京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『バンクーバーの朝日』

2014-12-28 00:12:28 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日
□監督 石井裕也
□脚本 奥寺佐渡子
□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、
       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市

■鑑賞日 11月23日(火)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  1900年代初頭にカナダへ渡った日本人が多くいたなんて、この映画を通して
  初めて知ったことで、また野球というスポーツを通して、日本人の存在感を
  知らしめたことさえ、恥ずかしながら全く知らなかった。

 新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、
 差別と
いう厳しい現実に直面する。 そんな中、日本人街に誕生した野球チーム
 「バンクーバー
朝日」は、フェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、そんな彼らの
 姿は日系移民たちに
勇気や希望をもたらし、賞賛と人気を勝ち取っていく。

 体格や力では、とても外人には歯が立たない。 だけど、日本人はクレバーで、
 機敏な性質が、ヒットを打たなくても、塁に出れば盗塁やバントで得点を上げる
 ことはできる。 日本人だというだけで差別され蔑まれる環境で生きている日本人に
 とって、バンクーバー朝日は彼らの代表として、言葉にできない言葉を、彼らの戦いに
 託して一生懸命応援し、彼らの一挙手一投走に一喜一憂する。 そんな姿に、
 もしこの時代に自分自身がカナダに生まれていたとしたらと自問自答しながら・・・。
 そして人として、正道を求めながら、その真摯な態度と野球に対する愛情で、
 彼らのフェアプレイは、いつしか相手方の賞賛を得ることになる。
 当時の環境では、ここで描かれるより大変な人種差別が存在したのは想像がつく。
 だからこそ、彼らバンクーバー朝日に、夢を見て、力づけてもらえる大きな存在
 だったのだろう。
 足とバントで大きな外人選手たちを撹乱し、挫折を乗り越えて勝ち進むことこそ、
 苦しい環境打破に向える大きな希望であり、光であったに違いない。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表参道~青山1丁目 | トップ | iphone デビュー!! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良さそうですね (mayumi)
2014-12-28 19:56:12
今日から広島です。
明日か あさって辺り、母と観ようと思っています。

どうぞ、良い年をお迎えください。
こんばんは~☆ (kira)
2014-12-28 21:29:30
どんな時代でも、
どんな土地、環境でも、消せない「日本人らしさ」が
滲み出て、そんなバンクーバーを知らない私も
かなり心を添わせて魅入りました。
セットが素晴らしかったですよね~
ぜひ~ (cyaz)
2014-12-28 23:32:46
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>明日か あさって辺り、母と観ようと思っています。
ぜひ、ご覧になって下さい!

>どうぞ、良い年をお迎えください。
mayumiさんも大変でしょうが頑張って下さい!
どうぞよいお年を~♪
国民性~ (cyaz)
2014-12-28 23:34:09
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>消せない「日本人らしさ」が滲み出て、そんなバンクーバーを知らない私もかなり心を添わせて魅入りました。
やはり素晴らしい国民性だと思いますよ^^
我が国ながら!
TBありがとうございました。 (atts1964)
2014-12-29 20:09:29
野球場面のふくらみがもうちょっとでしたが、“スモールベースボール”があの時代にもう通用することが描かれているのは驚きでした。
野球モノが~ (cyaz)
2014-12-29 23:14:03
atts1964さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>野球場面のふくらみがもうちょっとでしたが、“スモールベースボール”があの時代にもう通用することが描かれているのは驚きでした。
そうですよね~。
今後、野球モノが2作位続きますよね^^
日本人はクレバー (kintyre)
2015-01-04 14:13:11
こんにちは、本年も宜しくお願いします。

私もこの映画を観ました。当時の2世達が体格の良いカナダ人と正面から戦っても勝てないなら、と編み出したのが今の日本野球にも通じるスモール・ベースボールだった点は興味深かったです。カナダでの日本移民がこんなに苦労していたとは知りませんでしたが、そんな日系社会の希望の灯が朝日軍の野球だったという点はスクリーンからも伝わってきました。
体力差~ (cyaz)
2015-01-04 15:59:09
kintyreさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>本年も宜しくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願い致しますm(__)m

>今の日本野球にも通じるスモール・ベースボールだった点は興味深かった
ですよね~。やはり体力の差は明らかだっただけに、
細かい攻めは、バントやスチールでかきまわす。
その昔の高校野球のように。

>カナダでの日本移民がこんなに苦労していたとは知りませんでした
僕もこの事実は全く知りませんでした(汗)
やっと^^; (NAO)
2015-01-07 23:28:53
年末観る予定でしたが、やっと観ることが出来ました。

カナダにこんな多くの日本人が移住されていたなんて
全然知りませんでした。もちろん野球チームの存在も。

野球の歴史においても、戦争に関わる歴史についても
勉強になりました。

ところで、EDに移った方は、メンバーのどなただったんだろう?
それが気になって気になって^^;
背景~ (cyaz)
2015-01-08 08:57:12
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>カナダにこんな多くの日本人が移住されていたなんて
全然知りませんでした。もちろん野球チームの存在も。
ですよねぇ・・・。
実は僕も全然知りませんでした(汗)

>野球の歴史においても、戦争に関わる歴史についても勉強になりました。
こういう背景があったからこそかもしれません。

>ところで、EDに移った方は、メンバーのどなただったんだろう? それが気になって気になって^^;
ですねぇ(笑)
こんにちは (ここなつ)
2015-02-01 09:24:51
こんにちは、ここなつ映画レビューから来ました。
いつもTBばかりでご挨拶が遅れてすみません。
この作品は、移民の苦労も初めて知る事ができ、単なる「野球物」とは違った意味での感動もありました。
今後ともよろしくお願いします。
こちらこそ~ (cyaz)
2015-02-01 23:11:27
ここなつさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつもTBばかりでご挨拶が遅れてすみません。
いえいえ、それはこちらも同様でm(__)m

>この作品は、移民の苦労も初めて知る事ができ、単なる「野球物」とは違った意味での感動もありました。
ホント、そうでしたね^^
こういう事実が過去にあったことすら知りませんでした(汗)

>今後ともよろしくお願いします。
こちらこそ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「バンクーバーの朝日」スモールベースボールの原点を知った先にみたベースボールを通じて乗り越えた人種の壁と日本人のひたむきなプ... (オールマイティにコメンテート)
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ...
バンクーバーの朝日/全ては彼らから始まった (MOVIE BOYS)
1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだった…。監督を務めるのは『舟を編む人』や『ぼくたちの家族...
バンクーバーの朝日 (勝手に映画評)
戦前、カナダ・バンクーバーに実在した日系人野球チーム『バンクーバー朝日』。人種差別の嵐吹き荒れる中、体格に恵まれない日系人達が知恵を駆使して西海岸リーグのチャンピオンまで登りつめる物語の映画化。 う~ん、ちょっと物語に厚みが足りないかなぁ。通り一遍の、...
バンクーバーの朝日 (あーうぃ だにぇっと)
バンクーバーの朝日@有楽町朝日ホール
バンクーバーの朝日 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。製材所で肉体労働に就く野球チームの...
映画『バンクーバーの朝日』★日系移民の野球チーム朝日の輝きwithその後 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164735/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     “”バンクーバー朝日“”は 1914 年~ 1941 年まで、カナダのバンクーバーにあった 日系カナダ移民 2 ...
映画「バンクーバーの朝日」 (FREE TIME)
映画「バンクーバーの朝日」を鑑賞しました。
『バンクーバーの朝日』 (2014) (相木悟の映画評)
閉塞感を打ち破る、切なき輝き! 史実が訴える重みに圧倒されつつ、深い感動に包まれる至高の一本であった。 本作は、『舟を編む』(12)にて最年少で日本アカデミー賞を制した俊英、石井裕也監督作。齢の割には老成し過ぎとやっかみの対象になりながらも、自主映画....
『 バンクーバーの朝日 』日本の誇り (映画@見取り八段)
バンクーバーの朝日     監督: 石井裕也    キャスト: 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田え...
バンクーバーの朝日 (to Heart)
明日も見えない異国の地で、 そのチームは希望になった。 上映時間 133分 脚本 奥寺佐渡子 監督 石井裕也 出演 妻夫木聡/亀梨和也/勝地涼/上地雄輔/池松壮亮/高畑充希/宮崎あおい/貫地谷しほり/田口トモロヲ/鶴見辰吾/光石研/石田えり/佐藤浩市 戦前のカナダ・バンクー....
バンクーバーの朝日 (花ごよみ)
カナダ・バンクーバーに移住した 日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が 歴史を残していた。 実話を基にして描いています。 監督は石井裕也。 野球チーム「バンクーバー朝日」のキャプテン、 レジー笠原には妻夫木聡、 メンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、....
映画「バンクーバーの朝日」 (しづのをだまき)
2014 日本 132分
『バンクーバーの朝日』 (こねたみっくす)
差別にも負けず、野球で日系移民の希望となったチームがあった。ただそれだけで他に何も描いていない映画。 恐らく各事務所の圧力が入り乱れたがために、石井裕也監督を始め製作 ...
バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア (風に吹かれて)
移民の苦難と忍耐 公式サイト http://www.vancouver-asahi.jp12月20日公開 監督: 石井裕也  「舟を編む」 「ぼくたちの家族」 19世紀末から戦前にかけて、一攫千金を夢
バンクーバーの朝日 (ハリウッド映画 LOVE)
映画館はちびっ子たちであふれていたけど、ここのスクリーンはお年寄りばっかでした
バンクーバーの朝日 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/12/20公開 日本 133分監督:石井裕也出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市、 ...
バンクーバーの朝日 (atts1964の映像雑記)
2014年作品、石井裕也監督、妻夫木聡主演。   1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見てカナダへ渡った。 しかし現実は、過酷な肉体労働や貧困、云われのない差別…という厳しさであった。そんな中、日本人街に野球チーム「バンクーバー朝日」が生まれる。...
『バンクーバーの朝日』 2014年12月30日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バンクーバーの朝日』 を鑑賞しました。 パスポートの8本目 【ストーリー】  1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働く...
バンクーバーの朝日 (映画と本の『たんぽぽ館』)
野球好きたちの“夢” * * * * * * * * * * 1914年~41年、戦前のカナダで活躍した 日系移民の野球チーム“バンクーバー朝日”の実話です。 石井裕也監督、そして敬愛する奥寺佐渡子さん脚本ということで 楽しみにしていました。 日系移民たち...
映画『バンクーバーの朝日』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-102.バンクーバーの朝日■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:132分■料金:0円(1ヶ月FP利用)■鑑賞日:12月23日(TOHOシネマズ渋谷) □監督:石井裕也◆妻夫木聡◆亀梨和也◆上地雄輔◆勝地涼◆池松壮亮◆高畑充希◆佐藤浩市◆宮崎...
「バンクーバーの朝日」 (NAOのピアノレッスン日記)
~明日も見えない異国の地で、そのチームは希望になった~ 2014年   日本映画   (2014.12.20公開)配給:東宝       上映時間:2時間13分監督:石井裕也脚本:奥寺佐渡子 美術:原田満生音楽:渡邉崇VFXスーパーバイザー: 西尾健太郎出演:妻夫木聡....
『バンクーバーの朝日』(一部、『KANO 1931海の向こうの甲子園』) (ラムの大通り)
----バンクーバーってカナダだよね。 これっていつごろのお話。 プレスに写っている俳優さんたちのファッションも どことなく古めかしいけど…。 「そうだね。 ではまずは時代背景から。 19世紀末から戦前にかけて 貧しい日本を飛び出し、 一攫千金を夢見てアメリカ大陸...
バンクーバーの朝日 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで3年働けば日本で一生暮らしていけるほど稼ぐことができるという話を....
映画 「 バンクーバーの朝日 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
偏見と差別・・・これは、なにもこの映画の当時だけではありません。あってはならない事が、残念ながら今でもそれはあらゆるところで見られます。この映画は、戦前という厳しい環境の中、偏見と差別の中で野球というスポーツを通じて、一つの光を与えてゆくという話です。...
「バンクーバーの朝日」:映像はいいがテンポが悪い (大江戸時夫の東京温度)
映画『バンクーバーの朝日』を観ると、このカナダへの移民たちに現代日本を重ねたくな
「バンクーバーの朝日」:映像はいいがテンポが悪い (大江戸時夫の東京温度)
映画『バンクーバーの朝日』を観ると、このカナダへの移民たちに現代日本を重ねたくな
「バンクーバーの朝日」 (Mr.Bation)
「バンクーバーの朝日」 1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位だった。...
「バンクーバーの朝日」 (ここなつ映画レビュー)
2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致し...
バンクーバーの朝日 (真紅のthinkingdays)
 戦前、多くの日本人がカナダ・バンクーバーへと渡り、移民として人種差別に 耐えながら肉体労働に従事していた。日系2世としてカナダで生まれ育ったレジ ー(妻夫木聡)は、仲間のロイ(亀梨和也)、ケイ(勝地涼)、フランク(池松壮亮) らと野球チーム 「バン...
バンクーバーの朝日 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や...
映画評「バンクーバーの朝日」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・石井裕也 ネタバレあり
映画・バンクーバーの朝日 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 戦前のカナダ・バンクーバーには多くの日本人が新天地を求めて移住してきていました激しい差別の中、安い賃金で苛酷な労働に耐えるも、一向に良くならない暮らし向きそんな中、日系人野球チーム“バンクーバー朝日”で頑張っていた若者たち...