目からうろこの焼酎研究会

NPO E-OJISANの焼酎研究会
26日に浅草「○吉八」で開催された



参加者は6名、ちょっと寂しいが
共通の話題で盛り上がるには良い人数

この日のテーマは
常圧蒸留と減圧蒸留の味の違い

常圧はもろみの温度が100℃まであがり
もろみの成分が変化するので
香ばしく豊かな香りとなる
一方、減圧は真空に近い状態で蒸留するので
沸点が40~50℃と低くなり
淡麗でソフトな味わい
ただ、ハナタレのようなセメダイン臭がする

研究の最初は大海酒造の「海」(減圧)と「くじら」(常圧)



「海」はさらさらで香りがたつというのが研究員の声
一方、「くじら」は芋焼酎らしい焼酎


(鯵のなめろう)

そして、米焼酎



豊永酒造の減圧「豊永蔵」有機米100%を原料としている
独特の風味とコクがあるが
セメダイン臭もかなり
常圧は山翡翠(やませみ)
百年の孤独(麦)の黒木本店の尾鈴山蒸留所製
吟醸香もたって、例えようのない味との評価

セメダイン臭がでたところで
初留取りの「南の島の貴婦人」(朝日酒造)



アルコール度数は44度
黒糖の甘味の中に初留取り独特の華やかな香り


( ↑ 自家製さつま揚げ ↓ )

麦焼酎の常圧は「万年星」(渡邊酒造)
はだか麦が原料だが
麦の香ばしい香りと甘さを感じさせる



減圧は「中々」(黒木本店)
二条大麦が原料で
雑味もなくすっきり
かといって、麦のほんのりとした香りも残る


( ↑ イカ墨ころっけ ↓ )

最後の一杯は自由研究



長雲の一番橋(原酒)と天使の誘惑に分かれたが
このあたりで〆の鶏飯



小生はカレー

この店のモットーは
「今日も元気に呑んで 笑って若返ろー」
大いに話して、笑って
本当に若返ったようだ!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 冬の昼ごはん 本格中華を作... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。