もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

沈黙

2017年02月06日 | 映画
1971年(昭和46年)に篠田正浩監督が映画化した『沈黙』を映画館で見ているが、原作を読んだかどうか忘れてしまった。

江戸時代のキリシタン弾圧下の長崎が舞台。神を信じて過酷な迫害を受けているというのに、神は沈黙したままという究極のテーマ。

テレビ予告編の海上での刑罰シーンを見て本格的なにおいを感じ、批評家が「監督が外人ながらも日本の描き方に違和感がなく、ラストに納得した」というコメントを読み行く気になった。
その監督がマーティン・スコセッシで、直近に「ヒューゴの不思議な発明」を、そして「ギャング・オブ・ニューヨーク」と「ディパーテッド」、「アビエイター」を観ていた。

豪華キャストで、見たことのある主演だと思ったら、スパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドだった。

日本人俳優たちもそれぞれ存在感があり、井上筑後守を演じるイッセー尾形は巧かった。


 
 
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪快滑走 | トップ | 目の成り立ち »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-02-06 06:26:02
沈黙
>なぜ 弱きわれらが苦しむのか
 >・・神は沈黙したままという究極のテーマ
難しいテーマですね
「信じる者は救われる」
信じるしかないですね
おはようございます (楽母)
2017-02-06 08:10:18
遠藤周作の本は、狐狸庵シリーズがとっかかりだったので、この沈黙を読んだときにはとても驚いたのを覚えています。 
観たいような、観たくないような作品のひとつです。
(延岡の山歩人K)   さん へ (iina)
2017-02-06 08:20:50
スイセンがよく撮れています。黄と白と緑の水仙の構図が好いですから、Kさんの腕前が知れます。他の方に写真を推薦できます。^^
そして、こういう写真を見ると、一眼レフが欲しくなります。

> 「信じる者は救われる」   信じるしかないですね
どうですかね・・・、神を信じて迫害されているのに神は「沈黙」して救ってくれぬのです・・・。

キリシタン禁制の世でも、踏絵は権力者が「踏ませるため」に作ったものですから、魂はこもってませんから踏んで構わぬのです。
それに、キリスト教は偶像を拝んではならぬと教えているはずです。神社仏閣に納まっているような仏像ではないのです。
神を信じる心があればそれで十分なはずです。

(楽母) さん へ (iina)
2017-02-06 08:56:09
インスタントコーヒーCMの「違いの分かる男」遠藤周作は、なつかしいです。

> 沈黙を読んだときにはとても驚いたのを覚えています。 観たいような、観たくないような作品のひとつです。
篠田監督の『沈黙』ラストの描き方に遠藤周作は違和感をもったと当時話していた気がします。
今度は外人がどのように描くかに興味をもちましたが、日本の立場も語られ、よく創られていた気がしますょ。

沈黙 (らいちゃん)
2017-02-06 09:12:56
キリシタンが弾圧されていた江戸時代の日本を外国人監督が映画化した作品と言うことですが、当時の時代背景などがよく表現されているようですね。

「宗教は心の拠り所」
弱き者たちが苦しんでも神は何も言いません。
ただ黙って見守るだけです。
それでも神に祈りを捧げます。
それが宗教なのですよね。

>財をなすと、別荘を一等地に建てたくなります。
ありがたくも、ひとさまの別荘を見て、趣味人になった気になれます
人様の別荘を見て羨んだりはしませんが、今日の拙ブログの8人の大富豪には驚きます。
8人が全額寄付すれば36億人が救われるのです。
日本の所得格差などは可愛いものです。
だからと言って格差を是認するものではありませんよ。
らいちゃん  へ (iina)
2017-02-06 09:46:28
> 8人が全額寄付すれば36億人が救われるのです。
人類が70億人くらいですから、その半分を救うのですね。

ひと昔前に流布したの「世界がもし100人の村だったら」のとおりです。
      すべての富のうち 6人が59%をもっていて みんなアメリカ合衆国の人です
      74人が39%を 20人が、たったの2%を分けあっています
      http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen47.html


トランプ大統領が貧しい者に職をと外国を叩いていますが、世界の富の大半がアメリカにあるのに、これ以上求めて、
その格差を更に広げようとしています。
   国別富裕層人口ランキング
     1位 アメリカ 6,906,000
     2位 中国   3,613,000
     3位 日本   1,125,000
     https://moneytoday.jp/articles-347

アメリカは世界でも貧富の差が激しいそうですから、トランプが主張しているのはアメリカ国内の富の分配の問題で、外交
とは関係ないように思えます。


> キリシタンが弾圧されていた江戸時代の日本を外国人監督が映画化した作品と言うことですが、当時の時代背景などがよく表現されているようですね。
キリシタン禁制の日本の事情なども描かれていました。

観たい (hide-san)
2017-02-06 13:49:02
観たいと思いながら、まだ果たせないでいます。
 (hide-san) さん へ (iina)
2017-02-07 14:51:27
重たい映画ながら、見ごたえありました。

4トラックバックにコメントします (iina)
2017-02-07 15:57:34
 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★) さん へ
拷問の種類もいろいろ考えつくものです。
温泉の熱湯を浴びせるとか、逆さづりするにも耳を切って苦しみを長引かせるなんて・・・。実際の処刑方だといいます。

豪快なイビキをかいたオヤジを起こして、「沈黙」といえば愉快でしたね ("^ω^)・・・




 (12時間Blog) さん へ
キチジローは、イエスを裏切ったユダと重ねたのでしようが、醜くも賢い人間性をえぐってました。

キリシタン禁制の世に、権力者が「踏ませるため」に踏絵を作ったものですから、踏んで構わぬのです。
でも、当時は踏絵を踏めば棄教とみなされたのでしょうね。
そして、宗教家は、殉教者の血を糧に冷酷に布教を続けていくのでしょう。

どんなに信仰が深くても拷問に耐えられる人間はほとんどいないと思われるのに、史実では随分と処刑される道を選んでいます。^_^;




 (セレンディピティ ダイアリー)さん へ
沈黙を貫いた神が、ラストに語り掛けるのは原作とおりでした。あるいは、神の声だと錯覚して聞こえたのでしょうか?

やはり、無常に「沈黙」したままの方がいいの思うのです。

アブラハムが我が子を生贄に捧げようと刃を振り上げた時、その覚悟を見届けた神が、これからはあなた方に
語り掛けることはしないと宣告したのですから。




 (ノルウェー暮らし・イン・原宿) さん へ
> 何度も棄教し、家族も見捨て、拷問に耐え兼ねすぐに司祭を売ってしまう彼は、それでも何度も許しを請いにロドリコの元へやってくる。
> しかしそれこそが『真理』であり、彼こそがこの映画のテーマそのものなのだ。
そんな風なことを原作者は いいたかった気がします。

発表当時、どうして殉死させなかったのかと叩かれたそうです。

コメントありがとうございました (ノルウェーまだ~む)
2017-02-07 23:51:26
もののはじめのiinaさん☆
なるほど~~キチジローはそれこそ信者にとってはユダでしかないわけで、殉死して「ほしい」対象なのでしょうね。
ただし、信仰は神のためでも、司祭のためでも、村の長のためでも無いわけで、本当に神さまがいたとしたら、キチジローを蔑んだり怒ったりなど決してしないと思うのです。
『弱い者の為にある』のが神様で、その弱い者を救うものが信仰でなくてはいけないというのが原作者の言いたいことだったと思いました~~
4トラックバックにコメントします  (iina)
2017-02-08 09:50:38
 (パピとママ映画のblog) さん へ
>「神を信じることは人を救うことなのか?信仰を守ることよりも弾圧の犠牲者を見過ごすことの方が神を裏切る行為なのではないか?」と、問いかける。
>ロドリゴにとって自らの存在意義である信仰と教会への忠誠心に殉じることはむしろ本望なのだから。しかし犠牲者が増え続ける現実を前にして、教会への忠誠を貫き続けることはできるのか



 (映画的・絵画的・音楽的) さん へ
踏絵は時の権力者が踏ませるために作った道具にすぎないのですから踏んでも構わぬと思います。
しかし、踏絵を踏むことは、「棄教」とみなさるでしょうから、踏むに踏めないのでしょうね。

この小説を発表した時代でも、宣教師が転んだことに協会側から反発があったそうです。

布教を進めた後に、植民地化する戦略を秀吉や家康が危険視したので、キリスト教を黙認するわけにはいかなかったのでしょう。

一神教の教義に厳しいでキリスト教なのに、日本には八百万の神が棲む国ですから、育ち難い環境だと思います。
それなのに、死後の天国行きにあこがれて、進んで死んでいったのでしょうか・・・?




(勝手に映画評) さん へ
>イッセー尾形、彼も中々のトリックスター。実在の人物がモデルになっていますが、劇中では、さながら心理戦を駆使する取調官と言う感じですね。



 (西京極 紫の館) さん へ
ポルトガルは布教を進めた後に、植民地化する戦略を隠しています。それを知った秀吉や家康がキリスト教を危険視し、
キリスト教を禁止にしました。

それに、キリスト教は一神教ですから他の宗教を否定します。仏教徒が神社に詣でるという日本的なおおらかささえ認めません。
日本は宗教に関し、いい加減といえばその通りですが、八百万の神のいる日本こそ素晴らしい宗教観といえなくもありません。

こんな話が残っています。
ザビエルが日本にはじめて布教したとき、お年寄りが「あなたが日本に来たので、キリスト教を知ることができたけど、
知らないまま死んだら我々は天国に召されないのでしょうか」と尋ねたそうです。ザビエルはその通りと答えざるを得なかった
と伝わります。

ザビエルは、そのことを本国に 「日本人たちは、まるで哲学者のよう」 と書き送っています。

ありがとうございました (セレンディピティ)
2017-02-08 10:17:02
こんにちは。
先日は拙ブログにTB&コメントありがとうございました。
iinaさんは篠田監督版「沈黙」をご覧になっているのですね。
遠藤周作さんはラストに違和感を感じられたとか...
これはチェックしてみなくては。

本作を見た時、遠藤周作先生に見ていただきたかったな...と思いました。
作者の思いを汲み取り、真摯に映画化されていると私は感じました。
4トラックバックにコメントします   (iina)
2017-02-09 09:22:15
 (だらだら無気力ブログ!) さん へ
どんなに信仰が深くても、拷問に耐えられる人間はほとんどいないと思われます。

即刻、首を刎ねられて死ぬわけではなく、過酷な責苦を選んで死んでいったなんて信じられないです。

「神は存在するか?」 を考えてみました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c34a1319fcb3a86165a525a9b4a463c




(水曜日のシネマ日記) さん へ
暗記したことが、時として映画を鑑賞あるいは読書によって呼び覚まされ、興味を抱くキッカケになるのだとしたら、
覚えた効用はあったのだと思います。

雲仙地獄地帯を歩きました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/d0a5a41df65d1f18938b5618fbe96489



 (信州諏訪発気まぐれ親父のブログ) さん へ
> 何故、宣教師たちの言葉を英語にしたのか?そのせいで途中、通訳がポルトガル語を習っていると言う箇所に違和感があり過ぎた
英語圏の監督の作品ですから仕方ないと思います。

「猿の惑星」で、猿が英語を喋るのと同じく已むを得ません。
ちなみに「猿の惑星」の原作では、猿は猿語を喋っていました。




 (ひろの映画見たまま) さん へ
> 主人公のロドリゴ宣教師が、自分が転ばなければ、人々が難を受ける。この究極の選択だ。
宣教師自身のことならば、信仰のために殉死もいとわないのに、信者の命を人質にされては戸惑うでしょうね・・・。

現在も日本でのキリスト教徒は少なかったと思います。
日本人は八百万の神のひとつにキリスト教があるという考えを抱きがちですが、キリスト教は一神教ですから、他の宗教を認めません。

トラックバック「銅版画制作の日々」 さん へ (iina)
2017-02-11 09:54:57
> 踏絵、隠れキリシタン・・・・。確かに歴史の授業で覚えているが、こんなに凄かったんですね。
雲仙には、温泉の熱湯で刑罰に使った跡があります。
例えば、長崎に住む清七というキリシタンが処刑された後に、噴出した清七地獄があります。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/d0a5a41df65d1f18938b5618fbe96489

2トラックバックにコメントします    (iina)
2017-02-12 11:35:20
 (我想一個人映画美的女人blog) さん へ
> 棄教できれば命は助かるも、信念は捨てることになる。
殉死すれば天国に行けると信じたのでしょうか。

イッセー尾形が、イノウエさまを怪演してました。




 (映画と本の『たんぽぽ館』) さん へ
キリスト教は、偶像崇拝を否定しているはずですから、宣教師は踏絵なんか踏んでいいと教えればいいのに、
もどかしいことです。

もっとも、踏絵は棄教をも意味しますから、ためらうのでしょう・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
沈黙 -サイレンス- (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田......
[映画] 沈黙 Silence (12時間Blog)
「沈黙 -サイレンス-」を川崎109シネマズにて観て来ました ほとんどBGMらしいBGMすら無い中、161分もの間、江戸初期の頃の日本を舞台にポルトガル人の司祭と長崎奉行所の役人たちとの......
沈黙 サイレンス (セレンディピティ ダイアリー)
遠藤周作の名作「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が28年の構想を経て映画化した作品、「沈黙 サイレンス」(Silence)を見ました。幕府によるキリシタン弾圧が行われてい......
「ドクター・ストレンジ」☆意外と面白い! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
マーベルヒーローものの映画は正直もういいかなぁと、ヒーロー大集合が当然になってきて後に引けなくなってしまった春休み東映ヒーロー物の映画のようなイメージで、ちょっと乗り......
沈黙 -サイレンス- ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから......
沈黙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その......
沈黙 サイレンス / Silence (勝手に映画評)
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作......
沈黙-サイレンス-  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増してい......
沈黙 -サイレンス- (だらだら無気力ブログ!)
重厚な内容だった。
教科書の中だけでは見えない事。『沈黙 -サイレンス-』 (水曜日のシネマ日記)
遠藤周作の小説「沈黙」を実写版映画化した作品。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の長崎を舞台に来日した宣教師の目線で描かれた物語です。
沈黙 -サイレンス- (信州諏訪発気まぐれ親父のブログ)
江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の 弟子ロドリゴ(アンドリ......
「沈黙 サイレンス」、遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシが映画化! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆☆ 162分と大作なのと、全編シリアスなつくりなので、気合を入れて見ないと この原作は、すでに。篠田監督により映画化されている。 今回は、スコセシ監督......
沈黙 -サイレンス-(2016)**SILENCE (銅版画制作の日々)
 なぜ弱きわれらが苦しむのか―― ようやくこの作品を鑑賞。踏絵、隠れキリシタン・・・・。確かに歴史の授業で覚えているが、こんなに凄かったんですね。苦しい思いをするなら......
沈黙 -サイレンス-/SILENCE (我想一個人映画美的女人blog)
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が'88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰と...
沈黙―サイレンス― (映画と本の『たんぽぽ館』)
どんなに信じ、求めても、神は沈黙するのみ * * * * * * * * * * この日は、「未来を花束にして」と本作の2本はしごだったのですが、 どちらも重い!! 人が......
[映画『沈黙-サイレンス-』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師......