晴耕雨読ときどき・・・

超初心者のガーデニング。北海道の山野草の庭。

薪ストーブについて打ち合わせ

2017-05-19 05:11:27 | ウッディーハウス

薪ストーブ屋さんとの打ち合わせ、ということで夕方、現場へ行ってきた。

外装材が貼られ始めていた。

「釘で打たず、接着している」とのこと。

板が傷まず、見た目も好い。

「今の接着剤は、剥がれたりせず、剥がれるときは木そのものが剥がれる」とのこと。

シックハウスは大丈夫か?

                         -

てっきり札幌の業者さんが来るのだと思っていたら、帯広の業者さん。

と、建材屋さん。

薪ストーブは、バーモントキャスティング・アンコールの赤(ホウロウ)、と考えていたが、

「ホウロウ・レッドはもう製造中止です」、とのこと。

本当か?

あれだけカタログに使われ、カリスマユーザーに使われているのに・・・・・

                          -

ホウロウは掃除がしやすく、汚れ難い、欠けるけど。と思っていたら、

「ホウロウは吹きこぼれなどがこびりつくと落ち難い」、とのこと。

う~ん・・・・

                          -

それでハーマン・オークウッドを勧められた。

まったく知らないストーブだったし、予想もしていなかったのでとまどう。

「ファイヤードーム燃焼方式というオリジナルな方式を採用していて、非触媒方式の中では燃費が良い。」との説明だが、

あとでカタログを見たら燃焼効率は63%と低い。

アンコールは86%、大食いだと言われるヨツールF500でも78%だぞ?

                          -

煙突、炉壁、炉床の形状、材質を選んだ。

色調はこんな感じかな。悪くない、か・・・(写真はどこかからお借りしました)

ワイルドなグレーも捨て難いけど。

                          -

話し合いが終わって、

相棒にフードと水をやり、苗木に水をやった。

日曜日に植えつけて、月曜火曜と雨で、水曜、きょう木曜とさわやかな晴天だった。

またしばらく好天がつづくらしい。

土はまだ湿っていたけど。

 

 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真鍋庭園から植栽 ジャック... | トップ | 不愉快な嘘、あるいは稚拙な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。