Seiji Ninomiya (二宮正治)

Let me tell "JAPAN NOW"

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代日本人文芸:呉原百合蔵小説:次に総理の椅子に座る者は誰だ:第121回フィクション

2017-02-12 05:52:18 | 日記

「安倍総理は世界のシンゾー・アベになった」

 Nはこう言って仲間を見渡した。

「アメリカ訪問が成功したという事なの」

「それもあるが、世界の首脳が安倍首相を頼っている」

「主にどの地域」

「ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア」

 Nのこの言葉に仲間は苦笑した。

「なんだ、世界のほとんどじゃねえか」

 Nは仲間を見て、

「ところでアメリカから切り出されないうちに日本は憲法改正に向けて動いた方がいいい。多くのアメリカ人はアメリカ軍が日本をべったり守る事に不満を持っている。トランプ大統領はそれを代弁しているのだ」

「やっぱり」

 Nとその仲間はお互いの顔を見てため息をついた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本人文芸:呉原百合蔵... | トップ | 現代日本人文芸:呉原百合蔵... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL