京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『一枚のハガキ』

2011-08-19 00:08:19 | 邦画

 

 
□作品オフィシャルサイト 「一枚のハガキ
□監督・脚本・原作 新藤兼人
□キャスト 豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、大杉 漣、柄本 明、倍賞美津子、
       津川雅彦、川上麻衣子、絵沢萠子、大地泰仁、渡辺 大、麿 赤兒

■鑑賞日 8月14日(日)
■劇場 109CINEMASMM横浜  
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>


  99歳、日本最高齢の新藤監督最後の作品。

 「今日はお祭りですがあなたがいらっしゃらないので何の風情もありません。友子」
 松山啓太(豊川悦司)は戦友森川定造(六平直政)に届いた妻・友子(大竹しのぶ)からの一枚のハガキを託される。

 戦争末期に召集された100人の中年兵。 赴任する戦地は上官がクジを引いて決める。
 人の命をクジ引きで・・・。 100人のうち60人が生きて帰れないフィリピンへ送られる。
 定造はフィリピン行き。 生きて帰れないことは誰しもわかるし、返事を書こうにも
 検閲が厳しく出せない。 そこで定造はもし松山が生きていたら妻にこのハガキを読んだことを伝えてくれと託す。
 結果、100人のうち6人が生き残り、松山もクジ運の強かった1人に。
 しかし松山とて帰宅すると、妻が実の父親とデキていなくなっていた。

 戦争がもたらしたものは、戦地に赴いた戦士だけではなく、残された家族や友人とて
 その後遺症をいまだ拭い去れない状況は否めない。

 御年99歳の監督が自らの体験を踏まえ、少ない登場人物の中で、
 折り重なるそれぞれの戦争の傷跡。 それは心も体も・・・。
 今と違って不自由な環境で、一人生きていく友子に次々と降りかかる災いや、
 電気や水道すらない田舎暮らしなかで、ただ日々の生活に追われていく。

 誰が選んだ人生なのか、誰が始めた戦いなのか。
 自問自答を繰り返しても結論めいたものは出ない。

 ここではまさに大竹しのぶの演技が光る。
 時代背景を考えると茶髪は気になるところだったが、
 望まない人生を、それでもひたむきに生きる女を
 強い気持ちで演じていたことは誰も疑わないところだろう。

 
一方、トヨエツ演じる松山は、たまたまクジ運が良かったとは言え、
 友子に「なんであんたは死なんかった」と詰め寄られ、当然返す言葉すら見当たらない。

 
戦争の傷跡を余計な飾りも無く淡々と描き出している反面、
 後家である友子を狙う泉屋吉五郎(大杉 漣)と
 トヨエツ演じる松山との対決が重い空気を一気に笑いで染める。
 今までモノトーンに近い流れがこの二人の対決で色がついたようになる。

 
と同時に、友子はブラジルに渡るという松山の実直さに少しずつ惹かれ、
 松山といて戦友の妻・友子に惹かれて行く。
 クジ運だけで生き残った罪悪感はいつしか、家族も、女としての幸せな人生も、
 何もかも失ってしまった友子とともに、戦争という得体の知れない化物に翻弄
 されながらも、戦友の死をきっかけに新しい人生の選択肢を見つけるのである。

 
全編を通してモノトーン調ではあるものの、大竹しのぶの迫真の演技と、
 トヨエツvs大杉 漣の果し合い喜劇が重なり妙に可笑しい映画に仕上がっていた。

 
公開劇場が若干拡大(23館)されたとは言え、公開館が少ないのは残念なことだが、
 これはDVD(ブルーレイ)が発売されたら是非ご覧戴きたい1本です

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『メカニック』 | トップ | 続・土下座 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい映画でした (KLY)
2011-08-19 11:23:00
変に反戦だけに偏らず、娯楽としての映画を楽しみながら、そこに想いが込められていたように感じました。
だから嫌らしさとか鼻につくところが全くないんですよね。
それにしても錚々たる役者さんたちが出演していますが、やはり大竹しのぶとトヨエツの2人芝居が素晴らしい!
力量~ (cyaz)
2011-08-19 12:39:28
KLYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>変に反戦だけに偏らず、娯楽としての映画を楽しみながら、そこに想いが込められていたように感じました。
仰る通りだと思います^^

>だから嫌らしさとか鼻につくところが全くないんですよね。
そうですね^^
そうでないとあのトヨエツVS大杉の喜劇は見れなかったでしょうから(笑)

>それにしても錚々たる役者さんたちが出演していますが、やはり大竹しのぶとトヨエツの2人芝居が素晴らしい!
役者の力量がこの映画の良さに反映していましたね!
満員 (こに)
2011-08-26 12:54:54
映画館が満員で、その中で多分自分が一番若かったと思います (^_^;)
もっと若い人たちに観てもらいたいな、と思いました
上映館、増やせたらいいのにね

リードして~ (cyaz)
2011-08-26 17:23:28
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画館が満員で、その中で多分自分が一番若かったと思います (^_^;)
やっぱり(笑)?

>もっと若い人たちに観てもらいたいな、と思いました 上映館、増やせたらいいのにね
そうですね^^
こういう映画こそ、シネコンがリードして上映するタイトルだと思うのですが。
大事なこと (sakurai)
2011-09-02 08:19:46
監督がこうやって生き残って、いろんなものを抱えて生きてきたんだ・・・と言うことを初めて知りました。
99歳になって、作ったと言うので、いままで封印してたんでしょうかね。
不謹慎ですが、間に合って良かったと思いましたよ。
逆にまだまだ大丈夫!これで最後なんて言わずに、もっともっと作ってもらいたいです。
脚本は書く!と明言しておられたんで、期待したいです。
練りに練った~ (cyaz)
2011-09-02 12:34:16
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>99歳になって、作ったと言うので、いままで封印してたんでしょうかね。
かなり長い年数、構想を練っていたそうですよ!
作品は実にシンプルな上がりでしたが(笑)

>不謹慎ですが、間に合って良かったと思いましたよ。
やはり引き際の作品にと取っておいたのだと思います。

>脚本は書く!と明言しておられたんで、期待したいです。
そうですね^^
でも、他の監督に撮れるかどうか(爆)?!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
一枚のハガキ (LOVE Cinemas 調布)
日本映画界最高齢の新藤兼人監督が自ら「最後の作品」と言う映画だ。終戦間際に召集された100人の兵士で生き残った6人の内の1人がなくなった戦友の家を訪ねるも、戦友の妻を残して家族は崩壊していた…。主演は『必死剣 鳥刺し』の豊川悦司と『オカンの嫁入り』の大...
一枚のハガキ (あーうぃ だにぇっと)
7月13日(水)@有楽町朝日ホール。 霞が関から有楽町にむかう道中のあちらこちらに警官が立っていた。 いったい何で警備が厳重なのか怪訝に思いながら会場に到着。 この疑問は後程氷解することになる。
一枚のハガキ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
創作ノート 一枚のハガキ1912年生まれの巨匠・新藤兼人が、戦争への怒りと笑いを同居させた渾身の一本。俳優たちが皆すばらしい。戦争末期に中年兵として召集された啓太は、戦友の ...
新藤兼人監督 「一枚のハガキ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
公式サイト⇒http://www.ichimai-no-hagaki.jp/ 【あらすじ】 戦争末期に徴集された100人の中年兵は、上官がクジを引いて決めた戦地にそれぞれ赴任することになっていた。クジ引きが行われた夜、松山啓太(豊川悦司)は仲間の兵士、森川定造(六平直政)から妻・友子...
一枚のハガキ(2011-060) (単館系)
新藤兼人監督が32歳のときに召集された太平洋戦争での 実体験を基にしている作品。 松山(豊川悦司)ら100人の中年兵は クジ引きで赴任先を決められ、 それがすなわち、生死の分かれ目でもあった。 ...
一枚のハガキ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
死にゆく兵士から託されたのは、妻から届いた「一枚のハガキ」だった・・・・。 これは、戦後一貫して庶民の戦争を描いてきた齢99歳の新藤兼人監督が、自らの体験を元に戦争への怒りをストレートに描いた作品...
新藤兼人 監督 「一枚のハガキ」 (たもとのあれこれ日記)
戦争で男たちは戦った。生死を分ける、それは、単なるくじ運に過ぎない場合もあった。残酷だった。 そして男たちだけじゃない、残された家族も、生きるのに必死だった。そんな家族達を戦争はずたずたにした。 めちゃくちゃにした。 だから、この映画がどこかめちゃくち....
『一枚のハガキ』 (ラムの大通り)
「先日、ある大先輩の方が、 『監督も歳とるとつまらなくなるね。 最後までオモシロかったのはルイス・ブニュエルくらいだ』と、 そうおっしゃっていたんだけど、 日本にもそれと同じくらいバイタリティあふれる監督が、 それもなんと現役でいる」 ----それが、この新藤....
一枚のハガキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『一枚のハガキ』をテアトル新宿で見てきました。 (1)上映開始からそんなに日が経っていないときに映画館に行ってみたら、1時間前で立ち見とのことで、別の作品に切り替え他日を期したのですが、2週間経っても相変わらず満席に近い状況なのには驚きました。  99歳にな...
映画・一枚のハガキ (お花と読書と散歩、映画も好き)
2011年 日本 わかり易い映画でした 戦争末期に徴集された中年兵100人奈良で宿舎の清掃が終った彼らの次の任務地を決めたのは上官のクジだった60人はフィリピンへ30人は沖縄へ残り10人は宝塚へ松山啓太(豊川悦司)は宝塚へ向かう兵士の中のひとりだったある夜、啓....
一枚のハガキ (佐藤秀の徒然幻視録)
一枚のハガキもし死なずば 公式サイト。新藤兼人監督、豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、大杉漣、柄本明、倍賞美津子、津川雅彦。99歳の新藤監督の実体験をベースにした戦中戦後を ...
一枚のハガキ (映画と本の『たんぽぽ館』)
死ぬも地獄、生きるも・・・              * * * * * * * * この作品の撮影当時、新藤兼人監督は98歳。 もちろん日本最高齢の監督ですが、この作品を機に引退宣言をされました。 この作品は、監督自らの実体験を元にした作品です。 「原爆...
「一枚のハガキ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
新藤兼人監督、99歳。余裕綽々だなあ。 戦争の残酷さをおとぎ話のようなセンスで描いて、間然とするところがないって感じ。 キーワードはなんといっても「風情がない」のひとこと。森田芳光の映画「それから」の中で藤谷美和子が呟く「さみしくっていけません」に匹敵....
「一枚のハガキ」 (元・副会長のCinema Days)
 99歳の新藤兼人監督のパワーにねじ伏せられそうになる一編である。第二次大戦も終わりに近い頃、中年ながら召集された松山啓太は、戦友の森川定造から、自分が死んだら手紙を読んだことを妻に伝えてくれと言われ、一枚のハガキを託される。やがて森川をはじめ一緒に....
「一枚のハガキ」:明日に向って立て! (大江戸時夫の東京温度)
新藤兼人99歳が自ら最後の作品だと語る『一枚のハガキ』は、確かに新藤作品の集大成
一枚のハガキ (迷宮映画館)
まっすぐ、素直に、ズドンと肝にくる映画だ。
一枚のハガキ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本最高齢(99歳)の巨匠・新藤兼人監督自ら、「映画人生最後の作品にする」と宣言した本作。太平洋戦争末期に徴集された100人の兵士のうち、94人が戦死し6人だけが生きて帰った。 ...
一枚のハガキ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
新藤兼人監督が映画人生最後と語る作品。 戦争末期に召集された100人の中年兵たち。最初の天理市における"清掃"の任務を終え、上官が引いたクジにより新たな任務が与えられることになります。100人のうち、60人はフィリピン、30人は潜水艦乗務、10人は宝塚で...
一枚のハガキ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  99才になった新藤兼人監督が久々にメガホンを取った作品であり、本人が言っている通り、これが彼の最後の作品になるかもしれない。生きているだけでも大変なのに、100才間近になって、しんどい映画作りに挑戦した精神力は賞賛したいね。  最近の邦画は、...
連日混み合っているようです (たまごのなかみ)
今年99歳を迎えた新藤兼人監督のメガホンに依る作品。 プリント数が少なく 上映館が限られる為、時間帯によっては立ち見も出る盛況ぶりです。 『一枚のハガキ』(8/25 テアトル新宿にて) 制作国:日本(2010年) 監督 / 脚本 / 原作:新藤兼人 出演:豊川悦司、大竹し....
映画評「一枚のハガキ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・新藤兼人 ネタバレあり