ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

テミスの剣は正義の難しさを描いた問題作

2017年06月15日 | 絵日記
テミスの剣 (文春文庫)
中山七里
文藝春秋

中山七里先生の「テミスの剣」を読みました。
面白かったです。考えさせられました。
本作品はいわゆる冤罪ものです。
冤罪がいかにして作られてゆくか、そしてそれが何をもたらすかを臨場感をもって描かれます。
一件の冤罪事件により、いくつもの人生が狂わされ破滅していきます。
そして取返しが付かなくなった後、冤罪の証拠をつかんでしまった刑事。
真実の告発の厳しさと代償の大きさが嵐のように描かれ、悲劇的なラストに帰結します。
誰も救えないことが分かっていても人は信念を貫くべきか、正義の難しさを描いた問題作です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回鍋肉は美味しいウソ | トップ | 「であいもん」は和菓子が食... »

コメントを投稿

絵日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL