京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ランナウェイ/逃亡者』

2013-10-19 00:10:19 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ランナウェイ/逃亡者」 
□監督 ロバート・レッドフォード
□原作 ニール・ゴードン
□キャスト ロバート・レッドフォード、シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、
       スーザン・サランドン、
リチャード・ジェンキンス、クリス・クーパー、
       ニック・ノルティ、スタンリー・トゥッチ


■鑑賞日 10月12日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  ロバート・レッドフォードも年老いてしまったなぁ・・・。
  共演もなかなか渋いところが勢ぞろい。 そのあたりも楽しみの一つだったが。

 レッドフォードが監督でかつ俳優として映画製作に携わったのはいつ以来だろうか・・・。
 ここのところ、あまり監督も役者としての出演もなかったと思ったのだが。
 深く刻まれた顔の皺も彼の役者人生を物語っているが、過去の監督作品はまるで彼の真摯で
 温かい血の流れる作品が多かった。 そのレッドフォードが今作は社会派サスペンスに挑戦。

 1969年、ベトナム戦争反対を世に訴えるために連続爆破事件を起こした過激派組織
 ウェザーマンはFBIの最重要指名手配リストに記載された後、突如消息を絶つ。
 39年後、元メンバーの一人シャロン・ソラーズ(スーザン・サランドン)が警察に捕まる。
 再び話題を 呼んでいる事件を調査する新聞記者のベン(シャイア・ラブーフ)は、
 一見真面目そうな雰囲気のシングルファーザーの弁護士ジム・グラント/ニック・スローン
 (ロバート・レッドフォード)に たどり着く。
 
 最初は優柔不断そうなベンが、事件に興味を示し、反体制活動を展開した実在の
 過激派組織の隠された30年間を掘り起こしていく。
 様々な人生を送ってきた彼らも、元幹部であるニック・スローン(ロバート・レッドフォード)の
 たった一人の娘のために、隠してきた過去と決別する覚悟を強いられる。 その突破口は
 シャロン・ソラーズ(スーザン・サランドン)の自首だった。 かつて事件に係った仲間たちが、
 繋がった糸を手繰り寄せつつ、今一度、本当の人間らしさと仲間としての愛情を見せるに
 至る、人間的愛情(絆)物語でもある。 またFBIとのいたちごっこも見どころ(笑)

 それにしても、ストーリーはともかく脇を固めるには十分過ぎるなジュリー・クリスティや
 サム・エリオット、テレンス・ハワード、リチャード・ジェンキンス、スタンリー・トゥッチ、
 ニック・ノルティ、クリス・クーパー等々。 別な意味で彼らの演技も楽しめる映画だ
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『レッド・ドーン』 | トップ | 『陽だまりの彼女』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはー♪ (kira)
2013-10-19 11:03:59
レッドフォードって、顔がイイってだけじゃなくて、
中身もハンサムって感じですよね~。

変わりえないヒト、変わらない国、、、
キャストはもう10~20歳くらい若い方がいいと思ったけど
マジメで誠実なレッドフォード監督らしさが出ていた作品でした。
30年後の~ (cyaz)
2013-10-20 07:33:07
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>レッドフォードって、顔がイイってだけじゃなくて、
中身もハンサムって感じですよね~。
そうですね^^ 甘いマスクは特に!

>キャストはもう10~20歳くらい若い方がいいと思ったけど
マジメで誠実なレッドフォード監督らしさが出ていた作品でした。
これはこれで味があったのでは^^
30年後の彼らですからね(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

ランナウェイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ランナウェイ 逃亡者』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)ロバート・レッドフォードが、監督のみならず久々に出演もする作品(2007年の『大いなる陰謀』以来)だというので、映画館に行きました(注1)。  本作は、妻を交通事故で亡くしていたにもか...
ランナウェイ 逃亡者 (花ごよみ)
監督、主演はロバート・レッドフォード。 過激派グループの一員だった過去がある 弁護士ジム・グラントを演じます。 彼を追跡する新聞記者のベンには シャイア・ラブーフ。 ジムの同志であり恋人でもあったミミには、 ジュリー・クリスティ。 共演はスーザン・サラン...
『ランナウェイ -逃亡者-』 2013年9月20日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ランナウェイ -逃亡者-』 を試写会で鑑賞しました。 ロバート・レッドフォードのイメージは「ナチュラル」の頃のだったけど さすがに老けたね 【ストーリー】  1969年、ベトナム戦争反対を世に訴えるために連続爆破事件を起こした過激派組織ウェザーマンはFBIの最...
ランナウェイ 逃亡者 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Company You Keep。ニール・ゴードン原作、ロバート・レッドフォード監督・主演。シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドン、ジャッキー・ ...
映画:ランナウェイ/逃亡者 The Company You Keep 社会派には珍しい、豪華出演陣に大満足しつつ... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
俳優というより最近は「社会派監督」が先にくる ロバート・レッドフォード。 「大いなる陰謀」以来5年ぶりに、主演 兼、社会派監督ぶりを発揮。 2003年 ニール・ゴードンによる小説の映画化。 ベトナム戦争反対のうねりが社会現象になった1969年。 「ウェザーマン」...
ランナウェイ/逃亡者 (風に吹かれて)
逃亡の理由 公式サイト http://www.runnaway.jp原作: ランナウェイ/逃亡者 (ニール・ゴードン著/ハヤカワ文庫)製作・監督・主演: ロバート・レッドフォード1969年、ベトナム戦
ランナウェイ/逃亡者 (to Heart)
原題 THE COMPANY YOU KEEP 製作年度 2012年 上映時間 122分 脚本 レム・ドブス 監督 ロバート・レッドフォード 出演 ロバート・レッドフォード/シャイア・ラブーフ/ジュリー・クリスティ/サム・エリオット/ブレンダン・グリーソン/テレンス・ハワード/リチャード・ジェ...
劇場鑑賞「ランナウェイ 逃亡者」 (日々“是”精進! ver.F)
全てを懸けてでも、守りたい存在のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310080001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送...
「ランナウェイ 逃亡者」みた。 (たいむのひとりごと)
ロバート・レッドフォード監督・主演の社会派サスペンス作品。それにしても、原題は『The Company You Keep』なのに、どうして「逃亡者」なんて邦題にしちゃったのか。「逃亡者」といえば、やっ
ランナウェイ 逃亡者 / The Company You Keep (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 へぇ。シャイア・ラブーフって、こう言う演技もできるんだ。ロボット生命体に引きずり回されていたり、女の子をチャラチャラ追いかけているだけじゃ無いんですね。でも、そのイメージが強くて、ちょっとこう言う硬派な役回りには、ちょっとだけ違和...
ランナウェイ 逃亡者 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
俳優や監督として、オスカー受賞作『普通の人々』など数々の名作に携わってきたが、「大いなる陰謀」以来5年ぶりに監督と主演を兼任して手がけた社会派サスペンス。 反体制活動を展開した実在の過激派組織を題材に、素性を隠して30年間暮らしてきた元幹部が、当時の仲間の...
ランナウェイ/逃亡者 (だらだら無気力ブログ!)
アナ・ケンドリック目当てで観に行ったのに、アナ・ケンドリックの出番少ねぇ。
ランナウェイ/逃亡者 (こんな映画見ました~)
『ランナウェイ/逃亡者』---THE COMPANY YOU KEEP---2012年(アメリカ)監督:ロバート・レッドフォード出演:ロバート・レッドフォード 、シャイア・ラブーフ 、ジュリー・クリスティ、サム・エリオット、テレンス・ハワード 、リチャード・ジェンキンス、ア....
ランナウェイ/逃亡者 シニアな豪華俳優陣のせいで大混乱 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【57うち今年の試写会6】この映画は試写会が当選していたのに、仕事関係の飲み会へ急に拉致されたせいで観に行けなかった映画。  1969年、ベトナム戦争反対を世に訴えるために連続爆破事件を起こした過激派組織ウェザーマンはFBIの最重要指名手配リストに記載された...
ランナウェイ/逃亡者 (心のままに映画の風景)
1969年、ベトナム戦争反対を訴える過激派グループ“ウェザーマン”は、政府機関への襲撃などその活動を先鋭化させ、FBIの最重要指名手配犯となるが、ほどなく彼らは忽然と姿を消す。 30年後、元メンバーのシャロン・ソラーズ(スーザン・サランドン)が逮捕され、地元...
「ランナウェイ/逃亡者」:後ろを向いては走れない (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード 米国2012年 [E:note]今では~他人と呼ばれるふたりに~決して譲れぬ生き方が~あった~♪ しまった(~_~;)また大貫妙子歌っちゃった。 でもまあ、この一節がピッタリな映画なんである。えっ、「ランナ...
「ランナウェイ 逃亡者」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
姿を消した3人。 30年の歳月。 彼らの娘。
「ランナウェイ 逃亡者」:人間は年をとるんだ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ランナウェイ 逃亡者』は、久々のロバート・レッドフォード監督・主演作。そし
ランナウェイ/逃亡者 (キノ2)
★ネタバレ注意★  ロバート・レッドフォード監督主演。  錚々たるキャストがズラリと顔を揃えた満漢全席がごとき一品。  60年代、ベトナム反戦を訴える過激派グループ「ウェザーマン」は、先鋭的な活動により当局にマークされていたが、ある時ついに銀行を襲...
「ランナウェイ/逃亡者」 (ここなつ映画レビュー)
人は多かれ少なかれ、過去のある部分を封印して生きていくものだけれど(そしてその過去が自己の根幹に関わる事であればあるほど、本当に過去を封印する、と決意したならば「昔やんちゃやっててさ~」などと決して自慢したりしない)、この作品では、かつて非常に重大な...
ランナウェイ 逃亡者 (迷宮映画館)
気持ちはわかるけど、ここは監督に徹した方がよかった
映画評「ランナウェイ/逃亡者」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ロバート・レッドフォード ネタバレあり