にやにや製作:GoogleMapとGPSを自転車で使う

お気楽・ごくらく ( ・∀・)ニヤニヤ
     
製作 かるかる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GoogleEarth でGPSトラックデータを修正編集する

2007年03月11日 11時55分04秒 | GMM2 使用方法
以前、GoogleEarth上に描いたパスデータ(ルートデータ)をGMM.exeに取り込んでGPXファイルにする方法を
11/06 GoogleEarthでのパスデータ(ルートデータ)作成方法で紹介しました。

今回は応用編でGPSで採取したデータをGoogle Earth上で好きなように編集して
別途のGPXファイルとして保存する方法です。
端的に言えば、「GPSデータを修正」するということです。

GMM.exeには、Ver1.1.0.8からGoogleEarth上のkmlファイルを取り込んで
GPXファイルに変換する機能がありますが、説明を詳しくしていなかったのでまとめてみました。
サンプルデータは徘徊データから
「2006年12月2日 祖父江のイチョウを見に行く」のKMLデータを使います。
修正対象


手順は4段階
1.GoogleEarthにkml/kmz を放り込んで対象のデータを表示させる
2.GoogleEarth上でトラックデータを修正する
3.修正されたデータをコピーしてGMM.exeに取り込む
4.トラックデータをGPXファイルとして保存する

1.GoogleEarthにkml/kmz を放り込んで対象のデータを表示させる
場所は一番右端、出発地点の庄内川・新川堤防のあたり、橋も無いのに川を横断している部分です。
修正部分

2.GoogleEarth上でトラックデータを修正する
放り込んだkml/kmzファイルを展開すると、以下のようにGPSトラックデータがあらわれます。
トラックデータの選択

右クリックでプロパティを選択すると以下のように、修正できるポイントが「」で表現されます。
これを移動させてポイントを修正します。つまんで離しての簡単な操作です。
ポイントが表示される

正しい出発地点である送水管の根元までGPSポイントを移動させました。
修正後

3.修正されたデータをコピーしてGMM.exeに取り込む
右クリックで表示されるメニューのコピーを選びます。
トラックデータコピー

4.トラックデータをGPXファイルとして保存する
GMM.exe上で右クリックをすると、GoogleEarth上でコピーしたデータを取り込むことができます。
保存名を聞いてくるので適当な名前で保存します。GPXファイルとして保存されます。
GMM上で右クリック

 ∩
( ゜∀゜)彡 これだけ!!これだけ!!
 ⊂彡


以上の方法でGoogleEarth上でGPSトラックデータを修正してGPXファイルとして保存することができます。
数値を弄ることなしに地図や航空写真を見ながら修正できるのでとても楽です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜名湖サイクルツーリングの... | トップ | ALPSLAB route 自転車御用達... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (ケロロ)
2010-09-03 09:19:46
GPSが荒れた時にどうしようかと考えていましたが、これは便利そうですね。試して見ます。(^^)
Unknown (かるかる)
2010-09-04 16:59:33
便利なんですが
GoogleEarth内のルートデータは時間や標高情報が削除されるのが玉にキズ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む