★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ICHI」

2008-11-01 03:38:23 | 映画(あ行)
<T870/2008/A175/S108><TOHOシネマズ1ケ月フリーパス使用12本目>


TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限ももう少しになっちゃってるけど、
ちょっと忙しくてなかなかシネコンに足を運べなくて鑑賞数が増えないんだけど、
「ららぽーと横浜」は金曜日もナイトショウ実施中で助かるよーー。
でも疲れるぅ。
今週は週末連休なので連夜のシネコン通いになっちゃうかも。

本作は、今年頑張ってる綾瀬はるか主演の座頭市もの。
ひらりん、はっきり言って勝新太郎の座頭市シリーズも、北野武の「座頭市」も
イマイチだったのねーーー。
盲目の少女がチャンバラして大丈夫なの???としんぱいだったけど・・・。
「映倫 PG-12」指定付き。
2008年製作の盲目系時代劇・アクション、120分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんから引用させてもらいました。
市(綾瀬はるか)は瞽女(ごぜ)と呼ばれる盲目の女芸人。かつては他の仲間たちと一緒に旅をしていたが、ある時男に襲われた市は、男と関係してはならないという掟に従い一座を追われ、“離れ瞽女”となった。以来、三味線を手にたった一人で旅を続ける市。ある日、道中で市がチンピラに絡まれていると、一人の侍、十馬(大沢たかお)が止めに入る。しかし、十馬はなぜか刀を抜くことが出来ず、モタモタしている彼をよそに、市は仕込み杖から抜いた剣でチンピラたちを容赦なく切り捨てる。十馬は剣の腕はありがら幼いときのトラウマが原因で刀を抜けず、一方の市は居合いの手練だった。やがて2人は辿り着いた宿場町で、町を仕切る白河組2代目虎二(窪塚洋介)と無法者を束ねて町を荒らす万鬼(中村獅童)の激しい抗争に巻き込まれていく。そんな中、互いへの秘めたる想いを募らせていく市と十馬だったが…。


ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.同じ刀使いをする男=父?(杉本哲太)を探す旅してる市のキャラ設定がイマイチーーーーーー。
2.宿場町のヤクザと山賊の抗争に巻き込まれる市と十馬・・・
十馬が剣を抜けないのは、子供の頃、母(横山めぐみ)の目を剣によって盲目にさせてしまった・・・
というトラウマから。
3.盲目でも生に前向きだった十馬の母のエピソードは市に生きる意義を。
4.十馬の代わりに万鬼の子分をバッサバッサ斬っちゃった市・・・

5.父を知るという万鬼に面会し、対決・・・
しかし、強すぎーーーで、市はボロボロ。。。
6.この男・・・幕府の剣術指南役級の腕前ながら、顔に醜い傷があり、

そのせいで役職を得られず没落・・・
山賊になったのね。
7.そんなバケモノ扱いされる境遇は盲目の市も一緒だろ・・・
という事で囲う事にするが・・・
8.ヤクザと山賊の決闘を前にして十馬が市を救出・・・

9.街なかでの決闘は、山賊が赤っぽい服着てるので、色分けされててわかりやすいっ。

でも相変らず刀を抜けない十馬は逃げまどうばかり・・・
虎二が一矢を報いようとするが・・・

万鬼のご指名を受けてやっと十馬が剣を抜き対決・・・
10.さすが、木刀では負け知らず・・・
剣さえ抜ければ市にも勝る腕前だったので、万鬼も仕留めた・・・はずが、相打ち。
駆けつけた市に見取られながら十馬は死亡・・・
弱ってる万鬼を市が成敗。。。

●いやーーー、サイボークに次ぐ無表情演技の綾瀬はるか・・・
ちょっと色白・美肌過ぎて苦労人に見えなかったのが難だったね。

●最近の超・チャンバラ映画の殺陣は、動きにVFX・・・っつうのかなーー、使ってて、
迫力あって、カッチョいーーともいえるけど、
ちょっと加工しすぎでリアリティがなくなってきてる気がするね。
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」の時にも思ったけど。
●脇役のキャストは良かったね。
組長・柄本明と二代目窪塚洋介のヤクザ父子の関係にはホロっとさせられたり・・・。
いい親父持つとグレたがる息子だけど・・・

そんな息子でも可愛いくて、身を挺して命を助けたのね。
柄本明はワル役もできるけど、善人役のほうがいいね。
●逆に善人役でも評価の高かった中村獅童・・・
竹内結子との離婚以来のダーティーイメージのおかげで悪役オファー殺到なのか???
レッド・クリフ」にも出てるみたいだけど。

ここまでネタバレ注意↑


ひらりん的この映画の関連作は・・・
綾瀬はるか・・・これから「ハッピーフライト」が上映になるけど、
今年は「僕の彼女はサイボーク」と「ザ・マジックアワー」に出てたね。
  


という事で今回は・・・
時代劇度・・・
主人公のキャラ設定がイマイチつまらないのかなーーー。
綾瀬はるかちゃんは、今年一番頑張ってる女優さんだと思うけど・・・
個性を出しずらい盲目少女役は、ハードルが高かったかな。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見てひらりん同様「瞽女(ごぜ)にしては美肌過ぎないか」と思ったあなた・・・
                   
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スポンジ・ボブ/スクエアパン... | トップ | ★「ハンサム★スーツ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綾瀬はるか (シムウナ)
2008-11-04 00:45:21
綾瀬はるかの殺陣さばきはなかなかさまに
なっている気がしました。
顔のアップやロングショット、吹替えで
ごまかすことなく頑張っていました。
この年代の女優では一歩抜き出た存在に
思いました。
中村獅童さん、 (michi)
2008-11-08 20:42:57
ホントにこういう役が似合いますね。
もう普通の役、できないんじゃないかってくらい
狂気に満ちた顔が自然でした。。。汗

私は、市の殺陣がカッコよく、大満足だったんですが
ひらりんさん、ダメでしたか~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ICHI (Akira's VOICE)
中途半端な感動と興奮・・・。  
「ICHI」 (You got a movie)
 監督 曽利文彦  原作 子母澤 寛「座頭市物語」より  脚本 浅野妙子  キャスト 綾瀬はるか 大沢たかお 中村獅童        窪塚洋介  柄本 明  竹内 力        島 綾佑 ほか  その女、座頭市。座頭市なら物語は面白いはず、でも果たして...
ICHI (だらだら無気力ブログ)
勝新太郎の代表作である「座頭市」の設定を女性に変えた時代劇。 一人で旅を続ける目の不自由な離れ瞽女の市。 ある日、道中で市がチンピラに絡まれていると、そこへ通りかかった 浪人・十馬が止めに入る。だがチンピラ達は十馬を殺害し、市を 連れていこうとする。十馬が...
「ICHI」を観てきました・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
女版「座頭市」と言われている作品。 勝新太郎バージョンの「座頭市」は全く見ていません。 北野武バージョンの「座頭市」は見ているため、 自然と比較しながら、鑑賞しました。
ICHI (B-scale fan's log)
公開中 曽利文彦監督、綾瀬はるか主演     出演 中村獅童、窪塚洋介、竹内力     島綾佑、柄本明 いくら綾瀬はるかが魅力的でもね・・・。 満足度 3.0  宿場町の賑わいを守る渡世人たち。 その用心棒は実はトラウマで刀が抜けない凄腕の浪人。 対するは...
ICHI (映画を見に行きましょう!! )
 ICHI               三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市は、チンピラとのいざこざの中で浪人・藤平十馬と出会う。十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。そんな時市は仕込み杖を一閃し、チンピラをあっさり倒してしまう。 ....
「ICHI」 (まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!)
 「何斬るかわかんないよ、見えないんだからさー・・」 名セリフです!!カックイイ(^^♪綾瀬はるか!!  吹雪の中を盲目の女たちがゆく・・。 集団で旅をしながら三味線と唄で生業を立てる盲目の女たちを、瞽女(ごぜ)と呼ぶ・・。 彼女たちには掟がある。男と関係...
ICHI (映画君の毎日)
あらすじ//三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は、一風変わった浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。やがて二人は、若き2代目・虎次(窪塚洋介)率いる白河組...
「ICHI」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
綾瀬はるかさん主演「ICHI」を見てきました。 女性版座頭市と言える作品です。 盲目の女性でありながら剣の腕が立つ市(いち)。 三味線を弾きながら孤独に旅をしている。 そんな彼女が剣を抜けない侍、藤平十馬と出会う。 予告編やポスターのイメージが非常に格好良く...
「ICHI」見えない愛を知った先にみた生きるために必要な守りたいもの (オールマイティにコメンテート)
映画「ICHI」(PG-12指定)はかつて勝新太郎が演じた「座頭市」の女性版で盲目の瞽女がひとりで旅を続けてかつて剣術を教えてくれた男を捜して旅をしている。そこに刀を抜けない侍と出会い、人と接する事の境目を感じて愛を知っていくストーリーである。見えない事で人を信...
劇場鑑賞「ICHI」 (日々“是”精進!)
「ICHI」を鑑賞してきました綾瀬はるかが女性版座頭市を演じた時代劇アクション。三味線と唄で日銭を稼ぐ”瞽女”となり、ある人を捜すたびを続けるヒロインが、無法者との決戦に挑む。盲目、孤独、居合い斬りの達人という設定はそのままに、性別を変えたことで、女性...
『ICHI』2008・10・26に観ました (映画と秋葉原と日記)
←公式HPで配布 『ICHI』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ポッ(。-_-。)綾瀬はるかに初主演映画『僕の彼女はサイボーグ』から萌えてるhide管理人に取って・・・ (^_^;)また、はるかちゃんに会えるだけで満足満足(笑) キャッ(^^*))))((...
[映画『ICHI』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆今、私が、一番に全幅の信頼を持って見ることが出来る女優・綾瀬はるかの新作である。  今回は、アウトロー<座頭市>を見事に演じている。  若手演技派として名高い谷村美月が、その演技力でもって、どんな役を演じても、自分に引き寄せてしまうのに対し、 綾瀬嬢...
可もなく不可もなく・・・。『ICHI』 (水曜日のシネマ日記)
女性版座頭市を映画化した作品です。
『ICHI』 ☆くぁんたん・れヴゅ~☆ (よーじっくのここちいい場所)
 綾瀬はるかの『ICHI』を観て来ました。 印象は、やはり「曽利文彦監督の・・」というより「綾瀬はるかの・・」ですね。 チャンバラが少ないよお。こだわりのある殺陣師さんじゃなかったのかなあ。 せめて、ハッとするように美しい、綾瀬はるかのショッ...
★★★ 『ICHI』 (映画の感想文日記)
2008年。「ICHI」製作委員会。   曽利文彦監督。  綾瀬はるか主演で女座頭市の活躍を描いた映画。  「座頭市」のオリジナルである勝新太郎主演の映画は1本も見たことがなく、北野武...
ICHI (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。曽利文彦監督、綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、利重剛、佐田真由美、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えり。「見えない」「見たい」の女性版座頭市(綾瀬はるか)と「見られたくない」「見にくい⇒醜い」の万鬼(中村獅童)という対照的...
『ICHI』 (ラムの大通り)
----この『ICHI』って座頭市のこと? 勝新太郎や北野武とは あまりにイメージが違うけど…。 「それはそうだよね。 原作者の子母沢寛は、 盲目の侠客、座頭の市について書いてはいるものの、 それはほんのわずか。 イメージを作り上げたのは勝新太郎。 そのキャラクターを...
ICHI (花ごよみ)
北野武が監督・主演した「座頭市」を、 市という名前の女性を 主人公にして作られた映画。 監督は「ピンポン」の曽利文彦。 主演は綾瀬はるか。 彼女の、恨みのこもった動かない黒い瞳。 つらい過去、深い悲しみ、 孤独を、一身で受け止める はなれ瞽女を力演。 「...
ICHI・・・・・評価額1100円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勝新太郎の代表作、「座頭市」のリメイク。 近年には北野武による金髪・碧眼の市という異色作もあったが、今回は綾瀬はるか主演の女座頭市だ...
ICHI/綾瀬はるか、大沢たかお (カノンな日々)
あの座頭市を綾瀬はるかが演じる目の不自由な芸者を主人公にして描いたという話題作です。実はチャンバラ物や忍者物といったアクションたっぷりの時代劇ってわりと好きなんですけど、なかなかコレといったのには出会えないんですよね。漫画っぽくても『あずみ』みたいのな...
ICHI (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月25日 公開 「なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ」 きっとアタシも裸眼視力だったらそうだわ。 座頭市の女性版なんですが・・・ふぅ~、あまりこれと言うものもなく・・・。 まず、あの冒頭の吹雪! 出...
映画感想『ICHI』 ほんと、、、、 (レベル999のマニアな講義)
内容旅を続ける1人の侍がいた。男の名は、藤平十馬(大沢たかお)ある日のこと、1人の女性が男たちの襲われようとしているのを見つける。女は、三味線の弾き語りを生業とする盲目の旅芸人、瞽女(こぜ)のようだった。十馬は、その女(綾瀬はるか)を助けようと、男たち...
ICHI (5125年映画の旅)
三味線を弾く盲目の女性・市。彼女は旅の途中、刀が抜けない侍・藤平十馬と出会う。二人で立ち寄った宿場町で、市は町を荒らす万鬼党の一味を居合いの太刀で蹴散らした。それを十馬の仕業と勘違いした町の実力者・虎次は、十馬を用心棒として雇う。そして万鬼党の頭目...
ICHI (08’F=3本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 幼少時代の瞽女(ごぜ)修行の部分をもっと見たかった
ICHI (ダイターンクラッシュ!!)
11月5日(水) 18:10~ チネ7 料金:0円(ポイント使用) プログラム:800円(購入せず。綾瀬はるかファン以外必要無し。) 『ICHI』公式サイト 大プッシュ中の綾瀬はるか。座頭市を演じる。 辛い過去から人間不信、優しい男に出会い生きていく希望を見出す。 など...
ICHI~はっと飲む美しさにKOです (ポノちゃんのブログ)
ちょっと前に前売りで観に行きました。('∇') 座頭市作品は全部観ているが、この
【ICHI】 (日々のつぶやき)
監督:曽利文彦 出演:綾瀬はるか、大沢たかお、窪塚洋介、中村獅童、竹内力、柄本明 「盲目の旅芸人市は人探しをしている道中で浪人の藤平十馬と出会った。目が見えないのに剣術が強い市に興味を持ち市に付いて、とある宿場町にやってきた。 その宿場町を仕切る白
ICHI (お萌えば遠くに来たもんだ!)
映画の日に観てきました。 <新宿バルト9> 監督:曽利文彦 原作:子母沢寛 脚本:浅野妙子 旅の途中、男達に襲われる盲目の女芸人、市。通りがかった侍、十馬が止めに入ろうとするが、彼はなぜか刀を抜くことが出来ず・・・。 凛々しい綾瀬はるかを観に行くための...
「ICHI」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ワーナー/監督:曽利 文彦) 勝新太郎主演の座頭市は、三船敏郎の三十郎、市川雷蔵の眠狂四郎、近衛十四郎の柳生十兵衛…等と並ぶ、日本の映画史上に残るスーパー・チャンバラ
ICHI 市 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は綾瀬はるか主演の「ICHI」を観てきましたよ~!  座頭市と言えばどうしたって北野武監督の「座頭市」を思い出しますし比較もしてしまいますが、本作は同じ原作を基にしながらも主人公は女性。  綾瀬はるかが訳ありの盲目の旅人を演じています。  旅を続...
「ICHI」 想像していたよりオーソドックス (はらやんの映画徒然草)
本作いくつかの点で興味がある点がありました。 まずは綾瀬はるかさん(おいおい)。
ICHI (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ICHI」の感想です
ICHI  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  とにかく綾瀬はるかちゃんが可愛いね。前作の『僕の彼女はサイボーグ』で彼女を観て以来、その魅力にメロメロになってしまったが、今度は時代劇である。それも女座頭市。「なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ」バシャッ!というセリフがなかなか決ま...
ICHI(2008) (☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆)
“なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ…異色ヒーロー《座頭市》を、設定を女に変えて綾瀬はるか主演で映画化したアクション時代劇” 今日は土曜日なので、目黒でお姑さまの妹の様子見、大森でお姑さまの様子見してから川崎に向かいました[徒歩] 今日から始まる...
『ICHI』 (Rabiovsky計画)
『ICHI』公式サイト 原作:子母沢寛 監督:曽利文彦 脚本:浅野妙子 出演:綾瀬はるか、 大沢たかお 、中村獅童 、窪塚洋介 2008年/日本/120分 おはなし Yahoo!映画 三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目...
「ICHI」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
綾瀬はるかさん主演「ICHI」を見てきました。 女性版座頭市と言える作品です。 盲目の女性でありながら剣の腕が立つ市(いち)。 三味線を弾きながら孤独に旅をしている。 そんな彼女が剣を抜けない侍、藤平十馬と出会う。 予告編やポスターのイメージが非常に格好良く...
『ICHI』@サロンパスルーブル丸の内 (映画な日々。読書な日々。)
三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市は、チンピラとのいざこざの中で浪人・藤平十馬と出会う。十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。そんな時市は仕込み杖を一閃し、チンピラをあっさり倒してしまう。その後2人はとある宿場町へとたどり着く。...
285「ICHI 市」(日本) (CINECHANの映画感想)
見えない境目が見えてきた  市は瞽女(ごぜ)と呼ばれる盲目の女芸人。かつては仲間と共に旅をしていたが、今は掟を破ったことで?離れ瞽女?として三味線を手に、たった一人で旅をしていた。  ある日道中、市がチンピラに絡まれていると、一人の侍・藤平十馬が助けに入...
ウォー・ダンス (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
映画について書くのはひさびさだけど、見てなかったわけではなくて、この半月は映画館で「ICHI」「イーグルアイ」「レッドクリフ」を、あとDVDなどでも数本は見た。
ICHI (映画初日鑑賞妻)
★★★★ 時代劇の新しい波を感じた。 この作品は別段すんごい逸品じゃないと思うんだけど、今までの時代劇とは感覚が違うのだ。 これを機に時代劇が一気に若返りそうな、えー感じの予感がするのサ。
ICHI (~yatsufusa~)
『ICHI』 監督は『ピンポン』の曽利文彦監督。 ヒロインの市を『僕の彼女はサイボーグ』の綾瀬はるか。 作品自体は 悲愴感漂うアウトローとして描いた勝新太郎の座頭市シリーズ第1作『座頭市物語』~第4作『座頭市兇状旅』に近い雰囲気の内容となっている。 が・・...
【映画】ICHI…の記事&私のお盆休みの過ごし方 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
お盆休みも最終日に突入です。 更新しなかった間の休暇の過ごし方でありますが… 一昨日の14日(金曜日){/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は映画{/m_0058/}に行ってきました。 今回チョイスした映画は、数週間前に大雨の影響で行きそびれた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・...
ICHI(DVD) (ひるめし。)
なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ。
映画評「ICHI」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・曽利文彦 ネタバレあり
映画「ICHI」女座等市 (さんたのブログ)
座等市の女性版。 目が見えないのに1人で旅をする(市)綾瀬はるか。 ふと助けた浪
ICHI (しぇんて的風来坊ブログ)
観る予定でなかったが都合で行ったらそれなりに良かった。 昔の座頭市とかを知っていようと知らなくても観られるし分かりやすい。 弱い(?)侍に困った時の大沢たかお、悪役キャラも板についている中村獅童と無難な配役。 結局、綾瀬はるかにつきる。感情を押し殺した...
ICHI(テレビ録画) (単館系)
ICHI 2012年01月02日01時45分00秒TBS新春シネマシアター「ICHI」 正月にやっていた綾瀬はるかさん版座頭市を鑑賞。 一応楽しめた。 市がサブキャラに見えるんですが。 藤平十馬演じる大沢たかお...