京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「ゴッホ展」/国立新美術館

2010-10-26 00:45:33 | 美術・芸術・写真

ゴッホ展/国立新美術館
 「こうして私はゴッホになった」

 

 10月21日(木) のち 「ゴッホ展

平日だから空いているかなあと思っていたが、意外に混んでいた。
やはりゴッホだから人気があるのは仕方がないところだが。

ゴッホ没後120年。 それを記念して開催された今回のゴッホ展。
彼が生きているときよりも、亡くなってから後の方が、
彼の評価が高まったことは周知の事実です。

今回は、従来のゴッホ展とは若干視点を変えて、ゴッホの創作活動が
どのような技法や思考で描かれたか、またどんな芸術家の影響を受けたのか
など、影響を受けた作品とともに紹介されています。

中でも強く影響を受けたのはモネやロートレック、ゴーギャン、スーラ等々。
それらも含め、今回日本初公開作品を含めた123作品が展示されています。

またゴッホ自身が収集した浮世絵や読んでいた本、
また遠近感を調整するための「遠近法の枠(パースペクティヴ・フレーム)」などの
道具のレプリカなども紹介されています。

そしてゴッホの代表作のひとつでもある「アルルの寝室(1888年)」を
TBSの美術スタッフがこの寝室を実際に再現した展示もありました。

まさにゴッホがどんな環境のもとに、誰に影響を受け、自身の作品を創作し
続けたのかが理解できるような展示内容になっています。

「自画像」や「種まく人」はもちろんのこと、特に僕が気に入ったのは
「サン=レミの療養院の庭(1889年)」で、これは幾重にも塗り重ねた絵具の
盛り上がりに、うまく照明が当たり、見る角度でその絵の表情が変わり、
まるで太陽の光が反射しているような錯覚がおこるほど、
眩しかったことが印象に残った。

このゴッホ展の会期は12月20日(月)まで。
僕の好きな「
ドガ展」同様、もう一度見てみたい展覧会だ。




国立新美術館から東京ミッドタウンに向かう道すがら、
一風変わったハロウィンが(笑)



東京ミッドタウン

   

  

 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『エクスペンダブルズ』 | トップ | いなだストーンエキシビジョ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みぃみ)
2010-10-26 12:15:32
こんにちは。
日比谷に登場するらしいダ・ヴィンチ展をあわせて行こうと思っていました。
どうやら初期の作品と最晩年の作品が並べて飾ってあったりと、趣向が凝らしてある展示らしいですね(^^)。

私の中では、スーラは、てんてんの人(点描)で中井貴一さん、ゴッホは生瀬さんだったりします:笑。
忠実に再現してある寝室、楽しみです。
ちなみに、、、お隣は。。。ゴーギャンのお部屋なんですよね?(*^_^*)。
芸術の秋☆ (sachi-junka)
2010-10-26 12:31:21
ワタクシもゴッホ展気になってました。

確か安住アナが会場案内の声を担当しているんですよねo(^-^)o
ひまわりくらいしか作品を知らないワタクシですが、来年名古屋にも来るようなので、機会があれば覗いてみたいです。

先日、地元に美術館が出来たので寄ってみました。
ポーラ美術館のコレクション展で、モネの睡蓮などを堪能してきました。
静かな世界に心癒されました。
ぜひ~ (cyaz)
2010-10-26 17:40:05
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>日比谷に登場するらしいダ・ヴィンチ展をあわせて行こうと思っていました。
日比谷公園の中らしいですね^^

>どうやら初期の作品と最晩年の作品が並べて飾ってあったりと、趣向が凝らしてある展示らしいですね(^^)。
そうですね^^

>私の中では、スーラは、てんてんの人(点描)で中井貴一さん、ゴッホは生瀬さんだったりします:笑。
ほう、映画になるんですか(笑)?

>忠実に再現してある寝室、楽しみです。
ちなみに、、、お隣は。。。ゴーギャンのお部屋なんですよね?(*^_^*)。
あの部屋に平井堅が入り込んでいましたが、
夢を壊すので歌うだけでいいと言っちゃいました(笑)
ぜひ~ (cyaz)
2010-10-26 17:42:15
sachi-junkaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ワタクシもゴッホ展気になってました。
ぜひぜひ^^ でもちょっと遠いかな(笑)?

>確か安住アナが会場案内の声を担当しているんですよねo(^-^)o
そのとおりです!

>ひまわりくらいしか作品を知らないワタクシですが、来年名古屋にも来るようなので、機会があれば覗いてみたいです。
それは良かったですね!
是非ご覧くださいませ^^

>ポーラ美術館のコレクション展で、モネの睡蓮などを堪能してきました。静かな世界に心癒されました。
なるほど^^
実際、ゴッホは本当にモネの影響を受けたのかは疑問ですが(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
美術館:「ゴッホ:天才の絵筆」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年9月14日(火)。 サントリーミュージアムIMAXシアターにて、「ゴッホ:天才の絵筆」鑑賞。 。 【ストーリー】 フィンセント・ファン・ゴッホの没後120年記念の2D映画。 ゴッホが書いた900通以上もの手紙を元に、彼が人生をすごした土地を訪...
国立新美術館 「没後120年 ゴッホ展-こうして私はゴッホになった」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
芸術のアッキ(^◇^)b 昨日(10月1日)から東京六本木の国立新美術館で公開されたゴッホ展に 今朝早速行ってきました♪ http://www.gogh-ten.jp/tokyo/ 秋晴の国立新美術館 土曜の午前中、比較的空いてました(^-^)b アルルの寝室に、アイリス さ...
「没後120年 ゴッホ展」 国立新美術館 (はろるど・わーど)
国立新美術館(港区六本木7-22-2) 「没後120年 ゴッホ展 - こうして私はゴッホになった」 10/1-12/20 主にオランダのファン・ゴッホ美術館、及びクレラー=ミュラー美術館の所蔵品にてゴッホの画業を明らかにします。国立新美術館で開催中の「没後120年 ゴッホ展」へ...
ゴッホ展 国立新美術館 (すぴか逍遥)
没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった            2010年10月1日〈...
国立新美術館で「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」を観た! (とんとん・にっき)
「没後120年 ゴッホ展」チラシ 国立新美術館で「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」を観てきました。フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、オランダに生まれ、僅か10数年の活動で約2000点の作品を遺し、フランスで37歳の命を自ら絶ったと...
ゴッホ展―こうして私はゴッホになった @新国立美術館 (Art & Bell by Tora)
 アムステルダムのゴッホ美術館(以下VGM)とオッテルローのクレラー=ミュラー美術館(以下KMM)は1991年に訪れた。かれこれ20年も前のことである。  わたしが美術散歩にはまるきっかけとなった美術館であるので、思い入れが深い。わたしのHP「美術散歩」もこのオ...
「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」 国立新美術館 (猫アリーナ)
乃木坂 chariot 六本木の国立新美術館では「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」が 開かれています。 会期は12月20日までです。 今年はフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)...
ゴッホ展@国立新美術館 & 関連画像等 (Rabbit house ★らびっとの家★)
国立新美術館のゴッホ展を観てきました。 私は、ゴッホが住んでいた、アルルやサンレミ、オーヴェールシュオワーズを訪れた事があるので(以前の関連エントリゴッホ巡礼)この展覧会で、それらの場所にゆかりの作品もあったのが嬉しかったです♪ また、ゴッホに影響を与え...
「ゴッホ展」 (弐代目・青い日記帳 )
国立新美術館で開催される 「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」プレス内覧会にお邪魔して来ました。 「ゴッホ展」公式サイト 特定の師につかず、~派にも属さなかったゴッホ。約10年しか画家として活躍していないにも関わらず、後世にこれだけの...
ゴッホ展―こうして私はゴッホになった  ... (つまずく石も縁の端くれ)
展覧会開催2日目の土曜日午後。絵の前に立ち止まって見ることができる。人は多いがさほどの混雑ではなかった。はじめに初期(1884年)の絵と最晩年(1890年)の絵が置かれ...
没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった (Something Impressive(KYOKO?))
昨日、国立新美術館で開催中のゴッホ展に母と行ってきました。ゴッホは、最近だとオルセー展やヴィンタトゥール展で見かけ、個人展では、’93~’97年現損保ジャパン東郷青児美術館での「ゴッホとその時代」シリーズ展以来でした。今回6章に分けて、油彩、版画、素描...
ゴッホについて若干のこと (映画的・絵画的・音楽的)
 日本におけるゴッホの人気は昔から途轍もなく高いわけですが、1987年3月に安田火災海上が3992万1750ドル(当時のレートで約58億円)で『ひまわり』(上記の画像)を購入した頃が一つのピークだったのかもしれません。  ですが、これだけ人気者になると、ゴッホ研究書は...
ゴッホ展、他 (楓苫堂日記)
昨日からパリでのグループ展が始まっている。先般のルーブルでの展示の様子を電話で聞いたところ、私の作品に対し足を止め興味を示す人が少なくなかったとの事だったが、今回の展 ...
「ゴッホ展」を観賞して (KINTYRE’SDIARY)
「ゴッホ展」~こうして私はゴッホになった11月1日、有給休暇を利用して国立新美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。これまでゴッホ関連の展示品はいくつか観てきま...