らくがき・梨子

梨子。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST「愚者の前進」

まるでホーエンハイムがお父様と言わんばかりのカット割りですが…うん、まあそうでしょうね。確信的にやっているのはわかっています(笑)。

ノックスとマスタングの会話。原作のがすごく好きなんだけど、アニメだといつもかなり削られていてせつないなぁ。話に深みや説得力が出てくるところだけど、別になくてもいいやってことなんだろうな。

ハボックとマスタングのシーンは良かったと思いました。必要以上にお涙ちょうだい演出になっていなかったですし。もうちょっと間をとってくれるともっと良かったかな。

エドの派手なおびき出し作戦。ほとんど原作のままのギャグ絵ですね。漫画でやる分にはいいんだけど、アニメでそのままやられるとちょっとどうかなぁ…と思ってしまう。まあものすごく今さらですけどね…。

マスタング大佐の撹乱作戦。楽しそうにやってるシーンがすごく好きです。ホークアイ中尉にも半分くらいやらせればいいのに、全部自分でやっちゃってるもんな(笑)。鼻をつまんでてもあまり声は変わってないように思いましたが、マスタング大佐だとはばれないんですかね。まあ、普通は似ていてもまさかマスタング大佐とは思わないか。

戦いのシーンはけっこう見せ方とか頑張っていたように思います。スカーとエドもそうだけど、特にブラッドレイがあっというまにランファンに襲いかかったシーンは良かったなと。スピード感と迫力が出ていて、展開がわかっていたのに息を呑む感じでした。

▼鋼の錬金術師 感想等
鋼の錬金術師@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )

らくがき・ルナ

ルナ。きのうの七海と髪型が似てしまった…。暑いとショートカットが描きたくなるんです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「闇の男爵殺人事件・解決編」

今日の放送は30分早かったんですね。あやうく見逃すところでした。気がついて良かったー。

あのナイトバロン。蘭どころか佐山さんもすぐに前田さんじゃないかと気づいたのに、コナンは本当に気づくの遅すぎですよ。コナンならすぐに気づいてもおかしくないくらいのことなのに。どうしちゃったんだろう。必死になりすぎて頭がまわってなかったのかなぁ。

コナンも頑張っていたけど、今回は蘭も頑張っていました。ホテル中を駆けずりまわって証人を見つけてくるなんて大変だったでしょうね。あこがれの人を信じたい気持ちからかぁ。コナンもちょっと嫉妬してしまうかな。と思ったけど、最後は過去の自分に嫉妬してた(笑)。

息子ってシリアスな話かと思ってたら…女子高生極楽大作戦って…! まあ、ウィルスにやられたらショックなのはわかりますけど。落差が大きかった(笑)。

アポトキシン4869のデータが入っているフロッピーのデータを消したのも、ナイトバロンというウィルスでしたよね。組織が作ったとか言ってたと思うけど…。この話に出てきたナイトバロンもあれと同じものなんだろうか。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

らくがき・七海

七海。失敗した…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ラウル

ラウル。ポニテにしてみました。描いていて思い出しましたが、過去にも描いたことありました。全然フツーで面白みがないですね。リボンでもつければまた違ってくるんでしょうが…。レイチェルに頼まれれば、嫌がりながらもつけてくれそうな気がする(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アルティナ

アルティナ。いつもと違うアングルで…と思ったら、なんかいろいろ歪みました…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ラウル

ラウル。髪も服も暑苦しい。でも、さすがにラウルをポニテにする勇気はありませんでした(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「闇の男爵殺人事件・疑惑編」

先週の続きで、3部作の2作目です。

横溝警部って埼玉県警から静岡県警へ転勤してたんですね。すっかり忘れていました。

コナンは全力で推理中。小五郎に相当うざがられてますが、それはいつものことですね。でも、いつも以上に積極的に動いている気がします。お決まりの「あれれ~」ではなく、普通に指摘してますもんね。ナイトバロン絡みだから?

しかし、ネクタイが逆なんてわからないです。言われてもわからないです…。ネクタイの結び方知らないし…。子供が知ってるってかなり不自然だよなぁ。誰もそんなことを思わなかったみたいだけど。いや、ものすごく今さらなんですが。

弱音を吐く警官が何か普通っぽくて親近感。確かにひとりで死体の見張りってちょっと怖いですよね。と思ったら空手の達人だったのか。うーん、あの怖がりっぷりはとても達人には見えませんでした(笑)。

江原と上条が夫婦だったということだけはなぜか覚えていました。それだけ…。

蘭はナイトバロンを前田さんだと思って悩んでいる様子。蘭の蹴りをあんなに鮮やかにかわせる人間はそうそういないですもんね。誰だって前田さんを疑うんじゃ…と思ったけど、婚約者は気づいてない? 蘭のことを知らないからかな? コナンはどうなんだろう。蘭が泣いた理由もわかってなさそうだったけど…。新一に助けを求めているのになぁ。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ピンクローズ - Pink Rose -」第27話 約束の日

 その日は絶好のピクニック日和だった。

 ラウルは起きてすぐに窓を開け、身を乗り出して早朝の空を見上げた。そこにはどこまでも澄み渡った優しい空色が広がっていた。緩やかに頬を撫でる風は、まるで洗い立てのように爽やかで瑞々しく、ほんの少し朝露の匂いがした。
 このような中をレイチェルと二人きりで遠出することができるのは、これが最後だとしても、それでもやはり幸せだとしか云いようがなかった。全てを話すと決意したことで多少は緊張もしていたし、つらく思う気持ちもないわけではなかったが、それよりも高揚する気持ちの方が勝っていたのだろう。ラウルはいつになく浮かれた自分を感じていた。
 さっそく持参する昼食の準備にかかる。
 以前の遠乗りに彼女が持ってきたものと同じになるが、やはり手軽に食べられるものがいいだろうと思い、サンドイッチを中心とした軽食を作ることにした。それに加えてデザートとしてプリンも用意する。これはある意味において二人の絆ともいえるものであり、今日というけじめの日にはどうしても欠かすことはできないと考えたのだ。
 それらを慣れた手際で作り終えると、部屋の隅に立ててあった真新しい藤製のピクニックバスケットを手に取った。出かける直前まで冷やしておくプリン以外のものを、一つずつ丁寧にバランスよくその中に詰めていく。このピクニックバスケットも、中のビニルシートや水筒なども、すべて彼女と約束を交わした後に急いで買いそろえたものである。こうやって律儀にピクニックの準備をするなど、彼女と出会った頃の自分からは想像もつかず、何か懐かしいようなくすぐったいような不思議な感じがした。
 馬の手配は昨日のうちにすませてあった。
 湖畔までの交通手段となるものが何もなかったため、サイファが遠乗りのときに使っていた王宮所有の馬を借りられるよう話をつけてきたのだ。本来、貸し出しはしていないらしく、ラウルも最初はにべもなく突っぱねられた。サイファはラグランジェ本家の人間ということで特別だったらしい。だからといって素直に引き下がるわけにはいかなかった。褒められた方法ではないが、圧倒的な魔導力をちらつかせ、軽く脅し文句を口にすることで、今日一日の貸し出しを強引に承諾させたのである。サイファが良くて自分が駄目な道理はないだろう、というのが自身の行動に対する言い訳だった。何より他に当てがなく、時間も迫っていたので、手段を選んでいる余裕などなかったのだ。

 遅いな――。
 ラウルは遠乗りの準備を万端に整え、医務室で本を読みながらレイチェルを待っていたが、来るはずの時間が過ぎても彼女は一向に姿を現さなかった。そろそろ出発しなければ昼に着くには難しい時間になっている。
 多少、遅れることくらい構わないが、理由がわからないので不安になる。
 いくらなんでも忘れているなどということはないと思う。昨日の今日である。それほど物忘れのひどい女ではない。むしろ記憶力に関していえば、並みの人間よりも遥かに優れているのだ。
 おそらく少し寝過ごしてしまっただけなのだろう。きっと今に小走りで駆け込んできて「ごめんなさい」と愛らしくも申し訳なさそうに詫びてくれるに違いない――そんなふうに楽観的に考えることで、ラウルは焦燥感に駆られる自分自身を無理やり落ち着かせようとしていた。

 しかし、昼になってもレイチェルは来なかった。
 昼休みの喧噪が遠くに聞こえる。時折、医務室の前を通る足音にドキリとしたが、それはどれも素っ気なく通り過ぎるだけで、医務室に入ってくるものは皆無だった。
 何かあったのだろうか、それとも――。
 ラウルは本を閉じて頬杖をつく。活字を目で追っても少しも頭に入ってこない。頭は無意識にこの状況についてのあらゆる可能性をシミュレーションしていた。次第に心のさざなみが広がっていき、いてもたってもいられなくなる。
 こちらから連絡を取るべきなのかもしれない。
 衝動に突き動かされるように、机に両手をついて立ち上がろうとする。しかし、その勢いは途中で止まった。中途半端に腰を浮かせたまま思案すると、やがて溜息をつき、深くうつむいて静かに座り直した。
 あともう少しだけ待とうと思った。
 それがどのくらい意味のあることなのかわからない。ただ逃げているだけなのかもしれない。そんなことを考えながらも、やはり行動を起こすことはできなかった。眉根を寄せて頬杖をつき、どこでもない一点を見つめながら、医務室に届く音にじっと耳を澄ませた。

…続きは「ピンクローズ - Pink Rose -」でご覧ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。夏バテみたいな表情になってしまった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ