさいCinema)
色・戒(中/米) 監督:アン・リー 出演:トニー・レオン/タン・ウェイ/ワン・リーホン
ラスト、コーション (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  幾多もの偽り、一糸まとわぬ唯一のリアル  
ラスト、コーション 色|戒 (れいよん・雑記)
2008年2月2日、私は目撃した! ん?、チョイと思わせぶり過ぎ? 禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然! 全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作、遂に日本上陸決定!! 2008年初頭、あなたはタブーを目撃する。 (チラシより) ...
ラスト、コーション(色|戒) (時どき映画日誌)
作品:「ラスト、コーション(色|戒)」(監督:アン・リー李安/ 2007年/ 中・米/ 158分) 月日:2008/2/21 場所:TOHOシネマズ高知 たった3週間しか上映してくれない高知。悲しいかな。 158分と長い映画で、最後まで飽きずにいられるだろうかと少し不安に思いな...
ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒 (我想一個人映画美的女人blog)
平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭{/ase/}とが入り交じって ちょっとうっとなるような空気の中、 (見渡したらおじいさんだらけ!) 約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい 面白かった...
ラスト、コーション [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ http://www.wisepolicy.com/lus
ラスト、コーション (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然!「ブロークバック・マウンテン」からわずか2年、アン・リー監督が、再び全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作だった。 時は1942年。日本占領下の上海で、傀儡政権特務機関の顔役イーの懐に飛び込み、命を狙う女...
ラスト、コーション 色|戒☆独り言 (黒猫のうたた寝)
トニー・レオンの映画はなぜか長いというそんな印象は、どこから付いちゃったのかな?あぁ、でも150分以上は、猫には長いのよね(爆)結局、長い分は自動調整してるらしい^^;;;抗日運動に身を投じたのは好きな人がいたからそんなチアチーはマイ夫人として特務機関の...
期待以上! ラスト、コーション (Mizumizuのライフスタイル・ブログ)
アン・リー監督の最新作『ラスト、コーション(色・戒)』を見に行った。過激なラブシーンばかりが話題になっていて、正直足が重かったのだが、見てみての感想はいい意味で予想を裏切る、素晴らしいものだった。どうしてラブシーンばかり話題になるのかわからない。これは...
ラスト、コーション (たかお=うどイズム)
アン・リー監督。トニー・レオン。タン・ウェイ。ワン・リーホン。ジョアン・チェン。
『ラスト、コーション』 劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
この映画も今週末まで。。。どうしても外したくなくて。。。行ってきました。158分という長編ですが、時間を感じさせませんでした。原題が『色、戒』ここには深い意味があるようです。.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)FOUCUSFEATURES,EDKOFILMS/WISEPOLICY『ラスト、コ...
性と死の間で (CINECHANの映画感想)
56「ラスト、コーション」(アメリカ・中国・台湾・香港)  1942年、上海は日本の占領下にあった。香港の大学生であったワン・チアチーは抗日運動に心血を注ぐクァン・ユイミンに恋心を抱き、彼とその演劇仲間と行動を共にする中で次第に感化されていく。  やが...
ラスト、コーション 色・戒 (まりねこの足あと)
時代背景に興味を持ち、軽ーい気持ちで見に行きましたが、 まさか、これ程までの名作だとは思いませんでした。 見終わった後は呆然として、翌日も映画の世界からなかなか抜けられませんでしたもの。 1943年の上海で、親日政権の重要人物、イーを暗殺すべく、 抗日組...
ラスト、コーション■様々な連想 (映画と出会う・世界が変わる)
題名の「ラスト」は「Last」のことかと思ったら、「Lust」、つまり「欲情」とか「色欲」の意味。チラシに「色、戒」と記載してある通りである。さて、この映画を見ながらいろいろな映画を連想した。「愛のコリーダ」「ラスト・タンゴ・イン・パリ」(この「ラスト」は「La...
「ラスト・コーション」 (「境界に生きた心子」)
   「ブロークバック・マウンテン」 の アン・リー監督、禁断の愛の衝撃作。 (「ブロークバック・マウンテン」   http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/34019511.html)  舞台は 1940年前後の、日本占領下の上海。  傀儡政権は 自国民の抗日運動を...
ラスト・コーション を観ました。 (My Favorite Things)
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
ラスト、コーション 色|戒 (まてぃの徒然映画+雑記)
アン・リー監督、梁朝偉主演のヴェネツィア映画祭金獅子賞受賞作。抗日戦争中、本土から香港に逃げてきたワン・チアチー(湯唯)は、香港の大学で演劇をするクァン・ユイミン(王力宏)の誘いを受けて彼らの舞台に出演する。そこで熱狂的な歓声を浴びたチアチーは、彼らの劇団...
ラスト、コーション (虎猫の気まぐれシネマ日記)
第64回ヴェネチア国際映画祭で,金獅子賞を受賞したアン・リー監督作品。1942年の,日本占領下の上海を舞台に描かれる,抗日運動に身を投じる女スパイ、ワン・チアチー(タン・ウェイ)と、特務機関のリーダー,イー(トニー・レオン)との禁断のラブ・サスペンス。女スパ...
『ラスト、コーション(Lust,Caution)』観てきたあ。 (下り階段をかけのぼる。)
・・・やっぱReadingスキルが低いとダメだね。今回ほど速読能力がないのを後悔したことはないな。・・・いやIELTS対策の時から後悔はしてたけども・・・。ことごとく読んでる途中で字幕が変わる(;谷)おかげさんで話の背景がよく判らなかったでアルヨ(肝心なところで、な....
ラスト、コーション 色|戒 (小部屋日記)
Lust,Caution/色・戒(中国・アメリカ)【DVD】 監督:アン・リー 出演:トニー・レオン/ワン・リーホン/タン・ウェイ/ジョアン・チェン あなたはタブーを目撃する。 2007年度ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞と金オゼッラ賞(撮影賞)を受賞。 『ブロークバック・...
mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
付けているが
ラスト、コーション (映画鑑賞★日記・・・)
【LUST, CAUTION/色・戒】R-182008/02/02公開製作国:中国/アメリカ監督:アン・リー出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ、チュウ・チーイン その愛は、許されるのか? 
ラスト、コーション / 色|戒 (dianyingmi[電影迷]映画のレビュー)
日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レ...
ラスト、コーション (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン 時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動...
『ラスト、コーション』'07・中・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
『ラスト、コーション』 (『映画な日々』 cinema-days)
ラスト、コーション 日本軍占領下の1942年の上海 女工作員と特務機関長の禁断のラブストーリー 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) 張愛...
ラスト、コーション (pure's movie review)
2007年 中国・アメリカ作品 158分 ワイズポリシー配給 原題:色・戒 LUST, CAUTION STAFF 監督:アン・リー 脚本:ワン・フイリン ジェームズ・シェイマス CAST トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン ジョアン・チェン トゥオ・ツォンホァ 過激、過激と...
ラスト、コーション (Addict allcinema 映画レビュー)
その愛は、許されるのか?
ラスト、コーション  (Blossom)
ラスト、コーション LUST, CAUTION 色・戒 監督 アン・リー 出演 トニー・レオン タン・ウェイ     ワン・リーホン ジョアン・チェ...
「ラスト・コーション」 (不良中年・天国と地獄)
1度でも訪れたことがある国や地域に親近感を持つのは当然です。ましてやそこにいい思い出があれば、第二の故郷と言っても差し支えない場合も出てくるでしょう。テレビ朝日系「アナ...