M'sの出来事

エムズマシワークスのBLOG
日々の出来事
お客様のポルシェ
ちゃちゃまるの近況など
のんびり更新していきます

ニューパーツ

2016-09-09 12:00:58 | ポルシェ
今更ニューパーツってのもオカシイのですが少しコストを下げたものを作りました。

流行りの986から987・996・997まで使用出来るリアのトーコントロールアームです。






ボールジョイント側ありきで、そのネジピッチに合ったロッドエンドは削り出しで対処しました。

勿論使用しているスフェリカルはミネベア製です。

ピッチは1.5mmなので1回転で3mm長さが伸び縮みします。

因みにCUPタイプは1回転1mmです。

(どちらが使いやすいかは人によって意見が違います・・・)



サーキット用のアライメントの車両なら必要となるパーツですし

車体側はピロ化にもなりますので便利なパーツです。


是非お買い求めください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

993のブレーキ製作

2016-08-01 11:55:48 | ポルシェ
先日から作業していた993(モドキ)のブレーキが完成しました。

厳密に言うとペダルボックス廻りの作業が残っているので完成ではないけど

とりあえずキャリパー&ローターの取り付けは終了。





フロントエンドレスΦ380×32ローター+991CUPキャリパー





リアエンドレスΦ355×32ローター+991CUPキャリパー




この後はリアのトレッドを広げるので又、スピンドルとスペーサーの製作作業です。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーターブラスト

2016-07-22 14:19:04 | ポルシェ
実は目と鼻の先にあるレンタルガレージのクロスポイント25さん。

そこにウォーターブラストなるものがあると聞きつけて早速行って来ました。



















実に綺麗になります。

ショットブラストと違ってパーツの痛みや寸法が変わるといったことがないのも魅力。

難点はここまで綺麗にするのに2時間ほど掛かることかな・・・



レンタルガレージ屋さんなんですがこういった設備や工具も貸して貰えるそうですよ。


M'sでピロを買ってクロスポイント25でDIYなんてどうでしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加工ネタ

2016-07-13 22:36:11 | ポルシェ
Facebookやインスタグラムばかり更新して

ここのところブログが疎かになりがちです(汗)



さて、cayman GT3の方もこの暑さのうちにエンジン製作してしまおうということで

走ることは暫くお預けです。






画像は993のものになりますがセンターロック化するためのハブ加工をしたものです。




旧タイプのセンターロックの場合、スピンドルもトルクピンも製作できるので購入品は廻り止めリングのみになります。

使用したいセンターロック用ホイールがあるという理由じゃないとわざわざセンターロックにすることはないとは思いますが

旧タイプセンターロックは比較的簡単に製作可能です。

水冷になってからのホイールボルトをスタットボルト化することも同様に可能です。






センターロック化した993はこの後991CUPキャリパーを使ってのブレーキ作業となります。

あれもこれも・・・

加工が出来ないとアップデートすら出来ない作業です。




取り付け屋と加工屋の違いについてはそのうち記事にしようかと思っています(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプリングプレート

2016-05-13 14:02:02 | ポルシェ
964用のリアスプリングプレートですが

これ、純正品がメーカー欠品となっていると聞きます。


(そりゃそうです。最近リフトアップした964はブーツが全滅です)







全てのパーツを純正品に拘る方は別として・・・


メーカー欠品でも何の心配もいりません。

何故ならばM'sオリジナルのこのパーツ。

ディーラー(PC)からも注文が入っています。


耐久性・機能性・金額。どれをとっても純正品以上ですし。


問題は・・・


いつも在庫があるという訳ではない(-_-;)


メーカー欠品ってやつです(笑)



ごめんなさい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機械番号0005

2016-04-14 11:17:53 | ポルシェ以外
NC旋盤の主軸オーバーホール完了。






が、しかし・・・


主軸冷却装置が全く機能していないことが判明。。。


お見積り金額がなんと!



87万円!!!



元々車と同じロングライフクーラントを使用するタイプなので

定期的に交換しなかったこちらが悪いけど。

・・・にしても過ぎる!


おそらくクーラントが腐っていただけなので昨日一日かけて分解・清掃。

無事に機能するようになりました(笑)

マシニングと同じ冷却用オイルにしたのでまだまだ働けます。







ところでこのオークマ製LB15-Ⅱですが

1993年製で機械番号が0005なんです。

LB15からのアップデートタイプでポピュラーなNC旋盤では相当な名器です。

0001から0004までの機械は現役で働いているのかな?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーバーホール

2016-04-11 14:05:26 | ポルシェ以外
今日・明日でNC旋盤の主軸ベアリング交換です。







結構古い機械ですので数年に1回は大がかりなメンテナンスが必要です。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果は・・・

2016-02-29 10:23:02 | caymanGT3
週末の筑波サーキットでの今年初走行は結果だけみれば散々なものでした。


金曜日は走り出しからウォーターラインが飛んでお漏らし。

修理して残り1枠は走れたのだけどエンジンの調子が今一つ良くなく

何と1分も切れないほど・・・


ただ、今回からお願いしたのがアイテックモータースポーツの居島さんだけに

そのままで終わるはずは無く、翌日のAttackという1発勝負のタイムアタックイベントまでに

プログラムチェックをしてもらい可能性に掛けることした次第です。


結果、エンジンは前日とは見違えるほどピックアップが良くなり

わずかな時間の中でドライバーの伊橋さんに託したけど

今度は車体側のハブが破損してジ・エンド。。。



タイムアタック直前に壊れました。
















幸い、ドライバーは無事だったことと車の損傷も最小限にとどまり、

イベントも何事もなかったように進行されたので落ち込んだのは一瞬だけでした。


今は次に向かって進化のメニューを考えてます。

いや、もう考えました。



少し大がかりなものなのでまた暫く走行できなくなります。


が・・・今回がっかりさせてしまった分を必ず取り戻しますので期待してお待ちください(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始動

2016-02-24 09:42:28 | caymanGT3
いよいよM's cayman GT3 '16仕様の始動です。





年明けから始める予定だったリアサスのジオメトリー調整を後回しにし

997GT3エンジンをベンチに掛けてしっかりと調整してきました。

結果ベンチ上で400PSほどまで回復。

6スロから996純正のシングルスロットル+エアボックスに。

6スロでもファンネル長やスロットル径に加えエキマニなど色々なパターンでテストすれば

同等なパワーは出るのですが時間と費用が問題で。。。

レスポンスやドライバビリティーの点では6スロには到底適いませんが

開発の時間も勿体ないのでここは一旦ノーマルエアボックスで。



エキマニに関しても一度作っただけでは終わりではなく

しっかりとベンチ上でテストしなければならないみたいです。







ハンドルも製作してみました。

グリップ以外は削り出し。

以前のMOMOよりも若干径は大きくなってます。





サイドエアダクトからのエアーが思った以上に効果的だったので

まだ少し高めだったミッションオイル温度を下げるのにも利用してみました。

右側は直接エンジンの吸気に取り入れてます。






今週の金曜日に筑波でテストそのまま土曜日にイベントがあります。

そして来週末はFSWの予定です。


2016 CAYMAN GT3 始動します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

996GT2

2016-01-28 18:06:09 | ポルシェ
年末に入庫した996GT2ですがやっと作業に取り掛かりました。
















ライトチューンではありますがサーキットでタイムを出せる仕様へと作業開始です。

まずはクラッチとデフをOSのものへ交換。

その後マフラーを製作したらエンジンのコンピューターチューンへと。




このGT2は1年計画で仕上げる予定です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加