南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆大変そう

2017-08-05 22:44:49 | ゴルフ

 3122 今朝になって、電話がかかってきた。ガソリンが空になっていることに気が付かないで出発し、途中で、ガス欠になってしまったという。想像するに、その時、かなり、ショックだったのでしょう、気持ちが動転してしまったことが想像される。あの方が、そんな状態になるなんて、事故でなくて良かったと思う。あの方から、謝られるなんて、まったくの、初めてのことだった。私自身がショックを受けた。奥さんに先立たれて、1年半、一人暮らしになっている。私からしてみれが、豪華な建物のホテル主体のクラブハウス、どう見ても、外見的には、高級ゴルフ場。

 

しかし、私にとっては、なじめそうもないゴルフ場だ。先ず、駐車場、ゴルフバックを預けてから、車は、何段か下方にある駐車場に降りて駐車する。そこから、歩いて上ってこなければならない。インドネシアのように、運転手が送り迎えするなら問題ないが、自分で運転してくる人が大部分で、高齢者にとっては、かなり負担だと思う。私が上っている時、他の上り階段で(エスカレーター?)で、転げ落ちていた人を目撃した。何の役の従業員か知らないが、何人かが、その人を手伝いに走って降りてきた。

 

クラブハウスの入り口前から見下ろす。何段か下にある、駐車場が見えなくなっている。

 

ロッカールームと浴場が不思議。レセプションとロッカールームが離れていることは仕方がないとして、ロッカールームに入ると、何故か、小さな箱状のロッカーがびしっと並んでいる。履物を脱いで上がる、そして、その履物をそれぞれの箱にいれる。銭湯の入り口のようだ。

 

そして、荷物を持って、本格ロッカールームに入る。ロッカーが左右、何列のもたくさん並んでいる。自分のロッカーを見つけて、不通にロッカーを使って、靴は持って入ってきた、先ほど履物を脱いだ場所で、ゴルフシューズを履く。

 

私が戸惑ったのは、ゴルフを終わって、風呂に入る段取りだ。先ず、ロッカールームが、先頭の脱衣所と同じだと知るのに時間がかかった。自分のロッカー前に戻って、私の場合、どこでも、先ず、タオルと袋を受け取る、それをもって、ロッカー前で脱衣して、パンツ一丁になって、履き替えをもって、シャワールームや浴場に向かう。しかし、ここは、違う。

 

大きなタオルをもらえない。そして、パンツを履いたまま、浴場に行くことはできない、そちらで脱いで置く場所がないからだ。私は、そこで、どうするの、と、考えてしまった。とにかく、ロッカーの前で、素っ裸になってから浴場に行くしかないと分かった。じゃ、タオルは?見回すと、小さなタオルの置き場所を見つけて、そのタオルで前を隠すしかなかった。次に、キーは?観察すると、皆さんは、浴場の方からキーをもってでてくる。持ってゆくことは分かった。キーをもって、洗面所がある場所に入っていった。すると、多分、風呂場の入り口の手前の方に、カウンターを見つけた。そこは、銭湯の入り口のような、番台の役目をする場所でしょうか、そこで、キーを預けた。若くはないが、女性が係をしていた。気が付いたことには、ロッカーがある広い脱衣所を含めて、そのあたりに、女性が数人、うろうろしながら働いていた。

 

よくわからないが、要するにロッカールームは、銭湯そのものだった、ということだった。今の若者にはなじまないだろうし、外国人にとって、どうだろうか。今時、不思議な空間があるものだと、相当の違和感を覚えた。

 

コースはどうか。高齢者が多いからか、ほとんどのカートに、フェアウェーにカートが入ることができるという、黄色旗が付けられていた。そのためか、夏というのに、フェアウェーの緑が無くなっている場所が多かった。普通なら、フリ-ドロップができそうな、場所ばかりだ。クラブで、ほじった場所もそのままになっているが、緑がない場所なので、目立たない。メンテナンスが追い付かない。36ホールあるらしい、そして、私たちが回ったコースは、キャディーを受けなければならないらしくて、カートの一人ついていた。キャディーもその穴を埋めることはしない。一人では、なかなか、できないことは分かる。もう一方のコースは、セルフが原則らしい、多分、こちらより、荒れていることが想像される。

 

仕方がないと思うが、昼食代も高い、メニューを見ると、平均1500円を超えていた。これは、バイキング形式で、1620円だった。インドネシアなら、食事だけで20万Rpということだ。キャディーフー、四人で分けて、一人、2500円、一人のキャディーフィーが1万円ということらしい。インドネシアなら、10万Rp,800円くらい、そのうち本人には5万Rp.だから、チップを日本人なら20万Rp(1500円くらい)をあげる。とにかく、サービス、雰囲気、環境の割には、全てが高すぎると思った。

 

こういう場所を見ると、経営は難しいだろうなと思う。元気な高齢者頼りだろうなと思う。

違和感 高級 メンテナンス

ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (^_-)-☆どうした? | TOP | (^_-)-☆あって、よかった »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ゴルフ

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。