だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

一命

2011-10-19 02:01:11 | 映画(あ行)

日本
時代劇/ドラマ

    * * * * * * * *

 傑作の呼び声高い小林正樹監督の62年作品「切腹」の原作である滝口康彦の
『異聞浪人記』を、「十三人の刺客」の三池崇史監督で完全再映画化。
体面を重んじる武家社会の掟を前に、命を賭して人間としての義を問う一人の
浪人の衝撃の運命を、最新の3D撮影システムによる臨場感溢れる映像と
共に、緊張感みなぎる演出で描き出していく。
主演は、これが時代劇映画初出演となる歌舞伎俳優の市川海老蔵。
共演に役所広司、瑛太、満島ひかり。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

17世紀。戦国の世が終わり、天下太平の江戸時代初頭。しかし一方では、
幕府による理不尽な御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人があふれていた。
巷では、そんな浪人たちが裕福な大名屋敷に押しかけ、“切腹のために庭先
を拝借”と願い出て、困惑する屋敷の者から金銭を巻き上げる“狂言切腹”が
横行していた。
ある日、名門・井伊家の前にも切腹を願い出る浪人が現われた。
男の名は津雲半四郎。対応する当主の家老・斎藤勘解由は、数ヶ月前にも
同じようにして訪ねてきた千々岩求女という若浪人がいたことを告げ、
その狂言切腹の惨めにして壮絶な顛末を語り始めるのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

時代劇初の3D作品という触れ込みでしたが、ただでさえ暗い感じの内容
なのに3Dメガネでさらに暗くなるのもあれだし、そもそも3Dの必要性が
全く感じられなかったので2D版で観賞。

なかなかに見応えある映像。

市川海老蔵の演技や迫力ある殺陣はさすがに歌舞伎役者だなと思わせる
見事なもので、共演の役所広司、満島ひかりも良かった。
瑛太の竹光での鬼気せまる切腹シーンも見入ってしまうほど見事。
それと映像や井伊屋敷のセットも見事で最後まで飽きることなく重厚で、
武家社会の建前や本音、矛盾等を上手く表現した見応えのある内容だった
と思います。
個人的にはラストの何事もなかったかのように当主の前で取り繕う家老の
姿が御家大事の武家社会を如実に表現していた感じがして面白かった。

でも半四郎の侍の前にひとりの人間ってセリフには何か違和感を感じた。
現代人ならそういう風に考えそうな気がするが、当時の武士がそういう
考えに至るかなと疑問に思った。

それにしたって井伊家にとってはハタ迷惑な事件。
切腹したいというから庭先を貸してあげただけなのに。
求女の事情なんて知ったこっちゃないわけで、それでもちゃんと切腹した
から、求女の望みどおり三両を遺体とともに遺族に渡しているし井伊家と
しては充分に礼を尽くしている。
井伊家に非があるとすれば求女が所持している刀が竹光だったとわかった
時点で真剣を貸すか、竹光の先を腹にあてた時点で介錯してあげる等の
武士の情けを見せなかった点ぐらい。
半四郎が仕返しに武士の情けを見せなかった沢潟らの髷を切るところまで
は理解できるけど、井伊家に乗り込んで武士の体面を問いただすのは私怨
でしかないなぁと感じてしまった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アクシデント | トップ | キャプテン・アメリカ ザ・ファ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういわれれば (sakurai)
2011-10-28 16:19:36
そうですよねえ。
井伊家にそんなに非はない。
これが「切腹」の家老は、超いやらしいんですよ。
若き三國連太郎なんですが、半端ない非道振りが、にじみ出てる。
役者さんがいい人ってのがねっこに見えましたね。
そういや役所さんが「下らん!」って言い放つところがありましたが、江戸初期にその言葉ないだろ!って、突っ込んでました。
やですね、日本史専攻は、細かくて^^;
>sakuraiさん (はくじ)
2011-10-29 00:47:52
こんばんは。
コメントありがとうございます。

リメイク元の「切腹」は観た人が結構な割合で
凄いって称賛しているので、機会があったら
観てみたいですね。
私も歴史は好きなほうなんで、歴史物を観てると
ついついこの時代でこの衣装は違うんじゃない
の?って思いながら観てしまったりします。
ついつい気になったりするんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
一命 (LOVE Cinemas 調布)
『十三人の刺客』、『クローズZERO』の三池崇史監督最新作。滝口康彦の「異聞浪人記」をベースに作られた武士の世界を批判的に描いたヒューマンドラマだ。1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作でもある。主演は歌舞伎俳優・市川海老蔵。共演に『まほろ...
三池崇史監督 「一命」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
公開初日という事で、前々から観たかった三池監督の「一命」、仕事明けの今日(2011年10月15日)、仕事をとっとっこ切り上げ営業所に帰庫、もよりの映画館に朝一番で観てきました。 http://www.ichimei.jp/ 映画を観終わり家に帰って一睡した今も、まだ興奮醒め...
一命/市川海老蔵、瑛太、満島ひかり (カノンな日々)
『十三人の刺客』でエンターテイメントなアクション時代劇を成功させた三池崇史監督が再び時代劇に挑み1968年に『切腹』というタイトルで映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原 ...
『一命』 (beatitude)
戦国の世は終わり、平和が訪れたかのようにみえた江戸時代初頭、徳川の治世。その下では大名の御家取り潰しが相次ぎ、仕事も家もなくし生活に困った浪人たちの間で“狂言切腹”が流行していた。それは裕福な大名屋敷に押し掛け、庭先で切腹させてほしい...
『一命』 (こねたみっくす)
一命を懸けて問う。武士の面目とは何か。 これは現代社会にも通ずる、同時に泰平の世だからこそ薄れていく人としての義を問う映画。三池崇史監督が映画人として、一人の人として ...
一命2D (佐藤秀の徒然幻視録)
大河ドラマ「それからの武蔵」風 公式サイト。英題:Hara-Kiri: Death of a Samurai。滝口康彦「異聞浪人記」原作、小林正樹監督「切腹」(1962)のリメイク。「十三人の刺客」に続くジェレミー ...
2011年9月26日 『一命』 丸の内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『一命』 を完成披露試写会で鑑賞です。 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、三池崇史監督が登壇しました。 開場時のレッドカーペットは散々でエスカレーターの裏側で何にも見えませんでした(笑) そんなのやるなよ!って激怒 海老蔵君のおかげで公開が延びたので...
一命 (花ごよみ)
市川海老蔵と瑛太が主演。 海老蔵が津雲半四郎。 瑛太が千々岩求女を演じます。 満島ひかり 役所広司 竹中直人 青木崇高 新井浩文 波岡一喜等が共演。 監督は三池崇史。 時代劇初の3D作品ということですが 2Dで見ました。 半四郎(市川海老蔵)が 娘婿、千々岩....
主演・市川海老蔵、三池崇史監督『一命』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。1952年に発表された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に(1968年「切腹」として映画化)、三池崇史監督が再映画化した『一命』。音楽、坂本龍一。出演は市川海老蔵、瑛太、役所
『一命』 (ラムの大通り)
----これって、昔の映画のリメイクだよね。 「そうなんだけど、 あまりそのことを、前面に出してはいない。 やはり、小林正樹監督の『切腹』が あまりにも名作だからかもしれないね。 で、その元となった原作『異聞浪人記』の映画化の方が 強調されているみたい。 ぼくは...
映画 「一命」 (ようこそMr.G)
映画 「一命」
「一命」命と引き換えに伝えたかったお金でない命の是非 (オールマイティにコメンテート)
「一命」江戸時代にお家が改易となった貧しい武士の家で貧しいながらも暮らしていた武士の家族がある事がキッカケに切腹をしたいと武家の家に申し出た事からそれを巡る武士の在り ...
映画「一命」@松竹試写室 (新・辛口映画館)
  今回は「Yahoo!映画 ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。試写会の客入りは平日の昼間と言うことで6割くらい、観客の年齢層は高い。
「一命」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: 松竹 監督: 三池崇史 原作: 滝口康彦 脚本: 山岸きくみ エグゼクティブプロデューサー: 中沢敏明、ジェレミー・トーマス プロデューサー: 坂美佐子、前田茂司 滝口康彦が
映画『一命 <3D>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、三池崇史。脚本、山岸きくみ。音楽、坂本龍一。原作、滝口康彦『異聞浪人記』。
劇場鑑賞「一命」 (日々“是”精進! ver.A)
武士が守るべきは義か、愛か・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110150001/ キネマ旬報 2011年 10/1号 [雑誌] posted with amazlet at 11.10.10 キネマ旬報社 (2011-09-20) Amazon.co.jp...
一命 (あーうぃ だにぇっと)
一命@丸の内ピカデリー1。 9月26日(月)舞台挨拶付き3D試写会。 チケットはネットオークション1,540円で入手。 舞台挨拶付き完成披露試写会のわりに安かったのでカサキケイくんに落札してもらって二人で観に行った。
一命 (Akira's VOICE)
哀しみの果てに・・・  
『一命』 ('11初鑑賞140・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 10月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:30の回を鑑賞。
一命 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月15日(土) 15:00〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:300円(フリーパス+3D料金(メガネ持参)) パンフレット:未確認 『一命』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。25本目。 海老蔵で時代劇で3Dもないだろうと思ったのだが、三池なら何かギミッ...
一命 (悠雅的生活)
一皿の菓子。降り頻る雪。まだ遠き春。
一命 3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
滝口康彦の「異聞浪人記」を原作に、三池崇監督が最新の3D技術を使って映画化した作品だ。武家諸法度に反したと、安芸備後50万石を没収されて信濃国高井野藩4万5千石に改易させられた。その歴史的事実を元に、浪人とならざるを得なかった男たちの末路を描いている。生まれ...
映画「一命」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「一命」観に行ってきました。 滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作とし、江戸時代初期に蔓延したと言われる「狂言切腹」を題材に「武士の生き様」に対し疑問を投げかける作品。 2010年11月に暴行事件を起こしニュースになった市川海老蔵が主演ということで話...
一命 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1952年に発表され、1968年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。音楽を「シルク」の ...
一命 (うろうろ日記)
試写会で見ました。海老蔵さんが役所さんのいるお屋敷で切腹したい。とお願いに来て、
『一命』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「一命」□監督 三池崇史 □脚本 山岸きくみ □原作 滝口康彦(異聞浪人記)□キャスト 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司、竹中直人、       新井浩文、笹野高史、中村梅雀■鑑賞日 10月16日(日)■劇場 TOHO...
[映画『一命』を観た(すまん、短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆『十三人の刺客』を見たとき、ノリ気じゃない姪っ子だったが、観終えて、「悔しいけど、面白かった^^;」と言った。  で、今回、半ば無理矢理に彼女を、 「名作『忍たま乱太郎』と同じ監督だからさ^^」  と言って、連れて行ったら、観終えて、「『忍たま乱太郎...
『一命』・・・武士の誇りと男の尊厳 (SOARのパストラーレ♪)
武士の誇りとは何か。命とは何か。 家族を愛する若き武士の切腹をめぐって繰り広げられる壮絶な人間ドラマに、我を忘れてのめり込んだ2時間だった。
映画を観た〜一命 3D版〜ネタバレあり (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
一命 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  1962年に製作された小林正樹監督の『切腹』のリメイク版である。その『切腹』はかなり古い映画になってしまったので、若い人達には馴染みがないかもしれない。どちらかと言えば、海老蔵の復帰作ということに、話題が集中しているようである。 だが『切腹...
一命(2011-086) (単館系)
1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作 リメイクではないらしい。 狂言切腹というのが有るらしい。 切腹を申し出て面倒事を避けたい大名はお金や職を与えて 思いとどませるらしい。 と...
「一命」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「切腹」を観たときも、竹光痛そうと思ったけど、この映画も、やっぱり竹光痛そう。 2Dで観たけど、3Dで観るともっと痛そうなのかしら。 それは、どうかな。そもそもこの映画、うざったいめがねかけてまで3Dで観たほうがよかった、って思えるシーンあったか。 ・・...
映画「一命」 (FREE TIME)
映画「一命」を鑑賞しました。
武士の本懐〜『一命』 (真紅のthinkingdays)
 江戸時代初期。井伊家に津雲半四郎(市川海老蔵)と名乗る浪人が現れ、切腹 を願い出る。井伊家家老・斎藤勘解由(役所広司)は狂言切腹であると考え、数ヶ 月前に井伊家を訪れた若い浪人の話を始める。...
一命 (迷宮映画館)
海老蔵さん、もう10年後だったら、ピタッとはまったと思う。
一命 (気ままにブログ)
 10月3日(月)松竹本社試写室にて試写会「一命」(2D版)を鑑賞。  上映開始10分前に会場入りしたが、大方埋まっていて、結局1列目の壁側に着席。  次回はもう少し早い時間に来よう・・ ...
一命 (映画的・絵画的・音楽的)
 『一命』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)原作の滝口康彦著「異聞浪人記」(注1)を映画化したものとしては、小林正樹監督の『切腹』(1962年)があり、それに甚だ感銘を受けたことがあり、また『十三人の刺客』の三池崇史監督の作品ということもあって、映画...
一命☆独り言 (黒猫のうたた寝)
三池監督の『一命』観てきました。リメイクながらオリジナルは観たことありません。だから比較もできないけどね。かなり緊張感維持しつつの鑑賞でした。太平の世、食い詰めた浪人たちの狂言切腹が流行っているという。武士の情け、と言いながら大名の江戸屋敷の玄関先で切...
『一命』| 武士道はあれど、その道を歩く者なし。 (23:30の雑記帳)
「『一命』を一名ください」と チケット売り場で言えなかった小心者です。 まだまだ修行が足りません(泣) まずは簡単なあらすじ紹介から。。。 (ネタバレあります!) ...
一命 (がらくた新館)
三池崇監督の、江戸時代初期の太平の世が始まった頃を舞台にした時代劇映画です。 2
一命 (銀幕大帝α)
HARA-KIRI: Death of a Samurai/11年/日本/126分/時代劇ドラマ/劇場公開(2011/10/15) −監督− 三池崇史 過去監督作:『十三人の刺客』 −原作− 滝口康彦『異聞浪人記』 −音楽− 坂本龍一 −出演− ◆市川海老蔵…津雲半四郎 ◆瑛太…千々岩求女 過去出演...
一命 (いやいやえん)
同じ原作を使ってるため、実質的に「切腹(1962年)」のリメイク作品になってると思う。…なのでどうしても比べてみてしまいますが、残念ながら「切腹」ほどのただならぬ緊張感や迫力をどうしても感じ取れなかった。