心にうつりゆくよしなし事

今ネットで旬なキーワードについて、そこはかとなく書きつけてみます。

温室効果ガス25%削減をめざす鳩山氏に、産業界は後ろ向き

2009-09-08 11:31:53 | ニュースに想う
産業界は基本的にはお金の事しか考えない世界ですからね。
いい悪いじゃなくて、そういう仕組みですから。
民主党は大量得票を背景に環境対策を進めてほしいと思います。
今しかチャンスがないかもしれませんからね。
当然国民にある程度の負担が生じるのはわかってます。
しかし、これまでにない国際社会における名誉あるリーダー
シップを日本が示せるかもしれませんよ。25%という数字は
高過ぎるかもしれませんが、「すべての主要国の合意」が前提
であればいいんじゃないでしょうか。どうせ環境保護を進める
必要があるなら、このくらい一挙に転換すれば、その環境技術
今度は海外にも売って行けるんじゃないでしょうかねえ。
技術で食べることを日本ももっと真剣に考えないと。

民主党の鳩山由紀夫代表が7日の講演で、2020(平成32)年の日本の温室効果ガス(CO2)について1990年比で25%削減を目指すことを明言したことに対し、産業界から反発の声が相次いだ。目標達成には生産活動の抑制を迫られるだけでなく、国民負担の増大で消費の冷え込みも心配されるためだ。鳩山代表は首相就任後に出席する国連気候変動首脳級会合で25%削減目標を表明する意向を示したが、産業界は、「国際公約になることは避けるべきだ」と危機感を強めている。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000509-san-soci




クレイサス バッグ

ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保育所待機児童が、2万5000人... | トップ | 街角の景況感が8ヶ月ぶりに... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL