京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『まほろ駅前多田便利軒』

2011-04-29 00:04:29 | 邦画

 

 

□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒
□監督・脚本 大森立嗣
□原作 三浦しをん
□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、
       大森南朋、
松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳

■鑑賞日 4月23日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 そもそも三浦しをんの原作「まほろ駅前多田便利軒」は既に読んでいたが、
 原作を読み終わってこの原作が映画化されたら面白いなぁと思っていたところ、
 昨年、映画化の話が出て楽しみにしていた作品だ。

 主役の二人に瑛太、松田龍平が決まったときは、少々原作とズレを感じたのだったが、
 多田啓介を演じる瑛太はともかく、行天春彦を演じる松田龍平は、やや線が細く少しイメージが違った。
 しかしながら、原作にあるつかみどころのない“わが道をゆく”スタイルは一貫していてなかなか良かった

 この瑛太と松田龍平は私生活でも親しいらしい。
 それはフジテレビの「ボクらの時代」に役者仲間の新井浩文と3人で出ていたときの様子で理解できた。

 便利屋を営みながら、様々な人間との出会いと触れ合いを通して、何よりも主人公の二人が、
 人間として成長していく姿を追っているのがこの作品の良さなのだ。
 そして、それは他人の生き様を見ながら、実は多田も行天も自分たちの人生と向き合い、
 互いに感化されながら、生きていくことの意味を考えていく。

 原作にはなかったようなフレーズもここでは登場している。
 それは、多田演じる
瑛太のセリフで・・・

   軽トラのフロントガラスを割られ、瑛太が、「なんじゃこりゃ~」というセリフに、
   優作の子である松田龍平が「全然似てない」て言ったところ。
   大爆笑だった

 これ、大森監督のサービスなのかな 

 適度な小笑いと世の中を斜に見ながらもわが道を行く二人には、
 少し前の現代社会の一部分を切り抜いた、
 その代弁者とも言える作品になっていたのかもしれない。
 便利屋を営みながらも、その客たちの奇妙な人生に加担していく様は、
 「必殺仕置人」の味
わいがあったりして(笑)


 そうそうヤクザの星を演じていた高良健吾クン、今までと違った表情でカッコ良かったなぁ(笑)
 それにしても松田龍平、歳を重ねるごとに優作に似てくるなぁ~ 
 


  
 

まほろ=イメージ町田ですが、小田急線町田駅北口エリアの商店街を紹介する
  クーポン付きマップ「栄通り商店街×まほろ横丁map」がに発行されたことが
Yahoo ニュースに出てました

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ガリバー旅行記(2D吹替... | トップ | 「夜行観覧車」/湊 かなえ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
龍平さん (こに)
2011-04-29 14:11:57
夜逃げした家のベランダの柵を乗り越えるところなんて優作さんそのものでしたね
そのうち、お父さんの影を打ち消して彼の世界を完成させてくれることでしょう
楽しみな俳優さんです^^

なんじゃこりゃ~
大爆笑でした

大森親子、兄弟
松尾スズキさんも良かったですね
キャラ~ (cyaz)
2011-04-29 22:14:40
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>夜逃げした家のベランダの柵を乗り越えるところなんて優作さんそのものでしたね
ですね(笑)?

>そのうち、お父さんの影を打ち消して彼の世界を完成させてくれることでしょう
楽しみな俳優さんです^^
親の看板は大き過ぎるから、せめて彼の独自のキャラを確立してほしいですよね?

>なんじゃこりゃ~大爆笑でした
あれ、監督のファインプレーでした!

>大森親子、兄弟 松尾スズキさんも良かったですね
大森親子、絡みはなかったですけどね(笑)
事件はあっても (ふじき78)
2011-05-04 13:09:37
事件はあっても死人は出ないし、不幸はあっても、日常が続いている。やり直しなんかできないと多田は言いながらも、全体どのエピソードもやり直せそうな空気が流れる。優しい感じの映画でした。
必殺仕置人! (クマネズミ)
2011-05-08 07:12:05
お早うございます。
原作の情緒に流れがちなところを映画はかなり押さえ込んでいると思えるところから、cyazさんの、「便利屋を営みながらも、その客たちの奇妙な人生に加担していく様は、「必殺仕置人」の味わいがあ」るという見方は、大変面白いなと思いました。
なお、酷くつまらないことで誠に恐縮ですが、「原作にはなかったようなフレーズもここでは登場」とおっしゃっているところ、原作(文春文庫版)のP.145には、同じセリフで同じ場面が描かれています(ただ、原作ではライフル銃が使われているようですが)。あるいは、ここはキャスティングの妙を評価すべきなのかもしれません。
原作と~ (cyaz)
2011-05-09 19:59:09
ふじき78さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やり直しなんかできないと多田は言いながらも、全体どのエピソードもやり直せそうな空気が流れる。優しい感じの映画でした。
そうですね~
原作の持つイメージとは若干違う感じはしたのですが・・・。
キャスティングの妙~ (cyaz)
2011-05-09 20:02:40
クマネズミさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「便利屋を営みながらも、その客たちの奇妙な人生に加担していく様は、「必殺仕置人」の味わいがあ」るという見方は、大変面白いなと思いました。
ありがとうございます^^
深入りはもちろんできないですが、側面的には触れているような(笑)

>なお、酷くつまらないことで誠に恐縮ですが、「原作にはなかったようなフレーズもここでは登場」とおっしゃっているところ、原作(文春文庫版)のP.145には、同じセリフで同じ場面が描かれています(ただ、原作ではライフル銃が使われているようですが)。あるいは、ここはキャスティングの妙を評価すべきなのかもしれません。
そうでしたか^^
それは読んでずいぶんたっていたので忘れていたかもしれません。
機会があれば読み返してみたいと思います。
ご忠告、ありがとうございました。
Unknown (ほし★ママ)
2011-05-09 22:53:35
こんばんは~。
先日は、すっかり読み逃げで失礼いたしました。

あのシーン、やはり受けましたね。
ただ、私の右隣3人くらいが全く笑っていなくて
「知らない年代の方々も多いんだなぁ~」と、思いました。
私も、「ボクらの時代」を見ていましたので
普段から、あんな感じで突っ込んだりしているんだろうなと楽しめました。
原作にも登場するシーンとは、ビックリ!!
いい感じ~ (cyaz)
2011-05-10 08:15:45
ほし★ママさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>先日は、すっかり読み逃げで失礼いたしました。
いえいえ、ノープロブレムですよ^^

>あのシーン、やはり受けましたね。
ただ、私の右隣3人くらいが全く笑っていなくて
「知らない年代の方々も多いんだなぁ~」と、思いました。
そうかもしれませんね(笑)
名シーンなんで知らない人がいるのは残念ですけどね><

>私も、「ボクらの時代」を見ていましたので
普段から、あんな感じで突っ込んだりしているんだろうなと楽しめました。
原作にも登場するシーンとは、ビックリ!!
あの空気感が映画にもいい意味で活きていたんだなぁと感じました^^
なるほど! (sakurai)
2011-05-10 19:16:29
必殺仕置人ねえ。。仕事人と言わないところが、年がわかりますね。なはは。
この二人は私生活でも仲よしなんですか。
なんかわかる気がしますね。似た空気を感じます。
原作を読みたくなりました。良さそうですね。
ぜひ~ (cyaz)
2011-05-11 07:56:36
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>必殺仕置人ねえ。。仕事人と言わないところが、年がわかりますね。なはは。
そのとおり(笑)
そう仰るsakuraiさんも・・・(笑)?!

>この二人は私生活でも仲よしなんですか。
なんかわかる気がしますね。似た空気を感じます。
線は細いけど、神経は図太いような(笑)

>原作を読みたくなりました。良さそうですね。
原作、オススメですよ! ぜひ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
まほろ駅前多田便利軒 (LOVE Cinemas 調布)
三浦しをん原作の直木賞授賞小説を映画化。ひょんなことから再会した中学校の同級生の多田と行田。多田のやる便利屋を手伝いながら妙な共同生活を送るのだった。様々な依頼を通して2人の過去が明らかにされてゆく。主演は『ディア・ドクター』の瑛太と『蟹工船』の松田龍...
まほろ駅前多田便利軒 (シネマDVD・映画情報館)
まほろ駅前多田便利軒 東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田啓介は、頑固な程に真面目でしっかり者。そんな多田のもとに転がり込んできた行天春彦は、飄々としてつかみどころのない変わり者。共にバツイチ、三十路。誰にも言えない過去を抱えながら、水と油のような二人...
まほろ駅前多田便利軒 (花ごよみ)
監督は大森立嗣、 主演は 瑛太、松田龍平。 監督のお父さんの麿赤兒、 弟の大森南朋も出演です。 片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、 柄本佑、松尾スズキ、高良健吾、 岸部一徳等が共演。 舞台は 東京郊外にあるまほろ市。 タイトルどおりまほろ市の駅前で、 便利屋を営...
まほろ駅前多田便利軒/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
直木賞作家の三浦しをんのベストセラー小説を瑛太、松田龍平の若手実力派の二人の主演にて映画化した作品です。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督なのです ...
まほろ駅前多田便利軒 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。三浦しをん原作、大森立嗣監督、瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、横山幸汰、柄本佑、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳。 ...
まほろ駅前多田便利軒 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
まほろ駅前多田便利軒オリジナルサウンドトラック心に傷を持つ同士のバディ・ムービーは、力の抜け具合が絶妙だ。ゆるい空気の中にうっすらとにじむ正義感がいい。瑛太と松田龍平 ...
まほろ駅前多田便利軒 (悠雅的生活)
チワワ。はたらく車。冬の夜のバス停。
まほろ駅前多田便利軒 (悠雅的生活)
チワワ。はたらく車。冬の夜のバス停。
映画・まほろ駅前多田便利軒 (お花と読書と散歩、映画も好き)
東京郊外のまほろ市 まほろ駅から走って1分、歩いて3分のところにある雑居ビルで便利屋を営む多田・瑛太 ある年の正月、中学時代の同級生、行天・松田龍平が転がり込んでくる 三十路、バツイチ ワケありな二人が便利屋の仕事を通して様々な人間模様や出来事に出会...
「まほろ駅前多田便利軒」みた。 (たいむのひとりごと)
東京都にまほろ市なんかあったっけ?と思っていたら、架空の街だった(^^;贔屓にしている瑛太くんであり、注目度の高い松田龍平くんでのダブル主演っぽい作品なだけに楽しみにしていたのだけど、「楽しい」作品か
まほろ駅前多田便利軒 (だらだら無気力ブログ)
第135回直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー連作短編集を「ディア・ ドクター」の瑛太と「誰も守ってくれない」の松田龍平の共演で映画化した ヒューマン・コメディ。 東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年・多田と ふらりと現れた同級生・...
映画【まほろ駅前多田便利軒】の舞台裏メモ (僕らのドラマ)
「THE MAKING OF まほろ駅前多田便利軒」展より
愛だろ、愛。~『まほろ駅前多田便利軒』 (真紅のthinkingdays)
 まほろ市駅前で便利屋稼業を営む多田(瑛太)は、中学の同級生、行天春彦 (松田龍平)と再会する。多田は中学時代の負い目から、「今夜一晩泊めてくれ」 という行天の頼みを聞き入れてしまう。その日か...
【まほろ駅多田便利軒】 (日々のつぶやき)
監督:大森立嗣 出演:瑛太、松田龍平、本上まなみ、片岡礼子、鈴木杏、高良健吾  カムバック、しあわせ 「まほろ市の駅前で便利屋をしている多田は、仕事の帰り預かったチワワを抱いている中学の同級生行天と出会う。今晩泊めて欲しいと突然言う行天に、最初は断
「まほろ駅前多田便利軒」:ゆるゆると、のらりくらりと (大江戸時夫の東京温度)
映画『まほろ駅前多田便利軒』は、オフビートで「間(ま)」を生かした、日本映画らし
「まほろ駅前多田便利軒」  (俺の明日はどっちだ)
便利屋主人の多田啓介(瑛太)は、何をするにしても慎重派のしっかり者。淡々と確実に仕事をこなす一方で、産まれて間もない息子を死なせてしまい妻と別れた過去を持つ。 そんな多田のもとに転がり込んで来た同級生の行天春彦(松田龍平)は、黒いロングコートに健康サン...
「まほろ駅前多田便利軒」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
近頃出色のバディ・ムービーだな。 「バディ」って何? 相棒。 ああ、「相棒」といえば、そのものズバリ、水谷豊のテレビドラマが有名だけど、「まほろ駅前」の二人組は刑事じゃないし。 かといって、犯罪者でもない。 男二人、狭苦しい事務所で便利屋を営むという、みみ...
『まほろ駅前多田便利軒』をユーロスペース1で観て、ふむふむふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆楽な気分で観れる地味目な娯楽映画】 ・三面怪人ダダ便利軒  瑛太と龍平とチワワの顔を持つ異星出身の便利屋が  標本を採集しながら秘かに便利する。 ・ ...
映画『まほろ駅多田便利軒』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
4月24日の「ボクらの時代」に主役のお二人と 新井浩文さんが出ておられて、改めて魅力的な方々だなぁ~と。 独特の空気感を
まほろ駅前多田便利軒 (映画的・絵画的・音楽的)
 『まほろ駅前多田便利軒』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)映画は、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた行天晴彦(松田龍平)とが軸になって展開されます。  その際、行天の小指が要石の一つような気がします(注1)。...
チワワになりたい。(へ???)~「まほろ駅前多田便利軒」~ (ペパーミントの魔術師)
架空の街だというのにGW企画でこんなのをやってたらしい。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000026-minkei-l13.view-000 町田市の雰囲気は似てるのか? 原作の三浦しおんさんがらみでもあるそうですが。 ・・・ってこういうのあると行きたくなるんだよな~...
「まほろ駅前多田便利軒」子供たちと接して向き合った先にみた自分の子供への愛情の深さ (オールマイティにコメンテート)
「まほろ駅前多田便利軒」はまほろ駅前で便利屋をやっているバツイチの男が同じくバツイチの同級生の男と再会して一緒に仕事をする事になり、さまざまな仕事をしていくうちにそれ ...
まほろ駅前多田便利軒/岳 -ガク- (あーうぃ だにぇっと)
最近観た邦画2本まとめて。 上映時間はいずれも2時間越え。 しかしながら、体感時間には大きな差があった。
まほろ駅前多田便利軒 (迷宮映画館)
どっちがどっちの役でも、いい感じ。
まほろ駅前多田便利軒 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://mahoro.asmik-ace.co.jp/ 三浦しをんさんの原作は、未読。 直木賞受賞作なんですねぇ。 観に行くつもりはなかったんだけど、評価が異常に高いので観てきましたが・・・ ある年の正月。 東京郊外に位置するまほろ市で便利屋を営む多田(瑛太)の...
『まほろ駅前多田便利軒』 (beatitude)
東京から神奈川へ突き出るように位置する街“まほろ市”。都会でもなければ田舎でもない。そんな街の駅前で便利屋“多田便利軒”を営むバツイチ男、多田啓介(瑛太)は淡々と仕事をこなす真面目なしっかり者。だが、ある年の正月、客...
まほろ駅前多田便利軒 (映画と本の『たんぽぽ館』)
“熱血”とか“根性”とかとは対極の二人だけれど             * * * * * * * * 三浦しをんさん原作の映画化です。 便利屋を営む多田(瑛太)のところに、転がり込んできた元同級生の仰天(松田龍平)。 この便利屋の仕事をする中で、つな...
まほろ駅前多田便利軒 (Art-Millー2)
まほろ駅前多田便利軒 オフィシャルサイト 痛快でも、胸の熱くなるような物語でもなかったです。 人生、そんなに思うどおりにはならないけれど むしろ嫌なこと一杯あるけれど、 何もわざわざ好んでこんな選択肢はないよなと思うんです。 出てくる男達みんなそ...
まほろ駅前多田便利軒 (くまさんの再出発日記)
所謂「相棒ムービー」である。タイプの違う二人がいろんな課題をこなしていく映画である。多田は便利屋の仕事をきちんと真面目にこなす能力の高い男であるが、なぜか自堕落な生活をしている。居候で居ついたとら...
人生のかさぶた (宇宙のめいぐると)
「まほろ駅前多田便利軒」
まほろ駅前多田便利軒 (2ちゃんねる映画ブログ)
まほろ駅前多田便利軒 part1http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1278037597/84 :名無シネマ@上映中:2010/11/01(月) 00:25:56 ID:Bwd+9+IJ 原作:三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」(文春文庫...
まほろ駅前多田便利軒 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ...
まほろ駅前多田便利軒 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]/瑛太,松田龍平,片岡礼子 ¥3,990 Amazon.co.jp 直木賞受賞した三浦しおんの同名小説を映画化した作品。原作は未読です。 舞台は東京郊外の"まほろ市"。その中心となるまほろ駅から走...
まほろ駅前多田便利軒 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/04/23公開 日本 123分監督:大森立嗣出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏 、本上まなみ 、柄本佑、 大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳 カムバック、しあわせお困りごとは アフターケアも 万全の 多田便利軒へ。 東京のはずれ、まほろ駅前で....
2011年 DVD鑑賞日記 その23 加筆あり (-"-;A (トリ猫家族)
11月11日(金)  「まほろ駅前多田便利軒」  (2011年 監督・大森立嗣) おもしろかった。 優しいようで冷たい男、多田啓介(瑛太)・・・ 冷たいようで優しい男、行天春彦( ...
まほろ駅前多田便利軒(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
直木賞を受賞し、50万部を超えるベストセラーとなった三浦しをんの小説を、「ディア・ドクター」の瑛太、「誰も守ってくれない」の松田龍平共演で映画化。東京と神奈川の境にある ...
映画 まほろ駅前多田便利軒 をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なしHappinet(SB)(D) この映画は三浦しをんさんの直木賞受賞作の同名小説を映像化した作品である。 内容は便利屋を営む共にバツイチの多田啓介(瑛太)と、中学生時代の同級生、行天春彦(松田龍平...
まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) (別館ヒガシ日記TB用)
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の...
まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) (別館ヒガシ日記TB用)
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の...
まほろ駅前多田便利軒 (私的図書室)
大森立嗣監督『まほろ駅前多田便利軒』 東京郊外のまほろ市に住む多田啓介は、駅前で便利屋を営む真面目な青年。 バツイチの彼は、拭えない過去を持ちながらも地道に仕事をこなしている。 ある年の正月、仕事からの帰り道で、別の依頼人から預かったチワワを見失ってしま...
映画評「まほろ駅前多田便利軒」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・大森立嗣 ネタバレあり
まほろ駅前多田便利軒 (のほほん便り)
原作は、第135回直木賞を受賞した、三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」。多田と行天のバツイチ便利屋コンビの物語は大いにウケて、60万部を超えるベストセラー 主演の瑛太と松田龍平が、とてもイイ味だしてました。 それぞれに事情を抱えた登場人物達が、とて...
まほろ駅前多田便利軒(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
年末に、深夜放映予定を見かけた一昨年公開だった「まほろ駅前多田便利軒」、出演者欄で瑛太が出ていたり、ゆるくユニークそうなタイトルにもそそられ録画していたのを、先日見終えました。 原作は三浦しをんの直木賞受賞作小説、架空の街「まほろ」駅前で便利屋を営む...
【まほろ駅前多田便利軒】×僕らの町田 (僕らのドラマ)
【まほろ駅前多田便利軒】× our machida
「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣 (トリ猫家族)
 前にも感想書いたんだけど、見るとまた書きたくなっちゃった。 映画→ドラマ→映画なんだけど新鮮に楽しめた。 多田と行天・・・再会と何となく始まった同居生活。 ひとつひと ...
まほろ駅前多田便利軒(DVD) (昼寝の時間)
2011年 日本 123分 公式サイト 原作:三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」