五十一回 焼酎研究会レポート

8月最後の金曜日は「第五十一回 焼酎研究会」
ご存じ、NPO E-OJISANの人気オフ会だ
この日は11人の探究者が「酒ぐら 鳥酎」(飯田橋)に集まった

まず、久々に参加された紅一点のお嬢さんが
今年の4月に結婚!



おめでとうございま~す!
ビールで乾杯!

さて、研究対象は次の種類
万膳酒造の「萬膳庵」(黄麹 25度)
宇都酒造の「金峰 荒濾過」(黒麹 25度)
吉永酒造場の「亀五郎」(白麹 25度)

錫のずっしりしたロックグラスで飲み始める

まずは黄麹の萬膳庵から
香りが良い、柔らかいという評判
さすがに口当たりがよくて軽い
す~っと入っていく

次に白麹の亀五郎



この蔵元は甑(こしき)島列島の下甑島にある
かめ壷仕込みの手造り焼酎
芳醇な香りで芋らしい味
まろやかという評価もあった

最後の研究対象は金峰 荒濾過



店の主人曰く
その年に造った新酒100%でブレンドはしていない
通常はブランドの「味」をキープするために
2年、3年おいたものとブレンドして焼酎の味を保つ
従って、味はその年の芋の出来・不出来にも左右される
荒々しさとまろやかさが混在しているが
飲むほどに深みにはまっていくよう

その後、個々に飲み放リストの別の焼酎を頼んで
〆の鶏飯、というより鶏おじや?を平らげ



いつになくハイテンションな焼酎研究会でした

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 夏の本格中華... あいちトリエ... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。