京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『メアリと魔女の花』

2017-07-22 00:07:22 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「メアリと魔女の花
□監督 米林宏昌
□脚本 坂口理子、米林宏昌
□原作 メアリー・スチュアート
□キャスト(声の出演) 杉咲 花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり

■鑑賞日 7月15日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

期待が大きすぎたのか、イマイチ変速『魔女宅』を観ているような
感じは否めませんでした。
原作は未読なのですが、この原作の世界観が描かれていたか
どうかは計り知れないところでした。

借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』のとは違った
米林監督ワールドと言ってしまえばそれまでですが、前2作は
ジブリなりの色んな意味での重圧や制約があったのだと思うけど、
逆に様々な強いフォローもあって、ある程度、商業ベースに乗れた
作品に仕上がっていたのは理解できても、独立後、この作品が
独自ワールドで好配収につながるかどうかは難しいところだ。
夏映画としては、子供向きの作品やエンタテインメントの作品も
多い中、どの世代を主ターゲットとしているのかは不明。
少なくとも小さな子供が楽しんで観ていたとは感じられなかった。
何かしら、物足りなさがあったことは否めないし、
短編製作に傾注している宮崎さんのこの映画に対する正直な
意見を聞いてみたいものだが・・・。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「トイストーリーマニア」/デ... | トップ | 『カーズ クロスロード(吹替... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんだかなぁ・・・ (NAO)
2017-07-22 17:44:49
「ジブリ」からの脱却は容易ではないんですかね。

どのシーン見ても、これはあれは~と想像つくものばかりで。
冒頭の描写はのっけからポニョかい!と思わず心の中で
叫んでしまいました。
魔女ものをジブリに携わった人が描けば、どうしても魔女宅になってしまうので
題材選択から間違ったんじゃないのかしら?さえ感じました。

花ちゃんは良かったんですけど。
二番煎じ~ (cyaz)
2017-07-23 08:15:34
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>「ジブリ」からの脱却は容易ではないんですかね
全くそのようですね(笑)

>冒頭の描写はのっけからポニョかい!と思わず心の中で叫んでしまいました
僕、口から出ました(笑)

>どうしても魔女宅になってしまうので
そこなんですよねぇ・・・。

>題材選択から間違ったんじゃないのかしら?さえ感じました
せっかくのイギリス文学なら、他にも素材があったように感じるのですが・・・。

>花ちゃんは良かったんですけど
うん、でも彼女、やはり顔出してほしい(笑)



既視感 (メビウス)
2017-07-27 01:53:56
cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ジブリから独立した作品とはいえ、やはり既視感は付きまといましたね^^;特に魔女の宅急便が・・。
米林監督曰く、何十年もジブリで仕事してたのでもう表現ひとつひとつが染みついてしまってるのだとか?まあそれならしょうがないのかなぁ?と妥協はしつつも、次回作はジブリじゃん!って感想がなるべく出て来ないスタジオポノック独自の色を出した作品を観てみたい気もしますね。
世界観~ (cyaz)
2017-07-27 08:46:13
メビウスさん、TB&コメントありがとうございます^^

>やはり既視感は付きまといましたね^^;特に魔女の
やむを得ないのかもしれません・・・。

>もう表現ひとつひとつが染みついてしまってるのだとか?
なかなか払拭できないものかもしれませんねぇ(笑)

>スタジオポノック独自の色を出した作品を観てみたい気もしますね
世界観を変えないと結局はジブリカラーを踏襲してしまうことになるでしょうね。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

メアリと魔女の花  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  杉咲 花  (メアリ)  神木 隆之介(ピーター)  天海 祐希 (マダム・マンブルチューク)  小日向 文世(ドクター・デイ) 【ストーリー】 無邪気で不器用な......
『メアリと魔女の花』 2017年7月1日 イイノホール  (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『メアリと魔女の花』 を試写会で鑑賞しました。 期待はしていたが・・・ 【ストーリー】  無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を......
メアリと魔女の花 (ネタバレ映画館)
マダム塩沢とき・マンブルチューク!
メアリと魔女の花★★★★ (パピとママ映画のblog)
長年スタジオジブリで活躍してきた「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督が、新たなアニメスタジオ“スタジオポノック”での第1回長編作品として製作......
試写会「メアリと魔女の花」 (日々“是”精進! ver.F)
一日だけの、魔女… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706220000/ メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック [ 村松崇継 ]
メアリと魔女の花 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「メアリと魔女の花」 ニッショーホール(試写会) 引っ越してきたばかりのメアリ(声:杉咲花)は、森の中で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。それは、か
スタジオジブリの呪縛。『メアリと魔女の花』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオポノックが制作したアニメ映画。魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描いた作品です。
『メアリと魔女の花』 (beatitude)
明朗で快活、天真爛漫だが、不器用で毎日に不満を抱えている赤毛にそばかすの少女メアリ(声:杉咲花)。ある日、赤い館村に引っ越してきたメアリは、森で7年に一度しか咲かない不思......
<メアリと魔女の花 試写会> (夢色)
試写会で観てきました。個人的感想は・・・・・・・・・・・・・うーーん単純に楽しめる人も居ると思う。ジブリを知らないとか、”ジブリみたいなファンタジーな世界観”が好...
「メアリと魔女の花」舞台挨拶付き試写会行ってきた~(≧∇≦) (ペパーミントの魔術師)
スタジオジブリのトレードマークがトトロの横顔のように、スタジオポノックはここから始まるといわんばかりにメアリの横顔。・・・う~ん、そっからしてジブリじゃんって言われな......
メアリと魔女の花 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメの『メアリと魔女の花』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、赤毛の少女が燃え盛る建......
メアリと魔女の花 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】米林宏昌 【声の出演】杉咲花/神木隆之介/天海祐希/小日向文世/満島ひかり/佐藤二朗/遠藤憲一/渡辺えり/大竹しのぶ 【公開日】2017年7月8日 【製作】日本 【ストーリー......
メアリと魔女の花・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
にわか魔法少女の大冒険。 ひょんなことから一晩だけ魔女となった、自分に自信のない女の子が、魔法界のマッドサイエンティストの暴走を止めため、不思議な世界で冒険を繰り広......
「メアリと魔女の花」:原発への警鐘映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『メアリと魔女の花』は、米林宏昌監督のジブリ退社後の第1弾=スタジオポノック
映画「メアリと魔女の花」 (FREE TIME)
映画「メアリと魔女の花」を鑑賞しました。
『メアリと魔女の花』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
製作部門が解体されたことで、スタジオジブリを飛び出したスタッフたちが設立した新会社スタジオポノックの第一回作品で、「借りぐらしのアリエッティ」、「思い出のマーニー」の......
「メアリと魔女の花」 (或る日の出来事)
やっと観たけど、フツーだったかなと。(公開初日は7月8日だから、ロングランではある。)
メアリと魔女の花 (そーれりぽーと)
ジブリをスピンアウトした米林宏昌監督が、宮崎駿の口出し無しで作った第一作。『メアリと魔女の花』を観てきました。 ★★ なんとも残念な第一作となってしまった。 誰もが宮崎......