南の島の土着民風自由人

インドネシアで仕事をしながら悪戦苦闘とエンジョイを紹介しています。

(^_-)-☆パンガンダラン

2017-04-25 22:52:37 | 

 3019 13時には、自宅に到着した。渋滞を気にして、6時に出発、最初から順調で、バンジャールまで、いつものように一時間半(来るときは3時間かかった)だった。その後も順調で、バンドゥン バイパスに入ったのが、5時間の11時丁度だった。チプラランも順調、チカンペック合流から若干混んだが、チバトゥには12時半、我が家まで途中、突然のスコールに見舞われたが、30分で着いた。早く出て、正解だった。途中は、一度も車から降りていない、ウビ チレンビ(焼き芋)を買う時も助手席の窓から、払った。

家に着く前、ハンドルを握る指がつったし、両足も釣った。何とか、途中で休まずに運転ができた。

ニュースによると、各地から大渋滞と事故多発だった。

 

汚いものをお見せします。9年目に入った靴です。ジャングルから出てきたばかりです。何処に行くのも、仕事も、この靴です。何度も接着剤で修理をした。履き心地がいい。山登り、谷歩きでも、私に付き合った。最近は、あまりにも汚くなっているので、汚くなる場所だけに浸かっている。会社は、汚くなる場所だし、しパンガンダランのジャングルには最適だ。、

 

難破船?ではない。密輸船が銃撃戦の上、座礁させられたものだ。一月にも書いたが、すでに、半年以上この状態で放置してある。パシール プティーという、サンゴの切れ端が転がっているサンゴ浜で、西海岸からボートで、わたる人気の海岸だ。シュノーケリングをちょっと沖で楽しんでいる、そういう場所だったが、どうも、この船が原因か、どうか、サンゴ礁が急に少なくなっているという。また、ちょっと、沖は、サーフィンスポットでも人気があった。ところは、この邪魔物で、波が腹側なっていて、波がサーフィン向きではなくなってしまったとか、密輸、密漁船を爆破してしまう、スシ海洋大臣の地元、多くの人は、これを放置しているスシさんを批判している。

 

ヌサカンバンガン、上陸ができるようになっている。麻薬犯の脱獄があって、一時、近づけなかったが、今は、どう解決したのか、行けるから、行こうと言われた。

 

出発前の西海岸、三日間ともこんな感じで大賑わい、泳ぐ人は一人もいない。平均の2mくらいの波が打ち寄せるし、横への流れもかなり早い。それでも、何年も、ここでの水難事故を聞いたことがない、これなら、津波でも来ない限り、水難事故は考えられない。ライフガードが、監視塔から、常に、注意喚起のアナウンスをしている。

順調 打撲 難破船

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆これが最後か

2017-04-24 22:41:57 | 

 3018 もう、ここへ来るのは、最後になるかもしれないと、ラシッド君に話をしながら、このジャングルの入り口から入った。何回目だろうか。

 

ラフレシア(ブンガ バンカイ)、期待外れというか、予想通りというか、どうも、この地域、雨季が続いているようで、蕾は閉じたままだし、成長も遅いようだ。蕾、一つに会っただけだった。探しに入る人もほとんどいないようで、ジャングルの中は、人が歩いた跡がほとんど消えているし、見つかっても、細い枝が周囲から伸びていて、塞いでいる。沢の苔もかなり目立って濃くなり、歩きにくくしている、何回、滑って転んだろうか。

今回は、アイル トゥルジュン、滝つぼまで降りてみた。急こう配の上り下り、ここへも、日本人を連れて来ることはできない。雨季の終盤、水量はピークだ。本滝へ着く。手前に、滝が現れていて、こちらも結構、豪快だ。この滝は一年のうち、一か月ほどしか、現れない。名前はない。

矢張り、体のあちこちが痛むが、気分は快適だ。パサール イカンでも食事も満腹、美味しかった。とにかく、自分でいうのもおかしいが、ここでは、かなりの有名人、皆さん、寄ってくる。駐車しても切符を渡さない、只でいいという、意思表示だが、私は、出るときに、通常料金より多い金額を渡す。それより。パンガンダランのゲートで入場料は払った時から、多くの人に太田さんが来たぞ、という情報が拡散するらしい。ウミさんのワルンにも情報は伝わっていた。今朝のチャガールアラムの入り口付近でも、待っていましたと言っていた。あらゆる道が大渋滞、駐車場も空きがないのに、私のために、通常は道なのだが、そこに止めさせてもらった。

 

帰国する前に。もう一度。入りたいと思いながら、出てきた。どうだろうか。来れるかな。ぜひ、一緒に来てみたい人がいる、最後になるかもしれない、と、言ったのを、取り消した。

 

写真を沢山乗せたいが、後日のウェブサイトに回す。

蕾 ジャングル ラフレシア

 

日本人が書いた文章を読んだ。「ジャワ鉄道、中国から日本へ」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010000-jindepth-int

インドネシアの高速鉄道について、インドネシアは、日本に任せる意向ということを書いている。この人の書いた内容、事情に詳しいようだ。しかし、致命的な間違いがある。地図だ。この地図を使ってはいけない。完全にぼろを出している。この地図を見せられると、日本が、中国が建設受注のバンドゥンまで、それを完成させ、その次、バンドゥンかラスラバヤまでを日本が引き受けるか、バンドゥンまでも、中国は断って、全線、日本に任せるのか、どちらでしょうか、見た人は迷う。そのことの説明がない。書いた人、なぜ、この地図をしましたのでしょうか。意味不明ですね。

私は以前から何度も書いているが、日本に任せようとしているルートは、バンドゥンを迂回しない。はっきりしている。この人も触れているように、もともと、なぜ、バンドゥン?という疑問は、インドネシア人大多数が持っている。

もう一つ、メガワティとジャクウィ大統領の不仲説、これも、大きな疑問です。メガワティさんは、常にジョコさんをバックアップしている。リニさん、言動や判断に疑問を持つ他の閣僚も多いことは確か。中国からの資金のうち10%だけ、高速鉄道関節会社に振込まれたそうですが、もう、2019年中の開業も絶望でしょう。昨日、通ってきた、建設予定地では、その雰囲気はゼロ、ここが建設ルートの近くという、景色は一切、なかった。リニさんは、大丈夫だと、繰り返しているが、これの関係の仕事は無理だ。知識が少なすぎるし、説明も不足。何やら、中国に操られているだけの人のように見える。ジョコさん、彼女を無視するでしょう。

蕾 ジャングル ラフレシア

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆Pangandaran

2017-04-23 22:45:23 | 

 3017 三連休の初日、渋滞になる前にできるだけ近くに行きたいと思い、2時に出発しようと思っていたが、実際に出発したのは、5時半過ぎだった。案外、順調に、進んだ。タスクのバイパスを過ぎたあたりでは、四時間、これなら、7時間くらいでつくかなと思っていたら、バンジャールから、突然、車がつかえだした。そして、自転車の数が以上に増えた。1時間半のバンシャールとパンガンダラン間、今日は、4時間近くかかってしまった。この間も上り下りで曲がりくなった道、大量の自転車が道をふさいでいるし、サポートの小型トラックも路肩駐車している。モスクの付近には、休憩している集団が道をふさぐ、とんでもない渋滞だ。結局、9時間かかって、到着したのが15時過ぎ。足がつってしまった。

 

そのまま、パサール パンガンダランの中のヘーアーサロンに直行、散髪とカラーリングをした。そこでいうには、タシクからの自転車ツアーだという、3000人。

 

いつものホテルに入ったが、予約が一杯で、今日だけとれた。明日は別の場所を予約した。西海岸のウミさんのワルンで食事をしながら、ラシッド君に明日のガイドを頼んだ。その西海岸の人出、いつもこうだ。予想通りの賑わい、ずっと西の方まで、海岸、人で埋めつくされていた。

 

ちょっと、話は変わる。ちょっと補足

ジャカルタ新聞で、今日、通った高速道路を途中で降りて、スバンの街を通過し、南に向かいバンドゥン方向の山の中、途中にある温泉地チアトルを紹介していた。ここへ行くなら、温泉もいいが、その周辺の環境もいい、インドネシア~~という感じがする。馬にゆられて、茶畑やカカオ農園や滝を巡るのもいい、そして、せっかく、そのあたりへ行くなら、ちょっと南のタンクバンプラフ、ここも、セットでしょ。レンバンまで行けば、サテ クリンチ(ウサギの焼肉)もいいですよ。インドネシアの温泉に浸かっても、何の感激もない、温泉はやはり日本ですから。温泉といえば、一泊二日なら、タシクマラヤの手前からちょっと南のガルットゥが、チアトルより、雰囲気はいいと思う。そして、ちょっと、元気なら、何とっても、エーデルワイズのパパンダヤンでしょ。タンクバンプラフも活火山ですが、そこも活火山です。硫黄が噴き出ています。先日行ったバニュワンギのイジェンに負けていません。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage027.html 

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page005.html

ファミリー ギャザリングで、私は、ジャティルフールを押したのですが、皆さんの意見は、おちびちゃんも楽しめるであろう、チカラカランからひたすら南のボゴール方面に向かう途中のムカールサリという、遊園地に決まったしまった。大分前に前を通過したことがあった、寄る気になれなかった場所で、老人が行っても、小さい孫と一緒ならいいが、一人じゃ、何をしたらいいの、という所だと思う。行きたくないが、話のタネに行くしかない。皆からも参加を期待されている。ゴルフをしていたほうが、いいに決まっている。

 大渋滞 観光地 パンガンダラン

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆寄付贈与援助

2017-04-22 22:58:39 | 思うこと

 3016 韓国系の会社と付き合いがある。S―PVCチューブを納品している。ボゴールにあるワイヤーハーネスを作っている会社だ。その会社、経営者の韓国人、知っていたのかどうか、インドネシア人スタッフになかに、いわゆるフィーを要求するやつがいて、利益が30%くらいなのに20%を要求していて、私の前のダイレクターが、それを、プロモーション費として、支払っていた。見返りの本人も何パーセントか受け取っていた。私に代わってから、それは、きっぱり、やめにした。それで、仕事がなくなってもいいと思っていた。払っていれば、どうせ、やっていても、利益がないからだ。ところが、その後、ほかの会社に、一時 一部、生産を回していたが、品質的に無理があったようで、元に戻ったばかりではなく、冷蔵庫の関係の仕事が増え、こちらにも注文が増えている。

 

ところが、そのフィーを要求していた連中が、一年ほど前に、韓国人の社長に、私がお酒を渡したのを覚えていて、同じものを欲しいと言ってきた。それなら、安いし、会社からの出費ではないし、品物だし。OKした。今日、納品のついでに渡したようだ。私に感謝と言っていたという。イスラムもこんなものです。

 

ところで、アホックさんに対して、1年の禁錮が検察から求刑されたそうですね。

 

あの世へ財産を持って行けにという話、私は、40歳(会社を作って10年後)くらいの時に、そう確認している。土日も含めて一日平均16時間は仕事をしていた。税金は、当時の私にしてみれば、相当多額を納めていた。その使い方、配分は気にいらなかった。そこで、とにかく、利益を少なくするように手を打った。従業員への配分をできるだけ多くした。会社負担で何かと皆さんに補助も出した。それでも、高額納税を続けた。それが、たまらなく、嫌だった。

仕事をしている時間16時間のうち、10時間分の利益を納税していた。ばかばかしいと思った。そして、そのころ、従業員に10年後に会社を辞めると宣言した。そして、その通り、社長を50歳で辞めた。そして、3年後にインドネシアに来た。当時、毎月100万円の使い道を任せられた(当時も今も、日本人一人に平均、月100万円かかるといわれていたし、言われている)。それを、私は、機械を買ったり、原料を買ったりして、技術指導の資金にした。当時から、家はルマーアバンの田舎に住み、車は自分で買い、運転手は使わず、できるだけ、技術指導、従業員の生活援助や日本語学校費用、また、皆さんと食事やボーリングやアイススケートなど体験、卓球台を寄付したり、工場の裏にバドミントンコートを作ったり、社内のバレーた卓球、チャトルなどの競技会も主催していた。お金を貯めるどころか、自分は節約し、皆さんのために使った。

 

当時の一緒にいた日本人は、社長を含めて、それが、私に対してPHをする理由になった。その後も、会社が変わっても、やはり、その会社の経営を任せられている人からは、追い出された。それでも、お金を持っていても仕方がないし、余分なお金を受けとっても仕方がないから、日本への留学生の保証人になり、資金を提供し、数人の日本での授業料や生活資金の援助もした。20年で、受け取らなかったお金と、使ったお金を合われれば、数億円になっていると思う。今でも、給料は8万円くらい、電気代や電話代は自己負担、車(納品にも使う)は貸してもらっているが運転手はいない、お手伝いさんもいない。お金を貯める必要はない、旅は自己資金、ゴルフは会員費用もプレー費も自己負担、これで、十分の生活をしているし、お客さんへの手伝いもできているし、若い従業員への技術指導もやっている。

 

どうですか、貯めようと思えば、おそらく、10億円以上貯めることができたと思う。しかし、貯めてしまってから、あの世に持っていけないからと言って、配分を始める、与えることを始める、では、ニュースになるかもしれないが、気が付くのが遅い。そんなに、貯めないで、何十年も前から、寄付や贈与や提供をしたら、もっと、よかったと思う。金額の多少ではない、気持ちだ。

 

ブリトゥン、天国でしょ。

明日は、別の天国パンガンダランだ。

寄付 贈与 援助

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆気持ちは不変

2017-04-21 21:52:03 | 情報

 3015 日本に帰ってから何をするの?と、皆さんに聞かれる。今日見えたお客さんもレバラン後に帰国することを知っていて、やはり、聞かれた。

50歳で、会社の社長を辞めた時、また、53歳でインドネシアに出かける前、何をしたいの?何をするの?今の生活を捨てて、と、多くの人から問われた。その時も、今も、他人から見たら恵まれた環境にいるとみられていたし、見られている。以前は、外国へ行って指導をしたいから、少しだけでも若いうちに、まだ、動けるうちにということだったが、今回は、まだ、動けるからという心境だ。来る前は、それ程、長く、元気で動き回れるとは思っていなかったが、結構、いつまでたっても動き回れる、それなら、動けるから、今度は、日本でも、動いてみようということになった。

それに、もう、家族をほとんど放っておいて20年過ぎてしまったので、邪魔かもしれないが、いれば、妻のボランティア(地域の仕事)の補助など、何かの役に立てるでしょう。それに、孫や娘たちの補助もできるでしょうし、場合によっては、私が日本にいれば、ゴルフ仲間もメンバーが一人増えたと思ってもらえるでしょう。また、場合によっては、押出の技術のことでも相談に乗れるでしょうし、手伝いもできるでしょう。そして、肝心なことは、少し、長期的に体のチェックとメンテナンスができるでしょう。

 

ということで、完全に引き上げることはできないので、できるかどうか、“予定は未定にして決定にあらず”!だから。三年ほどは、半年を目安に両国にかかわることになる。と、皆さんに宣言をしている。社長を辞める前と同じように、気持ちがぐらつかないように。

 

今、何の仕事が一番忙しいというと、水槽の部品を作ることだ。日本の大手アクアリューム販売会社の水槽だ。夏の需要に合わせて、今、作って、5月6月の船に乗せて日本に輸出する。この仕事、季節もの、多忙と暇と落差が激しい。こちらの会社では、できるだけ、仕事量を平均化しようと努力はしている。だから、水槽と関係ない仕事もしている。しかし、下請けの我が社としては、どっと来る仕事を何とかこなさなければならない。今日はH-PVCパイプの両端の面取り(バリ取り)を3時間ほど手伝った。

 

帰ったら、買おうと思っているこの水槽の中にも組み込まれている。日本中のホームセンターやペットショップに置かれる。不良品は出せない。責任重大である。インドネシア人もそのことはわかっている。

財産はあの世へ持ってゆけない、だから、自分が応援したい場所に寄付をする、それは、その通り、そう思う。ただし、違いがある。

 

ジャラン カリマランは大型トラックも通過OKになっているので、すれ違いだけでも渋滞の原因になっている。

不変 動ける 活動

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆決選投票結果

2017-04-20 22:18:47 | 状況

 3014 インドネシアらしくない選挙結果速報。全てが遅いインドネシアだが、選挙結果が出るのは早い。投票終了後に開票するのではなく、投票が始まったら、開票を始めるのではないかと疑いたくなる。それも。どういう機関が発表しているのか、いくつもの発表がある。最大2%くらいの違いがある。僅差だったらわからないが、今回のようにはっきりしている場合は、負けたほうから敗北宣言をだす。正式結果は、多分、二~三週間先に選挙管理委員会から出るでしょう。それは、どうでもいいことになる。

 

ジャカルタ知事選挙、アホックさんが負けちゃったね。アニスさんが当選だね。予想外の、大差だった。イスラムが大部分の社会、当然といえば当然だが、カリジョドに見るように、彼の実行力は、大したものだと思う。このまま、身を引いては、もったいないと思う。また、まだ、州知事はアホックさんで、交代するのは半年後?でしょうか。どうでしょうか。

ただし、判決がどうなるかだと思うが、市民権はく奪のようなことにならないと思う。

 

Wi-Fiはもう、どうでもよくなった。飾りとして期待していたが、何の音さたもないので、すでにで、電源を切ってしまった。そして、アンドロメダの中で、一番容量が多い機種を買ってきて、事務所の真ん中に置いて使いだした。何の不自由もない。

 

 パスポートを受け取りにサクラへ行ったが、あそこへ行くと、なぜか、航空券の手配を頼みたくなってしまう。今回は、どこにしようかなと、つぶやいたら、ウィウィさんが、ワカトビはまだでしょ、という。彼女とは15年以上前から、知り合いで、私が、インドネシア中を訪問していることを知っていて、多分、まだ行っていないところは、ここだろうと、思ったのだと思う。ジャカルターワカトビ(JAKARTA-WAKATOBI)往復 ウイングス エアー(Wings air)で、4,5ジュタ(約4万円)で予約をした。ワカトビとは、何やら、日本の何かの名前のようだが、スラウェジの二本足の東側南端からもっと南の小島がある付近で、ダイビングスポットとして、かなり、有名だと思う。ダイビングが趣味の人にとっては、あこがれの場所かもしれない。この前,行ってきたラジャ アンパットと類似の場所だと思う。ジャカルタからは、ちょっと、遠回りをして、マッカサールとクンダリの二か所トランジットになる。6時間ちょっとかかる。時差の関係で、行きは5時間半、帰りは7時間だ。

結果 若飛び ワカトビ

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆ITTEだって

2017-04-19 23:00:32 | 知識

 3013 まず、9;40に出発で、P.BEDに10時、打ち合わせが済んで、11時に出て、高速道路に入ったところで、サクラのビリーさんから電話、パスポートが届いたという。従業員と一緒だったので、そのまま、会社に帰った。午後は予定がなかったし、明日明後日は、予定が入っているので、15時に出てMMへ向かった。朝は渋滞がMMの1km手前からだったが、戻る11時過ぎには、渋滞がチカランウタマのゲートからになっていた。午後三時過ぎには、その渋滞がもっとひどくなっていると思い、ジャラン カリマランでMMへ向かった。のろのろ運転で、1時間かかった。多分、高速を使ったら、二時間以上かかったかもしれない。というのは、MMからの帰り、16時過ぎ、高速で帰った。その時、反対のジャカルタ方面の渋滞は、チカランウタマを通り越し、チカランバラットのゲート付近も通り越し、渋滞の尻尾は、どこまで東に延びているのか確認できなかった。

 

行きのカリマラン通りの様子

 

帰りの高速道路の様子、帰りは渋滞なし、ジャカルタ方面は大渋滞。

 

渋滞の原因の一つは、本来四車線で路肩も走れたから事実上五車線だったのが、車線を増やす工事?をしているため、現在は三車線になってしまっているが、その真ん中の車線で穴ぼこ修理をしていて、その個所は二車線になってしまっている。夕方出れば、チカランからジャカルタのアパートまで5時間かかるという話は、頷ける。本当にばかばかしい。

 

ところで、私の友人の一人が、ジャカルタに5年ほど住みながらEJIPに通っていた人がいる。その渋滞が年々ひどさが増すことに堪り兼ねて、デルタマスのサクラアパート兼ホテルに引っ越してきた。ここなら、EJIPまで渋滞は考えられない。多分、30分も掛からないと思う。ところが彼曰く、ジャカルタはブロックMまで歩いて5分の所に住んでいた。夜、出歩くわけではないが、その明るさと賑わいが、結構,気に入っていたという。デルタマスにきて、渋滞はなくなった通勤時間もほとんど無しに等しくなったが、静かすぎて、寂しいという。運転手を使っているから、渋滞でも眠ってしまっていればいいから、それ程、苦には、ならなかったと、今になって言っている。

 

ということで、今月から一年間のワーキングビザの印がされたパスポートとKITAS(キタス、一種の住民票、インドネシア人ならKTPカーテーペー)を受け取るつもりだったが、キタスカードは廃止だとか。代わりは、何というのでしょうか、電子制限付き住民許可証ITTE(イーテーテーエー、イテテー)とでもいうのでしょうか。紙切れになった。住民証明が必要の時は、以前のKITASと同じようにこれを見せなさい、そして、常に持っていなさいということだ。こっちのほうがなくしてしまわないなと思うが、汚したり濡らしたりできないなと思う。カラーコピーを沢山して、あチコリに分散して保管しておこうと思う。インドネシアは何もかも変わりやすいなと思う。

 

何度も書いたが、運転免許証SIM(今は外国人も5年)を持っていれば、それがIDカードになる。ただし、外国へ出て、インドネシアに再入国するときには、KITASと同じようにこれを見せなければならない。キタスホルダーの通過、カウンターは、名前がITTEホルダーに代わっているのでしょうか。変な話だが、運転免許証が5年というのも不思議で、VISAはほとんど1年だから、切れてしまってもSIMを出せば、インドネシア国内では、身分証明と認められるのが、インドネシアらしい。

 

インドネシア人のための電子KTPでは、大規模な汚職があったらしく、KPKに重要人物が取り調べを受けているし、それがらみかどうか、KPKの捜査員がバイクに乗った男に顔面を襲われたという事件があったばかりだ。

 

手続きに従っただけで、何も問題はない。前回、前々回は、会社の責任者が手続きをなかなかしなかった、というより、仕方がわからなかった、というより、やる気がなかったから、書類を提出していないのに、提出したと言っていたし、要するに、能力がなかったので、なかなか、進まなかったが、今回は、私自身が責任者になっているので、エージェントとも直接連絡しあったし、書類を整える担当者に指示してスムーズに進んだ。

 

明日19日は、ジャカルタ州知事の決選投票日で、ジャカルタは休日ですね。ブカシは休日ではない。

ビザ 簡単 穴修理 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆テレビの宣伝

2017-04-18 23:27:52 | 思うこと

 3012 先週の木曜日から、事務所のWi-Fiの受送信気が機能していない、ネットがないと表示されている。そのことについて、すでに書いたが、今日までに直っていない。そして、今日も夕方までにはつけるようになっていない。設置もとに聞いても、気の利いた返事がないままだ。仕方がないから、コンビニへ行って、アンドロマックスのモデム買って、それで、間に合わせている。いつ、使えるようになるのでしょうね。使用料を取っているのだから、使えない期間の分、返金してもらえるのでしょうか。そんなわけないか。インドネシアらしい話です。事務所の連中も、あまり、気にしていないようだ。私だけが、気をもんでいるようだ。

 

ポカリスウェトの売れ方は、半端じゃない。コマーシャルなどプロモーションもうまいと思う。また、ほかの飲み物、アクアやオチャに比べて、ボトルの強度、厚さでも、気いられていると思う。

 

一つ提案がある。道端でもどこでも、コーヒーやオチャ、その他の清涼飲料水?は、粉で小さな袋に入れられていて、10袋くらい繋げられていて、店先に吊るされている、その種類が多い、日本では、まったく見られない風景だ。多くの人が立ち寄って、お湯を入れたり、冷たい水に氷を入れたりして飲んでいる。ゴルフのラウンド中、途中の売店で、私はコーヒーに氷を入れてポリ袋にストローを差し込んだスタイルの飲み物を必ず頼んで飲んでいる、5000Rpで安い。

 

そのほかに飲み物は、ポカリスウェットの粉を買っておいて、空になったポカリのボトルに水とその粉を2袋分混ぜて、冷凍庫で凍らせたものを持ってゆく、ランド中、約5時間で2本、飲みほす。で、提案だが、屠龍の売店にコーヒーと同じように、ポカリの粉袋が吊り下げてあれば、多くのプレーヤーが、ボトル(ゴルフ場では1万Rp以上する)を飲まなくても、5000Rpで、買える。また、道端のワルンやカキリマでも、吊るし売りをしたら、コーヒーと同じように売れると思う。せっかく、一箱5袋入りで売っているのだから、10袋繋がりにして、50袋入りの大袋で売り出したらいいと思う。そうすれば、贈答品にも使われやすい。とにかく、ソスロ系飲料やコーヒーなんかより、もっと、インドネシア人に浸透すると思う。

もっとも、日本人には道端の店での氷はお勧めしないが、インドネシア人も私も、がぶがぶ飲む。

 

日系企業は日本ということを強調したコマーシャルを流している。やたら、変な格好をした侍を登場させているし、着崩れした着物の変なかつらを被った腰元風の登場している。コマーシャルといえば、ライオンが目立つ。扱っているすべての商品のコマーシャルをやっているみたいだし、最後に、ライオンを強調している。宣伝はカオーが負けている印象だが、どちらのほうが儲かっているのかは知らない。グリコも新しい純日本風の新しいコマーシャルを流し始めた。

宣伝 日本 Wi-Fi

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆最終日

2017-04-17 22:56:05 | 思うこと

 3011 三週間連続の三連休の初回が終わった。今回のような、イスラムがらみではない祭日を含む三連休の場合は、行楽地に出かける人が増える。初日と終日には交通情報を行楽地付近やジャラントールのインター辺りから実況中継がある。渋滞情報だ。今日はアルス クンバリarus kembari Uターン情報である。高速道路は急速に延長されているという印象はあるが、渋滞場所が移動するだけ、とにかく、日常もそうだが、車やバイクの増え方や購買力や行楽欲にインフラが追い付かない。

 

北ジャカルタのタンジュンプリオクのコンテナ港に通じる高速道路もやっと開通したようだ。最も重要な貿易港に。直ぐそばまで来ていた高速道路だったが、そのすぐそば場から日常的に渋滞になっていて、その渋滞が年々長くなっていた。ジャカルタ方面、ブカシ方面からも調節、コンテナ港のカスタム付近まで、行けるようになった。

 

プンチャックの渋滞から始まりバリの様子が長い休みの渋滞情報だった、以前はそれだけだったが、最近は、インドネシア全国の観光地からの情報を伝えている。ボルグドール、チャンディプランバナン、ブロモ、コタソロ、タンゲラン、パンガンダランなどなど、どこもかしこも、人や車があふれている。こういう様子を見ていると、インドネシアの未来は明るいと思う。

 

三日間、会社も一部の人が出勤して、一部の製品の生産を継続した。彼らは、どこへも行けなかっただろうが、オーバータイムもして、稼ぐことができたし、何より、自分たちの会社のための貢献したという、自覚を持っている。技術も蓄積した。

行楽 情報 広範囲

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆ゴルフ二日目だが

2017-04-16 22:47:58 | 生活

 3010 また、忘れ物、財布を持って出るのを忘れた。7時スタート予定。5時に起きた。朝食や買い物の時間には十分、余裕がった。で、テレビを見ながら、うとうとしてしまった。目が覚めて時計を見たら、6時半。慌てて、身支度し、持ち物を確認し、家から飛び出した。ゴルフ場までの距離は2Kmほど、しかし、追い越せない狭い道が1Kmほど続く、前に車が、超ノロノロ運転、イライラしながら、早く行け、早く行けとしか思っていなかった。ゴルフ場についたのが、7時10分前、ついて気が付いた。財布がポケットに入っていない。取りに帰ってくれば、最低20分かかる。今更、取りに帰るわけもいかない。 6人、2組、一人もキャンセルできない。どうしよう。財布を持ってこなかったことと、スタート時間のことをいって、とにかく、後で払うからと、プレーすることができるようになった。

 

プレーを終えて、ロッカーから出たのが、12時半、財布を取りに家まで行って、払ったのが、13時だった。

 

出かける前の持ち物については、必ず確認している、習慣にしている。そのはずである。それでも、時々、忘れ物をする。なくても、何とかなるものばかりではあるが、ないと、気になる。今日の場合も、何とかなったが、余計な気を使うし、また、脳の容量が少なくなったなと思う。

 

会社では、今日も生産をしている。皆さん、よくやると思う。順調に生産できていれば、私が会社に行っても何もできないので、皆さんに任せている。とにかく、インドネシア人のインドネシア人によるインドネシア人のための会社ということを、彼らは、自覚をしているし、インドネシアでは、自分たちの会社でしかできないものを自分たちは作っているという誇りがある。と彼らは思っていると、私は思っている。彼らは、まじめだ。

 

会社の近所の風景、稲は高く伸びているが、穂がまだ見えない。農家の庭先、私が子供のころの日本の田舎の家もこうだった。日本の70年ほど前にタイムスリップの感。

忘れ 財布 真面目

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆人は様々

2017-04-15 21:45:53 | 

 3009 Good Friday祭日だが、クリスチャンではない皆さんは出勤、レバラン休暇に振り替える。私は、午前中ゴルフでした。

うまくいっていない仕事があって、19時過ぎまで会社にいた。結局、うまくいかなかった。金型からの樹脂の出方が変、何が原因かわからなかったが、最終的にわかって、それでも時間がないので、月曜日にとした。

 

夕方、工場から。目の下は、釣り堀になっている。

 

65歳だという。この養殖池の持ち主だ。餌をやりに来ていた。カンビン(山羊)の放牧もしていた。

 

http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage0013.htmlもう、10年以上前の話か。ひどい人はひどいね。直らないね。

http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage001.htmlこんな人シリーズ、日本で社長時代には、想像できなかった、非常に興味深い人たちが多い世界を知った。なお、この後に、何人か追加する予定がある。

 

 会社へ行ったら、こんな話があった。インドネシアらしい話だと思う。経理と図面書きの、そのことでは、結構、できると思っている人たちだ。

 昨日の朝,出勤したときから、事務所内のWi-Fiが、ネットなしの状態になった。別に、それの担当者が決まっているわけではないが、設置したときに、立ち会って、パスワードを聞いた人、それが。図面書きの人だったので、なんとなく、彼が、その責任者のようなものになっていた。事務所にいる時間が長いのも彼と経理だったので、二人に、使えないことを伝えた。それ以前に、使えないことを彼らも知っていた。

 わかっていても、彼らは、受信発信器を何気なくいじっているだけで、導入した会社に問い合わせをしようとしないので、状況を話して、直してもらいなさい、と。頼んだ。

 

 私が席を外した時に、渋々、電話して聞いたらしい。一時間ほどして、私が戻った時に、彼ら、何も言わない。まだ、Wi-Fiが使えない。彼らに聞いてみたら、電話をしたという。原因は、と聞いたら、ガングー(一般的には邪魔という意味)だという。それで、彼らは、納得しているらしいのが不思議、私には、電話をしなさいと言ったのに、その結果の報告、電話したという話もないし、原因に関しての報告もないのも不思議だ。その日、一日中、使えなかった。

 

 今日、午後、会社へ行っても矢張り、使えない。どうなっているの?と聞いたら、やはり、ガングーだという、この地域全体にガングーがあるという。SMSが入っているという。昨日と同じだ。彼らは、使えないことを納得している。もう一度聞いた。使えない原因はと?そのガングーの原因は?と。そして、そのガングーはいつなくなる見込みなの?と。原因を聞くということは、そういうことでしょ?と。

 

 渋々、また、電話した。結局、ガングーの原因を、今も、チェックしているという。いつ、正常に戻るか、わからないという。ガパパの世界である。インドネシアである。私は、納得できないが、納得した。

 自分のモデムがあるので、それを使っている。

インドネシア人 日本人 不可解

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆ブアタン インドネシア

2017-04-14 22:13:36 | 押出成形

 3008 やはり、今日、来ると言っていた客先、中止になった。また、昨日書いた、ファミリー ギャザリングも30日に変更になった。ので、来週の三連休、22~24日にパンガンダランということにした。

 

ペレタイザーが働きだした。メイドインインドネシアのマシン ペレットだ。納品は2週間ほど前だったが、うまくいかなかった。ストランドが真っ直ぐ入らない、何本かをいっぺんにカットしたいが、押込み速度がバラバラ、それらを、何か所か、部品を変えたり、構造を変えたりして、何とか、使えるようになった。

 お願いした会社というか人、これは、ネットで売ろうとすれば売れる代物だと思う。自動ナイフカッター付き引取機も作ることができる。押出機も別の会社だが、作ることができる。水槽やバキュームボックスなども頼めば普通にできる。ということで、一か所でチューブ押出成形ラインやリサイクルペレットの製造ラインを受ける会社はないが、これらの装置を寄せ集めればラインが出来上がる。完全にブアタン インドネシアのラインができる。何も、いい加減な中国製を買う必要はない。それに、とにかく、安くできる。日本製なら最低1500万円、中国製なら1000万円、インドネシア製(Buatan Indonesaiaブアタン インドネシア)なら500万円で出来上がる。それに、なんといっても、メンテナンスが迅速にできる。それも、安価で。

 

私がインドネシアで自動ナイフカッター付き引取機を最初に作ってもらったのは、2003年でした。それから、その鉄工場で、5台作ってもらっている。その間に、回転鋸刃の自動カッターも3台作ってもらった。PT,NANBUとPT.TPRと内で稼働している。

 

 その気になって、見本市に出すなど、宣伝、プロモをすれば、売れると思うが、どうだろうか。その気になる会社は今のところないようだ。

自前 国産 メンテ

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆プラプラ クルジャ

2017-04-13 22:42:14 | 情報

 3007 今週の三連休は、14日は出勤日になっているが、私は、ゴルフにした。来週の三連休は、日帰りのファミリー ギャザリングが予定されているので、参加しなければならない、それ以外の二日はゴルフ、再来週の三連休は、やっと、パンガンダランへ行ける。

ところで、グーグルで「パンガンダラン インドネシア」と検索してみた。私が10年前に投稿した4travelの記事がイの一番になっていた。4トゥラベルにパンガンダラン関係は、何回か投稿しているが、なぜ、10年前の記事が初っ端に出てくるのかわからない。その記事を読んでみた。40回と書いてあった。数えていないがすでに、80回以上でしょうか。そして、何ページかのタイトルだけを見てみたら、私の書いたものがたくさんあった。他の人はどんなことを書いたのかなと、ちょっと、読んでみた。海岸かサーフィンスポットしか書いてありいませんね。ここまで来て、もったいないですね。

 

中でも、非常に残念に思うことは、私以外、誰もラフレシアのこと書いないことでした。何を参考にして、西ジャワの南東端インド洋側の日本人がほとんど訪れない場所に行ってみようと思ったのでしょうか。ラフレシア ファトゥマは世界中、ここにしかないというのに。他で見たよという人は、ここから蕾を持っていたものです。持っていた人と話をしたことがある。種類は違うものなら、ブンクルやコタキナバルにもあるが。ジャングル歩きはちょっと、大変だが、パンガンダランまでせっかく行ったなら、ラフレシアを探してみてください。

 

中に、ジャワ島には海岸がないのでしょうか、などと,呆れることを書きたり、問いかけたりしている記事もある。バリのような、小さい島でも、周囲は、ほとんど海岸の連続だ。況や、ジャワ島に限らず、インドネシアの島々の周りはほとんど海岸だ。パンガンダランの半島には砂浜はほとんどないが、半島を頭とすれば、両肩だけを見ても、何十キロあるでしょうか,遥か彼方まで、広い砂浜が続く、ジャワ島の周り、全てが元砂浜といってもいいくらいだ。崖になっている場所、そして、港など人工的に砂浜ではなくなった海岸は、10%もないと思う。崖になっている場所もその下は、砂浜になっているとことが多い。私は、ジャワ島のほとんどすべての海岸に沿った道を自分で運転して通ったから、知っている。

http://otaenplaext.net/newpage21.html

http://otaenplaext.net/newpage115.html

腐るほど、沢山、記事を書いているが、比較的、最近のものです。

ウェブサイトの表紙もパンガンダラン関連が沢山紹介されています。

http://otaenplaext.net/newpage33.html 2012年にまとめたラフレシア ファトゥマ(ブンガ バンカイ)です。

 

 

Lindungi KPK dari teror koruptori汚職人のテロから、KPK を保護する。汚職を取り締まる機関KPKの要人が、襲われた。

 

Jaksa Belum Siap, Sidang Tuntutan Ahok Ditunda検察は準備ができていない。裁判延期を要求された。アホックさんの宗教裁判の結審が延び延びになっている。ジャカルタ知事の決選投票は19日だと思う。それまでには、判決は出ない。どうも、最近、イスラム侮辱裁判への関心が低くなってきているようだ。さて、どんな判決が下るでしょうか。

 プラプラ クルジャとは、仕事をしている振りをしている、という意味です。

アホック KPK パンガンダラン

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆何回目?のイミグレ

2017-04-12 22:04:06 | 習慣

 3006 15日で切れるVISAの更新のために、またまた、ブカシバラットはスタジアムの裏側、ミトラ クルアルガの横道からはいるイミグレに行ってきた。9時の約束だったが、渋滞と駐車場のことを考えて、7:30には家から出発した。正解だった。タンブンまではランチャール、しかし、そこから、急に大渋滞になった。原因は、ブカシ ティムールを過ぎたあたり、路肩にパンク修理車があったことだが、もっと、主な理由は、路肩がなくなっていたことだ。何の工事でしょうか、ジャカルタからの反対車線はLRTの工事で路肩がなくなっていることは知っているが、今回は、ジャカルタ方面の路肩でも工事をしていた。これは、一車線増やす工事とみる。まさか、高速鉄道線路がこんなところにできるはずはないし、工事幅が、それにしては、狭すぎる。路肩走行ができないから、なお渋滞がひどくなる。ブカシバラットから先も大渋滞のようだった。

 

結局、到着したのは、9時5分前、駐車場が閉鎖されていた。何処だ?と聞くと、あっち、と、サッカースタジアムの駐車場を指さした。それ程、遠くはない。歩いても5分の距離、駐車してイミグレの外国人窓口がある建物に近づくと、エージェントが、私を見つけて、手招きしていた。5分ほど持つと、中から呼び出しがかかり、写真、サイン2か所、全部の指の指紋、3分ほどで終わり。その間に、書類を見ないで、歳は?と聞く、60?という、違うよ、73と答えた。エッ、母と同じ年、びっくり、と言っていた。

 

9時15分には、駐車場に向かった。駐車料金、3000Rp,相場だね。一年ぶりのブカシバラット、そう変わっていないが、20年前と比べれば、別世界だ。友人が住んでいたフィラ ドゥアラトゥスが懐かしい。今でもあるのかな。すでに大都市になっている。メトロポリタンのホテルとショッピングモールしかなかった。まもなく、LRTの駅の建設もブカシバラットとティムールで始まる、もう、始まっているのかな。二年後には、スカルノハッタ空港まで電車で行けるようになる予定?だ。

 

あと何回、ここに来るのでしょうか。

 

帰りは順調、渋滞なし、ところで、先ほど通ったジャカルタ方面、そちらは、大渋滞が伸びていて、アストラホンダモートルの工場辺り(チカランバラットとチビトゥンの中間)から、もう、渋滞になっていた。私が、もし、30分遅く出発していたら到着が、30分遅れでは済まなかったと思う。早く出てよかった。

 

VISA更新の申請を開始したのが、2月の末だった。余裕をもって、今日になった。ダイレクターのままなので、高齢者であっても、4回(5年目まで)は国内のイミグレで更新ができる。

イミグレ ブカシバラット ビザ

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

(^_-)-☆ラインの改善

2017-04-11 23:10:37 | 押出成形

 3005 P.BED向けのちょっと大型のプルファイル、ABS。一応、量産になっているが、要求されている改良点があって、それを満足させるために、装置や金畑の改善を進めている。

もともと、我が工場の装置をそのままでは、この製品を作れない状態だったのに、引き受けてしまったということが前提になっているので、装置を改造しながら、何とか、製品にしてきたし、満足できる状態になっていない。口の字の下の線がない形、カタカナのコの字を90度、左に回転した形、幅が85mm高さも85mm、大体,引取機のベルトの幅が80mmしかないので、閉じている製品なら、問題ないが、下がないので、両足がベルトの外に出てしまい、製品を抑えられない、引き取れないという状態だった。

 

まずしたことは、ベルトの幅を枠内で最大の100mmにした。一応、それで、引っ張れるようになり、量産をしたが、問題は、両足を20度以上、内側に傾け、両端が閉じるようにしなければならなかった、開いたままでは、ベルトで上下を絞めているから、両足が開いてきて、100mm幅のベルトからはみ出てしまう。閉じた製品でも、取りつけてしまえば問題外が、プレス工程で冶具にはめ込物が一苦労だし、実際に病院で組み立てるときにも手間がかかるし、力がいる。当然、両足はちょっと閉じただけにしてほしいという、話は出てくる。そこで、引き取りベルトの両側に、両側から、製品が押す冶具を取り付けた。これで、足が開いていてもベルトから外れないようになった。

 

製品が閉じる、開くはどこでコントロールするかというと、内外の冷却速度をいじる。外、内を冷やすが、どこに水をどのくらい注ぐか、最初は引取機の関係で、閉じた状態にしなければならなかったので、上からの冷却水を多くした。その後、開かなければならなかったので、上、外からの水は少量にしたが、冷却金型の中に通すと少なくても早く冷えるので、金型の上からウエスに注ぐようにした。見てくれは良くないが、安定して、まともな製品ができている。これは、今の生産が終わったら、ウエスを使わないで、水を注げるよう改良する。

 

200mほど東側の淡水魚養殖池の畦道?から、工場を望む、この道端に魚の餌になる残飯が積まれているというか放り出されている。インドネシアの田舎の豚小屋も同じ匂い、鼻が曲がる。この写真を見ていると、匂ってくる。これで、コイやグラメやマスが20cmや30cmにしてから出荷するそうだ。

私は、工場の右側の入り口の上に見える窓、その中にいる。

改良 継続 途上

Comment
この記事をはてなブックマークに追加