だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

沈黙 -サイレンス-

2017-01-22 00:30:15 | 映画(た行)

アメリカ
ドラマ/時代劇

    * * * * * * * *

遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学
の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ
監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史
ヒューマン・ドラマ。
非情なキリシタン弾圧が行われている江戸初期の長崎を舞台に、自らの信仰心
を極限まで試される若いポルトガル人宣教師の壮絶な葛藤の行方を力強い筆致
で描き出す。
主演は「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。
共演にアダム・ドライヴァー、リーアム・ニーソン。
また浅野忠信、窪塚洋介、塚本晋也、イッセー尾形はじめ日本人キャストも
多数出演。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

17世紀、江戸初期。
日本で布教活動を行っていた高名なポルトガル人宣教師フェレイラが、キリシ
タン弾圧を進める幕府の拷問に屈して棄教したとの知らせがローマに届く。
さっそく弟子のロドリゴとガルペが真相を確かめるべく日本へと向かい、
マカオで出会った日本人キチジローの手引きで長崎の隠れキリシタンの村に
潜入する。
そして村人たちに匿われ、信仰を通じて彼らと心を通わせていく。
やがてロドリゴたちの存在は、狡猾にして冷酷な手段を駆使して隠れキリシ
タンをあぶり出しては、彼らに“転び(棄教)”を迫る長崎奉行・井上筑後守
の知るところとなり…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

外国映画で本格的な時代劇物を作ったんだなぁと興味に惹かれたので、
観に行く事に。

重厚な内容だった。

原作未読なので、原作通りなのかそうでないのかは知らないけれど、
162分と長尺ながらも最後まで引き込まれる重厚な内容だった。
絶対途中でトイレに行きたくなるなぁと思ったけれど、そんな事思う暇すら
なかった感じ。

外国映画だと日本の時代考証がおざなりで変な日本が描かれる事が多いん
だけど、本作はしっかりと時代考証がされていて、何も知らずに観たら
邦画かと思ってしまうかもってぐらい。

見た目の信仰は変えさせても、心の中までは変えさせることはできない
ってことが描かれるんだけど、そんな事は奉行や役人たちも承知の上で、
個人で心の中で何を信じようが好き勝手だけど、集まって見える形で
やらなきゃお目こぼしするよって感じに受取れたけど、史実ではどう
なんだろう?

為政者側としてもキリスト教を弾圧しなければいけない背景があったと
しても、徹底的に弾圧しまくって民を減らしてしまえば税収が得られなく
なるし、案外作中で描かれたような感じだったのかなぁ?

個人的には一神教の宗教は嫌い。
信じている神以外は全て邪教で悪で、その信徒を殺しても構わない、むしろ
それは正義っていう考えが気に喰わない。
自分なんて信仰なんて適当で都合のイイ時だけ利用すればいいじゃんって感じ
なので、命惜しさにあっさり踏絵に応じるキチジローには感情移入できる。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画INDEX:アメリカ あ~こ | トップ | ミラーズ 呪怨鏡 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
踏絵 (もののはじめのiina)
2017-02-08 10:10:43
どんなに信仰が深くても、拷問に耐えられる人間はほとんどいないと思われます。

即刻、首を刎ねられて死ぬわけではなく、過酷な責苦を選んで死んでいったなんて信じられないです。

「神は存在するか?」 を考えてみました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c34a1319fcb3a86165a525a9b4a463c

>もののはじめのiinaさん (はくじ)
2017-02-08 20:53:48
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そこまでして信じるモンじゃないでしょうに。って思いますがねぇ、個人的には。
そのために命捨てる必要もないのになぁって思いますし、そこまで思い詰める心理が理解できないです。
まぁ理解したいとも思いませんが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
タイトルデザイン_47 BIG FILM DESIGN『沈黙‐サイレンス‐(Silence)』マーティン・スコセッシ監...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『沈黙‐サイレンス‐』Silence 原作 : 遠藤周作監督 : マーティン・スコセッシ出演 : リーアム・ニーソンアンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライヴァー窪塚洋介、浅野忠信イッセ......
[映画『沈黙-サイレンス-』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師......
沈黙−サイレンス− (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー ......
「沈黙」☆そこに真理あり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で......
沈黙 -サイレンス- (とりあえず、コメントです)
遠藤周作著『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督が映画化した人間ドラマです。 原作は未読ですけど、予告編を観て大変な映画だなあと思っていました。 当時をリアルに伝えてくる......
沈黙 サイレンス / Silence (勝手に映画評)
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作......
『沈黙-サイレンス-』 (こねたみっくす)
ここにはいない神を信じるのか。それともここにある現実を受け入れるのか。 なぜ神は沈黙するのか。「信じる」とはいったい何なのか。ほぼ音楽のない映画が問い掛ける。28年間の......
沈黙 -サイレンス- (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田......
沈黙 -サイレンス- (Akira's VOICE)
沈思黙考を促される映画。
沈黙 -サイレンス- ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから......
劇場鑑賞「沈黙 -サイレンス-」 (日々“是”精進! ver.F)
魂のあるべき姿… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701240000/ 沈黙改版 [ 遠藤周作 ]
沈黙 -サイレンス-・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神はどこにいるのか?なぜ沈黙するのか? 江戸初期、キリシタン弾圧下の日本を舞台に、棄教した師を探すため日本に潜入したカトリック司祭たちの苦悩を描く遠藤周作の傑作小説......
宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ~。~「沈黙ーサイレンスー」~ (ペバーミントの魔術師)
ま~ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー......
『沈黙 サイレンス』 2017年1月17日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『沈黙 サイレンス』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 舞台挨拶というよりはトークショーでしょうか、椅子に座ってじっくりと マーティン・スコセッシ監督を始めとし、 窪......
沈黙 -サイレンス- (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田......
教科書の中だけでは見えない事。『沈黙 -サイレンス-』 (水曜日のシネマ日記)
遠藤周作の小説「沈黙」を実写版映画化した作品。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の長崎を舞台に来日した宣教師の目線で描かれた物語です。
映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は......
『沈黙 -サイレンス-』('17初鑑賞06・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。
沈黙 -サイレンス-/SILENCE (我想一個人映画美的女人blog)
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が'88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰と...
『沈黙 -サイレンス-』 遠藤周作からスコセッシへ (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ミーン・ストリート』『タクシードライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーティン・スコセッシ監督の最新作。スコセッシが28年もの長い間企画を暖めていた......
沈黙 -サイレンス-/SILENCE (我想一個人映画美的女人blog)
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が'88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰と...
映画「沈黙 -サイレンス-」 (FREE TIME)
映画「沈黙 -サイレンス-」を鑑賞しました。
沈黙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その......
沈黙-サイレンス-  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増してい......
沈黙 (もののはじめblog)
1971年(昭和46年)に篠田正浩監督が映画化した『沈黙』を映画館で見ているが、原作を読んだかどうか忘れてしまった。 江戸時代のキリシタン弾圧下の長崎が舞台。神を信じて過酷な......
[映画] 沈黙 Silence (12時間Blog)
「沈黙 -サイレンス-」を川崎109シネマズにて観て来ました ほとんどBGMらしいBGMすら無い中、161分もの間、江戸初期の頃の日本を舞台にポルトガル人の司祭と長崎奉行所の役人たちとの......
「沈黙 -サイレンス-」:イッセー、世界へ羽ばたくか? (大江戸時夫の東京温度)
映画『沈黙 -サイレンス-』は、マーティン・スコセッシ74歳の渾身の企画。原作と
沈黙-サイレンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 信仰をめぐる遠藤周作の名作を30年近くかけてマーティン・スコセッシ監督が映画化。長時間、真面目でアメリカになじみが薄い題材のため、オスカー候補は逃しましたが、昨年のア......
「沈黙−サイレンス−」沈黙の先にみる生きる為に信仰を心を封じて生きた人たちの生き様 (オールマイティにコメンテート)
「沈黙−サイレンス−」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代......
沈黙 -サイレンス-(2016)**SILENCE (銅版画制作の日々)
 なぜ弱きわれらが苦しむのか―― ようやくこの作品を鑑賞。踏絵、隠れキリシタン・・・・。確かに歴史の授業で覚えているが、こんなに凄かったんですね。苦しい思いをするなら......
独断的映画感想文:沈黙 サイレンス (なんか飲みたい)
日記:2017年2月某日 映画「沈黙 サイレンス」を見る. 2016年.監督:マーティン・スコセッシ. 配役:アンドリュー・ガーフィールド(セバスチャン・ロドリゴ),アダム・ドライバー(......