M'sの出来事

エムズマシワークスのBLOG
日々の出来事
お客様のポルシェ
ちゃちゃまるの近況など
のんびり更新していきます

964ターボツインマスター化

2018-07-27 16:28:19 | ポルシェ
964ターボのツインマスター化終了です。









取り付けの際、ペダル位置・角度など多少調整が効くのでそれを含めて完璧に作業出来ました。


リアキャリパーがフロント用のピストン径が大きいものがセットされていたので

若干ストローク大き目で効く方向のツインマスターになりました。



あとはパットの効きで調整も可能なので色々試してみてくださいね。

楽しいブレーキとなりますよ。


ブレーキ月間

2018-07-16 22:19:56 | ポルシェ
964・993のRS/ターボ用ツインマスターの加工は終わりましたが

作業はこの車のツインマスターが先です。






中井君の993カレラ。

バキュームサーボ車です。


ABSが故障してしまったらしく修理を試みたものの治らなく

耐久レースが近いこともあり危ないのでツインマスター。


・・・ですね。


サーボが強力なのにABSが壊れてはサーキットは危ない。

ツインマスター正解です。



そしてこれが2台分のパーツ達。





今月はツインマスターのブレーキ月間になりました。




プログラミング

2018-07-06 21:53:17 | ポルシェ
今日からツインマスターの製作に取り掛かってます。

RSとターボ用の総削り出しのタイプの方です。




先ずはベースの加工から。





切粉の量が半端ない。



これは964・993のRS/ターボのハイドロリックブレーキ用なのでバキューム車よりも圧倒的に数が少ないけど

もう10台くらいは取り付けしたと思います。

暫く在庫が無いままでしたが注文を頂いてしまったので再度製作中。



最初に作ってからは15年以上経つので当然手打ちのプログラム。

今でこそCAD/CAMがあるので切粉の量とプログラムの難易度は比例しないけれど

加工時間で8時間ほどのプログラムを電卓片手に手打ちで作るのは大変です。

一度作ったものはフロッピーから取り出すだけなので『大変でした』ですね。




こちらは先日加工したCAD/CAMで設計・プログラミングしたケイマン用のクォーターダクトの型。




これは手打ちでは無理なのでCAD/CAMの力を借りました。

いや、CAD/CAMが無かったら作れません。


多少は役に立っています(笑)

あれから

2018-06-25 16:47:27 | M'sの歴史
このブログにはM'sの歴史っていうカテゴリーがあります。

大した歴史でもないので操業20周年の頃に一度書いただけでそのままほったらかしでした(笑)


読み返ししてたら2010年の記事でしたのであれから8年。

昨年法人化して25年でしたので今年は創業28周年目です。



その後にあった出来事と言えばあの大きな地震があり

榛松から引っ越しし現在の新堀へ移転したのが6年前の夏。

同じ地域なのですが自宅から目と鼻の先という立地条件だったのと

以前の様な身の丈に合わない広さでは無かったので思い切って引っ越し。

住宅地ながら周りは全てご近所さんなので居心地がよろしい。

前々からやりたかったアンティークな雰囲気にするにも丁度良い広さで気に入ってます。








個人的にはここへ引っ越しした一番の理由だった親爺の介護は4年前まで。

87才で亡くなりました。

その2年後には僕がガンになり手術をするという出来事も。。。

今では病気をしたことを忘れるほどピンピンしていますけど。。。




仕事の方は相変わらずというか以前にも増してというか製造の方が忙しいです。

あるカテゴリーの重要なパーツも担うことになってからというもの

納期管理・精度管理共に要求は半端ないって!(笑)

一昨年の秋にCAD/CAMを導入。

機械は何も変わっていないのですが物作りのレベルは上がっていると思います。



ここへ来たと同時に製作し始めたので良く覚えているのですが流行りのシミュレーター製作のお手伝いもしました。

東京バーチャルサーキットで運営しているシミュレーターがそれ。





その後に始まったのがCAYMAN GT3のプロジェクト。

仕事の合間に作業しているので中々思うように進まないけど

インスタなどの影響で海外から取材に来るなど反響は大きいと感じています。

地道に開発した甲斐もあり筑波のタイムアタックでは58秒0で走れるところまで来ました。

この車は今後も継続して速さの点を追及していく予定です。






お客様の車を触ることも止めた訳ではなく雑誌広告を一切していないのにも関わらず

M'sを頼って足を運んでくれています。

今でも一人メカニックという形態だしリフトも一つなので基本1台ずつの作業になり

お待たせしてしまうことも多々ありますがマニアックなお客様に感謝です。




先日14才になったちゃちゃまるも元気に過ごしています。




みんなワンちゃんは可愛いものだけどこの子は特別に性格も可愛くてこの写真はちゃちゃまるが良く表れています。




ってことで8年前と余り変わってないので面白くもない記事でしたね。。。

今後ともよろしくお願いします!

987CAYANピロ化終了

2018-06-19 20:46:20 | ポルシェ
今日は987CAYMANのサスペンションのゴムブッシュ箇所をピロブッシュへとする作業。

この車両はサーキット重視でのセッティング依頼です。


CAYMAN/BOXSTERは前後ストラットなのでアームの本数が少なくピロブッシュへの変更も比較的簡単です。



リアロワアーム



リアトーロッドはオリジナルのターンバックル式の物に交換。




フロントロワアーム付け根。




フロントロワアーム。




ダミーホイールでのアライメント。



車高は低めでの設定でキャンバーは3度まで行けました。

勿論オリジナルのリアトーコントロールアームがあるのでキャンバーを付けてもトーは調整範囲。


これでタイムアップも間違いなし。

987BOXSTER/CAYMANのサーキット仕様も増えてきたと思うので

ピロ化、どんどん受け付けてます!

996GT3ピロ化終了

2018-06-15 18:45:58 | ポルシェ
今週は996GT3後期のピロボールブッシュへの交換作業を行いました。






オーナーさんはご自分でメンテナンスする方なのでスタビライザーリンクを調整式にしてほしいとの要望が有り





この様にターンバックルにて長さを調整出来るようにしました。





ついでに破れてしまっていたブーツも2ヶ所あったのでブーツだけを市販品に交換してあります。





この車両はおもに公道での使用ということでキャンバーはそれに合わせて前後2度ほど。

ナンバー付GT3はシムでキャンバーが調整出来るのはフロントのみですが2度前後までなら偏芯カムのみで調整可能です。

公道のみならば分割式のロワアームは必要ありません。

そして公道のみでもピロは必須です。




そして6月4台目のピロブッシュの依頼は987CAYMAN。

これも来週からM'sにて取り付けセッティングです。



ピロ月間

2018-06-11 09:16:50 | ポルシェ
6月に入って立て続けにピロボールブッシュの注文が・・・












993・986・996と車種も全部違うのですが全て在庫ありました。



そのうちの996GT3だけM'sにて取り付け・アライメントを行うのでそれはまた記事にします。

誕生日

2018-05-31 19:53:49 | ちゃちゃまる

ちゃちゃまる今日で14才になりました。







ひとまず完成

2018-05-29 09:21:56 | ポルシェ
先日からお預かりしている996GT2のアップデート作業がひとまず完成しました。






ひとまずと言うのはこの後、サーキットを走ってからのコメントによっては対策しなければならないこともあるかもしれませんので・・・



2年前にこの車両をさわった時と違うのは使用するタイヤがSタイヤからスリックということ。

なので今回の作業は主にキャンバー角・スプリングレートを増やす作業とカナード付きのフロントバンパーへの交換。







1700mmの大きなウイングが小さくなって帰ってきたのが残念ですが。



吸気温対策も行いましたがそれは2年前の仕様へ戻すことでしたが今回はそれにもちょっと味付けが。







効果は大いにあったインタークーラーを冷やすウォーターインジェクションとインテークダクトが何故か外されていたので

まずそれを復活。

加えてウォーターインジェクションのスイッチにタイマーを追加。ワンプッシュで10秒まで設定可能としました。

これから気温が高くなる中でのサーキット走行では効果を発揮してくれる筈です。



ダンパー屋さんへも相談しましたがスリックタイヤへの変更でも現状での減衰設定で行けると言う報告でした。

最新のCUPのダンパーとの比較まで診断してもらいましたので間違いないでしょう。



狙うはFSWで45秒台!  ・・・ですがもうこの気温ではベストタイムの2秒落ちぐらいですかね・・・

まずはトラブル無く走ってくれたらOKです。





GT2のフロントバンパー

2018-05-14 14:23:44 | ポルシェ
先日からお預かりしてる996GT2ですがオーナーさんの要望でカナードを追加したいと。

条件としてノーマルバンパーは加工したくないのでそのまま保管するとのこと。


サーキットで使えそうなGT2用バンパーって売ってないですよね~。。。


当初はGT3用のS耐バンパーにしラジエターシュラウドと共に交換しようとしたのですが・・・

ラジエターの大きさからして互換性が無くそれはダメ。


純正形状のFRP製のバンパーが販売されていることを知り、それを元にカナード追加という製法に決定しました。

FRP製は加工などするに便利なのでこの材質がベスト。




以前、削り出しておいた3D形状の型に大きめにFRPシートを貼って





それを切り出して使います。





バンパーに切り込みを入れ裏から接着し形を整え





ケイマンと同じような外付けのステンレス製の網も製作し




カーボン調のシートを貼り完成です。




言葉にすると簡単そうに見えますが結構気合入れないと作れません(笑)

今回はケイマンで慣れていたので上手く出来ました。