道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

映画「マイマイ新子と千年の魔法」

2016-11-24 19:26:50 | アニメ感想

片渕須直 監督

昭和三十年の山口市。おでこに特徴的な二つ目のつむじと癖っ毛(つむじをマイマイという)を持つ少女、新子。祖父は、家の周囲の広大な麦畑の中、直角にめぐる用水路が実は千年も昔からそこにあり、都があったことを教える。空想好きな新子は千年の昔ここで暮らしたひとりの少女を想像し…。

終戦から10年。美しい山々と澄み切った小川の水。素直にまっすぐに育った新子は、都会からの転校生、一人ぼっちの貴伊子が気になって仕方がない。純朴な子供達のたわいもない日常と空想。だが、輝かしい日々に、大人達の世界が浸食し、時に残酷なまでにその形を変えてゆく。

新子は貴伊子に空想の友達、諾子を紹介する。諾子は存在感を得て、高貴な身分ながら友達を探す孤独な少女として描かれる。緻密な考証で描かれたファンタジーと言うには硬質な物語世界。だからこそ子供の頃垣間見た「何処にもない世界」は確かにそこにあったのだと教えてくれる。

「マイマイ新子と千年の魔法」を、ファンタジックなアニメ作品かと思って見てみたら、その緻密な考証とリアルな演出に驚いた。まるで50年代黄金期の邦画を見るような…。新子も、千年前の少女・諾子(なぎこ)も、やがて現実によって無残に変えられてしまう「無垢な時」を、精一杯懸命に生きている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画「未生(ミセン)」8巻... | トップ | 「アリーテ姫の冒険」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。