A Pocket Full of Smile

気まぐれに何か楽しいこと、美味しいもの、素敵な場所などを書いてみようかな

台湾に行ってきましたPart 3(第4日目の6)

2017-05-11 06:30:25 | 旅行
食べ忘れてるもの、飲み忘れてるものはたくさんありました。貢丸湯、鍋貼、担仔麺、葱油餅、胡椒餅、バブルティーにパパイヤミルク…いくらでも思いつく。でも、台湾旅行前に日本で食べ、せっかくの肉汁を飛び散らかし、今回の旅でリベンジすることを誓っていた小籠包まで忘れてたなんてっ!

とにかく場所が分かってる『鼎泰豊』に急ぎました。するとまた幸運に恵まれ、待ち時間たったの10分!奇跡的な早さ。だけど、あまり早いとメニュー選びに焦る。特に待つのを覚悟で行ったお店だと心の準備ができてないですからね。それに席に通される前にオーダー票を渡す方がお料理もさっと出してもらえるから、余計に焦りながら何とか選び席につく。ホッ。


選んだのはこの3品。


注文時に量がイマイチ分からず、もう一蒸籠分の小籠包を食べられるか聞いた時、お姉さんがとっても困った顔で「食べられそうなら追加できます。」と言ってくれたのに納得。こりゃ、ひとりには十分な量だ。

定番の小籠包。126元(約470円)。


やっぱり、鼎泰豊の小籠包は芸術品。本当にどれを数えても、ひだは18!

黒酢と生姜で美味しさアップ。


茄子の煮物(冷製)。110元(約430円)。


色がきれい!こってりした肉味噌との相性がバツグンで、日本人の口にとっても合うお味。

空芯菜炒め(小)。130元(約490円)。


メニューにはサイズ表示はなかったけど、「小さいサイズもできますよ。」と教えてもらい、小サイズに。空芯菜炒めは、いつ食べても美味しいなぁ。ニンニクとお塩で、どうしてこんなに美味しく炒められるんだろう。

お腹に余裕があれば蟹みそ入り小籠包も食べる気満々だったけど、残念ながらこれだけでお腹はすっかり満足でした。

店内で食事をすると10%のサービス料金が加算されるけど、お茶が減っているとすぐに足してもらえるし、お料理は厨房からテーブルへ運ぶ間に冷めないよう+きっとホコリなどをかぶらないよう配慮して提供してもらえるので、納得のいくサービス料金。今回も気持ち良く食事をさせてもらえました。ごちそうさまでした!

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾に行ってきましたPart 3... | トップ | 台湾に行ってきましたPart 3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL