★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「パブリック・エネミーズ」

2009-12-13 04:38:28 | 映画(は行)
<T1128/2009/A213/S098>

週末ナイトショウを観に「TOHOシネマズららぽーと横浜」に行ってきました。
夜中だっていうのに激混みだったよーー。
ツイッター見てて、朝の回から満員御礼の劇場が続出だって聞いてた、
「One Peace」のお客だったのね。
おかげでジョニデの新作は、普通のナイトショウ初日くらいの入り。
原題も「PUBLIC ENEMIES」=社会の敵。
2009年製作のロマンス系クライム・サスペンス、141分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerから引用させてもらいました。
1930年代のアメリカ大恐慌時代。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、その“黄金時代”を謳歌していた。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪手口、強者から金を奪っても弱者からは一銭も奪わないという独特の美学を貫くカリスマ性。それまでの“強盗”のイメージを覆すデリンジャーに、不況に苦しむ多くの国民は魅了され、まるでロックスターのようにもてはやしていた。そんなある日、デリンジャーは、他の女たちとはどこか違う雰囲気をまとった神秘的な美女、ビリー・フレシェット(マリオン・コティヤール)に目を奪われる。彼にとってビリーとの出会いは、これからの人生を決定付ける運命の瞬間であり、彼女もまたデリンジャーの強引で一途な愛に、危険な選択だと分かりながらも次第に惹かれていくのだった。だがその頃、FBIはデリンジャーをアメリカ初の“社会の敵ナンバーワン(PUBLIC ENEMY NO.1)”として指名手配。捜査の目をかい潜り、デリンジャーはビリーと再会するが、FBI捜査官メルヴィン・パーヴィス(クリスチャン・ベイル)の包囲網が徐々に彼らを追いつめていく。永遠の愛を信じながら、二人の自由への逃亡劇が始まった……。

    

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●主人公のジョン・デリンジャー銀行強盗専門の泥棒さんで、
仲間を決して裏切らない、男気の塊のような人だったのね。
●そんな男に見初められちゃったのはフランス人とのハーフのビリー・・・
演じるマリオン・コティヤールはフランス人オスカー受賞者。
ジョニデの奥さんもフランス人のヴァネッサ・パラディだよねーー。
●何度も強盗に押し入り、捕まったりもするけど、
この際、場所やいきさつは覚えとかなくてもオッケーかな。
●当時のアメリカは州ごとの警察しか機能してなくて、
他の州に逃げ込めはセーフみないな犯罪天国だったのね。
●でもんで、デリンジャーのおかげで、
連邦警察=FBIが出来ちゃった・・・ということらしい。
●だもんで、他の犯罪してる連中にも煙たがられるようになるデリンジャー。
ロバート・レッドフォードポール・ニューマンの「スティング」を髣髴させる、
電話投票による競馬のノミ屋も登場・・・
銀行強盗の強奪金なんて毎日手に入るのに、FBIが出来るのはトンダとばっちりだ・・・
とかいわれるしーーー。
●だんだん支援者・協力者も少なくなって、逃げるのも大変なジョンとビリー。
今回、ダーク・ヒーロー=バットマンから、
表舞台のFBIのヒーローに抜擢されたクリスチャン・ベイル・・・
最初は泣き言言ってたけど、地道な捜査が結実していく・・・やっぱり地味な人だっ。
●そして、ビリーが逮捕されちゃって、拷問受けて、オシッコちびっちゃったり・・・
奪回を企てるジョンだったけど・・・
支援者のオバハンの通報で、映画館を出たところで射殺・・・
●まあ、こんな結末になるだろうとは予想してたけど・・・
実話系だけに、あっさりとした結末。
その事実を留置所で聞かされるビリー・・・
最後の言葉は「グッバイ・ビリー」とかだったっけ。

★実話系だけに、あまり極端なサプライズはなかったね。
★まあ、主人公は極悪犯罪人には違いないんだけど、
この先見通して、ひと山当てたら、このネエチャンと余生をのんびりと・・・
みたいに考えたところから、人生の歯車は狂ってくのかなーー、みたいな展開。
★それにしても、男気ありながらも、
ビリーに対する愛の言葉は超クール・・・
さすが世界一セクシーな男・ジョニデの発する言葉には重みがありますなっ。
★パナマ帽?に丸サングラス姿のジョニデは、
日本人が見ると、田代まさしに見えなくもないけど、
これがまた粋に見えちゃうのも、彼の魅力なんでしょうね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
社会の敵系泥棒モノは・・・
ブラッド・ピットの「ジェシー・ジェームズの暗殺
ヒース・レジャーの「ケリー・ザ・ギャング
 

という事で今回は・・・
ジョニデ度・・・
この主人公を他の俳優さんが演じてたら、
ただのクライム・アクションになってたね、きっと。
この作品はひらりん的には、クライム・ロマンスって感じで見ないとダメっ。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「ジョニデの口説き文句を聞く映画だねーー」
          
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


追伸
最近ひらりんもツイッターを始めました。
映画の事以外もつぶやいてるので、
ちょっと覗いてみてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ミート・ザ・ジェンキンス」 | トップ | 「俺たちチアリーダー!」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きゃ〜 (くう)
2009-12-18 01:13:46
>日本人が見ると、田代まさしに見えなくもない

止めて止めて〜
見えない見えない!
そう言われると、これからずっとそんな風に見えちゃいそうですわ〜^^;

ジョニーがやってこそ、面白かった映画でした〜。
アッサリ、でしたね。
バットマン (たいむ)
2009-12-18 14:27:21
こんにちは。
他の方も言われてましたけど、音楽もバットマン(ダークナイト)風で彷彿しちゃいますよね。

ジョニーファンでもないんで、クリスチャンにもっと活躍してほしかったなぁ。
今年も宜しくお願いします。 (小米花)
2010-01-08 22:23:32
いつもTB送りぱなしで、スミマセン。
今年も宜しくお願いします。
映画の筋を忘れているとき、ひらりんさんのブログを見て、思い出したりしています!

この映画、ちょっと拍子抜けだったのですが、素顔のジョニデが良かったです(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

86 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パブリック・エネミーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『大胆不敵な銀行強盗 奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。』  コチラの「パブリック・エネミーズ」は、1930年代の大恐慌時代、己の美学を貫き通した伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる12/12公開のバイオグラフィー・サ...
パブリック・エネミーズ (Akira's VOICE)
上がった期待値に応えてくれる終盤が良い!!  
パブリック・エネミーズ (LOVE Cinemas 調布)
アメリカの伝説のギャング、社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と言われたジョン・デリンジャーをテーマにしたクライムドラマ。主演は米ピープル誌で2009年最もセクシーな男性に選ばれたジョニー・デップ。共演に『ターミネーター4』のクリスチャン・ベイル、『エ...
パブリック・エネミーズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ちょっと風邪引いちゃったんだけど、、、ジョニーに会いたくって朝一で鑑賞【story】鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為...
パブリック・エネミーズ (映画鑑賞★日記・・・)
原題:PUBLIC ENEMIES公開:2009/12/12製作国:アメリカ上映時間:141分監督:マイケル・マン出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーヴン・ドーフ、スティーヴン・ラング※2009/12/12、TOHOシネマズにて奪...
パブリック・エネミーズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アメリカ犯罪史上に名を残すギャング、ジョン・デリンジャー。 過去に何度も映像化されてきたキャラクターだが、映画では1973年にジョン・ミ...
「パブリック・エネミーズ」はすべてにおいて55点な出来だった(... (じょん・どー 次の挑戦は無謀すぎじゃないか!?の道のり)
「イングロリアス・バスターズ」で映画に行きたい勢いがついたので気になっている映画、2本目を観に行ってきた。「パブリック・エネミーズ」。・・・勢い、止まりました。公式サイト(音でるよ!)-http://www.public-enemy1.com/Yahoo!映画「パブリック・エネミーズ」-h...
『パブリック・エネミーズ』 (ラムの大通り)
(原題:Public Enemies) ----『パブリック・エネミーズ』。 これって直訳すると“社会の敵”だよね。 ということは、主役のジョニー・デップは悪役ってこと? 「そうだね。 彼が演じているのは、FBI史上初の “社会の敵ナンバーワン”に指名された犯罪者デリンジャー...
【パブリック・エネミーズ】さよなら、さよならブラックバード (映画@見取り八段)
パブリック・エネミーズ〜PUBLIC ENEMIES〜 監督: マイケル・マン    出演: ジョニー・デップ、マリオン・コティヤール、クリスチャン・ベ...
★パブリック・エネミーズ(2009)・プレミア試写会★ (CinemaCollection)
映画の感想の前に・・・・ジョニーの緊急来日のニュースが流れ、驚き、戸惑い、そしてやっぱり嬉しかった先週、そして今週、怒涛の1週間でした(爆)レッドカーペットは一応、応募しましたが、もちろんハズレ(今まで当たった事のない私って)。。。その後、当たった友人...
館長、「Public Enemies」を観る。−マイケル・マン監督 (新・豆酢館)
うちの近所のシネコン、UGC Gobelins(限りなく5区に近い、ぎりぎり13区・涙笑)で「Public Enemies」を観てきましたよ。
I am “Man”!−マイケル・マン (新・豆酢館)
彼は男の生き様を“ドキュメント”する。
パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 社会の敵ナンバーワン=Public Enemy No.1と言えば、先日観た ヴァンサン・カッセル主演の「ジャック・メスリーヌ/フランスでパブリック・エネミーNo.1と呼ば...
劇場鑑賞「パブリック・エネミーズ」 (日々“是”精進!)
映画『パブリック・エネミーズ』オリジナル・サウンドトラック「パブリック・エネミーズ」を鑑賞してきました大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの壮絶な運命を映画化した実録犯罪ドラマ。のちにFBIとな...
「パブリック・エネミーズ」新宿ミラノにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
せっかく新宿まで出てきたからには、もう一本2本目は東急の株主優待券を使って、新宿ミラノ3で「パブリック・エネミーズ」を観ました大恐慌時代のアメリカ中西部に実在した銀行強盗ジョン・デリンジャーの物語天下のジョニー・デップがデリンジャーを演じてます一応ギャ...
パブリック・エネミーズ/ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル (カノンな日々)
1930年代の大恐慌時代のアメリカに実在した伝説のアウトロー、ジョン・デリンジャーを描いた作品です。ジョン・デリンジャーの話はこれまでにも映画化されたことがあるそうなんですが、いずれもだいぶ昔の作品のようですね。私は初めて知る名前だったのでちょっと調べてみ...
パブリック・エネミーズ (花ごよみ)
監督はマイケル・マン。 主人公で実在の人物である、 ジョン・デリンジャーにはジョニー・デップ。 彼を追うFBI支局長は クリスチャン・ベイルが演じています。 デリンジャーとの愛を誓う女 ビリーにはマリオン・コティヤールが出演 。 スピーディな手口で銀...
パブリック・エネミーズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。マイケル・マン監督、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール。実在の銀行強盗ジョン・デリンジャー(左)はこれまでも何度も映画で取り上げられた大恐慌時代の、「俺たちに明日はない」のボニーとクライドと並ぶ伝説的ギャング。
パブリック・エネミーズ (2009) PUBLIC ENEMIES 141分 (極私的映画論+α)
 時代に取り残された男達・・・
パブリック・エネミーズ (映画道)
庶民が英雄視した強盗 1930年代前半のアメリカで、大胆不敵な手口で銀行強盗と脱獄を繰り返し、FBIから「パブリック・エネミー(社会の敵)No.1」として指名手配された伝説的アウトロー、ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる。  大恐慌時代、金...
「パブリック・エネミーズ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ジョニーデップのファンなら、久しぶりに普通人のカッコイイ姿を見れるということで、目に愉しいかと思います。ただね・・・内容は、なんと...
パブリック・エネミーズ (だらだら無気力ブログ)
大恐慌時代にアメリカに実在した伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの 人生を描いたドラマ。 ジョン・デリンジャーがエドガー・フーバー率いるFBI捜査チームとの 攻防を軸に、恋人ビリーとのロマンスもからめて描く。 主演のジョン・デリンジャーにはジョニー・デ...
パブリック・エネミーズ 撃ちすぎ…ダダダッ (-_-)┳*………*)゚ロ゚) ウギャァァ!! (労組書記長社労士のブログ)
【 75 -15- 】 一気に寒くなって、西日本でも日本海側は雪が降りまくっているようだ{/kaeru_snow/} 今、スタッドレスタイヤを持っていないので、次に海に行く前にはちゃんとチェーンを車に搭載しておかなくては。  おそらく今年最後の映画鑑賞、TOHOシネマズのシネマイ...
「パブリック・エネミーズ」 Public Enemies (俺の明日はどっちだ)
・ 1930年代前半のアメリカ。利益を独り占めする銀行を大胆不敵に幾度となく襲撃し金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返した世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー。そんな彼の壮絶な運命を久々映画化ということでかなり期待していた作品。 なるほど指名手配中に...
PUBLIC ENEMIES (2009) (犬連れ国際結婚)
最近、ハズと一緒に、Johnny Depp(ジョニー・デップ)主演、Michael Mann(マイケル・マン)監督の最新映画、『PUBLIC ENEMIES』(パブリック・エナミーズ)を映画館で観た。世界恐慌中の1930年代にアメリカの実在した銀行強盗、J...
パブリック・エネミーズ (銅版画制作の日々)
 原題:PUBLIC ENEMIES パブリック エネミ―ズとは社会の敵、NO1という意味。 奪うのは、汚れた金愛したのは、たった一人の女。 12月12日の夕方、東宝シネマズ二条へ・・・・。実は「ジュリ―&ジュリア」を鑑賞する予定だった。ところが予告篇が途中切れて...
【パブリック・エネミーズ】 (日々のつぶやき)
監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 奪うのは、汚れた金    愛したのは、たった一人の女。 「1930年代アメリカ、銀行強盗と脱獄を繰返すギャングのジョン・デリンジャー。 不当な利益を得る銀行
男の世界〜『パブリック・エネミーズ』 (真紅のthinkingdays)
 PUBLIC ENEMIES  1933年、大恐慌時代のアメリカ。中西部インディアナ州の刑務所に、仮釈放 中のジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ...
*パブリック・エネミーズ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2009年  アメリカ 1930年代前半のアメリカ。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪...
「パブリック・エネミーズ」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜奪うのは、汚れた金。 愛したのは、たった一人の女〜 ジョニー久しぶりの「素顔?」での主演! これは行くっきゃないでしょう!2009年 アメリカ (東宝東和)    09.12.12公開監督 : マイケル・マン脚本 : ロナン・ベネット、マイケル・マン&アン・ビ...
「パブリック・エネミーズ」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョニー・デップと古代進を天秤にかけ、やっぱり長年の付き合いから古代が勝ったゆえ後回しになった『パブリック・エネミー』。(クリスチャン・ベイルのことはすっかり忘れていた[E:coldsweats01]
パブリック・エネミーズ (悠雅的生活)
大恐慌下。“社会の敵”と呼ばれた男。
映画「パブリック・エネミーズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール ** 実在のギャング、ジョン・デリンジャーの物語。 ジョン・デリンジャーが愛したビリー・フレシェットにマリオン・コティヤール。 FBIのフーバー長官にはビリー・クラダッ...
パブリック・エネミーズ (Diarydiary! )
《パブリック・エネミーズ》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − PUBLIC
『パブリック・エネミーズ』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、マイケル・マン監督、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール共演。 ≪ジャパンプレミア中継&独占先行上映会にて観賞≫
パブリック・エネミーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5]甘め 俺の好きなもの、野球、映画、高級服、速い車、そして君。
パブリック・エネミーズ (小部屋日記)
Public Enemies(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン・ラング/ジョバンニ・リビシ/ロリー・コクレイン 奪うのは、...
パブリック・エネミーズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マイケル・マン監督・製作・脚本で、ジョニー・デップを主演にしたのだ。どうしても期待して見る。衣装も使用されている車も見事に再現された。デリンジャー役のジョニーデップは、すばらしい演技をしている。でも、物語の主軸がはっきりとしない。「ボニーとクライド・俺...
パブリック・エネミーズ (勝手に映画評)
1930年代アメリカで多数の銀行を襲うとともに、時には逮捕されながらも脱獄を繰り返して、時の連邦捜査局長官J・エドガー・フーバーに「社会の敵No.1」に指名されたジョン・デリンジャーを描いた映画。 ジョン・デリンジャーを演じたのは、ジョニー・デップ。ジョニ...
映画レビュー「パブリック・エネミーズ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画「パブリック・エネミーズ」オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説の銀行強盗の生き様が熱い。物語はシンプルだが、その分、ジョニー・デップの魅力が際立った。 【70点】 スリリングな逃亡劇と美男美女が織り成すラブ・ストーリー。本作には、観客が...
パブリック・エネミーズ (ルナのシネマ缶)
これを観ずには 今年は終われないと思っていた ジョニーの作品を ひと足早く試写会で 観る事ができました! コスプレのジョニーもいいけど、 素顔のジョニーは やっぱカッコイイです。 で・・・今回はアマアマです(笑) 1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョ...
バイバイ、ブラックバード。〜「パブリック・エネミーズ」〜 (ペパーミントの魔術師)
いやもうとにかくカッコいい! 予告でも出てますが 帽子をかぶってつばをちょっといじる、 後姿に横顔のショット、 銀行のカウンターをひょいと乗り越える、 一方的にくどいて好きなもんを並べ倒したラストにYOU ほかに聞きたいことは?と畳み掛ける。 全部予告で終わっ...
パブリック・エネミーズ (心のままに映画の風景)
1933年、大恐慌時代のアメリカ。 汚い金が眠る銀行を標的にする強盗、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、社会から注目を集めてい...
映画* パブリック・エネミーズ (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
ちょうど一年少し前から、世界は大不況を迎え、まだまだ抜け出せずにいる2009年の年の瀬。 とは言っても、世界中からお金が消えてしまうわけじゃないのだから、存在するところにはちゃんとあるわけで。 日本でもしきりに「経済格差」という言葉が使われるようにな...
2009-99『パブリック・エネミーズ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-99『パブリック・エネミーズ』(更新:2009/12/15) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 実在した銀行強盗のジョン・デリンジャをジョニー・デップが演じた。 いやぁ、ジョニー・デップはカッコ...
パブリック・エネミーズ★★★☆+劇場152本目:カッコイイ銀行... (kaoritalyたる所以)
TOHOシネマ六本木ヒルズからの舞台挨拶中継後、本編が上映されました。まぁ、一足お先に拝見ってことで、料金は映画代1,800円を久しぶりに支払いましたね。(いつもはレイトショーで観る事が多く、1,200円ですから。)それはさておき、まずは解説等を、いつ...
「パブリック・エネミーズ」:荒川四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あー、こんなところに病院が。体調診てもらおうかしら。 {/kaeru_en4/}どうしたんだ、象につぶされてもピンピンしていそうなお前が? {/hiyo_en2/}だって「パブリック・エネミーズ」を観ようとシネコンに行ったら、「ワンピース」の客で長蛇の列なんだもの。...
映画 「パブリック・エネミーズ」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
ジョニー・デップだもん、観るでしょうo(゚▽゚o)(o゚▽゚)o これって実話をもとにした映画なのね。
『パブリック・エネミー』 (しゃべりの王国)
ジョニー・デップもクリスチャン・ベールも大好きだ。二人ともとてもカッコよかった。脇役だってめちゃめちゃ良かった。30年代のアメリカも大好きだ。だけど、ちょっと物足りないなあ・・・。おそらく私はマイケル・マン監督と相性が悪いのだろう。リアリズムとドラマテ...
「パブリック エネミーズ」 世界一セクシーな強盗 (ノルウェー暮らし・イン・London)
もう、とにかくため息つきまくり♪ だって、普段は見ることのなかったジョニーのうなじが見れちゃうんだよ!! しかも、いつだって乱れ髪のジョニーが、きちんとセットしていて、そしてその髪がハラリと乱れて・・・・きゃ〜〜ぁああああ!! え?内容?・・・・・・・...
『パブリック・エネミーズ』 (・*・ etoile ・*・)
'09.11.30 『パブリック・エネミーズ』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。いつもありがとうございます。全米ではけっこう前に公開してて、Showbiz countdownの全米チャートでは、ジョニデ作品としてはあまり評判良くなかったし、マフィアモノもそんなに惹かれない...
パブリック・エネミーズ (りらの感想日記♪)
【パブリック・エネミーズ】 ★★★☆ 映画(38)ストーリー 大恐慌時代。貧困に苦しむ民衆は、汚い金が眠る銀行だけを標的に大胆不敵な手口で金
Public Enemies (The Deepest DEPP)
昨日試写会にて「パブリック・エネミーズ」を鑑賞 ヤプログさん、ありがとうございます 他媒体社様、ありがとうございます 会場はよみうりホール 最初の一般試写会とあってか、賑わってました ネタばれなしで、感想を
パブリック・エネミーズ (〜映画盛り沢山〜)
新宿バルト9で観てきました まあまあ面白かったです すっげぇ面白いってわけじゃないけどつまらなくはない もりだくさんはマイケル・マン監督作品は大体こんな感じの印象なのでまあある意味期待通りかなww ただやっぱり実在し...
パブリック・エネミーズ (めでぃあみっくす)
バイバイ、ブラックバード。このセリフが『男の世界』の奥深さを静かに物語る映画でした。やはりマイケル・マン監督が描く「男たちの世界」は相変わらず渋くて格好いいです。そして「漢の世界」に到達できる「男」はごく一部だと諭しているようなあのラストも、静かで格好...
「パブリック・エネミーズ」 (首都クロム)
 人肌を感じないCGアニメーションが2本続いたあとの実写映画は、とても見応えがあり面白かったです。街に溢れた1930年代当時の当世風に、美学を確立し貫徹する男らしさに、暫し現実感を盗まれて、すっかり見入ってしまいました。  実在した題材を扱った作品柄なのか...
「パブリック・エネミーズ」 男は視線で女を殺す (はらやんの映画徒然草)
ジョニー・デップと言えば、おかっぱ頭のチョコ屋さんだったり、目の周り真っ黒の船長
パブリック・エネミーズ (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月20日(日) 16:15〜 TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『パブリック・エネミーズ』公式サイト 近頃公開されたヴァンサン・カッセルの演じたフランスの大衆の敵ジャック・メスリ...
映画「パブリック・エネミーズ」 (<花>の本と映画の感想)
パブリック・エネミーズ       映画館にて鑑賞 監督 マイケル・マン 出演  ジョニー・デップ  クリスチャン・ベイル  マリオン・コティヤール  2009年
パブリック・エネミーズ (犬・ときどき映画)
パブリック・エネミーズ(PUBLICENEMIES) [Story] Truestory、本当にあった話の映画化です。 ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は大恐慌時代の銀行強盗、鮮やかに1分40秒で仲間とともに銀行強盗をやってのける、庶民を殺さない、銀行の金しか盗まない、仲間を裏...
『パブリック・エネミーズ』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:PUBLICENEMIES監督:マイケル・マン出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 20本目)公式サイトはこちら。<Story>1930年代前半のアメリカ。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能と....
映画:パブリックエネミーズ PUBLIC ENEMIES デップ+マイケル・マン=無性にカッコよすぎ (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
我ながらドバイばっかりでゲップが出てきた(だいたい仕事で行ってるし) ので、機内映画だったコレを紹介。 この映画、まずはデップ。 (クリスチャン・ベールもがんばっているのだが、役的にかなわない) そして、監督・脚本・製作のマイケル・マンの2人に尽きるだろ...
伝説の男となる所以。『パブリック・エネミーズ』 (水曜日のシネマ日記)
大恐慌時代のアメリカに実在した銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを描いた作品です。
パブリック・エネミーズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
硬派骨太なマイケル・マン監督が1930年代、全米にその名を轟かせた伝説の実在した銀行強盗デリンジャーの実話を描いている。 単なるギャング・アクションとはまったく違う。ジョニー・デップがそこで演じてみせるのは、己のポリシーを貫き通した一人の男の生き様...
『パブリック・エネミーズ』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
デップは、どこか成功者としての危険な香りを振りまく。冷静で向こう見ずで知的、夢を追いながらも、どこか生活感のないキャラクター。まさしくカリスマ性、スター性さえも窺わせる魅力を発散している。
パブリック・エネミーズ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
パブリック・エネミーズ’09:米 ◆原題:PUBLIC ENEMIES ◆監督: マイケル・マン「マイアミ・バイス」「コラテラル」「ヒート」◆出演: ジョニー・デップ 、 クリスチャン・ベイル 、 マリオン・コティヤール ◆STORY◆大不況時代の1933年、銀行強盗のデリンジャー...
パブリック・エネミーズ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[パブリック・エネミーズ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.5/10点満点 2009年101本目(95作品)です。 【あらすじ】 1933年。 窃盗罪で10年近い服役を受け、刑務所暮らしの中で、その後強盗団に加わる仲間から仕事(強盗)のス...
パブリック・エネミーズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『パブリック・エネミーズ』を日比谷のTOHOスカラ座で見ました。  『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド』など映画ごとに全く違った顔を見せるジョニー・デップが、今度はどんな顔を見せてくれるのだろうという期待で映画館に出かけてみまし...
パブリック・エネミーズ (pure's movie review)
2009年 アメリカ作品 141分 東宝東和配給 原題:PUBLIC ENEMIES STAFF 監督:マイケル・マン 脚本:ダンテ・スピノッティ CAST ジョニー・デップ クリスチャン・ベイル マリオン・コティヤール ビリー・クラダップ ジョニー・デップとマリオン・コティヤールのカッ...
パブリック・エネミーズ (Recommend Movies)
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 【感想】 久々にジョニー・デップ出演作を劇場で鑑賞しました。 大恐慌時代に義賊的...
パブリック・エネミーズ/Public Enemies (いい加減社長の映画日記)
予告編が面白そうで、楽しみにしていた作品。公開日に観てるんだけど、感想が遅くなってしまった^^;【ストーリー】1930年代前半のアメリカ。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー。利益を独り占めする...
パブリック・エネミーズ (B-scale fan's log)
公開中 マイケル・マン監督     ジョニー・デップ主演     出演 クリスチャン・ベイル、     マリオン・コティヤール 新評価 3.0 世界恐慌のさなかアメリカの犯罪組織の 収入源として行われた銀行強盗。 その目立った人物を主人公とした本作。 彼を...
『パブリック・エニミーズ』のフェティッシュ (Days of Books, Films )
1930年代、大恐慌下のアメリカで悪玉ヒーローになった銀行強盗ジョン・デリンジャ
『パブリック・エネミーズ』 3回目鑑賞 (purebreath★マリーの映画館)
     「俺は、殺されない。」           「俺は愛する女と年老いて死ぬ」『パブリック・エネミーズ』監督・脚本・製作・・・マイケル・マン脚本・・・ロナン・ベネット/アン・ビダーマン出演・・・ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コ....
パブリック・エネミーズ (こんな映画見ました〜)
『パブリック・エネミーズ』 ---Public Enemy--- 2009年(アメリカ) 監督:マイケル・マン 出演: ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 、ビリー・クラダップ 大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された伝説のギャ...
『パブリック・エネミーズ』 (『映画な日々』 cinema-days)
大恐慌時代、米中西部を 荒らし回った伝説の銀行強盗 ジョン・デリンジャーの末路を描く... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞) ...
パブリック・エネミーズ (むんみーの落書き)
GWまでにジョニーの映画が3本続きますね。 楽しみな第一弾。 私が行った日は「アバター」のジャパンプレミアがあり、 いつもの階段はブルーカーペットで通れませんでした。 みなさんが書かれているように、ジョニーを観る映画でしたね。 素敵だわ〜{/face_heart/} 実...
パブリック・エネミーズ (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日は「パブリック・エネミーズ」を観てきました。この映画、予告が実につまらなそうに出来ていまして、マイケル・マンさんの映画が好きな...
パブリック・エネミーズ (to Heart)
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 原題 Public Enemies 上映時間 2時間21分 原作 ブライアン・バーロウ 監督 マイケル・マン 出演 ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン...
[遅ればせながら、映画『パブリック・エネミーズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆もうすぐ公開が終了してしまいそうだったので、いまいち、気分が乗らなかったのだが、『パブリック・エネミーズ』を観に行く。  何で気分が乗らなかったかと言うと、何となく雰囲気的に『ジェシー・ジェームズの暗殺』っぽい雰囲気があって、  『ジェシー・・・』は...
『パブリック・エネミーズ』 2009-No48 (映画館で観ましょ♪)
2009年最後(になるだろう)の映画は ジョニー・デップさま 銀行のカウンターをひらりと飛び越え、 銃を撃つ姿がキレイでカッコイイ...
パブリック・エネミーズ (2ちゃんねる映画ブログ)
パブリック・エネミーズ(Public Enemies) http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1238812919/ 1 :名無シネマ@上映中 :2010/01/08(金) 10:55:17 ID:+32Y1A8j 1930年代前半アメリカ、FBIから「社会の敵No.1...
パブリック・エネミーズ (RISING STEEL)
パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES 現在ハリウッドにおいて人気、評価ともに最高峰のスター、ジョニー・デップ主演 男の世界をコダワリあ...
【映画】パブリック・エネミーズ…聞いていて退屈な昔話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 新規購入したTV{/tv/}の話。 「散在報告」にかこうかとも思ったのですが、わたしの個人的な買い物でも無いのでココに書かせていただきます{/face_warai/} 先日記事にも書いたHDDレコーダー故障{/down/}に伴い新しいのを買う必要に迫られた我が家{/ase/}{/...
パブリック・エネミーズ (mama)
PUBLIC ENEMIES 2009年:アメリカ 原作:ブライアン・バーロウ 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、 ...
映画評「パブリック・エネミーズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督マイケル・マン ネタバレあり