だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

2011-12-29 00:01:18 | 映画(ら行)

日本
ドラマ/戦争

    * * * * * * * *

アメリカとの戦争に強く反対しながらも連合艦隊長官としてその端緒となる
真珠湾攻撃を指揮することになった軍人・山本五十六の知られざる実像を、
作家・半藤一利の監修の下、映画化した戦争ドラマ。
主演は「十三人の刺客」「最後の忠臣蔵」の役所広司。
監督は「孤高のメス」「八日目の蝉」の成島出。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1939年、夏。好戦ムードに盛り上がる世論を背景に、陸軍が日独伊三国軍事
同盟の締結を強硬に主張する中、海軍次官の山本五十六は敢然と異を唱える。
ドイツと結べばアメリカとの戦争は必然であり、両国の国力の差を冷静に
見極めていた五十六にとっては、それは絶対に避けなければならない戦い
だった。しかし、五十六の懸命の訴えで一旦は棚上げにされるも、三国同盟
締結の流れを完全に断ち切ることは出来なかった。
そんな中、五十六は聯合艦隊司令長官に就任する。
そして、五十六が予想したとおり、アメリカとの戦争は日に日に現実味を
帯びてくる。対米戦の回避を願う自らの信念と、聯合艦隊司令長官としての
職責の狭間で苦悩を深める五十六だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

今年の仕事が一段落して年末年始を過ごすために出張先から大阪に戻ってきた
その足でそのまま大阪ステーションシティシネマにて気になってた本作品を
観賞。大阪ステーションシティシネマは便利だけど、その分混みそうなんで
あんまり利用しないかもって言ってたわりには最近、ここで観賞する機会が
増えてる。やっぱ便利なのが一番。

真珠湾攻撃の描写はアレだけ?

まぁ、それなりに見応えはあったと思うけど、何か物足りない。
山本五十六の海軍次官から連合艦隊司令長官として戦死するまでの伝記物
としては、それなりのものだけど、戦記物としては薄っぺらいような印象を
受けた。

それと、玉木宏が演じた新聞記者とか、零戦の一パイロットが架空の人物
でもいいけど、ガダルカナル撤退作戦での門倉っていう架空の司令を登場
させて戦死させるのはどうなんだろう?
フィクションだからそれぐらいはアレなのかもしれないが、戦闘内容に関して
は史実に忠実に描いて欲しかったかな。

個人的に気になったのは阿部寛の山口多聞。スマート過ぎやしないかな。
もうちょっと恰幅のある役者さんの方がイメージに合うと思うのだが。
それに、彼が沈没していく空母・飛龍に1人残って艦と共にするシーンが
あるのだが、何故、共に艦と一緒に沈んでいった加来艦長が登場しないの
だろうか? そこは無名の役者さんでもいいから一緒に残ってるように
描いて欲しかった。

サブタイトルにある太平洋戦争70年目の真実ってあるが、特に目新しい物も
なく、何が真実なんだろう? 
山本五十六が対米戦争反対派だったこと?海軍が戦争には消極的だったこと?
こんなのは大抵は知られていることだし、今さら真実ってわけでもないだろうし。
結局何だったんだろう?

まぁ本作を観てると、日清・日露・第一次大戦と負け知らずで傲慢になった
軍人、国民、マスコミ。都合のいい自分勝手な考えや根拠の無い判断をする
参謀や軍のおえら方。年次などの順送り人事で硬直化した軍組織と、改めて
この戦争は負けるべくして負けた戦争だったんだなぁと感じた次第。

後、当時は戦争礼賛記事を載せて国民を誘導していたマスコミは戦後、自分達の
戦争責任は総括したのかな?
自分達を総括できずに国や国民に戦争責任や総括って言われてもなぁって感じ。
今年の大阪市長選挙なんかでの橋下大阪市長へのバッシング記事を載せて、
橋下大阪市長のイメージを落とそうと世論誘導しようとしていたところを見ると
マスコミは当時から何も変わっていない気がする。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倚天屠龍記 第40集 | トップ | 映画 怪物くん »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (豊中)
2011-12-30 22:19:42
加来艦長の名前は山本長官が見つめる、
戦死者名簿の中には有ったような気がします。
分かりにくいですね。

吉田栄作も架空の人物とか・・・。
フィクション小説が原作だったのかな?
>豊中さん (はくじ)
2011-12-31 20:50:44
こんにちは。
コメントありがとうございます。

加来艦長の名前、名簿にはありましたね。
名簿に載ってるカットを見せるなら、
山口多聞が残るシーンで一緒に加来艦長も
一緒に立ってるようにすればいいのになと思いました。

吉田栄作が演じた三宅義勇参謀は実在の三和義勇参謀が
モデルとのことです。
三和参謀はテニアンで自決しているので、三宅参謀という
架空の人物を用意したそうですが、別にそこは実在の
三和参謀でもいいと思うんですけどね。
あけまして (sakurai)
2012-01-03 12:16:55
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
年末年始、いろいろありまして、すっかり挨拶が遅くなりました。
いつも遅い反応ですいません。
今年の目標は、反応を早く!!です。

そうですか、戦闘シーンが少ないのはそうでしたが、いろいろと違う面もあったのですね。
私は、戦争ものだから戦闘シーンは見たいか?・と言うと、見たくない方で、戦いに至る軍の考え方とか、道のり、作戦の齟齬など、そっちが見たかったので、満足でした。
でも、戦争ものを描くのはいつでも難しいですよね。どう描いてもいろいろと言われる。
そんな中、なかなか勇気のあった作品だったと思います。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-01-03 22:07:42
明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願い致します。
コメントありがとうございます。

確かに、この手の戦争ものっていろいろと難しいですね。
でも一昔前なら山本五十六を主人公にした映画を
作ろうもんなら、いろいろと批判受けたかもしれませんね。
そういう点ではよく制作したなと感じいってます。
70年目の真実 (まちゅう)
2012-02-29 06:48:11
真珠湾奇襲攻撃は宣戦布告してすぐに攻撃する予定だったが、宣戦布告が遅れてしまい本当なら戦闘機が魚雷で攻撃するという前代未聞の奇襲攻撃が宣戦布告前のだまし討ちのテロ奇襲攻撃になってっしまった。しかし、米国でここ10数年位前にその事実を証明する文献が見つかった。これは70年目の真実になりますよ。山本五十六さんはテロリストでなく、米国人に対してもサムライですと。
>まちゅうさん (はくじ)
2012-02-29 21:39:52
こんばんは。
コメントありがとうございます。

宣戦布告が遅れてしまって、アメリカ側からすると卑怯な攻撃になってしまったのは、前々から知ってましたし、あんまり70年目の真実って大げさに言うほどのものではないと思ったんですよね。
彼がサムライかどうかはともかく、国際法を遵守しようとしただけだと思います。アメリカ相手に国際法無視したやり方をすれば後々ひどい報復行為に来られることを恐れたからだと思います。
Unknown (Sugar Pie Guy)
2012-12-14 00:07:17
私の知識不足からくる錯誤なのかもしれませんが---

映画のなかで山口司令は幕僚に「なにか形見」をと乞われ制帽を脱いで渡します。

その後、幕僚たちの挙手の礼に対し、山口司令も挙手で応えるのですが---

無帽での挙手の礼ってあり得るのでしょうか?

そのシーンの山口司令(阿部寛)があまりに不格好(無帽で挙手礼する姿を見たことがないせい)で、甚だ心地悪く感じました。

非常の際なので敢えてそうしたという史実があるのでしょうか。
>Sugar Pie Guyさん (はくじ)
2012-12-17 00:00:28
こんばんは。
コメントありがとうございます。

う~ん、私も詳しくはないので、制帽なしの敬礼が非礼に
あたるのかは、ちょっとわからないですね。
まぁ形見として渡してしまってますし、状態が状態です
から、当人たちは気にしてないのかも。
まぁ、画としては制帽してないので、確かに不恰好に見えて
しまいますね。

普通、ああいう最期のシーンって結構ジーンって来るもん
なんですけど、今回は何故かあんまりジーンとは来なかっ
たですね。なんでだろ?
ありがとうございます (Sugar Pie Guy)
2012-12-17 21:32:55
私の疑問におつきあいいただいてありがとうございます。

敬礼(特に敬う礼)は軍人に限ったものではありません。ただし通常は帽子を取って頭を下げます。

しかし軍人(あるいは警官など)が軍務に服している際は、その仕事を重視するため、特に帽子をかぶったまま礼を行うことが許容されています。

その礼が挙手の礼です(あるいは銃を持っている場合は捧げつつ。軍刀を抜いている場合は軍刀を斜め下に向かわせるなど)。

従って通常、無謀で挙手の礼はあり得ません。

映画で、部屋で無謀でくつろいでいるところに上官が入ってきて、全員が直立不動、あるいはそこから頭を下げるというシーンはよく見ます。

これは現在の自衛隊も同じで、wikiには着帽時と無帽時の敬礼のそれぞれが書かれていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E7%A4%BC

ただし、これらは私の耳学問にすぎず、上位のもの(ここでは山口司令)が無帽で答礼を行うとき、どうするのか本当のことを知っているわけではありません。

普通であれば、「うん」というように黙ってうなずくだけなのではと思いますが、史実はどうなのかと気になった次第です。

以上、読み捨てください。
くどくてすいません (Sugar Pie Guy)
2012-12-17 21:36:53
私なりにネットを調べたところ、無帽で挙手の礼の写真がありました。
合衆国の最高司令官である大統領が行っているところをみると、私の疑問は根拠なき誤解だったのかもしれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Reagan_salute_1984.jpg
>Sugar Pie Guyさん (はくじ)
2012-12-19 18:38:24
こんばんは。

今回はいろいろと勉強になりましたよ。
歴史や軍事ネタは好きなんですが、挙手とか儀礼に
関してはあんまり興味もってなかったので、今回は
いい勉強になりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
聯合艦隊司令長官 山本五十六―太平洋戦争70年目の真実― (佐藤秀の徒然幻視録)
「総合艦隊」と元祖マスゴミ失敗の本質 公式サイト。半藤一利原作、成島出監督、役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (LOVE Cinemas 調布)
米英との開戦に最後まで反対するも、真珠湾攻撃を指揮することになった連合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマだ。主人公・五十六を演じるのは『最後の忠臣蔵』の役所広司。共演に柄本明、柳葉敏郎、玉木宏、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平ら早々たる顔ぶ...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」断固アメリカとの戦争に反対し信念を貫いた五十六が今に語る相手を知り... (オールマイティにコメンテート)
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 は1941年に日本帝国軍がハワイ真珠湾を攻撃を指揮した連合艦隊司令長官山本五十六が開戦直前まで戦争に断固反対 ...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 (みんなシネマいいのに!)
 長いよ!タイトル。 読めない漢字があるよ。 だけど、「やまもとごじゅうろく」と
【聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-】目と耳と心を大きく開いて未来を見る (映画@見取り八段)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- 監督: 成島出    出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子...
[映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を観た。  これまた、作品としては、非常に抑制の効いた良作であった。  手触りとして、スティーブン・ソダーバーグ監督の諸作品みたいな、ドラマチック性を排除した作りだ。  日本の戦争映画は、妙...
劇場鑑賞「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 (日々“是”精進! ver.A)
山本五十六の人間像に、迫る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230004/ 聯合艦隊司令長官山本五十六―太平洋戦争70年目の真実 (プレジデントムック) プレジデント社 2011-11-28 売り上げラン...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (あーうぃ だにぇっと)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@東映試写室
聯合艦隊司令長官 山本五十六 (Akira's VOICE)
地味だが真摯な反戦の訴えが好印象。  
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-/役所広司 (カノンな日々)
太平洋戦争では最も有名と言える大日本帝国海軍の軍人、連合艦隊司令長官・山本五十六の実像を物語です。太平洋戦争関連の作品ではちょくちょく名前を耳にする人物ですが、山本五 ...
聨合艦隊司令長官山本五十六-太平洋戦争70年目の真実 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
半藤一利監修、成島出監督、役所広司主演で製作された山本五十六を描いた映画だ。三国同盟締結前の海軍と陸軍の意見衝突や、真珠湾攻撃の詳細、ミッドウェー海戦の失敗、ガダルカナル奪還作戦などを経てブーゲンビル島上空で戦死するまでの長いお話だ。自国の汚点に真正面...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー (SOARのパストラーレ♪)
1941年12月8日、帝国海軍の下す苦渋の決断によりこの国は戦争へと突入した。太平洋上機動部隊空母6隻の攻撃隊一波二波合わせて約350機がオアフ島真珠湾を目指す。 対米戦回避をギリギリまで唱えながらもこの奇襲攻撃を立案することになる山本五十六が、連合艦隊司令長官...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/23公開 日本 140分監督:成島出出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、伊武雅刀、宮本信子、香川照之 誰よりも、戦争に反対した男がいた。 昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する....
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 映画を観る2つのポイント (映画のブログ)
 「その根拠を示していただきたい。」  『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の中で、山本五十六は何度も人々に問いかける。  映画は140分のあいだ山本五十六を追い続け、その功罪を含めて彼がしたこと、云...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-』 (こねたみっくす)
アメリカ軍が最も恐れた日本帝国軍人。日本人が最も命を賭ける価値があると思える上司。それが聯合艦隊司令長官、山本五十六。 太平洋戦争開戦から70年。たった70年であの戦争が完 ...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 ('11初鑑賞176・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 11:35の回を鑑賞。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14) 男として器のデカさに真の武士道精神を感じた。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (そーれりぽーと)
なんだかよくわからずに『聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―』を観てきました。 ★★★★ 知らなんだー。 全く知らなんだ。 山本五十六なんて名前しか知らなんだ。 こんな偉大な思想を持った人物が大東亜戦争の中心で関わっていたなんて。 学校で...
聯合艦隊司令長官 山本五十六  (花ごよみ)
真珠湾攻撃で知られる海軍軍人 山本五十六を描いた作品。 主人公、山本五十六を 役所広司が演じます。 玉木宏、香川照之、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、 吉田栄作、椎名桔平伊武雅刀等が共演。 監督は成島出。 自らの思いに反して、 太平洋戦争開戦の端緒と なった真珠...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (B-scale fan's log)
公開中 成島出監督     出演 役所広司、玉木宏、柄本明 他 新評価 2.0 原作が半藤一利と聞いて予想していた通り、 海軍善玉説に基づく周知のストーリー。 「70年目の真実」なんてうたっていますが、 太平洋戦争は陸軍の強硬派に引きずられて・・・。 なんて....
No.100 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」(2011年 140分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 成島出 出演 役所広司    玉木宏    柄本明 いよいよこの日の3本目が本年最後の劇場公開作品です なんとか3ケタの100本ジャストで終了となりました 後は本年度のベストテンの発表を残すのみですね 今年は大きな決め手がないように思うので選出に苦....
聯合艦隊司令長官 山本五十六 (迷宮映画館)
半藤一利氏がどうしても伝えたかったことが、これだったような気がした。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (勝手に映画評)
1941年の太平洋戦争勃発から70年の今年(2011年)、太平洋戦争の口火を切る攻撃の指揮を取った山本五十六を描いた映画。 戦争を描いたのではなく、山本五十六自身を描いています。なので、戦争映画ではありますが、所謂、戦争映画とは異なり、ヒューマンドラマ的色彩が濃...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津...
『連合艦隊指令長官 山本五十六 ~太平洋戦争70年目の真実~』 2012年1月1日 TOHOシネマズ西新井 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『連合艦隊指令長官 山本五十六 ~太平洋戦争70年目の真実~』 を 2012年の映画1本目として鑑賞してきました 今日は2012年の初日で、映画の日でしたので、\1,000-で鑑賞です。 やっぱり・・・ですが、劇場はそんなに混んでいませんでした。 少し残念な気もします。 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (映画とライトノベルの日常自販機)
★★★☆☆“迷暗する時代が求めたリーダー像とは” 山本五十六について、第二次世界大戦や太平洋戦争についての史実について、それほどよく知っているわけではないので、映画を観て感じたことを述べていきます。 【妄想に突っ走り止まれなくなった日本】 日中戦争や満州...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」みた。 (たいむのひとりごと)
地元の新聞社の70周年記念作品ということでもあり、劇場は試写会に匹敵するような混雑っプリ。(先着入場特典どら焼き配布も効いていたか?) さすがに年齢層は高いものの、戦争映画が賑わっていると何故かほっと
『聯合艦隊司令長官・山本五十六』 (ラムの大通り)
----この映画、今年一番の“驚き”と言っていたよね。 ツイッターで、おおよそのことは分かったけど、 ブログではそこを詳しく…。 「うん。 東映が作る戦争映画って これまで“勇ましさ”が前に出ていて、 ことの是非はともかく好戦的な印象が強かった。 そんな中、たと...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― ちと軽めかな・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=1 -0-】 2012年一本目の映画、「最後まで日米開戦に反対し続けた連合艦隊司令長官、山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマ」だというふれ込みだけど、でも自分の山本五十六像とはどうも違う、その違いを確認しておきたかった。  昭和14年の夏。2年前に始まった支...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (to Heart)
誰よりも、 戦争に反対した男がいた。 上映時間 140分 脚本 長谷川康夫 /飯田健三郎 監督 成島出 音楽 岩代太郎 出演 役所広司/中原丈雄/柄本明/椎名桔平/吉田栄作/阿部寛/田中麗奈/玉木宏/五十嵐隼士/柳葉敏郎/原田美枝子/伊武雅刀/香川照之/宮本信子/坂東三津五郎 ....
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」総員出撃! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見終わった帰りのエレベーターでのおじいさまたちの会話。 「いやあ、アメリカさんはすごねぇ~」 「いっせん発だよ、1千発!!」 「え?あたし?そりゃ終戦6ヶ月まで疎開してたからねぇ~」 ・・・・・・・・・・・映画の話じゃなく、体験談!?
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
戦後の焼け野原の風景が、震災後の被災地の風景とダブってしょうがなかったわ。 戦争と自然災害の違いがあるとはいえ、ああいう風景を目のあたりにするとね。 そういう目で観ると、非常事態の中で的確な判断も出来ず右往左往するばかりのエラい人たちの情けない姿は、7...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (Diarydiary! )
《聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-》 2011年 日本
聯合艦隊司令長官 山本五十六☆独り言 (黒猫のうたた寝)
山本五十六という人物に関して、うーーんこの時代の歴史に関しては、いまいち弱いのです。大体日本史の勉強って古代~江戸時代までは結構丁寧に教わった気がしますが明治大正昭和になると、年度の終わりでついつい駆け抜け気味だったりしてたし。身近な時代過ぎて先生も熱...
「連合艦隊司令長官 山本五十六 ー太平洋戦争70年目の真実ー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                    「連合艦隊司令長官 山本五十六 ー太平洋戦争70年目の真実ー」」 DVD。 この作品は昨年の12月に封切られた時、劇場に観に行って、役所広司演ずる山本五十六の生き様に感銘を受けて帰ったのであるが、当時このブログは開店休業...
映画 聯合艦隊司令長官 山本五十六 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     アメリカとの開戦を反対していた山本五十六は   一部のマスコミや軍内部の強硬派などによる   国民煽動により、自らが望まぬ戦争に   対峙することになっ...
映画 聯合艦隊司令長官 山本五十六 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      アメリカとの開戦を反対していた山本五十六は   一部のマスコミや軍内部の強硬派などによる   国民煽動により、自らが望まぬ戦争に   対峙することになった。 &...