Pure Response 2


カムシャフトに求められるスペックはリフト量と作用角。 言い換えると、吸気/排気を行う時間をカムシャフトがコントロールしているので、その時間を調整する役割をカムシャフトが持っています。
可能な限り一度に多くを吸い、そして吐くことで、出力を高めることが出来る部品ではありますが、作用角が大きすぎるとアイドリング時に不整脈にも似たラフさが目立ってくるため、そのあたりのバランスはカムシャフト選びにおいて重視されるべき項目です。
参考までに今回使用したカムシャフトのスペックはEX/IN共に 256° 10.2mm オーソドックスなサイズです。


VQエンジンの大変なところは、液体ガスケットを多く使用しているためリムーブに大変手間がかかる事ではありますが、VTC廻りのメカニカルはとても美しいエンジンで、ある意味 VQエンジンのもっとも美しいカットかもしれません。
また、幸いな事にDAYTONAへ入庫してくださるクルマたちは、どの車を見てもメンテナンスが行き届いているクルマばかりですので、エンジンを分解する工程において懸念されるスラッジの付着はほぼ皆無です。


DAYTONAで取扱い開始以来ずっと好評いただいているのがATIスーパーダンパー・クランクプーリーです。
本来はパワー有り余るチューンドエンジンへの内部保護の観点より、クランクシャフトのハイバランス化、メタル・オイルポンプを振動から守るためにダンパーが開発されたといいますが、〜600馬力のエンジンにおいても十分な効果を発揮することができます。
それは高回転になるほどマイルドなエンジンに変化していることに気が付き、逆を言うならば これまでは何にも気にならなかったノーマルエンジンがノイズだらけであったことにも気が付きます。


勿論、完成後はECMのリセッティングが必須。
UpRev Osirisを搭載することにより、リアルタイムなエンジンデーターの確認と書き換えを行い、エンジン制御を確かなモノへとチューニングを行います。 一般的にはカムシャフトの交換により点火タイミングを進めることが容易になりますので、実パワーの向上に直結します。
空燃比に関しては全域でトルクが載るように、あえて濃い目にセットしてみましたがフィールという面においては面白みに欠けるしようとなってしまいましたので、5500rpmから上を若干カットすることにより、まさにカムに乗る様子を具現化したかのようなフィールを手に入れることができました。 


ご友人とのランデブーがより一層楽しくなるように、DAYTONAなりのバランスとスパイスを与えてみました。 
これから先の少し気温が下がりだす季節の頃に、思いっきりドライブを楽しまれて下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

Pure Response


“友人のリッターバイクと一緒にワインディングを走るのがちょっとした楽しみ。もっと一緒に走ることが出来るようにチューニングを行いたい。” これまでにもECMチューニング等でDAYTONAにお見えになったことのあるZ33オーナーさんから相談を頂きました。
高速道のようなダダッ広い直線を走るのではなくて、アクセルのON-OFFが繰り返されるようなシーンで楽しめる性能の追求。
高回転域のパワーは必要以上には求めてないし、反面レスポンスが良いだけのハイスロットル仕様も不要。 僕はオーナーさんから伺った走行シーンを思い浮かべてみてチューニングの可能性を考えてみました。 結果として、なめらかなフラットさの中にパワーを感じるシーンをイメージし、ハイレスポンスならぬ"ピュアレスポンス仕様"として256度ハイリフトカムシャフトにATIスーパーダンパーを組み合わせ、エンジンの軸をチューニングする方針をご提案しました。


入庫後、直ぐに作業に取り掛かります。 Z33/Z34に搭載されるVQエンジンはエンジン内部へアクセスするためには基本的にエンジン着脱が必要になります。
カムシャフトを動かすVTCプーリーやタイミングチェーンを取り外す際に、エンジンフロントカバーの着脱を必要とするからです。エンジン搭載の状態であれば、空きスペースが狭く結構な手間になるから降ろしたほうが・・・。という考え方もあるけれど、僕は同じ手間なら「外さなくて良い箇所は極力そのまま残しておきたい」と考えるタイプですので、手間はかかるけど最小限のエンジン分解を行い純正のカムシャフトを取り外しました。


下廻りも同様に、オイルパンやクランクプーリーの着脱を行いますので、車体に載っているエンジンはシルバーのアルミニウム合金だけと言っても過言ではない状態になります。
普段搭載されているイメージではとても巨大なVQエンジンユニットですが、補機類を取り外しエンジン単体にしてしまうと意外なほどコンパクトなエンジンであることに気が付きます。参考までにエンジン重量は180kg これはSR20エンジン(4気筒)よりも10%ほど重たいだけですので、やはりコンパクトさが重量に直結している。 つまりはスポーツカーのパワーユニットとしては適しているということを意味します。

さて、折り返し地点からの組み上げを開始してゆきます。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

それぞれの夏、いかがお過ごしですか?

デイトナのkaoの更新です、こんにちは(*^-゜)v
まだ夏休みの中盤という方も多いと思いますが、デイトナでは水曜日の定休日以外はすべてOPENしています。
当日枠も各日若干数用意していますので、コンピューターチューニングやパーツオーダーなど事前に部品の取り寄せの必要がないメニューならOKなのでお問い合わせください!



さてさて、この時期恒例。
赴任先から帰省した方や休みを利用して旅行した方などいろんな方がデイトナにきてくれますので、毎回Zの話はちょっとだけ(笑)もっぱら旅や食の話で盛り上がる毎日です!
旅行嫌いって人あんまり聞いたことないけど、私も旅は本当に好きですから自分も行ったことがある場所では「あるある」話で盛り上がるし、行ったことのない場所の話はすぐにでも行ってみたくなってワクワクします。


そういえば旅好きさんに共通して言えることはハプニングに強いってこと。
旅は楽しいのですが特に海外への個人旅行の場合は次から次へとよくもまあこれほど予期せぬことがおきるもんだってほどハプニングの連続なんてことも別に珍しいことではありません。
しかし旅慣れてる人たちって、トラブルが起きても冷静に素早く対処するべきすべを身につけているから、係員に対してヒステリックに怒鳴ってもネットに書き込みしてもどうしようもないってこと知ってるから、実に紳士的に問題解決のためにすべきことを瞬時に考え行動できる能力が高い人が多いと思います。

私?
私は無類の旅好きだけどまさかそんな素晴らしい能力がそなわってるはずもなく冷静なタイプではないので交渉力もゼロ。
誰かが何とかしてくれるのに頼るタイプです(笑)

デイトナではそれぞれの部門で交代で休みを取ってますが、私たちは9月に入ってから伊勢神宮参拝そして志摩方面へファミリーでの旅行の計画をしています。
旅のタイムスケジュールから各種予約などのプランニングをしたのはその私。笑!!!



私たちは福岡から、両親は愛媛から、弟は東京からかな?それぞれの場所から大阪に集合して観光列車しまかぜに乗って伊勢志摩を目指す予定です。



ところで、伊勢志摩は先月サミットの会場となったことで注目された場所ですが、サミット効果はもちろんだけど私の場合10年位前に夢中で見てたキムタクのドラマ「華麗なる一族」で万表一家が志摩観光ホテルで華麗なお正月を過ごす様子やラメールでのファミリー晩餐の様子にとっても憧れていましたのでwww
楽しみでなりません。

なおかつ志摩観光ホテルは、本オタクの私が敬愛する作家故山崎豊子さんをはじめ数々の文化人が愛したホテルということで、華麗なる一族はもちろん多くの作品がこの志摩観光ホテルから生まれたそうなので、そんなストーリーを追うのも私のこの旅の目的です!

伊勢志摩、行ったことある~~~って方やおススメ情報知ってる方があればぜひとも教えてください!


お盆期間中の予約状況を更新していますので、ご来店を検討くださっている方は参考にしてください。
当日作業予約枠が残り少なくなってきていますが、後半の18日(木)からはまだ余裕があります。

では、kaoでした・・読んでくださってありがとうまたねッッ。(*^-゜)v


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

選択肢があふれるこの時代に選ばれる優等生。

デイトナのkaoの更新です、こんにちは(*^-゜)v

車検時のグリス漏れやブーツ破れ、足回りのガタツキ・異音修理などに欠かせないナックルアーム・ボールジョイント

ここが故障するとまず車検に通らないし車検対応のために一時的にゴムブーツを被せたところでそれはただ見えなくなっただけ。
肝心の舵取り装置へのダメージは何ら改善されないけれど、純正部品はナックルアーム丸ごとでの供給のみで修理代も高額になるので仕方なくゴムブーツをかぶせて見えなくしてごまかしごまかし乗っていた人も多いはず。

一時的にはそれでもOK!(ではないけれどw)でも、外側のブーツだけ変えてトラブルの元凶を見えなくしたところで、肝心要のジョイント部分へは水や異物が侵入してサビは急速に進みますので、走行中に車のこの舵取り部分の重要な部品にトラブル発生!なんて想像もしたくないほど恐ろしいことです・・・・・・・・・

これまでで今が一番であると思える時。



ローダウン車はかなり高い確率でこの部分が破れグリスが漏れ・・この時点で駐車場の床を汚して気づけた人はラッキーだけど、やがてグリス切れを起こして異音や違和感が発生するまで気づかないパターンも少なくないので、オイル交換などのメンテナンスでリフトUPした際には絶好の点検のチャンスなので必ずブーツ類やブッシュ類も点検してもらうといいと思います!

写真のこの段階ではもはやグリスはあとかたもなくなくなっていてゴムはカピカピ、少しさわっただけでボロボロと壊れてしまいます。

Z33 フロントナックル/ボールジョイント

コストを抑えてリペアを行う。

正しい節約の仕方。



装着前のナックルアーム・ボールジョイント

どれだけ怪力の持ち主でもプレス工具なしには圧入できないので、その環境がない方は近くの修理工場でプレスしてもらうとか、メカニックの友達に頼むなどできる場合はこちらが断然オススメです!

車検時におけるアップデート。

本質はシンプル まるで車が若返ったようだ。



いっぽう、DIYで作業を行う方やプレスや作業環境の伴わないカスタムショップ・中古車両販売店向けにリリースしたのがこちらリビルト・ナックルアームセット

リビルト製作時にコアとなる部品の測定・点検・洗浄を行いますので、グリスやダスト、長年の汚れでドロドロで真っ黒だったナックル部分もキレイに再生され、美しくしかも頑丈に蘇ります。






お盆期間中の予約状況を更新していますので、ご来店を検討くださっている方は参考にしてください。
当日作業予約枠が残り少なくなってきていますが、後半の18日(木)からはまだ余裕があります。
が、そろそろ夏季休業がスタートするメーカーもありますのでパーツオーダーを伴う内容は早めのご予約がおススメです。
純正部品を含むほぼすべてのメーカーが夏季休業中です。

では、kaoでした・・読んでくださってありがとうまたねッッ。(*^-゜)v


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

お釣りはいらないからカスタムフィットサンシェードちょうだい!

デイトナのkaoの更新です、こんにちは(*^-゜)v

DAYTONA RacingのFacebookでエンジンバラバラ状態からダイレクトな進捗状況を紹介し、とっても反響が大きかったZ33ハイカム号のオーナーさん

正しい情報もそうでない情報も、悪意に満ちた書き込みも優しさにあふれる美しい言葉も、ありとあらゆる情報がネットの中にあふれているこの世の中。
どれを選ぶかは全く自由だし、私たちだって一方的に発信することはできるけどそれをコントロールをすることはできないし、何かを強制することだってできません。

さて、ハイカムを組むとなんだかよくなるって聞いたけどどうよくなるのかな?
何か同時に交換しなきゃいけない部品もあるかな?って、まずはやっぱり手軽にインターネットでいろいろ調べますよね。

その昔、NAチューンのド定番といえば「ソレタコデュアル」
現代はさしづめ1stステップECM、2ndステップ吸排気チューン、そして3rdステージあたりから魅惑のメカチューンへと突入ってとこでしょうか。
その場合、カムはともかくインジェクターは?コイルは?プーリーは?

インターネット上には多くの情報があふれていますがそれを取捨選択するのは自分なので、つまりは自分で情報をコントロールしているわけだから実は多いようでとっても少ない情報。

さまざまなメーカーの製品の特性とオーナー様のご意向とご予算をできるだけ正確に把握し、数え切れないほど存在する部品を組み合わせていかに効果的な結果を出すかが私たちの使命って思ってるし存在することに大きな意味があるって思っています。

今回のハイカムオーナーさんともLINEで何ヶ月も前からいろんなことやり取りしながら、本当に必要なものとオーバースペックになりそうなものをピックアップして、提案⇒検討⇒決定を繰り返していろいろなことを考えながら一緒に仕様を決めました!

気になるハイカムチューンの全容はFacebookで紹介していますので、ぜひともそちらも合わせてご覧ください。





さてさて。
お釣りはいらないからカスタムフィットサンシェードちょうだいって、じゃあついでにモデルになって!ってお願いしました!

INTRO-TECH カスタムフィット サンシェード





お盆期間中の予約状況を更新していますので、ご来店を検討くださっている方は参考にしてください。
当日作業予約枠が残り少なくなってきていますが、後半の18日(木)からはまだ余裕があります。
が、そろそろ夏季休業がスタートするメーカーもありますのでパーツオーダーを伴う内容は早めのご予約がおススメです。

では、kaoでした・・読んでくださってありがとうまたねッッ。(*^-゜)v


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


« 前ページ