はしぞうのKeep Casting

水郷メインの平日バサーの釣行記です。たまにスモゲーも。

水槽飼育記 カワニナ増殖

2017年05月27日 | 水槽飼育記
以前、入れた覚えの無いカワニナが水槽内に紛れ込んでいる事を書いたが、その時はそのままにしておいた所、気付いたら増え始めていた。

ネットで調べてみると、特に害はないようであるが、増えすぎるのも困り物である。
カワニナというと、ホタルの幼虫の餌として有名であるが、それでホタルを飼うというのは本末転倒である。
スネール対策の生物兵器として、アベニーパッファー・トーマシー・バジスバジス・クラウンローチ等が挙げられていたが、前の三者は気が荒く他の魚にもチョッカイを出すらしい。
水槽リセット直後は、サカマキ対策として、チェリーバルブを導入したのだが、増えもしない代わりに減りもしない。
そこで、クラウンローチとおまけでオトシンクルスを買ってみた。



ピンボケで下手糞写真なのは、ご容赦願いたい。

26日は、魚探デビューを果たす予定であったのだが、朝からの雨...。
6月2日の金曜も雨マークが付いているしで、試運転も兼ねて29日の月曜釣行の予定である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水郷バス釣行 5.19 横利根で3匹

2017年05月20日 | 釣り(バス)
本日は、3週間振りに水郷へ。
2時15分に出発して、途中霧の為ペースダウンを余儀なくされ、到着は4時15分。
日の出は、4時半なのだが、霧で薄ぼんやりしている。
ポッパーで探ってみたが、出ないのでワームにスイッチ。
ところでワームなのだが、いつものロックバイブシャッドの手持ちが薄くなっていて、一応キャスティングに発注依頼は掛けているのだが、まだ入荷の連絡が来ていない。
そこで今回はエースを温存して(?)、10年くらい振りにロボリーチを持参した。
かつてのエースであったのだが、現在は登場の機会が無かったワームである。
現役のバスは、見た事が無いんじゃないかな?
後行者が現れたタイミングでmmへ。
ジグヘッド+ロボリーチで、テクトロで進む。
泡は直ぐ消えるし、肉眼で川底のテトラが確認出来る程、水質もクリアである。
流れが無いのだけが難点かな。
半分以上進んだ所で、“コンッ!”
ネットもぶら下げていたが、余裕で抜き上げが出来るサイズ。

ロボ釣れるじゃーん。
奥まで進み、斜めキャストで2連発。


引っ手繰るようなバイトで、躊躇無く食っている感じ。
今日も(ワームなら)イージーに数を揃えられるかなと思ったのだが、タイトル通りこの3匹で終了。
bbでは、ポッパー→ロボでサーチしたのだが、一番やりたかった所にヘラ師が居たり、後行者が現れたりで移動。
前回連発したesのピンポイントでも全く反応が無い。
ここで、エースのロックバイブシャッドを取り出したのだが、その甲斐も無くノーバイト。
aaの後、横利根を見切り、名無し水路へ。
ワームがスーっと持って行かれたのだが、魚種は不明。
殆ど釣れても小バスの、救済水路へ。
最近は良いサイズを揃えられていた為、この水路には行って無かったのであるが、大分追い込まれてしまっている。
そして、この水路でも救われずにノーバイト。
常陸利根・鰐・前川等を迷走。
入りたかった所でバッティングしたり、反応が無かったり...。
昼食後は、帰りがてら小野川に行ってみたのだが無駄足。
距離優先で帰路検索したら、牛久沼に辿り着いたのだが、水郷で釣れない人間が牛久で釣れる筈もなく、躊躇なくスルー。
尻すぼみに終ってしまった。

釣行データ 5月19日(金) 気温 14℃/24℃
天気 霧後晴れ 風 弱 JH+ロボリーチ
トータル 3匹 通算 38匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚探をバウデッキとエレキに付けてみた

2017年05月13日 | 雑記
先日購入したホンデックスのHE-57Cを実戦投入するべく、バウデッキとエレキに取り付けしてみた。
まずは、バウデッキ。
ロータリー架台RK05と、取付架台TKS01を用意。

ロータリー架台の取り付けは、二つの穴は付属のビスで事が足りたが、もう一つの穴はブカブカだったのでビスとナットで取り付け。

実際に、魚探をセットしてみた。

次ぎは、エレキ側である。
振動子をクランプPK01で取り付けようとしたら、パーカーの長さが短い。
何とか強引に取付け、タイラップで補強した。
水温センサーも、タイラップで固定。

スパイラルチューブで、水温センサーと振動子のコードを纏める。
稼動部には、余裕を持たせビニールテープとタイラップで固定。

残りの部分も、スパイラルチューブで巻いて、余ったコードをビニールタイで縛って完成。

実釣は今月末か来月かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水郷泊バス釣行 4.28(Day 2)6匹

2017年05月05日 | 釣り(バス)
釣行2日目、最終日である。
宿を4時15分に出発し、横利根のkmに4時半着。
気温は10℃くらいしかないのだが、魚っ気があるので、ついつい巻いてみたくなってしまう。
スピナベでサーチした後に、ワームにスイッチしてみたが、アタリは無い。
見切ってmmへ。
風が殆ど無いので、気温自体は昨日と変わらないのだが、体感温度は暖かい。
最奥まで斜めキャストで探ってみたが反応なし。
折り返しも斜めキャストをしていると、レギュラーサイズがお出迎え。

2箇所目は不発、bbには先行者が居た為、昨日同様esへ。
誰も居なかったので、手前からテクトロしていると...

そのまま続けようと思っていたのだが、後ろから先程のポイントにも居たテクトロリストが現れた。
とりあえず、昨日反応が良かった方へ、早めに進んで行く。
斜めキャストしてシェイク。
コツっというアタリの後、持って行く持って行く、軽く送っておりゃ!

ワームで釣れるのは分かった。
ここにバスが居るのも分かった。
という事で、他の釣り方を試してみる事に。
ベイトロッドは車に置いたままだったので、スピニングでセニョールトルネードとコーゾーをキャストしてみたのだが、アタリは無い。
やはり自分にはワームでしか釣れないようである。
シェイクシェイクで、ゴン!送って送っておりゃ!で2連発


大体50mくらいの範囲なのだが、そこを行ったり来たりで探り続ける。
一時間くらい過ぎ、もう戻ろうかな?
先程のテクトロバサーが対岸に現れた。
最上流まで行って、折り返して来たようである。
物凄い行動力であるが、釣果的に報われているのであろうか?
戻りながらキャストしていると、ラインが走った。
6匹目
その後のbbは不発で、昼になったので純輝に行って早めに撤収した。
Day 2 END

釣行データ 4月28日(金) 気温 11℃/18℃
天気 曇り晴れ 風 弱後強 JH+RBシャッド
トータル 6匹 通算 35匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水郷泊バス釣行 4.27(Day 1)11匹

2017年05月01日 | 釣り(バス)
この日は、夜中からの雨が朝8時まで降り続け、風も強めと日帰り釣行なら中止にしていた様な天候。
朝もゆっくり目の、5時過ぎに出発し、ファーストポイントの横利根に着いたのは、7時過ぎ。
依然として雨が降っていたので、車内で朝食。
雨脚が弱まってきた所で、mmからスタート。
気温は11℃くらいしかなく、おまけに風が強いので、体感温度は結構寒い。
行きのテクトロには、何の反応も無い。
この日を選んだのは失敗だと思うが、今さら宿のキャンセルも出来ないし...。
折り返し、斜めキャスト。
リグってあるのは、いつものJH+ロックバイブシャッドである。
途中で漸くレギュラーサイズがヒット。

その後も、アタってスっぽ抜けがあったので、斜めキャストが有効なのかも知れない。
二つ目のポイントは不発。
bbには、入りたい所に先行者が居た為esへ。
ここも、やりたい場所に人が居たので、最奥へと廻る。
これが、結果オーライで、一画で3連荘。



濡れた護岸に寝転んでのランディングは出来なかったので、ネットをぶら下げていたのだが、取り込みミスも無く役に立った。
それにしても、風が強い、強過ぎる。
もう一箇所、探ってから、一旦横利根を離れ、風裏になる牛堀に行ってみたのだが、何も起こらず。
純輝での昼食後は、前川でDSで1バラし。
鰐川の3wgへ向かう
以前、だいぢさんがアメナマを釣った所で、JHをキャストし、シェイクしていると、ラインが走った。
5匹目
常陸利根川を2箇所チェックし、前回釣れた水路に行ってみたが、代掻きが始まったのか水がココアのような色をしている。
再び横利根に戻りbbへ。
やりたかった所には人が居た為、最奥からスタート。
逆風なのでキャストはせずに、バックハンドでテクトロしていると...
レギュラー
更にその先、斜めキャストで2連荘。

8匹目
チェックインまで、まだ時間があったので、午前中に釣れたesに入り直す。
またまた3連荘。



18時を過ぎ、背後からテクトロバサーも近付いて来たので、ここでストップフィッシング。
予約しておいた宿に向かった。
Day 1 END

釣行データ 4月27日(木) 気温 11℃/18℃
天気 雨曇り晴れ 風 強後弱 JH+RBシャッド
トータル 11匹 通算 29匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の空から from水郷潮来②

2017年04月28日 | 釣り(バス)
同じような写真ばかりであるが…。



来週は、釣りに行かない予定なので、詳細は翌週に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の空から from水郷潮来①

2017年04月27日 | 釣り(バス)
朝から雨と強風で、どうなる事かと思ったのだが…。








詳細は、後日。
一風呂浴びて、地鶏屋へGo!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水郷バス釣行 4.21 大小合わせて9匹

2017年04月21日 | 釣り(バス)
本日は、単独で水郷へバス釣行。
3時15分に出発して、丁度日の出の5時に到着。
横利根川からスタート。
kmは先行者が2名居たのでmmへ。
行きはスピナベでサーチしてみたのだが無反応。
帰りはJH+ロックバイブシャッドを斜めキャスト。
軽い根掛かりが外れた瞬間にヒット。
サイズが中くらいだったので、抜き上げようとしたらフックオフ。
きちんと、ハンドランディングをすれば良かった。
その先で同じようなアタリ。
軽く送ってからアワせる。
今度は寝転んで、ガッチリとハンドランディング。

その後は、アタっても乗せ切れずで移動。
次のポイントは不発でbbへ。
釣り人が一人も居ない。
これはラッキーと、行きはテクトロ・帰りは斜めキャストで探ったのだが、まさかのノーバイト。
おかしい、こんな筈では...。
ラストキャストの心算で投げたら、待望のアタリ。
軽く送って、おりゃ!

これで、2匹目。
去年の今時期は、この辺で連発したんだけどな。
試しに探ってみると、再びアタリが...。
おりゃ!とアワせると、ぱしゃっと飛んで来た。
豆アジサイズだったので、写真は撮らずにリリース。
続くesでも、豆2匹で計5匹。
aaを探った後、一旦横利根を離れて初訪水路その①に行ってみたのだが、魚種不明の魚っ気はあるものの食って来ない。
再度、横利根に戻ってみたが、微妙に入りたかった所で他の釣り人とバッティングしたりで、軽く探って移動。
初訪水路その②へ。
水深が50cmくらいしか無いが、一応魚っ気はある。
岸際をシェイクしていると、一瞬アタって離した。
再度同じ所を攻めてみると...、

初場所で釣れた。
出会い頭なのか、他にも居るのか?
この後、今日一のサイズがヒットしたのだが、痛恨のフックオフ。
左衛門を覗いてから、純輝で昼食。
午後は前川の2wgへ。
ベイトっ気はあるのだが、バスっ気は無い。
最近、ここで釣った記憶が無いよなぁと思いながらシェイクしていると食った。
軽く送って、おりゃ!

これで、7匹目。
続いて鰐川のttへ。
この場所も、昔は良く釣れたけど、最近はナマズばかりだよなぁと思いながら、DSを落とすと、アタって離した。
再度、落としてもアタって離される。
3度目、今度は巻きアワせてみる。
まぁ、こんだけ何度も食って来るって事は、ナマズかな?
もしバスなら...。

バスだった。
もしかしたらネストで、侵入者を排除していたのかも知れない
とりあえず、釣果的にも満足だったのであるが、一応最後に午前中に反応が良かった横利根のmmに入り直してみた。
結構、人が多かったのだが、斜めキャストで20cmくらいのを追釣した。
来週は、去年に引き続き一泊釣行の予定である。

釣行データ 4月21日(金) 気温 11℃/19℃
天気 晴れ 風 微 JH+RBシャッド・DS+RBシャッド
トータル 9匹 通算 18匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦安 サビキ釣行 4.17

2017年04月18日 | 釣り(バス以外)
本当は、タイトルを稚鮎にしたかったのだが...。
本日は毎年恒例の浦安釣行。
休みと朝に潮が動く日を合わせてみたら、17日になった。
ちょっと遅いかな?
7時15分が干潮なので、その時間を目指したのだが、5時45分に出発して到着は7時半。
既に何人かの釣り人がいて、ぽつぽつ上がっているようである。
空いていた所でスタート。
連にはならないが、ぽつりぽつりと釣れてくる。
サイズも例年より大きいようで、手にもべっとりと鱗が付いてしまう。
んっ?鱗?
魚が違ーう。
周りで釣れているのも、全てイワシのようである。
うーん、イワシかぁ。
そして、9時前にイワシのアタリも止まってしまった。
満→干じゃないと駄目なのか?時期が遅かったのか?
結局、1時間半弱でイワシ9匹と稚鮎1匹。

獲物は、他の釣り人に進呈して帰途に就いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川バス釣行 4.14

2017年04月15日 | 釣り(バス)
本日も単独で茨城県西へ。
日中は気温が高くなるのだが、朝方は寒いという予報だったので、10℃を超える8時に現地着。
この日も上流部から探ってみようと思ったのだが、結果的にこれが裏目に出る。
最初の川では、クランクに魚が当たったのだが、スレなのか何なのか不明。
次の川の第一ポイントでは、跳ねる魚は見えたが、食って来ない。
少し下流部でクランクを巻いていると、ゴンっと来たのだが、50オーバーのマルタ..。
第二ポイントでは反応なく、鬼怒川中流へ。
一つ目の場所は増水気味で直ぐに見切る。
いつもの実績ポイントへ向かったのだが、先行者に入られてしまっていた。
こんな事なら、始めから此処に来ていればよかった。
ウェーダーを穿いて対岸へ。
スピニング一本でワームで探ってみたのだが、効率が悪い。
メガバスのDeep-Xでサーチ。
コンスタントにヒットするのだが、釣れども釣れどもマルタばかり...。
このルアーは、マルタしか釣れないのか?
根掛かりしてロストしてしまったので、ベビーシャッドにスイッチ。
しかし、またもマルタ。
対岸ではスモールが釣れているので、この辺りがマルタの巣窟になっているのかも知れない。
その後、TN/60が釣れ、更にマルタ...。
上流側が空いたので小移動。
ベビーシャッドがマルタと共に去っていったので、レアリスシャッドにルアーチェンジ。
そして、ついに...。

小さいけど、スモールが釣れた。
同じ辺りを、ジグヘッド+バブリングシェイカーで流してみると...。

連荘。
しかし、その後はアタリが止まってしまった。
後から来たバサーが、先程マルタしか釣れなかった所に入り、スモールを連発している。
ウーム、どうやったら釣り分けられるんだろう?
遠目だったので使用しているルアーは不明である。
風も強まってきたので、14時過ぎに撤収。
春スモは、これで終わりにして、次週からは水郷行きの予定である。

釣行データ 4月14日(金) 気温 10℃/23℃
天気 晴れ 風 弱後中 レアリスシャッド・JH+Bシェイカー
トータル 2匹 通算 9匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルマン 電子パイポ

2017年04月08日 | 雑記
タイトルの商品をネットで購入してみた。

現状、タバコは一日5本くらいのライトスモーカーなのだが、食後以外を取り敢えずコレに変えられれば、一日2本に減煙出来るのではという目論み。
リキッドには、電子タバコのようにニコチンは入っておらず、メンソール等のフレーバーだけが味わえて、タバコを吐いた時のような煙の代わりに無害・無臭の水蒸気が出るといった代物。
購入してから二週間が経過したのだが、一日2本ペースは維持出来ている。
ただ、最後にタバコを買った時にカートンで購入してしまったので、一日2本だと無くなるまで何日も掛かってしまいそうである。

7日は、スモール釣行の予定であったが、明け方の雨予報と日中の強風予報の為中止にした。
自分の中では、スモールは来週が最後になるかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川バス釣行 3.31~午前中に2匹

2017年04月01日 | 釣り(バス)
本日も単独で茨城県西へ。
6時に出発して、到着は7時20分過ぎ。
上流は始めから消去し、早朝は気温が低かったので回避。
最初のポイントは又も不発で、30分で見切って次の場所へ。
今回も誰も居ない。
入り口付近からスピナベでサーチ。
奥の方でも投げてみたが反応は無い。
前回同様ジグヘッド+バブリングシェイカーにスイッチ。
暫く放置気味に流してみたが、アタリは無い。
先週釣れたのも9時過ぎだったので、まだ早いのかなぁ?
表水温は14.4℃
前回よりは温かい。
テトラに座って、片手でロッドを持ってと、やる気の無いスタイルでアタリを待つ。
これで殺気が消えたのか、“ドュンッ”とアタった。
送って送って、おりゃ!
フッキンングも気持ち良く決まる。
30後半くらい
その後はアタリが遠退き回遊待ち。
試しに、入り口付近をスピナベとワームで探ってみると、ワームの回収時に(結構早く巻いていた)後ろから“ドババババッ”と追い掛けてきた魚がいた。
フッキングには至らなかったが、やる気のあるバスもいるんだな。
真ん中あたりで、ドリフトさせていると、またも“ズンッ”とアタった。
送って送って、おりゃ!

若干サイズダウンしたが、2匹目。
アタリが途絶えたので、10時半に移動を決断。
小貝川のテトラ帯へと向かう。
しかし、堰が閉まったのか、増水している。
相変わらず釣り人は多いが、釣れて無さそうである。
此方も攻め倦んで諦める。
来週は鬼怒川一本に絞る心算であるが、そろそろウェーディングしてみようかな。

釣行データ 3月31日(金) 気温 10℃/12℃
天気 曇り 風 中 JH+Bシェイカー
トータル 2匹 通算 7匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川バス釣行 3.24~トータル4本

2017年03月24日 | 釣り(バス)
本日は、単独で茨城県西へ。
6時10分に出発して到着は8時過ぎ。
上流部の様子を窺ってみたのだが、水深が浅かったり工事していたりで早々に見切る。
鬼怒川へ。
最初のポイントでは反応無く、二つ目の場所へ向かう。
シメシメ、誰も居ないぞ。
表水温は10.7℃
ジグヘッド+ロックバイブシャッドを斜めにキャスト。
ドリフト気味に流しているとスタック。
外そうとして、ロッドをアオり、外れた瞬間にクンクンッとアタリ。
しかし軽くなってしまった。
離しちゃったかな?
数秒ステイさせた後、回収がてら軽くシェイクし始めると、ラインに違和感。
食ってる食ってる!おりゃ!
どうやら、咥えた儘こちらに向かっていたらしい。
今期初スモール 開始一投目
更に三投目で、張らず緩めずでナチュラルドリフトさせていると、グングンッと持って行くアタリ。
軽く送ってアワせるとヒット。
一匹目よりもサイズは良さ気であったが、痛恨のフックオフ。
でも、魚は居るようなので、小貝まで行かずに、ここで粘ってみようかな。
後から来たバサーが、ミノー系のルアーでポンポンと2匹釣った。
しかし、粘らずに移動してしまった。
見切りが早いなぁ。
試しにスピナベを投げてみたが、反応は無い。
アタリが遠退いたのと、風が強まってきたタイミングで、ワームをバブリングシェイカーの4にスイッチ。
ドリフトさせていると、“コンッ”
送って送って、おりゃ!

ここまで4バイト2キャッチである。
その後、ゴミが付いて来たのかと思ったら、メガバスのLive-Xが釣れた。
もしかして、さっきの人が投げていた奴かな?
一時間程の沈黙の後で、ズズッズズッとラインが引っ張られた。
今度も、送って送って、おりゃ!
エリアフィッシング並みにドラグが鳴り響く。
これはデカいぞ。
テトラに突っ込まれそうになったが、少しテンションを緩めると出て来た。
いなしていなしてキャッチ。
黒々とした悪デカいバス
サイズを測ろうとしてメジャーを探してみたが見当たらない。
42.3cm位か?
昼を過ぎ、風も更に強まって来たしで、そろそろ止め時かな?
帰りしなに、先程のバサーが投げていた辺りで、スピナベをキャストしてみると...。
グリグリグリグリ...“ドゴンッ!”

今年初のスピナベフィッシュ
その後は、フォローのワームに1バイトあったが乗らずで終了。
とりあえず、Spring has come といった感じである。

釣行データ 3月24日(金) 気温 8℃/13℃
天気 晴れ時々曇り 風 弱後強 JH+RBシャッド・Bシェイカー スーパーイラプションjr
トータル 4匹 通算 5匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備忘録的坊主記

2017年03月18日 | 雑記
結果、坊主だったのだが、次回と来期の為に備忘録。
6時15分に出発し鬼怒川着は7時45分。
最初のポイントでは、ウェーダー師が一匹釣っていた。
二箇所目で、だいぢさんと合流。
他のバサーも含め、釣れている様子は無かったが、ベイトっ気はあり、跳ねるスモールも確認出来た。
来週に期待。
前回釣れた小貝のテトラ帯。
開始して程なく、だいぢさんがスモールをキャッチ。
その後は続かず、昼食後に別のポイントをチェック。
この時、足を踏み外して膝を捻ってしまったが、だいぢさんが見て無かったのが救い。
結局、浅すぎて釣りにならず、テトラ帯へ戻る。
だいぢさんは、小一時間程で見切って帰宅。
此方はタコ粘りを敢行するも、無駄に終る。
15時位から、周りでは釣れ始めていたので、攻め方を考える必要あり。
っと、その前に膝を治さんと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小貝川バス釣行 3.10~何とか初バス

2017年03月11日 | 釣り(バス)
本日は単独で茨城県西へ。
来週は久々にだいぢさんが参戦するという事で、下見も兼ねてである。
毎年、この時期は気負って出掛けて空周りという事が多く、だいぢさんも「まだ早いんじゃね?」と言っている。
まぁ、他に適当な釣り物も無いし、水郷だと尚更厳しいだろうし...。
この日も例によって昼頃から風が強まる様であるが、朝方の気温が低い時間帯は難しいだろう。
戦略的には、ゆっくり目に出発して、あまり粘らずにチェックしていくのと、風が弱い内はライトリグで攻めて、強まり出したら巻きにシフトする算段。
6時半に出発して、8時10分に到着。
まずは、鬼怒川の去年の実績ポイントを2ヶ所サーチしたのだが、アタリも何も無い。
早々に移動。
小貝川のテトラ帯へ。
この場所は、秋口に来た事があるのだが、この時期は初めてである。
クランクを巻いてみたのだが反応無し。
まだ風は強まっていないので、JH+キックリンガーで探る。
暫くアタリは無く、立ち位置を変えたりしながら攻め続ける。
ギルがモジっていて、一応ベイトっ気はある。
情報では、スモールとラージが釣れている様なので、軽くシェイクしてステイと、どっちが居てもいいように探っていると、“グンッ!”
「来た!」
見えた魚体はラージっぽく、サイズもまぁまぁ良さ気だったのだが、テトラに擂られてラインブレーク。
痛タタタ。
その後は反応無く、ラインがトラブってしまったので、一旦車に戻りDSがリグってあるロッドにチェンジ。
少し下流側をチェックしてみたのだが、アタリは無い。
風も少し強まり出したので、車に戻ってベイトロッドを取り出す。
クランクの一投目で、向かい風だった所為か、大バックラッシュ。
時短する為に切ってしまおうかとも思ったのだが、使っているリールが何年か前のスコDCで、糸巻き量が少ないと飛ばなくなってしまう。
何とか解いて再開。
クランクからスピナベ・ドライブシャッドとローテーションするもアタリは無い。
いよいよ風も強まり出した。
また、だいぢさんに役に立たない偵察と言われてしまいそうである。
帰る前に、もう一度DSで探ってみるか。
ワームは、先程アタリがあったキックリンガー。
何投かして、これで最後の心算でキャストしシェイクしていると、何か違和感。
???
ワームもズレているし、今のはアタリだったのか?
同じコースに、もう一度。
“グンッ!”バシャー!ヒット!

終了間際に、嬉しい今年の初バス。
サイズは40位か。
予報通り強風が吹いて来たので、これでストップフィッシング。
来週は、この場所メインになりそうである。

釣行データ 3月10日(金) 気温 5℃/14℃
天気 晴れ 風 弱後強 DS+キックリンガー
トータル 1匹 通算 1匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加