京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『デイジー』

2006-06-04 22:44:27 | 洋画


愛は、枯れない。
花に想いを託して。 命がけで愛を貫く





■監督 アンドリュー・ラウ
■脚本 クァク・ジョエン
 
■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ

□オフィシャルサイト  『デイジー


 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。 それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。 名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客として花を持って現れたジョンウ(イ・ソンジェ)に心惹かれるようになる。 そんなヘヨンの毎日を人知れず見守り続ける男パクウィ(チョン・ウソン)。 花を育てクラシック音楽を愛するその男は暗殺のプロだった…。


 おススメ度 ⇒★★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★☆


 二人の男の間で揺れ動くヘヨン。 かつてチョン・ジヒョンは『猟奇的な彼女』や『
僕の彼女を紹介します』で見せた触れば壊れてしまいそうな純な心をもちながらも、表面では男勝りで芯の強いポジティブな女性を演じてみせた。 今作ではそれらの映画とは逆の、静かなでネガティブな、ある意味ひたむきな女性の姿を、そして揺れ動く微妙な心の襞を演じてみせた。 チョン・ジヒョンは少女の面影を残しつつも大人の女性への過渡期とも取れる演技の変化をこの映画ではみせてくれた。 その表情も少しずつ大人の恋愛を演じることのできる、いい意味で大人びた表情を見せるようになった。 そう、彼女はもう25歳なんだ。

 人生にはひょんなすれ違いから大きく人生を変えてしまうきっかけがあるように思う。 それは映画の世界だけではなく実生活においても例外ではないと思う。 この映画も「はじまりはいつも雨」のようで、それはASKAの歌ではないが、冒頭とラストで見せる雨宿りのシーンが3人の出会いと別れの終始を物語っていたようだ。

 チョン・ウソンは、まだ記憶の中でに鮮明に残っている、『
私の頭の中の消しゴム』のイメージが、払拭されぬままにこの作品で観ることになったのだが、前作の骨太でかつ優しい男ではなく、今作は仕事は殺しのプロであっても人を愛すことには不器用な男を演じている。 “陰になり日向になり”という言葉がこのパクウィという主人公に位置づけられているのだろうが、その表情の側面には、プロになりきれたかった男の悲哀がある。 それは先の『私の頭の中の消しゴム』でみせた「死より切ない別れ」を上手に演じていて、どうしてもそのイメージが頭の中に残像として残っていただけに、冷淡さと柔らかさ・弱さを必要とするこのパクウィは少し物足りなさも残った。

 イ・ソンジェはあんまり印象になかったのだが、優しさを備えた刑事という設定ならばOKかもしれない。 しかしその存在感はチョン・ウソンに比べるとやや薄い。

 舞台を韓国でなくオランダのに置いたことは良かったのではないか。 アムステルダムの自然な風景や綺麗な街並は主人公たちの色を浮き出させていたと思う。 その中で三人が三人の“想い”をそれぞれの側から巧みなカメラワークで追っていく。 時流とそれぞれの心の動きがとてもわかりやすい。

 観る前からクァク・ジョエンの脚本にも注目していた。 過去、『ラブ・ストーリー』、『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』等、独特の恋愛事情を描き出す脚本は素晴らしいものがあった。 ただ今回の三角関係においては今までの作品と違って、深く掘り下げてそれぞれの心理描写を描けたとは思えない。 それは監督のアンドリュー・ラウにも言えるのかもしれない。 香港ノワールや大人の恋愛を描かせれば上手な監督だが、やはりそれにはそれなりの“大人”の役者を配したした方がベターだっただろう。 クァク・ジョエンの脚本を映像で捉えるにはやや力の配分が微妙に違っていたのではないだろうか。

 それでも、そこはやはりこの手がお得意の韓国映画。 期待していたほど泣けはしなかったが、揺れ動くヘヨンの気持ちに目頭が熱くなったのは間違いない。 ただし大粒の涙は流れはしなかったが。

 チョン・ジヒョン、観ている分には本当に可愛いし、やや演技も丸みを帯びてきた。若くして『
スカーレット・レター』が遺作となってしまった今は亡きイ・ウンジュに変わって、ソン・イェジン共々頑張って欲しい女優さんである。


デイジーの花言葉  心に秘めた愛・心の底からの愛

 



 余談ではあるのだが・・・

 席について開映を待っていたところ、韓国映画、おそらくチョン・ウソン大好きオバサンたちが4人隣りの席に座った。 ま、おしゃべりは上映前だったので我慢はできたが、そのうちの1人の香水の臭いこと臭いこと。 ただものではない。 鼻がもげそうな臭いで、どんだけ振り撒けばこんな臭いをするんだろうぐらい。 しかも女同士で映画ならたいしてつける必要はないだろうに。 おかげで息を吸うたびに絶句。 仕方がないので前に初日特典でもらった品のいいパヒュームを手首と指につけておいて、鼻にその指をあてながら2時間を過ごした。 若い女性よりも香水の臭いは悪いけど中年のオバサンのほうがキツイ。 困ったものだなぁ・・・鼻の悪い人は><

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (46)   トラックバック (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今話題の杏仁豆腐~ | トップ | 『佐賀のがばいばあちゃん』 »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わかります (chikat)
2006-06-04 23:34:53
オバサンというか、もう結構オネエサマ方は香りきついですね。今は指定席なので席かわれないし。

同じようにおじさんのポマードとか。

もっと逃げられないのはポップコーン。

あの甘い香りとぼりぼりは気になるんだけど劇場サイドが販売しているので我慢するしかないんですよね。

困ったものですね。
居ますよねぇ~。 (heartstrings_movie)
2006-06-04 23:56:34
あの「え」も言われぬオバサマの香水臭さって何なんでしょうね?

同様に、ハゲ上がった頭皮にドライヤーを充てすぎて焦げたような臭いのするオヤジは嫌ですなぁ。

まあ、自分も歳を取ったらオヤジになるのであまり言えないのですがf(^。^;)



さてさて、映画の方はデイジーの咲き乱れる田舎の風景がとっても心を和ませてくれて、印象的でした。



単純な三角関係でグダグダになる可能性もあったであろう内容だけに、ここまで退屈しないで観れたのは素晴らしかったと思いました。
そうですね~ (cyaz)
2006-06-05 00:01:54
chikatさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>オバサンというか、もう結構オネエサマ方は香りきついですね。今は指定席なので席かわれないし。

隣り近所が空いてれば移るのですが、初日などに観ると混んでいてなかなか変われません><



>同じようにおじさんのポマードとか。

同様にタバコの匂いも我慢できませんが(笑)

間際まで吸って入ってくる人も多いですから><



>もっと逃げられないのはポップコーン。あの甘い香りとぼりぼりは気になるんだけど劇場サイドが販売しているので我慢するしかないんですよね。

映画のジャンルにもよるのですが、シリアスなものは避けてほしいですよね(笑)

ほんとに~ (cyaz)
2006-06-05 00:04:09
heartstrings_movieさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>まあ、自分も歳を取ったらオヤジになるのであまり言えないのですがf(^。^;)

加齢臭も嫌ですけどね(笑)? でも高齢化社会、慣れるしかないですかね(爆)?!



>映画の方はデイジーの咲き乱れる田舎の風景がとっても心を和ませてくれて、印象的でした。

やはり異国で撮ったのが正解だったと思いますよ^^



単純な三角関係でグダグダになる可能性もあったであろう内容だけに、ここまで退屈しないで観れたのは素晴らしかったと思いました。

ごめんなさい、、、 (猫姫少佐現品限り)
2006-06-05 00:45:08
以後気をつけます。

香水、、、 あはは、、
爆笑・・・ (charlotte)
2006-06-05 01:08:10
こんばんは。

香水オバちゃんですか~爆

オバちゃんの鼻、きっと詰まってるんですよ。自分のにおいわからないから。殴

そういえば、私のとなりにギャルトリオが座ってましたけど、何をするシーンでも爆笑してるんですっ!

ここはどう考えても笑えないだろ…ってところでも。

もうそれらで頭がおかしくなりそうに。おかげでもっと泣きましたよ~ぉ 自滅…
やっぱ~ (cyaz)
2006-06-05 08:26:05
猫姫さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>以後気をつけます。 香水、、、 あはは、、

やっぱ・・・そうでしたか(笑)?!

でも、川崎までは来ないでしょ(謎)

困りもの~ (cyaz)
2006-06-05 08:30:45
charlotteさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>オバちゃんの鼻、きっと詰まってるんですよ。自分のにおいわからないから。殴

でも、他の3人のおばちゃんも臭うはず。注意せぇ~って感じでした(笑) もっとも他のオバチャンたちも鼻詰まってたりして(爆)?!



>ここはどう考えても笑えないだろ…ってところでも。

もうそれらで頭がおかしくなりそうに。おかげでもっと泣きましたよ~ぉ 自滅…

それは最近増えてますよね(笑)

あと年寄りがストーリーではなく、一つの単語だけ(特に猥語)笑ってることが?! 「映画館は茶の間」が拡大中><
試み (たましょく)
2006-06-05 08:51:00
 TBありがとうございますm(_ _)m



 アンドリュー・ラウ監督の作風と

クァク・ジョエンの脚本って、過去

の作品を見る限りでは、「対極」に

あるよーな気がします。



 その作風と脚本の方向性の違いの

中で異国の地オランダを舞台にして

韓国映画ながらどことなく「ハリウ

ッド映画」を意識するよーなテイス

トになっていたかと。



 イ・ウンジュさんは、「永遠の片

想い」でチャ・テヒョンと共演して

ますし、チョン・ジヒョンには、彼

女の分まで韓国映画で頑張って欲し

いですよね。
外国での出合いだこらこそ・・・ (カオリン)
2006-06-05 15:48:51
TBありがとうございました。

cazyさんの感想どうかなぁ~と、待ってたんですよ。

この映画、外国での出会いだからこそ・・・ってとこありますよね。最初の取っ掛かりが「ハンゴクサランエヨ(韓国の方ですか?)」で、彼らの出会いが始まるんですから・・・。



ところで、香水もオバちゃんがすると「臭い」なんですね・・・「香り」じゃなくって
はじめまして。 (あさこ)
2006-06-05 16:53:56
cyazさん、TBありがとうございました。

そうですねー。もうちょっと頑張ればすごくいい映画になってたような気がするので惜しいですね。でも3人の演技には充分引き込まれましたよ。

>香水

私は以前某舞台を見に行って隣の席の‘ギャル男気取りだがどう見てもオッサン’の香水が臭くて苦しんだ経験があります。なんにせよ、過ぎたるは及ばざるが如し。
臭いは逃げられないので大変でしたね (Yu-)
2006-06-05 16:59:05
cyazさん、TBありがとうございました。

せっかくのオランダの風景が、臭い攻撃では大変でしたね。私も比較的鼻だけはいいもので、辛さがよくわかります。

チョン・ジヒョンさん始めの頃はトレードマークの長い髪をなびかせた少女でしたが、恋を知って大人になり憂いも表現されていたように思えました。

バンバンですから、居眠りもしませんでした。
それは・・・連理の枝で・・・(爆) (にゃんこ)
2006-06-05 22:03:14
『デイジー』どうしよーーっと思ってる間に、うちの地元では

昼間のみになりました。。。

あーーー、ほんっと どうしよう^^;;;



にほひは・・・困りますね、、、

猫は同じく韓国映画の『連理の枝』観た時に

cyazさん状態、、、

混んでいないのに・・・なぜ2列も前方からのにほひに反応しちゃうのか。。。

猫だから、鼻 ききすぎなのね。。。
はじめまして。 (AnneMarie)
2006-06-05 22:18:35
アンマリーといいます。

TBありがとうございます。

私のかる~い映画感想とは大違い、丁寧な解説に脱帽です。

幸いにも「私の頭の中の消しゴム」は観てないのです。だからかチョン・ウソンは完璧でした。

舞台を韓国ではなくアムステルダムにしたのもよかったですね。映画全体を鮮やかにしてくれたように感じます。

これからもお邪魔させていただきますね。

よろしくお願いいたします。
マナーの悪さが気になりますね (キャサリン)
2006-06-05 23:33:52
こんばんわ。TBありがとうございました。

オランダの自然の風景や街並みがきれいでしたね。

最初のシーンで一緒に雨宿りをしていた人の中に

チョン・ウソンの姿はわかりましたがイ・ソンジェ

が居たのには気づけませんでした。



私も時々劇場内の香水や食べ物のにおい、いつまで

も続くおしゃべり等々に閉口する事が良くあります。

あと、エンドロールが始まってすぐに席を立ち平然

と見ている人の前を喋りながら通る輩にも一言言っ

てやりたくなります(笑)



またお邪魔させていただきます。
Unknown (たやけん)
2006-06-05 23:38:11
こんばんは\(^o^)/

トラックバックありがとうございました。m(__)m

今回は多国籍プロジェクトだったのですが、凄くバランスがとれていて良かったと思います。もっともっとたくさんの方に観ていただきたい作品です。
期待~ (cyaz)
2006-06-06 08:45:36
たましょくさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>アンドリュー・ラウ監督の作風とクァク・ジョエンの脚本って、過去の作品を見る限りでは、「対極」にあるよーな気がします。

確かにそうですね^^ 微妙にテーマの“愛”自体が違うような気します。



>その作風と脚本の方向性の違いの中で異国の地オランダを舞台にして韓国映画ながらどことなく「ハリウッド映画」を意識するよーなテイストになっていたかと。

おそらく監督は次作のことも視野に入れてこの作品を撮ったんだと思いますね!



>イ・ウンジュさんは、「永遠の片想い」でチャ・テヒョンと共演してますし、チョン・ジヒョンには、彼女の分まで韓国映画で頑張って欲しいですよね。

ホントそうですよね^^ 期待していい女優さんだと思います^^
にほい~ (cyaz)
2006-06-06 08:55:10
カオリンさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>この映画、外国での出会いだからこそ・・・ってとこありますよね。最初の取っ掛かりが「ハンゴクサランエヨ(韓国の方ですか?)」で、彼らの出会いが始まるんですから・・・。

全体のトーン自体が特にオランダという国柄とマッチしていましたよね? これがNYだったらまた違ったニュアンスでしたが(笑)



>ところで、香水もオバちゃんがすると「臭い」なんですね・・・「香り」じゃなくって

携帯用消臭材を持っていかないとだめですね(笑)?

香水用ファブリーズとか(爆)?!

臭いもキツいですが、化粧も・・・(笑)

おはつです~ (cyaz)
2006-06-06 09:00:11
あさこさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>でも3人の演技には充分引き込まれましたよ。

個々はなかなか良かったと思うのですが^^



>私は以前某舞台を見に行って隣の席の‘ギャル男気取りだがどう見てもオッサン’の香水が臭くて苦しんだ経験があります。なんにせよ、過ぎたるは及ばざるが如し。

ま、逆も確かにありますよね(笑)? 映画館用防臭マスクでも出ないかな(笑)?



楽しみ~ (cyaz)
2006-06-06 12:45:46
Yu-さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>せっかくのオランダの風景が、臭い攻撃では大変でしたね。私も比較的鼻だけはいいもので、辛さがよくわかります。

そうですね(笑) デイジーの香りをポケットに忍ばせていけば良かったですかね^^



>チョン・ジヒョンさん始めの頃はトレードマークの長い髪をなびかせた少女でしたが、恋を知って大人になり憂いも表現されていたように思えました。

大人の表情ができる女優さんになりましたね^^ 今後が楽しみです!
強烈~ (cyaz)
2006-06-06 12:48:22
にゃんこさん、コメントありがとうございましたm( )m



>『デイジー』どうしよーーっと思ってる間に、うちの地元では昼間のみになりました。。。

サボりませんかぁ~~~(笑)



>にほひは・・・困りますね、、、

猫は同じく韓国映画の『連理の枝』観た時にcyazさん状態、、、混んでいないのに・・・なぜ2列も前方からのにほひに反応しちゃうのか。。。

それは結構強烈なパワーでしたね(笑)?



>猫だから、鼻 ききすぎなのね。。。

う~ん、それはどうなんでしょうね^^

犬や猫が全ての匂いに反応するわけではないんでしょうけどね(笑)?!
おはつです~ (cyaz)
2006-06-06 12:52:14
アンマリー、コメントありがとうございましたm( )m



>幸いにも「私の頭の中の消しゴム」は観てないのです。だからかチョン・ウソンは完璧でした。

なるほど^^ でも『私の頭の中の消しゴム』は是非ご覧下さい!



>映画全体を鮮やかにしてくれたように感じます。

そうですね^^ 舞台がストーリーを引き立たせていたように思います!



こちらこそ、よろしくお願い致します^^

最低限~ (cyaz)
2006-06-06 12:57:32
キャサリンさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>オランダの自然の風景や街並みがきれいでしたね。 最初のシーンで一緒に雨宿りをしていた人の中にチョン・ウソンの姿はわかりましたがイ・ソンジェが居たのには気づけませんでした。

あれが監督の粋な計らいでしたね^^ あのシーンで「う~ん」ってうなってしまいました^^



>私も時々劇場内の香水や食べ物のにおい、いつまでも続くおしゃべり等々に閉口する事が良くあります。あと、エンドロールが始まってすぐに席を立ち平然と見ている人の前を喋りながら通る輩にも一言言ってやりたくなります(笑)

仕方がないんですが、最低限のマナーは守って欲しいものですね><

おはつです~ (cyaz)
2006-06-06 12:59:57
たやけんさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>今回は多国籍プロジェクトだったのですが、凄くバランスがとれていて良かったと思います。もっともっとたくさんの方に観ていただきたい作品です。

そうですね^^ 韓国映画初心者の方にはオススメできる作品ですよね~♪



イ・ソンジェ (夏子)
2006-06-06 15:55:06
TBありがとうございました。



わたしも「デイジー」悪環境のなかの鑑賞でした。

クァク作品(脚本も監督も)好きなので期待していたのですが

今回は情けないことに、あの強引さについていけなかったです。



イ・ソンジェの印象が薄かったです。もったいない。

こちらでみなさんの感想を読んで、自分なりに消化したいと想います。



ジヒョンはかわいかった~。
おはつです~ (cyaz)
2006-06-06 17:53:08
夏子さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>クァク作品(脚本も監督も)好きなので期待していたのですが今回は情けないことに、あの強引さについていけなかったです。

それは監督のせいもあるでしょうかねぇ・・・><



>イ・ソンジェの印象が薄かったです。もったいない。

こちらでみなさんの感想を読んで、自分なりに消化したいと想います。

確かに印象は薄かったですね。 彼のファンの方はガッカリしたかもしれません。
初めまして (ひらで~)
2006-06-06 18:34:20
TBありがとうございました。

折角頂いたのですが文字化けしてしまい、本文欄から

リンクできるようにしました。

こちらからは出来るのに・・・よろしくお願いします。



おば様たち・・・私の斜め後ろにもいらして独り言。そしてビニール袋をワシャワシャ(^^;)

でも、匂いの方が困り物ですね。お察しします。
おはつです~ (cyaz)
2006-06-06 23:16:26
ひらで~さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>折角頂いたのですが文字化けしてしまい、本文欄からリンクできるようにしました。

お手数おかけしましたm(__)m



>おば様たち・・・私の斜め後ろにもいらして独り言。そしてビニール袋をワシャワシャ(^^;)

本人はなんとも思っていないから困りものですね(笑) 隣でわざとガサガサさせてやらないとダメでしょうね><
はじめまして (MOE)
2006-06-07 19:42:50
TBありがとうございました。



映画を観る前に「冒頭とラストの雨宿りのシーンに4人が揃っている」という情報を入手していたので、目を皿のようにして見てたんですが結局見分けられませんでした~。



マナーの悪い方はいらっしゃいますね~。ダ・ヴィンチ~では、お弁当・お茶・おやつをたいらげ、お手洗いにまで行かれた方がいらっしゃいました(身を屈めて歩くわけでもなく)。近くに座っていたので気になりました。おウチにいるのと勘違いして、そのうちでっかいおならでもこくんじゃないかとハラハラしたりして。
ありがとうございます。 (かっぱ)
2006-06-07 20:51:38
TBありがとうございました。



とっても、いい映画でした。



こんなに、泣いた映画は、初めてです。





映画館だけではありませんが、あるていど、マナーは守ってもらいたいですよね。特に、おばちゃん。



TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-07 23:11:52
こんばんは♪

香水には気をつけなければ・・・と思うオバちゃんでした。

ウソンに関して言えば「消しゴム」の彼よりも「デイジー」の彼のほうが好みです。

それにしても韓国の俳優さんはみなさん背が高いですよね。

180センチないと俳優にもなれないみたい?
はじめまして~ (かつ)
2006-06-08 02:08:09
こんばんわ~

 こちらは香水の「におい」「香り?」の話題で盛り上がっていますね。確かに劇場に見に行ったとき隣の香水のにおいに悩まされました。

 韓流映画に押し寄せたオバサンたちの仕業かと思ったら、わかいお姉ちゃんでした。普通に映画観にきている人のマナーの問題なのですね。

 ところで、私はチョン・ウソンのパク・ウィ良かったです。恋愛に慣れていないパク・ウィの本物の恋が描かれていました。

『…消しゴム』を後で観たのが良かったのでしょうか。

 また、参ります。宜しくお願いします。
おはつです~ (cyaz)
2006-06-08 12:25:21
MOEさん、コメントありがとうございましたm( )m



>映画を観る前に「冒頭とラストの雨宿りのシーンに4人が揃っている」という情報を入手していたので、目を皿のようにして見てたんですが結局見分けられませんでした~

ラストシーンに短いカットで映っていたように思います^^



>ダ・ヴィンチ~では、お弁当・お茶・おやつをたいらげ、お手洗いにまで行かれた方がいらっしゃいました(身を屈めて歩くわけでもなく)

最近はお茶の間感覚で映画を観る人が多くなって来ましたね(笑) 映画より観ながら食べれることが楽しいんでしょうね、こういう人は(笑)?
ほんとに~ (cyaz)
2006-06-08 12:27:44
かっぱさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>とっても、いい映画でした。こんなに、泣いた映画は、初めてです。

そうですか^^ 良かったですね!



>映画館だけではありませんが、あるていど、マナーは守ってもらいたいですよね。特に、おばちゃん。

そうですね^^ 最低限は守って欲しいですよね、子供じゃないんだから(笑)







ですね~ (cyaz)
2006-06-08 12:30:21
ミチさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>ウソンに関して言えば「消しゴム」の彼よりも「デイジー」の彼のほうが好みです。

ほうほう、それはうちのかみさんと同じですね^^



>それにしても韓国の俳優さんはみなさん背が高いですよね。180センチないと俳優にもなれないみたい?

そうですねぇ^^ あまり環境の違いはないように思うのですが、特にそう感じるのはスレンダーな方が多いからでしょうか^^



おはつです~ (cyaz)
2006-06-08 12:33:15
かつさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>韓流映画に押し寄せたオバサンたちの仕業かと思ったら、わかいお姉ちゃんでした。普通に映画観にきている人のマナーの問題なのですね。

そうですね! つけている本人があまり感じないですからね(笑)?!



>ところで、私はチョン・ウソンのパク・ウィ良かったです。恋愛に慣れていないパク・ウィの本物の恋が描かれていました。『…消しゴム』を後で観たのが良かったのでしょうか。

それは言えてるかもしれませんね^^

 また、参ります。宜しくお願いします。

Unknown (michipu)
2006-06-09 12:52:21
TBありがとうございました。

私もTBさせていただきますね。



いますね~。臭いオバはん。

でもその前に…ポップコーン食べててすみません。

ついついボリボリ食べちゃってます。

最近じゃキャラメル味とか匂いプンプンで

ほおばっています(^^;



ケイタイ鳴らしてみたり、デカイ声で喋ってみたりと

非常識な人いますよね…

いい映画の時ほど非常識さに腹が立ちますね。

おはつです~ (cyaz)
2006-06-11 10:40:58
michipuさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>いますね~。臭いオバはん。

自分では気がつかないんでしょうねぇ(笑)



>いい映画の時ほど非常識さに腹が立ちますね。

シリアスな映画ではホント遠慮して欲しいです(笑)
やっと観ましたよ~ (sin)
2006-06-21 14:19:30
だいぶ遅れてしまいました。

いつも行く映画館は、本当にいつ行っても人がいなくて…

私は嬉しいのですが、観たい映画(他の人と好みがちがうのかな)は早く終わっちゃうし、映画館自体がなくなったら…と、いつもヒヤヒヤしています。



そうだ!「デイジー」ですよね。

あの田舎の風景画最高でした^^

ストーカー行為と思われることも、ウソンなら応援したくなるし、いいわ~と思ってしまいました。

やっぱり ウソンはいい!

で、ラストは…救われた命はやっぱりないのでしょうかね?

意見が分かれてしまいました…^^;
良かった~ (cyaz)
2006-06-22 08:57:59
sinさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>だいぶ遅れてしまいました。

いえいえ、観れて良かったですね^^



>観たい映画は早く終わっちゃうし、映画館自体がなくなったら…と、いつもヒヤヒヤしています

へぇ~そうなんですか(笑)? でも映画環境が悪くなるのは絶対嫌ですよね?



>あの田舎の風景画最高でした^^

そうでしたね^^ この映画のポイントはオランダを舞台にしたところにあったと思います!



>ストーカー行為と思われることも、ウソンなら応援したくなるし、いいわ~と思ってしまいました。

やっぱり ウソンはいい!

女性はやっぱそうですよね~^^ デイジーを贈られたら、オチてしまいますか(笑)?



>で、ラストは…救われた命はやっぱりないのでしょうかね? 意見が分かれてしまいました…^^;

そうですねぇ^^ 各々が感じたままでよろしいのではないでしょうか。

韓国バージョン観てきました。 (hyoutan2005)
2006-06-29 02:19:23
個人的には韓国版の方が好きでした。
へぇ~ (cyaz)
2006-06-29 08:51:32
hyoutan2005さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>個人的には韓国版の方が好きでした。

そうでしたか^^

あとでゆっくり読ませていただきますね!



うう~、身も蓋もないコメント。 (Ageha)
2006-11-03 08:53:47
チョンジヒョンはデイジーよりキムチで落ちたとか、
あれじゃチョンウソンはただのストーカーでキモイとか

・・・はう~全然泣けなかった。
えらいひどいツッコミだよぉ・・・。
家族鑑賞会は例によって悲壮を極めた。(爆)

そういうことをしゃべりながら見てるもんだから
ただひとこと好きッて言えたら
話は終わるやろって断言されると

「・・それじゃ映画にならへんやん」

・・おあとがよろしいようで。(?!)

やっぱり韓国映画は生理的にダメだわ~・・・。
激論~ (cyaz)
2006-11-03 09:25:30
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>家族鑑賞会は例によって悲壮を極めた。(爆)
鑑賞後のその各人の激論を聞いてみたい(笑)

>ただひとこと好きッて言えたら話は終わるやろって断言されると
さすが、ロマンチスト(爆)?!

>やっぱり韓国映画は生理的にダメだわ~・・・。
ま、そういうこともありますが、それでも予告を観て観たいと思ったんですよね(笑)?

今度一緒に行ってみまっかぁ(笑)?
久々に (メル)
2008-08-27 08:51:29
あ~、よかったなぁ、と思えた韓国映画でした♪
チョン・ウソンファンの私は^^彼の映画を
「MUSA」の後からずっと見てたんですが、なんだか
ガッカリすることが多くて、もう見ないでおこう・・と思ってて、これにもなかなか手が伸びなかったんですが、見て良かったです♪
チョン・ジヒョンもこの映画ではとても良かったです。
おっしゃる通り、静かでネガティブな女性を
こんなに上手く演じられるんだなぁ、と感心しました。そうか・・もう(当時)25なんですね~。
素敵な女性に、素晴らしい女優さんだなぁ、と改めて感じた作品でした。

こういうすれ違いものって割と好きなので
そういう意味でも満足できたし、やっぱり
チョン・ウソンが素敵でしたから、うっとり・・でした^^
ウソーン~ (cyaz)
2008-08-27 12:43:58
メルさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>あ~、よかったなぁ、と思えた韓国映画でした♪
そうでしたね^^

>チョン・ウソンファンの私は^^彼の映画を「MUSA」の後からずっと見てたんですが、なんだか
ガッカリすることが多くて、もう見ないでおこう・・と思ってて、これにもなかなか手が伸びなかったんですが、見て良かったです♪
そういうことってありますよね~
でも、やっぱりファンだから観ちゃうってこと(笑)?

>チョン・ジヒョンもこの映画ではとても良かったです。おっしゃる通り、静かでネガティブな女性を
こんなに上手く演じられるんだなぁ、と感心しました。そうか・・もう(当時)25なんですね~。
素敵な女性に、素晴らしい女優さんだなぁ、と改めて感じた作品でした。
彼女は最近エイジアのCMにも出ていたと記憶します。初代のチャン・チィイーは結婚しちゃいますけどね(悲)

>こういうすれ違いものって割と好きなのでそういう意味でも満足できたし、やっぱりチョン・ウソンが素敵でしたから、うっとり・・でした^^
結局、そこに尽きるようですね、メルさんは(笑)?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

86 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「デイジー」 (てんびんthe LIFE)
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一 ...
デイジー (琴線~心のメロディ)
【2006年5月27日劇場公開】 【ジャンル:ラヴ・ストーリー】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{ ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
『デイジー』 (ラムの大通り)
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで ...
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
DAISY(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛  
『デイジー』 (試写会帰りに)
『デイジー DAISY』試写。 香港マフィアと走り屋と、今、男くさい世界を描かせたら世界一なのでは? と思うアンドリュー・ラウ監督ですが、恋愛物は、ちょっと勝手が違ったか……!? デイジー PHOTO BOOK 『インファナル・アフェア』三部作、『頭文字[イニシャル ...
デイジー (シャーロットの涙)
花に想いをたくして・・・「デイジー」 韓流(華流)がご無沙汰。でも、オランダが舞台と知ってとても興味が沸いてきた。 とてもありえない設定が多いのでかえって私には現実逃避するのにうってつけ。 絵描きの卵のヘヨン。個展の準備に追われたある夏の日。丸太 ...
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
「デイジー」 インターナショナル・バージョン (ちょい、ネタバレ) (応答せよ!!!)
 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ   2006年作品 ついに、日本語字幕の付いた「デイジー」を見ちゃいました! 韓国で観たものとは、オープニングから異なっていました。 悲しいことに、どうしても、マニア?の目線になっ ...
デイジー (Movies!!)
チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィット・チャン出演。アンドリュー・ラウ監督作品。 オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨンは、名前も顔も知らないある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の ...
デイジー (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「デイジー」の感想です
映画『デイジー』(お薦め度★★) (erabu)
監督、アンドリュー=ラウ。脚本、クァク=ジェヨン。2006年韓国。サスペンス・ラ
デイジー (日々徒然ゆ~だけ)
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
映画「デイジー」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
友達に誘われて試写会に行ってきました(カテゴリ、これでいいかしら)。 3週間ぶりくらいの大スクリーンは、久しぶりな感じです。 主役は「猟奇的な彼女」と「トンケ」です。 舞台はなぜかオランダ。 監督は見たことないけど「インファナルアフェア」の人だと聞 ...
デイジー(未来は、変わる・・・) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
韓国では、いまひとつの興行成績だったようなので、「劇場で見るか、見ないか・・・」と悩んでたんですが、レディースデーなんで行っちゃいました。
「DAISY/デイジー」 (塩ひとつまみ)
チョン・ウソンとチョン・ジヒョン。どちらも好きな役者さんです。 舞台はオランダ・アムステルダム。うーん、風景も役者さんも美しい… 以下、かるーくネタバレです。
デイジー (とっさの絵日記)
韓国映画はスルーすることが多い私ですが、これを見に行ったのは監督が「インファナ
映画『デイジー』 (Yuのつれづれ日記)
韓国映画 『デイジー』   デイジー公式HP 監督  アンドリュー・ラウ キャスト    ヘヨン・・・チョン・ジヒョン(画家の卵)    パクウィ・・・チョン・ウソン (殺し屋)    ジョンウ・・・イ・ソンジェ  (インターポールの刑事)     ...
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
【デイジー】 (NAO-C☆シネマ日記)
本日はサービスデイ {/kaeru_fine/}の中、新宿へ「デイジー」と「ビックリバー」の2本はしごで鑑賞してきました{/hiyos/} 韓国映画・・全く興味なしの私。。 それが何故観に行ったか??答えは{/arrow_r/}大好きな『インファナル・アフェア』シリーズのアンド ...
デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ (カノンな日々)
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 + ...
「デイジー」 DAISY (俺の明日はどっちだ)
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を ...
「デイジー」 イ・ソンジェに1票。 (のらりくらりと・・・あくせくと・・・)
早速楽しみにしていた「デイジー」見てきました。なにせこの日記をよく見返してみると、これが4回目の「デイジー」に付いての記事になりましたから。1作1回が基本の私にしてはとても珍しいことで、かなりの期待の表れです。そして今回が本編を見たホントの感想 ...
映画~デイジー (きららのきらきら生活)
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人 ...
「デイジー」試写会感想(チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん、イ・ソンジェさん出演の韓国映画)ネタばれあり (韓国映画&韓流スターサランヘ)
ついに、「デイジー」を鑑賞してまいりました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
デイジー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:?偉強(アンドリュー・ラウ)英題:Daisyキャスト:チョン・ジヒョン、チ
デイジー(韓国) (映画でココロの筋トレ)
今日は、レディースデー。 何か観たいなってことで「デイジー」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 上映時間:125分 アムステルダム ...
DAISY(デイジー) (C'est Joli)
DAISY2006年/韓国 ◆監督:アンドリュー・ラウ「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン ◆STORY◆ ヘヨンは幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる ...
『デイジー』(40/100 '06) ( 音のなる樹)
チョンウソンずきとしては決して外せない『デイジー』。イソンジェもけっこうすきだし
「デイジー」 アムステルダム無情 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。 少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおな ...
デイジー (ウツリギ ニッキ)
せっかく一日がお休みだったので、映画を観に出かけました。 DAISY 言わずと知れた(?)ウソンさん目的ですw 動機はウソンさんだったんだけど、国がオランダだったからかオシャレな雰囲気ムンムン。 3人共に部屋のインテリア、ステキなんだよねぇ。 っ ...
『デイジー』 (お気に召すまま)
[制 作 年] 2006年[原 題] デイジー ???[英 語 題] Daisy
デイジー (めざせイイ女!)
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始まり...
デイジー (うぞきあ の場)
監督がアンドリュー・ラウ。で、スタッフの7割が香港人だそうな。 韓流と言うよりは、香港映画のテイストを強く持ち、そこに韓国映画の “切なさ”を混ぜ合わせたような作品。 監督がアンドリュー・ラウなだけに、香港スターで作ってみても面白そうな感じ。 キ ...
チョン・ジヒョン (ゆういちのマニアな一日)
 今日は女優のチョン・ジヒョンさんです。ジヒョンさんは韓国でCM女王として有名で日本では映画「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」で人気が急上昇。来月韓国で最新映画「デイジー」が公開されます。  ジヒョンさんは1997年にモデルデビューし、 ...
デイジー (~映画とはずがたり~)
異国の地でめぐりあった 男女の数奇な愛の軌跡をみつめた物語。 STORY:オランダ・アムステルダム。 画家を目指すへヨンは、名前も顔もわからないが、 どこかで自分を見守りながら、 デイジーの花を贈り続けてくれる男性を “運命の人”だと信じていた。 ...
デイジー (そよかぜから-映画)
■2006年 韓国 125分 ■2006.6.1 TOHOシネマズ緑井 with r ■監督 アンドリュー・ラウ ■出演 チョン・ジヒョン(ヘヨン)  チョン・ウソン(パクウィ)  イ・ソンジェ 、チョン・ホジン(ジョンウ)  デヴィッド・チャン[姜大衛] (組織のボス・チョウ ...
言霊の夏恋【デイジー】 (Fun is ;)
【私の頭の中の消しゴム】でウソンにやられた後輩ちゃんは、未だ焼酎の一気飲みを実践できていないと嘆いている。 イメトレはバッチリらしい。 そんな後輩ちゃんが、期待どおり【デイジー】の試写会に連れて行ってくれました。 焼酎の一気飲みは、すぐにデキルさー ...
デイジー DAISY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ、チョン・ウソン主演 ヘヨンは韓国の画家を目指す 美しい25歳の女性です アムステルダムで骨董店を開いている祖父の商売を手伝いながら 夕方には街の広場に出掛け 似顔絵を描くアルバイトをしています 名前も知らない 相手 ...
デイジー☆愛は、枯れない。 (☆お気楽♪電影生活☆)
今月1日、映画の日、2本目に観ました♪ (1本目は『ピンクパンサー』で~す)
映画:デイジー (駒吉の日記)
デイジー@渋谷シネフロント デイジーの花言葉は『心に秘めた愛』・・・ ■予告 UDON:ぶっかけうどん、食べたくなりました。 着信アリFinal、オーメン:ひい~どっちも怖っ ゲド戦記:かなり映像が出てきましたが、声はテルーの手島葵さんのみ。 日本沈 ...
DAISY (夢見る小悪魔)
愛は、枯れない。公式サイトデイジー◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆何気ないこのシーンにも隠された秘密が・・・祖父の骨董店を手伝いながら画家を目指すヘヨン。麻薬ルートを捜査中のインターポール捜査官・ジョン ...
Daisy デイジー チョン・ジヒョン (・・・の続き)
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 ラスト客席のみなさまのすすり泣き。 その中で、ひとりわたくし「?」でごめんなさい。 映画が悪いわけじゃなく。 テーマ曲が、クァク作品のいつものバラードに また似ているのかよ!でもなく。 説明ば ...
「デイジー」 (月影の舞)
「デイジー」   2006/韓国 デイジーの花を毎日届けてくれる人を運命の人と 信じ、待ち続ける画家のヘヨン。 彼女の前に現れた素性を隠した捜査官と、 彼が追う暗殺者の男。 この三人の愛がからまっていく悲恋もの。 「私の頭の中の消しゴム」で夫 ...
DAISY デイジー (お気に入りの映画)
2006年 韓国映画 監  督 アンドリュー・ラウ 出  演 チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ あらすじ ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、デイジーの花を贈り続けてくれる男性に恋をしていた。街で出会ったジョンウ(イ・ソン ...
デイジー (It's a Wonderful Life)
「インファナル・アフェア」「頭文字D」のアンドリュー・ラウが監督、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本。 メインは韓国のキャストなんで、韓国にラウ監督が呼ばれた形なんでしょうか。 香港映画ファンとしてはアンドリ ...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
『デイジー』アンドリュー・ラウ監督 (たけしのポレポレ部屋)
もうですね、チョン・ジヒョン最高です。 彼女の演技は最高すぎます。個人的には大好きですね。 全体的には、途中まで登場人物3人のそれぞれの気持ちをそれぞれが 語るような感じだったって事もあってか、 なかなか登場人物に感情移入できないし、なんかいまい ...
デイジー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★ 基本的に韓国映画は観ません。しかし、この「デイジー」にはチョン・ジヒョンが出ているという理由だけで、個人的にはアイドル映画でも観るような感覚で、全く期待せずに映画館に行きました。今日はメンズデーでもあったし、内容がコケても1000円 ...
☆デイジー☆ (☆熱しやすく冷めやすぃ姫の気まま日記☆)
☆「デイジー」オフィシャルサイト ☆ストーリー⇒アムステルダムで暮らすヘヨン(チョン・ジヒョン)の元に、毎日見知らぬ人からデイジーの花が届く。ある日街頭で似顔絵を描くヘヨンの前にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れ、ヘヨンはジョンウこそが待ち焦がれた運 ...
デイジー (It's a Wonderful Life)
「インファナル・アフェア」「頭文字D」のアンドリュー・ラウが監督、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本。 メインは韓国のキャストなんで、韓国にラウ監督が呼ばれた形なんでしょうか。 香港映画ファンとしてはアンドリ ...
『デイジー』 (思ったことBAN!BAN!)
主人公のヘヨンのもとに、 デイジーの花が贈られてくるときに発せられる… “Flowers” というかけ声が印象的だった。 幸せを感じさせる声だなぁ…と。 映画は、そのヘヨンと二人の男との 三角関係をめぐる話。 デイジーの花がヘヨンとその ...
Sugar Baby Love (Rubettes) (ドレーピアの書簡)
普通に仕事。 朝から部下を説教。 最近の若い奴は、まったく。 おやじパワー全開。 適当に仕事を切り上げ、 映画「デイジー」を鑑賞。 オランダを舞台にした、 韓国人の殺し屋と刑事と画家の女性の、 三角関係のお話。 なかなかよかった。 ストーリーとかではな ...
雨がやんだら、、『デイジー』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
初めて見た韓国映画。 なぜ、見に行ったかというと、 オランダが舞台だから。 ちょっとありえない設定と展開。 少しの嘘と、少しの勘違いと、 少しの思いやりが悲劇に繋がるってのは、 常套手段だけど、切なく
『DAISY デイジー』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開   公式サイト(壁紙・スクリーンセーバーあり) 泣き度[:悲しい:] 映像美[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】アンドリュー・ラウ 【脚本】クァク・ジェヨン 【出演 ...
DAISY~デイジー~(ネタバレ注意) ★★★★★ (頑張る!独身女!!)
ひと晩中。考えるのはただひとつ、オレにとってそれは、何よりの時間さ。この想いが、まっすぐお前に届いてくれたら。なんて最高、なんて最高。好きな女がいるって事は、生きてるって感じよ。だけどなにもしないでいるのは、しんでるって気分さ。お前がオレを愛し ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
???: デイジー (口惜しいけれど韓流かつ)
『デイジー』見てきました。 よかったです。  映画が終わってクレジットが流れるな
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
「デイジー」■これがその真実・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
映画「デイジー」で語られる物語は、ある人物の空想ではないだろうか。ある人物とは暗殺者・パクウィと刑事・ジョンウの二人。物語の発端はラストの雨宿りのシーン。実は、二人はお互いのことを「もしや」と感じていた。しかし、決定的な証拠がなくお互いに相手に ...
『デイジー』(2006)/韓国 (NiceOne!!)
韓流づいている今年の映画レビューですけど、これは今年前半の韓流のトリになりそうですね。さ~~来ました、『デイジー』ですよ♪**********************『デイジー』(2006)/韓国監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ ...
『デイジー』(2006年) ★★★★☆ (どっぷりレビュー)
監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ氏。脚本は『僕の彼女を紹介します』の監督クァク・ジェヨン氏が担当、プロデューサーはサイダスHQのチョン・フンタク氏。キャストにチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ。これだけアジアの才能 ...
デイジー (nanaya*michipu)
夕べは、きのうからロードショーの『デイジー』観て来ました。 ぐふっ♪チョン・ウソン カッコイイですぅ(≧∀≦) 最初、チョン・ウソンがなかなか出てこないので 「何でなんで!」?(゜Д゜≡゜Д゜)?って隣のヒロを揺さぶってましたけど。 ちょっ ...
デイジー (花ごよみ)
(試写会にて) 監督は『インファナル・アフェア』三部作シリーズの アンドリュー・ラウ。 刑事、殺し屋2人の男に愛されるヒロインに、 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン。   相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン ...
デイジー (k.onoderaの日記)
ゴッホはヒマワリ、わたしはデイジー。 いや~、韓流ラブロマンスですよ。 となりの席のマダムなんか、おいおい泣いちゃったりして。 オランダを舞台
デイジー (まつさんの映画伝道師)
第467回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人との出会いは「偶然」でありながら「必然」であるといわれる。  その出会いが「男女」によるものであれば、それは時に「運命の出会い」として「恋愛劇」を転がしてゆ ...
『デイジー』は2本の映画 (Days of Books, Films)
『デイジー』は、まったく違う2本の映画を強引に1本の映画にしてしまったような印象
『デイジー』アンドリュー・ラウ監督 (たけしのポレポレ部屋)
もうですね、チョン・ジヒョン最高です。 彼女の演技は最高すぎます。個人的には大好きですね。 全体的には、途中まで登場人物3人のそれぞれの気持ちをそれぞれが 語るような感じだったって事もあってか、 なかなか登場人物に感情移入できないし、なんかいまい ...
映画「デイジー」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
オランダに10年住んでいた友達を誘って観て来ました。 その友達を頼って私も一応1ヶ月居候していたことのあるオランダが舞台の映画です。
誰かを愛し続けること。 (ひょうたんからこま)
『デイジー』(2006年韓国・125分)公式サイト(以下ネタバレあり)花言葉は「心に秘めた愛。」~そばにいるだけで良かった。ただ見つめるているだけで・・・。死と暴力の世界に身をおく孤独な男の恋。2次元の見つめる愛から、3次元の愛に現実化した時愛 ...
「デイジー」 (the borderland )
「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督作品にチョン・ジヒョンが出るというので楽しみにしてたんですが、脚本がクァク・ジェヨンとは観終わるまで知りませんでした。クァク・ジェヨンはストーカーのように着いて回るなぁ。どうりで監督らしくないラ ...
やっと観てきた「デイジー」 (キラリ☆一番星)
観る前から最後がどうなるのか、気になって気になって… まず 出演者の名前はどうでも良かった。 ヘヨンだけは覚えたが、後はパクウィは暗殺者、ジョンウは警官と 覚えてしまった。 ヘヨンが絵を描くために行った田舎のあの景色、良かったなあ{/kaeru_en3/} 野 ...
『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 (画像はノベライズ) 出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 監督■アンドリュー・ラウ 脚本■クァク・ジェヨン <ストーリー>  オランダ ...
デイジー (韓国映画 好き嫌い)
一応好き オランダの風景、街並がとても美しかった チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェも良かった 途中テンポが落ちてやや冗長な気もしたが、結構面白かった でも、見終わった後、友人と「ストーカーの愛 って感じだね」と意見が一致した( ...
デイジー (おやつは300円までよ。)
監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、etc... Official Site 5/27、公開 「私の頭の中の消しゴム」で日本における韓国映画の興行記録を塗り替えたチョン・ウソンと「猟奇的な彼女」でブレイクを果たし、「僕の彼女を紹介 ...
アナザーバージョン。 (ひょうたんからこま)
『デイジー アナザーバージョン(韓国編集版)』(2006年/103分)公式サイト日本で公開されたインターナショナルバージョンのものとは、編集の異なった韓国バージョンである。個人的にはこちらの「デイジー」がお薦め。心から、本当に泣けた。<監督>アン ...
デイジー (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
かなり前に試写会が当たって観てきましたー! 「私の頭の中の消しゴム」でソン・イェジンの相手役として 不器用な男性役を好演したチョン・ウソンが出演しているので 彼がフューチャーされがちですが、 私は断然チョン・ジヒョン!!!(そこまで強調しなくて ...
デイジー (あじさいCinema)
DAISY デイジー (韓/香港) 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チャン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ
テイジ (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノ ...
デイジー (映画鑑賞★日記・・・)
『DAISY』公開:2006/05/27監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン軽くストーカー入ってる、、、 ←ストーカー予防にポチッと・・・そりゃ無理だろ☆
「デイジー」ちょっともったいない (ももたろうサブライ)
監督 アンドリュー・ラウ(2006年)DVDで鑑賞ちょっとあらすじ オランダで画家をめざすヘヨン(チョン・ジヒョン)が広場で肖像画を描く仕事をしているところへ客としてジョンウ(イ・ソンジェ)が現れる。ヘヨンは以前から自分を見守り、デイジーの花を贈ってくれる男....
「デイジー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、名前も顔も知らない ある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞在 していた時、困っていた彼女を秘かに助けてくれた人。そんなある日、広場で肖像画を 描くヘヨンの前に...
デイジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ~ことで、とても雰囲気のあ...