京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『最後の晩餐』

2014-03-08 00:03:08 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「最後の晩餐
□監督 オ・ギファン
□脚本 ヤン・キンハイ
□キャスト バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー

■鑑賞日 3月2日(日)
■劇場 ブルグ13
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  愛し合う二人が、お互いの夢の実現に向けて、5年間だけ別れると・・・。
  その結末は思っていたほどの感動は得られなかった次第。

 北京で暮らす恋人同士で、陶芸家を志すチャオチャオ(バイ・バイホー)と
 三つ星シェフになろうと奮起するリー・シン(エディ・ポン)。 幸せな日々が
 ずっと続くと考え、結婚の約束もする二人だったが、お互いの夢を叶えるために
 5年間だけ別れるという別離契約を交わす。 彼は北京へと渡って料理修行を始め、
 彼女も上海に飛んで陶芸の腕を磨くことに。 それから5年後の契約解除を迎えた日、
 彼から「結婚式に出てほしい」という電話が彼女のもとにかかってくる。 想像も
 していなかった彼の言葉に、打ちひしがれそうになる彼女だったが。
  
 もう10以上前になるけれど、オ・ギファン監督の『ラスト・プレゼント』を観て感動し、
 川崎で上映していないので、みなとみらいのブルグ13で観ることに。
 中国韓国合作の本作品、きっと琴線に触れるだろうと勝手に思ってしまったが、
 なんとも中味は薄い感じ。 恐らく脇の弱さかもしれないが、ラブ・ストーリーと
 いうにはちょっと違う感じ。 5年経っても互いの気持ちが変わらないと誓ったから、
 別離契約を交わしただろうに。 何も結婚するなんて回りくどいの仕掛けをする必要も
 なかったし、その契りを交わした店も、互いが何度か訪れているわけだし、本当に
 彼女が夢を叶えるべきだったのは、生きていられる間こそ、一分一秒でも彼のそばに
 居るべきだったのでは。 普通居たいと思うのだが。 余命がすくないならば、もっと
 言えるだろう。 彼らの恋の行方と、二人のそれぞれの想いを知っているあの店の
 店主もこの物語にもっと深く関わってくるべきで、そのあたりに脚本の薄さを感じて
 しまった。 ま、数々の料理は美味しそうだったが。

  正直、自分で観ていてこの映画を庇うことが出来るとすれば、
  『7番房の奇跡』や『光にふれる』という感動の作品を先月に観てしまったからだろう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アサイーロウル」/ローソン | トップ | 「僕の死に方 エンディングダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
最後の晩餐 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「最後の晩餐」 シネスイッチ銀座 陶芸家を目指す女性チャオチャオ(バイ・バイホー)と、その恋人で三ツ星シェフを目指すリー・シン(エディ・ポン)。お互いの夢を叶えるため
映画 「最後の晩餐」 (ようこそMr.G)
映画 「最後の晩餐」