美味しい日本酒を楽しむ会

9月10日の土曜日にNPO E-OJISANのイベント
「美味しい日本酒を楽しむ会」が催された
今回は秋田県由利本荘市と横手市の造り酒屋の日本酒が対象



講師は有限会社小林商店の小林義明社長
2014年に世界のベストレストランに輝いたデンマークの「ノーマ」が
昨年、東京のマンダリンオリエンタルに期間限定で進出したとき
そこで出す日本酒とクラフトビールを提供した経歴を持つ

この日は講師を含めて定員いっぱいの36名の男女が参集した
紹介された次の7種類、1升瓶12本の日本酒



まんさくの花  MK-X 2016 純米吟醸
まんさくの花  MK-Y 2016 純米吟醸
まんさくの花  MK-Z 2016 純米吟醸



阿櫻       中取り 特別純米 無濾過生原酒
天の戸     美稲(うましね) 磨き80 純米 無濾過
雪の茅舎    山田穂 純米吟醸
雪の茅舎  古酒 平成14年 大吟醸



試飲に先だって、酒米の説明があって
高級酒に使用される美山錦、秋田酒こまち、山田錦等は
食用米の1.6倍位の大きさから磨いて枯らし期間をおいて洗米するとか
秋田酒こまちは山田錦と美山錦をかけあわせて誕生したらしい



まんさくの花の三種類は異なる酵母と異なる酒米で醸造されたもの
MK-Xは山田錦/秋田酒こまちに協会77号酵母
MK-Yは山田錦/日の丸に酒蔵の梁から採取・培養した蔵付酵母
MK-Zは秋田酒こまちにUT-2酵母(2014年秋田県が開発)
日本酒の味は酒米、酵母、水で決まるようです
MKシリーズはフルーティな香りと酸味がどれも特長的
個人的にはMK-Yが調和がとれていて好きだった



阿櫻のこのお酒は年600本程(1樽分)しか造っていない
度数が17度とやや高めでも切れがあって美味しい
小生のテーブルではこれが一番と懇親会にはいってもこればかり持ってきたかな?

天の戸は磨き80で磨かないことで出せる「米の味」を堪能
これも、人気が高かったように思います

雪の茅舎の山田穂 純米吟醸はどこか懐かしい味わいで、これも人気酒
山田穂は山田錦(母)と亀の尾(父)をかけあわせたもので
これが素朴な味を醸し出すのかな

雪の茅舎の古酒 大吟醸は150本限定酒
とても美味しいが、個人的には熟成酒特有の紹興酒的な味わいが邪魔をするかな?



酒の肴は有機/無農薬の野菜を使用して
調味料も工夫をこらして減塩でも美味しい料理を提供している
「素彩屋」からの出張料理





これらの料理はこの日、提供されたお酒の特長に合わせて用意してくれている
これが、お酒を進ませて…結構、飲みました


〆はNPOの蕎麦打ち会からの手打ち蕎麦
福井産のとれたて越中夏蕎麦と常陸の秋蕎麦の食べ比べ



いつもの通りあちこちで参加者の談笑が始まって
みなさん大満足の日本酒の会でした



次は10月28日の焼酎研究会(浅草)と11月26日のワインを楽しむ会(原宿)です!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 元気をもらった シン・ゴジラ »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。