中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「美楽一杯」の新館にて作治さんとランチ

2016年10月05日 | 中華街(台南小路・太平道・その他路地)

 先月のことだが、久しぶりに中華街を歩いていたら、なんと「美楽一杯」が「横濱鍛麺」の跡地にオープンしていることに気がついた。

 その時は既にランチを終えたあとだったので店には入らず、窓越しに内部を覗いただけ。
 そうしたら中にいた女将さんが私の姿を認めて外に出てきた。

 「あら、今度こっちに出てきたのよ」と、ここに至るまでの経緯をいろいろと話してくれた。

 あの怪しい雑居ビルの方は娘さんに任せて、ご自分はこちらに専念しているとのこと。
 2食目のランチを食べるほど大食いではないので、次回の訪問を約束してこの日はお別れをした。

 そして先週。
 いよいよ「美楽一杯新館」を訪ねる日がやって来た。同行者は作治さんだ。


 ここはランチといっても、中華街でよく見かけるような「料理+ライス+スープ+ザーサイ+デザート」というようなスタイルのものはない。
 やっているのは、店頭の蒸し器を利用したご飯類である。
 この中から「塩魚肉餅蒸しご飯」を選択。


 蒸し上がるまでの時間を利用して餃子+生ビールを頂く。
 モチモチ感のある皮が美味しい♪

 ここの生ビールは3杯1,000円なので、当然のようにお代わりを重ねる。


 炒河粉。
 これもビールのツマミにピッタリだ。


 やがて蒸しご飯が運ばれて来た。
 何の味付けなのかよく分からないが、なかなか美味しい。


 スープの容器。
 これってご飯茶碗じゃないのかなぁ~。 
 なんだか「天龍菜館」と似てる……
 

 結局、1時間ちょっとのランチタイムだったが、納得のできる昼食を頂くことができた。
 このあと作治さんと別れ、次の町へ。でも、その前に少しだけ町内と隣町を散策。


 NTTでは、ふたたびヒマワリを育て始めていた。


 その向かい側。かつて「パンアメリカン」や「中華飯店」のあった場所だ。
 1階が飲食店のマンションが建つみたい。


 元町で見かけた大麻入りビール!?


 ふ~ん。

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の「獅門酒楼」でランチ... | トップ | 廣東会館にて「横濱華僑写真... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
横浜鍛麺は本当に残念 (ぶらくり佐藤)
2016-10-06 04:00:42
いよいよ再開を諦めたのかと思うと、本当に残念です。
美味しかったからなぁ。
「美楽一杯」は店舗拡張なのですね。
自分も行ってみたいです。
昼間はこちら、夜は以前の店と使い分けようかな。
いいですねー (sociton)
2016-10-06 22:06:21
大麻入りビール!
のみたーい。
鍛麺 (管理人)
2016-10-06 22:49:59
>ぶらくり佐藤さん
この表記がすごいですよね。
鍛錬と関係あるのでしょうかね。

美楽一杯は昼と夜ができて良かったです。
しばらくはランチタイムの調査を続けます。
ビール (管理人)
2016-10-07 05:52:34
>socitonさん
私も飲んでみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。