京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブロークン・シティ』

2013-11-01 00:11:01 | 洋画


作品オフィシャルサイト 「ブロークン・シティ
□監督 アレン・ヒューズ
□脚本 ブライアン・タッカー
キャスト マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
     バリー・ペッパー、カイル・チャンドラー、ナタリー・マルティネス、ジェフリー・ライト

■鑑賞日 10月26日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  ニューヨークを舞台に、マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウが対立する
  クライム・サスペンス。

 元警察官で私立探偵のビリー・タガート(マーク・ウォールバーグ)は、警察を辞職する
 きっかけとなったある事件の秘密を知るニューヨーク市長のホステラー(ラッセル・クロウ)
 に呼び出され、妻・キャサリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の浮気調査を依頼される。
 ビリーが調査を開始すると、浮気相手はホステラーの対立候補ヴァリアント(バリー・
 ペッパー)の右腕的存在であるアンドリュース(カイル・チャンドラー)と判明。
 しかし、その後すぐにアンドリュースは何者かに射殺されてしまう・・・。
 
 疑惑ある現役市長と正当防衛ではなく銃で若者を死に追いやった元警官。
 幾重にも張られた伏線と、微妙に絡み合った“過去”。 単に妻の浮気調査ではなく、
 ビリーとホステラーの互いの相手の出方を見る落し合いが面白い。
 派手なアクションはないが、互いに相手の探られたくない腹のうちを探り合う。
 しかし、決定的な証拠を掴んだかに見えたビリーも、実はそれ以上に決定的に自身に
 不利な証拠をホステラーに掴まれていた。
 
 結局、握られたビリーの決定的証拠と物語の顛末は、ビリーの人としての“正義”だったの
 かもしれないし、自らの悪戯の禊だったのかもしれない。

 マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウもそれぞれが良かったけれど、背景にもう一枚、
 脇で渋い役者が噛んでいれば、もっと面白い展開も準備できたのではないかな。
 
 それにしても、あの秘書のケイティ(アナロ・タル)は何故2時間待てなかったのだろうか・・・。
 もしかして・・・捕まっていたのかなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「mAAch ecute」/... | トップ | 『グランド・イリュージョン』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブロークンシティ  (風に吹かれて)
街の裏 公式サイト http://brokencity.jp監督: アレン・ヒューズ  「フロム・ヘル」 「ザ・ウォーカー」市長選を目前に控えたニューヨーク。7年前にある事件が原因で警察を辞め、今は私
ブロークンシティ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『テッド』などのマーク・ウォールバーグと『グラディエーター』などのラッセル・クロウ共演によるクライムサスペンス。ニューヨーク市長から妻の浮気調査を頼まれた私立探偵が、それをきっかけに欲望にまみれた汚職事件に巻き込まれていく姿を追い掛ける。メガホンを取る...
ブロークンシティ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) 豪華キャストで内容もそこそこなのに映画として物足らない。
「ブロークンシティ」クライム・サスペンスは気を抜かず (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうも最近秋の夜長で寝不足のせいか、夕方ウトウトするか、夕食後にテレビを見ながらウトウトするのがお決まり☆になっている私。 それでなのかな? いやいやクライム・サスペンスっていうわりに、とうとうと続く会話が多くて・・・・寝てしまうのも仕方ないよne?
ブロークンシティ (だらだら無気力ブログ!)
途中すっげー眠たかった。
「ブロークンシティ」みた。 (たいむのひとりごと)
マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウの共演を楽しみにしていた作品。しかし思っていた以上に地味なクライムサスペンスといったところでストーリーはありきたりだし、安定感ある役者以外に見どころらしい見どこ
ブロークンシティ/マーク・ウォールバーグ (カノンな日々)
マーク・ウォールバーグ演じる私立探偵が大物政治家による巨悪な陰謀に巻き込まれながらも立ち向かっていく姿を描くポリティカルなクライム・サスペンス・ムービーです。共演はラ ...
「ブロークンシティ」 (ここなつ映画レビュー)
マーク・ウォルバーグとラッセル・クロウのガチバトル。ラッセル・クロウは市長で、マーク・ウォルバーグは警官あがりのしがない探偵。本作中でマーク・ウォルバーグ自身が言うように、彼の役どころは「二流」である。だが、その二流な感じがイイのは言うまでもない。 ...
ブロークンシティ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
最近では「テッド」や「ハード・ラッシュ」など 主演作が公開され精力的に活動している男優・ マーク・ウォールバーグと「レ・ミゼラブル」 や「アイアン・フィスト」など幅広く活躍中の ラッセル・クロウ共演のサスペンス映画 「ブロークンシティ」が公開されましたので ...
『ブロークンシティ』 (Broken City) (Mooovingな日々)
アレンヒューズ監督、マークウォルバーグ、ラッセルクロウ、キャサリンゼタジョーンズ、ジェフリーライト、バリーペッパーほか 7年前に警察官を辞職したビリーは私立探偵になり、危険だが金にならない仕事に追われた。ニューヨーク市長選に沸くなか、現市長のホステ...
ブロークン・シティ (迷宮映画館)
可もなく不可もなく・・・と言ったところ
映画評「ブロークンシティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督アレン・ヒューズ ネタバレあり
ブロークンシティ (miaのmovie★DIARY)
ブロークンシティ [レンタル落ち](2014/06/03)マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ 他商品詳細を見る 【BROKEN CITY】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 8日後に市長選を控えたニューヨーク。7年前に警察官を辞め、 私立探偵として生計を立てるビリー(マ...
独断的映画感想文:ブロークンシティ (なんか飲みたい)
日記:2017年1月某日 映画「ブロークンシティ」を見る. 2012年.監督:アレン・ヒューズ. 出演:マーク・ウォルバーグ(Billy Taggart),ラッセル・クロウ(Mayor Hostetl