輝く未来へナイスシュート!

子どもたちは、無限の可能性を秘めています。その子どもたちのために少しでもお手伝いをしたい!

今週末も熱い!(^_^)v

2017-05-15 22:36:07 | basketball

栃木・田臥が導いた22点差逆転!「誰一人諦めていなかった」/Bリーグ

サンケイスポーツ 5/15(月) 7:00配信

 Bリーグ・チャンピオンシップ準々決勝第2戦(14日、宇都宮体育館ほか)初代王者を懸けて2戦先勝方式で4試合が行われ、PG田臥勇太(36)率いる東地区1位の栃木は、同3位でワイルドカードの千葉を77-70の逆転で破って2連勝とし、4強を決めた。中地区3位でワイルドカードのSR渋谷に98-82で快勝した同1位の川崎、中地区2位の三遠を83-74で破った東地区2位のA東京、西地区2位の琉球を81-75で下した同1位の三河も19日からの準決勝に進んだ。

 万雷の拍手が鳴り止まない。試合終了残り10秒を切って、スタンドをチームカラーの黄色に染めた栃木のファンが、スタンディングオベーションだ。最大22点差をはね返す大逆転勝ちで手にした4強入り。スコアこそ6得点、4アシストでも、36歳で司令塔の田臥がチームを支えた。

 「誰一人諦めていなかった。(逆転に向けて)どう展開していくか、ひたすら考えていました」

 初戦を落とし、背水の陣で臨む千葉に出だしから猛攻を許し、前半を28-43で折り返した。主将の田臥を中心にしたハーフタイムでの確認事項は2つ。「ディフェンスファースト」と「1点ずつ返す」-。後半はコート場でも“呪文”のように選手が声を掛け合った。第3クオーター(Q)でSG遠藤を皮切りにした4連続の3点シュート。一気に差を詰め、最終第4Qでの逆転劇につなげた。

 因縁の相手だった。1月の全日本選手権では、優勝した千葉に準々決勝で62-81の大敗。地区優勝へのマジックナンバーを1としていた4月末の対戦では、ホームで2連敗を喫していた。「やり返そうと思って挑んだ」と田臥。短期決戦で難敵を撃破し、一気に波に乗る気配が漂った。

 20日からの準決勝は、ホームに西地区を制した三河を迎える。ナショナルリーグ(NBL)時代の2年前、プレーオフ準決勝で2連敗した相手だ。「一戦必勝。リベンジしたい」。36歳の短い言葉に、強い覚悟がにじんだ。

 
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もバスケな一日Ⅱ | トップ | 世界へ羽ばたけ日本男子バス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。