マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

異物誤飲(タバコ誤飲など)

2010年02月16日 | 診療

手にした物は何でも食べます!

おそるべしはおこちゃまです。
笑えるものからシャレにもならないものまでまあよく受診のあること。

メーカーの注意事項
「万一の際は医師にご相談ください」。。。
ふざけんなぁ!何でもかんでもわかるかぁ!
と何度思ったことか。。。

こちらに赴任する前の話ですが、大きなプラスチックの破片を飲み込んでしまった子がいました。
あろうことにか、声門(声の出るところ)に突き刺さった(後でわかったんですけど)ため、
呼吸困難となり、救急車でたまたま自分が当直していた病院へ搬送。
なんと搬送途中に一旦呼吸停止!
休日でしたので一人で病院で救急車を待ったのですが、幸い到着時には呼吸は再開。
そのまま一緒に救急車に乗って大学病院へ。
緊急手術で無事取り除くことができたそうです。
個人的に一番びびった誤飲です。

リンスや除光液、マニキュアなどは大変危険だそうですよ。
ボタン電池も有名ですかね。

大きくなってからも油断できません。
ふざけて口に入れていたスーパーボールを飲み込んで窒息とか聞いたことがあります。

一番多いのが「タバコ」
タバコの誤飲は永遠に不滅かもしれません。
2、3回懲りずにやったツワモノもいましたね(救急室のしらけムードが痛かった。。。)
昔は必ず胃洗浄してました。
号泣する子どもをみんなで押さえつけて管をつっこんでゲーゲーなるんですよね。
あまりにかわいそうなので、できるだけやらない方向で済ませるようにしてました。
最近ではよほどのことがない限りは最初から胃洗浄とはならないはずです。
ある程度しっかりタバコを食べたのなら、まずは嘔吐するはずです。
ニコチンには催吐作用があるからです。
1,2時間くらい嘔吐しないなら食べていないか、食べても少量のはず。
そのまま観察だけでよろしいかと。
嘔吐したら一応受診したほうがいいかもしれませんね。

タバコはまずいのでそうそうたくさんは食べられません。
問題はタバコの吸い殻を水につけていた場合。
この水は要注意。
ジュースと間違って飲んだりするそうですよ。
この場合は急いで受診してしっかり胃洗浄ですね。

その他は挙げればキリがないので割愛します。
基本的に口から入ったものはほぼお尻から自然と排泄されることになっています。

何にしろ、親が気をつけるしかないのです。
全身麻酔で手術なんて本当にシャレにもなりませんからね。
うちもまた気をつけないと。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やけど(火傷/熱傷) | トップ | よくある質問?(その3) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む