京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『R100』

2013-10-14 00:10:14 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「R100
□監督・脚本 松本人志
□キャスト 大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永 愛
       佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松本人志
       松尾スズキ、渡部篤郎

■鑑賞日 10月6日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>
 
 
 何故彼はM? 彼の奥さんは何故植物状態なの?   
  「そして父になる」ならぬ「そして父はMになる」とは松チャン談。   
  便乗映画か、これは(笑) 

 主人公は都内有名家具店に勤務する片山貴文(大森南朋)。 片山の妻は1年以上も
 意識不明で入院している。 人には言えない性癖を持っている彼が、謎の秘密クラブ
 「ボンデージ」に入会するところから物語が展開していく。
 「ボンデージ」の支配人(松尾スズキ)は片山に「当クラブは日常生活の中で楽しんで
 いただくシステムになっております。 いつやってくるか分からない緊張感が、お客様を
 きっと満足させることでしょう」とクラブのルールを説明。 その説明通り、片山の前には
 突如、さまざまなタイプの美女たちが現れるようになり、彼がこれまでに味わったことの
 ないプレーで、恍惚の世界へと誘っていく。

 色んな女優が色んなボンデージ・ファッションでムチを打ちながら色んな女王を演じていて、   
 最初はそれなりに楽しめたけど、その女王たちも男の職場や家庭内に土足で踏み込んで   
 くるあたりから、段々不愉快になってくる。 

 松チャン独特の悪の強さが映画のトーンを決定付けていたが、実際にはボンデージも
 期待していたほどではなかったし、殺人を招いていくストーリー展開にはあんぐり。
 しかも何だかわからないけどプロレスラーまがいのCEOが出てきたりして、
 終盤戦はバカバカし過ぎて笑えない。
 唯一、笑えたのは「丸呑みの女王」を片桐はいりが演じていて、確かに人間丸呑みとは
 あの顔のデカさとエラの張り具合はピッタシかも(笑)
 渡辺直美にはドン引きだったけど


 シネコン内は殆どが男の客で、女性はうちのかみさんともう一人で2名のみだった。
 きっとあのオジサンたちは、このボンデージが過激だという触れ込みに、
 大いなる期待を胸に観に来てたんだろうなぁ〜、残念(笑)

  入場時に「clubB ONDAGE」のメンバーズカードをもらったが、それも松チャンと
  企画協力の倉本三津留の札幌ティーチインのフル映像(28分49秒)だけ。
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「假屋崎省吾の世界 〜百花繚乱... | トップ | こんな・・・ブーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
R100〜YOUphoria? (佐藤秀の徒然幻視録)
現代日本人の漠たる不安SMバージョン 公式サイト。松本人志監督・出演、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾 ...
R100/大森南朋 (カノンな日々)
松本人志監督作第4弾は謎のSMクラブを舞台に平凡な男が体験する出来事を描いた不条理劇です。前作『さや侍』とはうってかわって今作は主演の大森南朋さんをはじめ実力派、個性派の ...
『R100』 2013年9月26日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『R100』 を試写会で鑑賞しました。 この映画どうする 酷評しても松本信者は行きそうだ 【ストーリー】  男(大森南朋)は誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会を決意する。入会の際の条件は、たとえ何があろうとも途中で退会することはでき...
R100 (あーうぃ だにぇっと)
R100@よみうりホール
R100 (だらだら無気力ブログ!)
大森南朋にとって黒歴史になる作品だろうな。
R100 ★ (パピとママ映画のblog)
『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。大森南朋、大地真央、寺島しのぶのほか松本自身も出演を....
「R100」 わけわかんないことへのエクスキューズ (はらやんの映画徒然草)
松本人志監督は今までに3作品撮っていますが、どれもクセがある映画です。 人によっ
R100 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(F) エンドロール後のおまけ映像がすべてを語っている。
「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) (大江戸時夫の東京温度)
映画『R100』、序盤はまずまず良かったんですけどねえ。映像は美しく、映画として
『R100』 (ラムの大通り)
----しっかし、暑いニャあ。 こんなときは頭の中を空っぽにするしかニャいなあ。 「よしよし。 それにはこれ。 ほら」 ----ニャんだよ。 その『R100』って。 18歳未満禁止のR18なら聞いたことあるけど…。 「おおっ。 いいところ突いてきたね。 ぼくなんか、このRはルー...
[映画『R100』を観た(寸評、なれど予期せぬギリギリの傑作)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ごめんね、忙しくて、長く書けない。  でも、私、今まで、映画館であんなに大声で笑ったことはない・・・^^;        ただ、先ず文句を言いたいのだが、この作品で描かれるSMは、少なくとも、私の考えるSMとは全く違う。  私は、多感な青年期を...
『R100』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 松本人志 出演: 大森南朋 、大地真央 、寺島しのぶ 、片桐はいり 、冨永愛 、佐藤江梨子 、渡辺直美 、前田吟 、YOU 、西本晴紀 、松本人志 、松尾スズキ 、渡部篤郎 試写会場: よみうりホール 映画『R100』公式サイトはこちら。 (2013...
R100 (映画的・絵画的・音楽的)
 『R100』を渋谷TOEIで見ました。 (1)松本人志監督の前作『さや侍』を見たこともあり、かなり評判が悪そうですが(注1)、映画館に行ってきました。  本作では、主人公の片山(大森南朋)が、クラブ「ボンデージ」に入会したところ、日常生活の思いもよらないところで...
理解できぬ魅力 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「R100」を鑑賞しました。 片山は誘惑に負け性的欲求を満たすためにクラブ「ボンテージ」へ入会する。 日常生活の中に次々と女王様が現れるもので、片山はえもいわれぬ快感を得るがその内容は次第にエスカレートしていって・・・ 松本人志監督ら....
R100 (銀幕大帝α)
2013年 日本 100分 ドラマ/コメディ R15+ 劇場公開(2013/10/05) 監督: 松本人志 『さや侍』 企画: 松本人志 共同プロデューサー: 奥山和由 脚本: 松本人志 出演: 大森南朋:片山貴文 大地真央:女王様 寺島しのぶ:女王様 片桐はいり:女王様 冨永愛:....