創価学会中心のハイテク兵器を使ったテロ「集団ストーカー」の告発

統合失調症に見せかけ自殺に追い込む凶悪テロ。テロ目的ならまさかと思う事をやるのが軍事的常識。被害者の言を疑えば思う壺です

「電磁波」の知識に関して「きまぐれファイル」より転載

2009年12月31日 | 電磁波&BMI犯罪被害とガスライティング
私は「電磁波」に関する知識はほとんどないので「きまぐれファイル」さんの書かれてる
ものを転載させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1990年代以後、海外に行っても時差を感じずに被害が継続するようになったのは、イン
ターネット・光通信が加害に用いられているためです。

脳波は電気信号です。
インターネットで伝送する実験も、既に日本で成功しています。

<光通信>
 ○赤外線や紫外線を含む「光」を搬送波に利用する通信。
 ○指向性が非常に鋭く、妨害を受けにくい。
 ○海外でも時差が少ない。
 ○光ファイバーを使用し伝送する。

この犯罪に使用されている技術はまだ特定できていませんが、可能性のあるものとして、レ
ーザー、メーザー、マイクロ波パルス、紫外線、赤外線、等が挙げられます。

======

マイクロ波の特徴をあげておきます。

   ○波長が非常に短い電磁波。
   ○強い直進性がある。
   ○紙・プラスチック・レンガ・ガラス・木材などに対し透過性がある。
   ○衛星通信・衛星放送・各種レーダー・電子レンジ・携帯電話・
    アマチュア無線・などに使用される。
   ○伝送できる情報量が非常に多い。
   ○加熱作用がある。
   ○固定中継用にパラボラアンテナが利用される。
   ○マイクロ波を使用したレーザーをメーザーと言う。
   ○人体への影響が大きいと懸念されている。
   ○雨や霧により、一部が拡散・減衰する。
   ○70年代にアメリカで行われた「音声送信」の実験には
    マイクロ波が使用された。(パルス波・2GHZ)
   ○1960年代 モスクワでアメリカ大使館がマイクロ波照射を受けた
    「モスクワ・シグナル」事件もある。
   ○非接触ICタグ(RFID)の読み取りにも使用されており
    チップは既にナノスケールになり、電池は不用、直接見えなくても
    外部から電磁波を当てる事で、情報を読み取る。
   ○全てを遮蔽する事は難しい。

======

 ○レーザー光は電磁波の一種なので、電波と同じように通信・観測等に使用される。
  自然界には存在しない高エネルギーの人工光であり、目に見えるものと
  見えないものがある。
  20世紀最大の発明とされてきた。
  
  鋭い指向性があり、電波のように拡散しないため、他者から傍受される事も無く、
  発射した形跡も残さず、特定の相手とだけ秘密通信が可能である。
        
  100m離れても100%のパワーを、特定の人や特定の場所に集中放射でき
  目標地点に集中するため、近傍にある高感度受信システムでも感知する事ができない。
       
 ○またマイクロ波領域のレーザーの事を特に「メーザー」と呼ぶ。
  これは軍で使用していたレーダーのマイクロ波を減衰しないビームとする
  工夫から発明されたものである。(マイクロ波増幅としても説明されている)

  加害者が熱感を伴う身体攻撃の度合いを上げながら
  「メーザーもっと上げて!」と口走ったのを聞いた経験があるが
  私にとって、それまで聞いた事のない用語でした。
  (他の被害者の方にも「メーザー」という言葉を音声送信により聞かされた例があります)
       
  マイクロ波は水のような分子を振動させ、熱を発生させる力が強い事が知られている。
  (人体はほとんどが水分)
          
 ○電波と光信号を繋げて使用することもできる。
  「光・電波融合伝送」と言い、無線電波→光信号→光ファイバーケーブル→
  目的地点で元の無線電波に変換→送信 も可能。
  トンネルや地下街のように電波が届かない場所へ、電波を分配する技術としても
  使用されている。
           
  海外など遠距離の場所と通信する場合、電線・衛星を使用すると会話の遅れが感じ
  られるが、光ファイバーを使用すると遅れを感じない。
  高速・大容量で、電波が電離層に反射する時のような減衰もないという。

  (「トコトンやさしい 光の本」谷腰欣司著 参照)

 ○冷蔵庫の異常音・蛍光灯のチラつき・TV画面の異常・
   時計を進めたり遅らせたり等は電磁波の放電により起こる事がある。

  (2005年3月26日テレビ朝日「巨大地震はここで起こる」大阪大学教授談)

 ○また「電磁波」に比べ「磁気」は頭蓋骨も貫通し、得られる情報も非常に多いと
  言われています。

======

複数の被害者の体験として、国内だけでなく海外でも被害は継続する。
オーストラリア・グアム・ベトナム・マレーシア・タイ・フィリピン・キューバ・マレーシ
ア・韓国・アメリカ・ハワイ・ロシア・・などでの報告例がある。

また携帯電話が使用できない飛行機の中や(衛星利用の電話のみ可)、長いトンネルの中、
都市から船で数時間離れた、TVもなく携帯の通じない離島でも変化は無い。
(小さな発電施設はあり。尾行役は存在しえない状況)

このような環境でも全く同じ加害メンバーにより被害は継続する。
考えられる通信手段はインターネット及び光ケーブル等の利用、また生活空間に存在する漏
洩電磁波等を利用し、ICチップを作動させる事は可能であろう。
また話は飛躍してしまうが、「HAARP」により地球上に降り注がれているという電磁波
を、拝借している可能性も、ゼロではないかもしれない。

しかし海外では被害が若干薄らぐという話をする方も多い。
人が住む島から更に離れた人工物の全く無い無人島では、波の音が大きくて「音声送信」
を、はっきりと確認できなかったが、その後 無人島にいた間の内容に限り、加害者が話題
に取り上げなかった覚えがある。
こちらの状況が伝わらなかったか、または把握しにくい状況があったのでは・・とも推測される。


<補足;レーザー、メーザーについて>

レーザー(laser)とは、光(電磁波)を増幅し、コヒーレントな光を発生させる装置(レ
ーザー装置)またはその光(レーザー光)をさす。レーザー光は指向性や収束性に優れてお
り、また、発生する電磁波の波長を一定に保つことができる。レーザーの名は、Light
Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の
頭字語(アクロニム)から名付けられた。

レーザー光は、可視光領域の電磁波であるとは限らない。紫外線やX線などのより短い波
長、また赤外線のようなより長い波長のレーザー光を発生させる装置もある。ミリ波より波
長の長い電磁波のものはメーザーと呼ぶ。また、ビームとは定義が異なるためビームだから
といってレーザーであるとは限らない。

レーザー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC
メーザー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC



※そういえば、2001年前後に2008年から始まる電磁波犯罪の
シナリオを仄めかしていた飯能の創価桑原が量子力学の本を読んでいる
と言ってました。

電磁波と量子力学は密接な関係があります。

電磁波
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2

量子力学[編集]

電磁場は調和振動子の集まりである。従って調和振動子を量子力学的に扱い、
正準交換関係によって不確定性を導入すると、電磁場を量子化することができる。
調和振動子の持つエネルギーは、不確定性によって量子化し、エネルギー量子h ν
の整数倍で表される飛び飛びの値だけを持つ。ここで ν は調和振動子の振動数であり、
h = 6.626 069 57(29) ×10−34 J · s はプランク定数である。プランク定数 h は、
マックス・プランクによる黒体輻射の研究から導入され、1900年のプランクの
法則に関する論文の中で与えられた[1][2]。

黒体輻射の振動数ごとのエネルギー分布を与えるプランクの公式は、ヴィーンの公式
(ヴィーンの放射法則およびヴィーンの変位則参照)を手がかりにして、はじめは
経験的に求められた。プランクの公式から導かれる帰結として、プランクは
エネルギー量子仮説を提唱した。その理論的な根拠は、1905年に発表された
アルベルト・アインシュタインの光量子仮説によって与えられた[3][4]。

電磁場の持つエネルギー密度は、マクスウェルの方程式から真空中では、
電場の大きさと磁場の大きさの二乗和に比例する。 従って、電磁波のエネルギー
密度は電磁波の振幅の二乗に比例する。 一方でアインシュタインの光量子仮説に
よれば、光子一つが持つエネルギーはエネルギー量子hν に等しい。電磁場の
エネルギーはエネルギー量子 hν の整数倍として表されるため、光子の総数は
電磁場のエネルギーに比例する。 そのため、電磁場の振幅はその振動数の平方根
に比例し、また光子の個数密度の平方根にも比例する。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★気象兵器
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%85%B5%E5%99%A8

★環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%B9%E5%A4%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E6%95%B5%E5%AF%BE%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

★読売新聞・日本(2008年8月9日12:03)
 
【北京=関泰晴】北京五輪開会式が行われた8日夜、
入場行進などのセレモニーが行われている時間帯の晴天を確保するため、
中国の気象当局が1000発以上の「人工消雨ロケット弾」を発射していたことが
9日、明らかになった。

新華社通信が報じた。「中国では史上最大規模の『人工消雨作戦』で、
この種の技術を用いて開会式の晴天を確保したのは五輪史上初」としている。
中国紙・京華時報(電子版)によると、人工消雨作戦が始まったのは開会式の
開始2時間前の8日午後6時ごろ。北京市内全域で夜にかけて雷雨となるとの
予報が発表されたため、北京市気象局がロケット弾を雨雲に向けて発射するなどの
作業を実施したという。

その結果、開会式が終了する深夜までに、懸念されていた雨は降らず、空中で聖火に
点火するパフォーマンスなども予定通りに実施された。
人工消雨は、液体窒素などを積んだロケット弾を近付く雨雲に打ち込み、事前に
雨を降らせる仕組み。市気象局は、リハーサルを6、7月の2か月間で行っていた。





★米国防総省の「謎の新施設」、HAARPが完成
http://wiredvision.jp/news/200707/2007070622.html
★謎の米軍施設『HAARP』、公文書が認めるその能力は
http://wiredvision.jp/news/200801/2008010721.html
★高周波活性オーロラ調査プログラム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
★京都大学生存圏研究所
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/

ちなみに、上記に書いてある「HAARP」について注記。このペンタゴンの施設は気象を操っ
たり、人工的に地震を起こさせたり出来るという陰謀論が囁かれています。ゲリラ豪雨なん
かのあまりに局地的豪雨なんかは実に怪しいですよね。ちなみに、日本にも京都大学に類似
の施設があります。集団ストーカー絡みで、この施設の技術が使われてるんじゃないかとい
うのは被害者全員一致の意見です。

★「HAARPに集まる疑惑」4月6日掲載 雑誌「選択」より転載

電磁波の怖さが明らかになるのに呼応するように近年衆目を集めているのが、アラスカに完
成したばかりの「高周波活性オーロラ調査プログラム(英語略称HAARP)」の研究施設だ。
アラスカ大学の米国海空軍との共同研究施設という触れ込みだが、無数のアンテナが不気味
に立ち並ぶその光景は異様である。米軍が深く関与しているうえ、その詳細が非公開だとあ
って、極秘の軍事施設ではないかという憶測を呼んでいる。

米軍の公式文書では「大出力の高周波照射により電離層を加熱・活性化し、電離層の諸現象
の制御実験を行うこと」がその目的だとされている。また、同文書は、「HAARPは電離
層の基本的な性質を解明し、より高度な通信システムを構築するのに不可欠な純学術的プロ
ジェクトで、電離層りよる極低周波の反射波を用いると、世界各地の断層をはじめとする地
球内部の地殻構造、さらには、石油、ガス、各種鉱物資源などの物理調査が可能になる。将
来的にも人類に貢献する地球物理学的プロジェクトだ」とも述べている。

だが、それにもかかわらず各方面から憶測を呼んでいるのは、米軍の裏資料に「HAARP
の目的は国防計画遂行のため電離層を高度に活用することだ」との記載があるからだ。HA
ARPによる極低周波電離層反射波は地球上の局部域に絞った照射が可能だとされ、既に、
深海を潜航する原潜との交信、仮想敵国の軍事用トンネルや地下兵器格納庫の所在確認、世
界各地の鉱物資源の埋蔵や発掘状況の探査、諸軍事システムの探知などに用いられているという。

また、高周波・高出力の電磁波を局所的に照射して電離層を撹乱ないしは破壊し、特定地域
の通信を不可能にする技術を完成しているとも囁かれる。いざとなれば、人工衛星の制御機
能や核弾頭ミサイルの誘導機能を麻痺させることもできるほか、電離層に異常をもたらし世
界各地の気象にまで影響を及ぼしうるという見方もある。

いささかSFじみた話になるが、一部の専門家筋の間では、HAARPによる極低周波電離
層反射波を特定国や特定地域に集中照射することにより、そこの国民や住民、軍事関係者ら
の間に、それに伴う深刻な事態も原因も悟られぬまま、生理学的心身異常や知覚不全を引き
起こしうるとも噂されている。もしそれが現実になるとすれば、直接相手を殺傷することな
く戦闘不能や戦意喪失へと導く、文字道理の「非殺傷兵器」の登場となる。



2008年の夏に有名になったゲリラ豪雨は私の集団ストーカー被害が最高潮の時期ですが、ゲ
リラ豪雨は全て私の住む地域の近隣で局地的に発生していました。不思議なことに2009年夏
はゲリラ豪雨等一回もありませんでしたね。果たして、冷夏だけのせいでしょうか。
また、同じく2008年6月に発生した東北の地震の震源地は私のご先祖様の土地です。私は歴
史が趣味なので2007年くらいにこの土地の豪族について趣味でよく調べたりしていたんです
が。まあ、単なる「偶然」に過ぎないといいんですがね。しかし、この手の技術を手にした
層化なら、力自慢のために何の躊躇も無く平気でやりそうですが。しかも、他人に言ったら
かなりの確立で「考えすぎ」「有り得ない」と思われますから。

更に、集団ストーカーは完全なテロですので、集団ストーカーにかこつけてついでに日本を
ぶち壊すこと等いくらでも考えられます。そして、それに気づいた被害者が知り合いなどに
必死に警告したり、ネット等で発表することで被害者を周囲に関係妄想、誇大妄想の統合失
調症扱いさせ、同時にそれが本当は事実であるのに信じない日本人たちを「愚か者め」と嘲
笑するのが、反日テロリストたちの目的なんですよ(笑)。

また、電磁波に関して、米軍は現在既にマイクロ波を使用する「電磁波兵器」を配備してお
り、その威力は出力上げて照射すれば、人体を木っ端微塵にできる程のものであるというこ
とを注記しておきます。映画「フリンジ」では果物にマイクロ波を当てて木っ端微塵にする
シーンがあります。

★米軍、イラクで新型電磁波兵器を配備か 米国内で開発中止と配備撤回もとめる運動
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607211126205
(ブログ記事)電磁波兵器に関する新ソース
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/a4e8d276b0f2a764b8a382f5d044cb05




※ネット工作員の犯行予告的書き込み。被害者加害者すり替えるのは
集団ストーカーのマニュアルですが、その加害者とは日本そのものを指します。
書き込み者は創価信者とは限りません。

145: 猫 2011/01/25(火) 14:41:14 ID:???
>>144
赤は被害者の代表色です。
燃える赤、火山の赤です。
いずれ、日本全国の火山が爆発する日が来ますよ。
http://archive.2ch-ranking.net/soc/1295792476.html

※2015年現在、有名な所だけでも2011年以降、
御嶽山、箱根山、口永良部島の噴火がありましたね。
そして、この書き込みは東日本大震災の1か月半前のものです。


追記;

そういえば、2001年前後に2008年から始まる電磁波犯罪の
シナリオを仄めかしていた飯能の創価桑原が量子力学の本を読んでいる
と言ってました。

電磁波と量子力学は密接な関係があります。

電磁波
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2

量子力学[編集]

電磁場は調和振動子の集まりである。従って調和振動子を量子力学的に扱い、
正準交換関係によって不確定性を導入すると、電磁場を量子化することができる。
調和振動子の持つエネルギーは、不確定性によって量子化し、エネルギー量子h ν
の整数倍で表される飛び飛びの値だけを持つ。ここで ν は調和振動子の振動数であり、
h = 6.626 069 57(29) ×10−34 J · s はプランク定数である。プランク定数 h は、
マックス・プランクによる黒体輻射の研究から導入され、1900年のプランクの
法則に関する論文の中で与えられた[1][2]。

黒体輻射の振動数ごとのエネルギー分布を与えるプランクの公式は、ヴィーンの公式
(ヴィーンの放射法則およびヴィーンの変位則参照)を手がかりにして、はじめは
経験的に求められた。プランクの公式から導かれる帰結として、プランクは
エネルギー量子仮説を提唱した。その理論的な根拠は、1905年に発表された
アルベルト・アインシュタインの光量子仮説によって与えられた[3][4]。

電磁場の持つエネルギー密度は、マクスウェルの方程式から真空中では、
電場の大きさと磁場の大きさの二乗和に比例する。 従って、電磁波のエネルギー
密度は電磁波の振幅の二乗に比例する。 一方でアインシュタインの光量子仮説に
よれば、光子一つが持つエネルギーはエネルギー量子hν に等しい。電磁場の
エネルギーはエネルギー量子 hν の整数倍として表されるため、光子の総数は
電磁場のエネルギーに比例する。 そのため、電磁場の振幅はその振動数の平方根
に比例し、また光子の個数密度の平方根にも比例する。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価学会が集団ストーカーを... | トップ | (軍事系)ブレインマシンイ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL