心にうつりゆくよしなし事

今ネットで旬なキーワードについて、そこはかとなく書きつけてみます。

韓国MERSの昨日の新規感染者がゼロになりました!

2015-06-20 10:42:03 | ニュースに想う
このところMERSが猛威を奮っている韓国ですが、
6月19日は遂に新規感染者も死亡者も1名もでなかったようですね。
ここ2日間も新規感染者はかなり少なくなってきているので、この状態があと数日続けば、やはり地域感染は起こらなかった、MERSの拡大が収束をしたと見ていいのかもしれません。そうなることを望みます。

まあ、韓国の保健当局は最初に3つの過ちをしたと私は思ってますが、最近はかなりの体力を割いて拡大防止に務めているようですからね。

但し、まだ重篤な患者が15名いるようですので、死亡者は増えるかもしれません。
また、感染者の中には救急車の運転手をしてた人等がいますし、チェジュ島旅行をした人や韓国版ミニ新幹線KTXに乗った人などもいますので、今後新たな感染者が増えないか、引き続き注視していくことも必要でしょう。


以下、6月20日朝の聯合ニュースの記事を翻訳しておきます。
-------------------------------------------------------------------------

「新規確診者が出なかったのは今月3日以降はじめて、致死率14.5%維持」


中東呼吸器症候群(MERS)の一次流行後、初めて(感染)確診者が1名も出なかった。

保健福祉部中央MERS管理対策本部は昨日MERS(感染)確診者が1名も増えず、
累積感染者は前日と同じく166名だと発表した。

新規に(感染)確診者が発生しなかった日は、ピョンテク聖母病院発の1次流行が小康局面を迎えた今月3日以降始めてだ。

最近、MERS新規(感染)確診者は今月17日8名発生して以降、18日3名、19日1名と減少してきたのに続き、この日は0名を記録し、サムスンソウル病院発の2次流行も終了段階に入ったと推定される。

(累積)死亡者も24名と増加せず、致死率14.5%を維持した。

退院者は6名増えて合計36名となり、現在106名が隔離センターで治療を受けている。

そのうちの15名は人工呼吸器や人口肺ECMOを装着し、状態が不安定だと伝えられている。

昨日に退院した患者は、サムスンソウル病院の外来患者で「救急室」の外で初めて感染した115番患者(77才女性)と、サムスンソウル病院の医療スタッフである60番患者(37才女性)を含む、52番(54·女)·99番(48)·105番(63), 113番(64)等6名。

彼らは抗生剤と抗ウイルス剤を投与、症状緩和療法等の治療を受けて症状が好転し、2回の遺伝子検査で全て陰性を示し、完治判定を受けた。

(感染)確診者の分類は、入院・外来患者が77名(46%)で最も多く、家族や知人などの訪問客が59名(36%)、医療スタッフ等病院従事者が30名(18%)といった構成だ。

(感染)確診者の性別は、男性と女性が6:4の比率となっている。

現在までの死亡者24名中、22名が高血圧や糖尿病等の基礎疾患があったり、60才以上の高齢層の高リスク群として保健当局は分類している。

この記事をはてなブックマークに追加

韓国で3人目のMERS死亡者か?

2015-06-04 14:23:41 | ニュースに想う
MERSの感染者として、テジョン(大田)市の大学病院に隔離されていた
80歳の男性が昨日の午後8時46分に死亡したそうです。

直接の死因は多発性臓器不全ということで、まだMERSが原因と断定されていませんが、
もし断定されれば、韓国では3人めの死亡者ということになります。

この男性は5月9日から肺炎で入院してたところ、別のMERS患者と同一病室になったため
感染した模様です。

もっとも、今月2日の検査では、一旦陰性と判定されたようですが、
その後の再検査では陽性反応が出ていました。

この男性の家族も現在隔離中なので、お葬式も行えないとのこと。
何だか悲しい話ですね。



けさの段階で、感染者は35名、感染の疑いがある人が601名、隔離者は1600を超えたとのこと。
まだまだ数値が増えてますね。

今日の感染者の一人はソウル市内の病院の医師とのことで、
ソウルっ子は「ついにソウルにも来たか」と戦々恐々です。
ちなみにこの医師は3人目の3次感染者です。

また、別の一人は空軍の兵士ということで、見舞いにきた同僚を含め
100人くらいの他の兵士が隔離措置となったそうです。


感染者などの数値がとまるまでは予断を許しませんね。




ちなみに、MERSがこんなに韓国で広がった一因は、明らかに韓国の対応の杜撰さです。

中東から帰ってきた最初の患者が隔離を願い出たにもかかわらず、
病院側から断られ、それで2日間対応が遅れたことは、たぶんニュースでもやってますよね。
その間、その最初の患者は6人部屋に収納され、同室となった患者や見舞客にMERSが広がったわけです。

でも、甘々な対応はそれにとどまらないようです。

MERSの確定判定が出ると、隔離対応をとり始めるのですが、
当初、隔離対象としたのは、最初の患者と同室の患者、家族等、それと医療スタッフだけだった
そうです。

しかし、現実にはその病院のそれ以外の病室の患者からMERS感染者が続出しています。
感染者30名の時点のデータですが、感染者のうち24名、つまり5人に4人は
当局側がノーチェックだった人たちでした。

そして、これらの2次感染者は、MERSの確定判定までに合計14の医療機関を訪問しているそうですので、
それらの医療機関のスタッフや患者にもMERS感染者が広まる可能性があります。
実際、ソウルの医者などはそういうケースでしょう。

これちょっと怖いですね。

どこまで広まるのか、眼が離せません。



良いニュースとしては、MERSから回復しそうな患者が出てきたようです。
2番め、5番目、7番目の患者はもうほとんど寛解しているそうで、
今後の遺伝子検査の結果をまって退院もありうるとのことです。

一方、11番め、14番目、16番目の感染者は予断を許さない状態に陥っているとのことです。



(参考)韓国・聯合ニュース
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?oid=079&iid=1249279&sid1=102&aid=0002716513&mid=hot&cid=1018480&ptype=021&nh=20150604123024

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0007638150




この記事をはてなブックマークに追加

スティックPCって、テレビがパソコンになるし、究極のモバイル機器やん

2015-04-20 19:58:00 | ネット・モバイル
外出先でも使用できるパソコンを最も安く手に入れたい。

そう思ってノートパソコンを探してましたが、何だか最近は一昔よりも高くなったような気がする。

更に調べてたら、最近はスティックPCってのがあるんですね。

その名のとおり、形状は10センチくらいの小さな棒状。
これをテレビのHDMIコネクタに刺すんです。



つまり、テレビをモニター(画面)として利用するパソコンってこと。
しかも、文字通り手のひらサイズ。

小さいけれど、Bluetoothが内蔵されているので、キーボードやマウスは無線対応のものを
繋げられます。インターネットにも無線LAN経由で繋げればOK。


これ、持ち運びやすさという意味では究極のモバイル製品ですね。

最近のテレビならたいていHDMIはついているので、ビジネスホテルでも
取引先企業でも、実家でも、テレビと無線LAN環境があればどこでも
パソコンが使えることになる
(無線LAN環境が心配なら、別途モバイルルーターを用意すればいいでしょう。
 ちなみに私は既に持っています)。

しかも、テレビだと大画面だし、見やすいでしょう。
取引先へのプレゼンなんかにも使えそうですね。


スペック的には、最新のものでCPUはATOM1.6GHz(4コア)、メモリは2GB、記憶容量は32GB。

動画を見るのには厳しいかもしれませんが、ウェブサイトをみたりメールをしたり、ビジネスユースには問題ないでしょう。

もちろんOSはWindows ですので、マイクロソフトのWordやExcelなども動きます。


価格的にも2万円程度で買えますので、ノートパソコンやWiondowsタブレットに比べれば格段に安いですよね。


いくつかのメーカーの製品がありますが、日本での草分けはこちらの製品かな。



この製品には、冷却ファンつきとか、記憶容量が倍(64GB)のものがあるのも良い所。

冷却ファンつき

MS-NH1-64G (64GBバージョン)


この種のスティックPCは脚光を浴びているようで、遂に「インテル入ってる」でお馴染みの、あのインテルもこの種のスティックPCを発売するようです。

Intel Compute Stick



値段はそれほど違わないので、ブランドのしっかりしたものの方がいいなら、このインテルのスティックPCにすればよいでしょう(スペックはほとんど変わらないと思います)
無線マウスと無線キーボードとのセットもあります。

インテル(R) Compute Stick 無線マウス・キーボードセット


これは何だか人気が爆発しそうな予感がします。


ちなみに、OSがWindows ではなく、Androidのスティック機器もあります。
つまりテレビをタブレット化する製品、いわばスティック・タブレットですね。

ただ、タブレットは本来、タッチパネルで操作をしますよね。それをマウス等で操作するとなると、ちょっと無理があるというか、アプリによってはうまく動かないものも少なくありません。

なので、個人的にはテレビ接続型スティック機器としては、スティックPCの方がお勧めです。


アマゾンで Compute Stick を買う

スティックPC一般




この記事をはてなブックマークに追加

うまいコーヒー ハリオのV60とブルーボトル

2015-03-10 14:34:31 | あさイチ
私はコーヒー好きなので毎日よくコーヒーを飲みますが、
同時に面倒くさがり屋なので、普通はコーヒーメーカーを使った
コーヒーを淹れます。

前に紹介したと思うけど、コーヒーポットの部分が保温ポッドに
なってるやつです。


ただ、時々どうしても本当にうまいコーヒーが飲みたくなる時があって、
そういう場合に使うのがこのドリッパー、ハリオV60です。



ドリッパーって、底の部分が直線で2-3個穴が開いているものもありますが、ハリオのは完全な円錐形で底には当然穴が一つだけ。

底が直線のものの場合、粉が沈んでお湯が通りにくくなることがありますが、円錐形のドリッパーだと、うまいことお湯が落ちてくれます。こういう些細な違いでもコーヒーの味には影響してくるんですよね。


ハリオV60といっても、プラスチックのもの、耐熱ガラス製のもの、セラミック製のものがあります。

個人的にはプラスチック製のものはコーヒーにビニール臭が移るのでパス。耐熱ガラス製は見栄えはいいけれど、やはりセラミック製の方が熱を逃がさないので好みです。


注意しないといけないのは、ペーパーフィルターもドリッパーの形にあったもの、つまり円錐形のものをを選ばなければいけないこと。これが置いてないお店も結構あるのがちょっと残念。私の場合はネット店舗かOKスーパーで買いだめしています。


(加藤珈琲さんは豆も美味しいので、豆とペーパーを一緒に買いだめ)



コーヒーといえば、「ブルーボトル」というアメリカのコーヒーチェーンが日本に上陸したのが今話題になってますね。

アメリカのコーヒーといえば、スタバとかタリーズとかが既に日本でも席巻してますが、アメリカではこの「ブルーボトル」が新しい波になっています。

コーヒー界の「Apple」とも呼ばれていて、GoogleやTwitterの創業者も出資をしているそうです。

ブルーボトルがスタバなどと違う点は、1カップずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれるところ。コンセプトは『個人の香りがするコーヒーチェーン』とのこと。そういうところが贅沢な感じがして受けてるんでしょうかね。

ちなみに、ここの社長は日本の個人経営の珈琲店がとても好きで、頻繁に訪れていて、お気に入りの店も結構あるそうです。日本人はそういうお店に行かなくなったのに、何だか皮肉なもんですね。


ブルーボトルの日本初上陸は2015年2月5日。一号店は清澄白河(江東区)でしたが、1ヵ月後のついこのあいだ3月5日に2号店が青山にオープンしました。

気になる人は一度行ってみては?今後、ベーカリー関連のお店が出されるのも気になります。







この記事をはてなブックマークに追加

小惑星帯最大の星ケレスに正体不明の光る点…NASA探査船が撮影

2015-03-03 11:35:48 | 科学・技術
よくある煽り記事かなとも思ったんですが、写真が結構リアル、しかもNASAの探査船ドーンの映像ということなので、ちょっと取り上げてみました。


『 火星と木星の間にある準惑星「ケレス」に、正体不明の白い点が見つかり、アメリカ航空宇宙局(NASA)の天文学者を困惑させている。NASAは2月25日、ケレスの最新写真を公開。ケレスに接近中の探査機ドーンが19日、約4万6000kmの距離から撮影したものだが、ケレスの表面に白い点が2つ、くっきりと写っていた。 』



 *NASA本家サイト  http://dawn.jpl.nasa.gov/feature_stories/Bright_Spot_Ceres_Dimmer_Companion.asp

「ケレス」はセレスとも呼ばれてますが、火星と木星の間にある小惑星帯にある星です。小惑星番号1番!!
直径1000メートルほどの球形で、重量ベースで小惑星全体の1/3~1/4を占めるほど、この付近では際立って大きな星なので、
2006年に冥王星の準惑星降格にともなって、このケレスも準惑星に分類されることになりました。
準惑星はほぼ全て、太陽系の外縁を回っていますが、その中で地球に近い軌道を回っているケレスは例外的ですね。


(上から、火星、水星、月、ケレス、ベスタ(小惑星)

ドーンは2007年に打ち上げられたNASAの探査船で、2011年に小惑星帯ベスタに到着し、1年以上周回軌道上から調査を継続しました。ケレスへは今年2015年4月に到着する予定です。


この写真は、既にケレスに近づいているドーンが撮影したものですが、その光の正体をめぐっては専門家の間で「凍った湖」「ケイ酸マグネシウム」「クレーター」「山」などと意見が割れています。

光る点は2つあって、そのうちの一つは8万3000キロメートル遠方からも確認できたそうで、ドーンがケレスに近づくにつれて明るくなっています。

ドーンは16ヶ月間もケレスのまわりを回って調査するそうですので、この光の正体がわかる接近写真も送られてくるだろうと予想されます。
しかし、もしこの光が氷だったりしたら大発見ですね。人工物だったらもっと大騒ぎでしょうけれど(笑)。


日本の探査機「はやぶさ」も、ケレスみたいに大きな星を探査してもいいのに、とも思うんですが、ケレスって後から小惑星帯に侵入した星だと考えていて、小惑星の調査には適しないと考えられたのかもしれません。あるいは、ケレスほど大きくなると重力等の問題があって、はやぶさのミッションである着陸、サンプル採取、そして離脱ができないからかな(実際、ドーンはケレスに着陸しません)。


この記事をはてなブックマークに追加