DVD-BOX 完全版

水曜どうでしょう 新作 2013

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『水曜どうでしょう』沢尻エリカ特集

2013-08-30 13:29:58 | 日記
  沢尻エリカの離婚問題に絡み、夫の高城剛へのバッシングが強くなっている。莫大な借金があるとか、沢尻エリカをファッションブラ
ンドの広告塔に使ったとか、金銭的に困窮し、沢尻エリカのお金で生活しているとか、悪名高き六箇条をつくりマスコミに強要しようとし
たのは高城剛だとか、その批判は何処からともなく次々と流れてくる。バッシングの嵐の中で、特に中高年を中心にハイパークリエイター
高城剛への同情論も高まっている状態だ。だが、そのほとんどはまったく水曜どうでしょう ステッカー根拠の無いデマであるという。
  「別に」発言で芸能活動中止に追い込まれ、辛い次期を送っていた沢尻エリカを支えたにも関わらず、「この酷い仕打ちはいかがなも
のか」「高城剛を批判するのではなく、むしろ感謝してもらいたい」という擁護意見も出ている。最近では、藤原紀香が陣内智則と離婚し
た時、陣内の悪い噂が流れ、陣内が知らないうちに離婚劇が進んでいった。また、内田有紀が吉岡秀隆と離婚したときも、吉岡の悪い噂が
芸能界に広がり、吉岡の知らないうちに離婚へと話が進んでしまった。夫の悪いうわさを流し、夫を徹底的にバッシングして涙の芸能界復
帰」このシナリオは過去にも何度かあった。昨年4月に夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏との離婚騒動が浮上してから、失踪
騒動、復縁騒動で芸能ニュースの中心人物だった女優の沢尻エリカが23日、都内で現状報告会見を行い、涙ながらに「3カ月に及ぶ協議の
結果、離婚について意思合意することができました。沢尻エリカ、藤原紀香、内田有紀に共通するのは一体何か、芸能通ならずともよく考
えればわかるはずである。それにしても、夫をバッシングする復活劇のシナリオはそろそろ書き直した方がいいかもしれない。
  会見に至るまでは完全にメディアをうまく利用した“沢尻劇場”が展開されていた。連日、自宅前で取材を受け最初はノーコメントだ
ったが、徐々に態度を軟化させ、会見に向けて日に日に笑顔で取材に応じるようになり、手作りチョコをマスコミに配布するサービスも。
現在は最終調整を続けています」と高城氏と離婚について合意したことを発表した。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水曜どうでしょう』横浜特集 | トップ | 「オレたち花のバブル組」を映像化 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。